【ディズニー英語勉強】映画『塔の上のラプンツェル』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ!




✴︎現在180日以上継続中!19/2/1現在。

 

どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

 

Daichi

英語勉強に疲れた。。。

ディズニー映画でも使って英語を勉強できるものかな?

塔の上のラプンツェルが好きだからラプンツェルで英語勉強しようと思うけど、

映画ラプンツェルにおける英語の聴きどころやポイントはどんな点だろう?

 

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は海外で働くサラリーマンでして、一時期は真面目に英語勉強で語学の下地を作り、TOEIC850点以上を超えたあたりから英語学習の効果を実感できるようになってきたので、定期的な英語で映画やアニメ・ドラマを見るようにしています。

本記事は、海外生活の経験をもとに『ディズニー映画塔の上のラプンツェルの日常英会話で使える英語フレーズ』を紹介します。

本記事のフレーズを明日から早速使って、英語のある暮らしを楽しみましょう!

 

【英語でディズニー】映画『塔の上のラプンツェル』の英語の特徴

ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』の英語勉強的に見たときの英語の特徴は次のとおりです。

 

✔️映画『塔の上のラプンツェル』の英語の特徴

①スピード:ふつう

②単語レベル:わかりやすい

③日常会話量:ふつう

④発音:超聴きやすい

→オススメの人:ディズニー映画で英語にふれてみたい人はラプンツェルから!

①スピード:ふつう

 

ラプンツェルの英語はディズニー映画の中ではふつうに分類されると思います。

基本的なシーンでは、むしろゆっくりと感じる点も。

歌のシーンでは特に早くなりすぎることもなく、全体的に聴きやすい印象があります。

 

②単語:分かりやすい

 

ラプンツェルの単語レベルは『分かりやすい』です。

会話のシーンにおいては、ほとんど基本的な単語で構成されています。

一方で、盗賊?との絡みのシーンではラプンツェルらしい表現が多様したり、歌の中では文法を完全に無視して英語が話されている場所があるので、盗賊関連した特殊な単語などはあまり覚えなくても良しです。

覚えなくて良いところと覚えるべき所に強弱をつけて、省エネで英会話習得をしていくことをオススメします。

 

③日常会話量:ふつう

 

ラプンツェルの中での日常会話表現の量は『ふつう』です。

多すぎる訳でもなく、少なすぎる訳でもありません。

そのため、映画一本を見終えて、学ぶポイントを一通り学ぼうとしてたら十分な満足感は得られると思います◎

 

④発音:超ききやすい

 

ラプンツェルの最大の特徴は英語が超聴きやすいことです。

とても発音がクリアで、さらに日本人でも聴きやすい英語だと思います。

(とてもリスニングが苦手な僕でも割と聞けました!!)

 

『英語を聞き取れるか自信がないな。。。なるべく聴きやすい映画から始めたいな。』という方はぜひラプンツェルから始めることをオススメします。

 

【ディズニー英語勉強】映画『塔の上のラプンツェル』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ!

映画『塔の上のラプンツェル』の中で使われる英語表現のうち、日常英会話で使える、覚えておきたい英語フレーズを紹介します。

 

✔️日常英会話で使えるフレーズ

フレーズ①:『What  〜』

フレーズ②:『have got to  〜』

フレーズ③:『Let A B』

英会話フレーズ①『What 〜:〜は何なのか、〜のモノ・コト』

 

英会話フレーズ

『What 〜:〜は何なのか、〜のモノ・コト

▼映画の使用例

『I have to know what they are:それらが何なのか知らないといけないの』

Daichi

What I wanna say is ,,,.

私が言いたいことは、、、

Let’s discuss what we will do.

何をするか話しましょう。

I will show you what it is.

それが何なのか紹介します。

『What A B』の構文は超優秀で、これを使いこなせるようになると、英会話っぽく聞こえますし、英会話がかなりラクになります。

TOEICではあまり出題されない表現ですが、『学校のやりとり、授業、何かを説明する』表現の多いTOEFLでは超頻出の表現です。

超便利なので、ぜひ覚えつつ、使い倒してやりましょう!

 

英会話フレーズ②『have got to  〜:〜しなければならない』

 

英会話フレーズ

『have got to  〜:〜しなければならない』

▼映画の使用例

『But you’ve just got to do it:でも、それをしなければいけないんだ。』

Daichi

I’ve got to go soon.

もうすぐ行かないと。

You”ve got to leave now.

今出発しないといけないよ。

日本人の学んだ文法的には『???』となることの多い表現ですが、述語のように受け止めておきましょう。

mustやhave to と似た表現で使われています。

オフィシャルな話の時よりも、カジュアルで、友人同士で話す時に使われている印象が強いです。

友達とご飯していて、用事で出ないといけない時間になったら使ってみたい表現です。

 

英会話フレーズ③『Let A B:AにBをさせる』

 

英会話フレーズ

『Let A B:AにBをさせる』

▼映画の使用例

『Don’t let her see you:彼女にあなたを見させちゃいけない。』

『Let them seep in:それらを行き渡らせて。』

Daichi

Let me show you

紹介させて。

Let  me give you an example

例を紹介します。

会議の場面などでよく使われる表現で、とても使い勝手が良いです。

相手に許可を求めながら、話を展開する時に使えるフレーズです。

アナと雪の女王の『Let it go』やビートルズの『Let it be』などでも使われる超頻出表現です。

ぜひ覚えて使えるようにしておきましょう!

 

まとめ:ディズニー映画で楽しく英語生活にふれていこう!

本記事は『ディズニー映画ラプンツェルの日常英会話で使える英語フレーズ』を紹介しました。

今回紹介の英会話フレーズをまとめます。

 

✔️日常英会話で使えるフレーズ

フレーズ①:『What  〜』

フレーズ②:『have got to  〜』

フレーズ③:『Let A B』

 

とても短く簡単なので、ぜひサクっと覚えて明日から使ってもらえたら嬉しいです。

読んで下さりありがとうございました。

では、良き英語ライフを ٩(`・ω・´)و

 

 

✔️参考映画①:『塔の上のラプンツェル』

 

✔️関連記事

【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキング【超絶楽しい!!英語の休憩用】

2019.01.22

 

関連記事






スポンサードリンク







共感していただけたらシェアをお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながらも月間5万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。一般よりやや貧乏めな家庭からでも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!