サラリーマン副業ブログを1年ほど続けたら「月収2万円」を超えたので経験談を語ります。




どうも、Daichi(@Daichi_lifeblog)です。

海外サラリーマンをしつつ、副業としてブログを書いています。

 

Daichi

サラリーマン生活に先が見えない。。。

自由なキャリアを見越して、副業でブログを検討しているけど、実際に稼げるのだろうか?

 

こんな疑問に答えます。

世間では、半年や1年くらいで生計を立てるほどに成功しているブログ運営者もいますが、僕の場合はサラリーマンの副業として、日夜時間をつくりブログでいるので、少し遅めの成長だと思います。

本記事では自身の経験をもとに『サラリーマン副業ブログで1年ほど続けたら「月収2万円」を超えた経験談』について紹介します。

 

サラリーマン副業ブログを1年ほど続けたら「月収2万円」を超えたので経験談を語ります。

ブログ開始当初(2017年12月くらい)はブログ収益を全然考えていませんでしたが、収益を考えた2018年3-4月(アドセンスの開始は2018年4月より。)よりかれこれ1年、3ヶ月連続で月収が2万円を超えたので経験談を語ります。月日の目安は、アドセンスに合格した人をゼロとしてカウントしています。

 

最初の3ヶ月:月収1,000円以下

 

ブログを書いているだけではもったいないな、、、と思い、収益化を意識し始めた時です。

ネットで検索すると『始めて3ヶ月で月10万円!』みたいなサイトも多々見ますけど、全然ダメでした。

結果、最初の3ヶ月は1ヶ月で数百円程度。

時給にすると数円程度です。すでに、あってないようなものですね。。。

アクセスとにらめっこしつつ、いくらやっても伸びない日々に心的にはシンドい時間を過ごしていました。

 

✔️当時の自分に伝えたいこと

それでもよく続けてくれました。本当によくやった。

この記事を読んでいて、ブログや個人業などで最初の数ヶ月、数百円にもなっていないような方にもお伝えしたいですが、これがストック型ビジネスの壁のようなものだと思います。

時給制で働く分には、働き出したその日から『1時間で数百円』程度のお金を得ることはできるかもしれませんが、それでは永久に労働時間から解放されることはありません。

一方で、ストック型のビジネスでは、最初の給料があってないような時期が割と長めに続くと思います。

この時期は『本当に稼げるようになるんだろうか?』と疑問の塊と、掴みようのない未来の成果へ不安で、なんだか気が滅入ります。

ただ、この時期を乗り越えることができると、そのあとはトントンとステップアップすることができるので、今現状辛くても耐えて作業に徹することが大切なように感じます。

 

4~6ヶ月:月収1,000円突破

 

ようやくアクセスに変化の兆しが見えてきた頃です。

 

✔️アクセスがフッと上がる

Googleの検索順位のアルゴリズム変更があり、いくつかの記事が検索1ページ目に入ってくれたおかげでした(もちろん、記事をUPして3ヶ月後くらいからは上位に上がってくるので、その効果もあります)。

それでも日のアクセス数で言うと100前後。それでも当時はとても嬉しく感じていました。

 

✔️アマゾンアフィリで申し込みも

僕はそれまでアフィリの手応えは全くありませんでしたが、アクセスの伸びに合わせてアマゾンのアフィリでも初の申し込みが入り、ブログを通して売り上げに繋がっている、と言うことを感じることができるようになりました。

それでも金額的には「月1,000円越え」程度。

本1冊はブログのおかげさまで買えるけど、生活を楽にするような金額ではありません。それでも、そうして購入した1冊の本は、何か、新しい人生に触れたような感覚もしたものです。

 

✔️毎日ブログ更新を決意する

この段階で「将来的に収入源になり得るな」と感じることができたので、サラリーマン副業ながら、毎日ブログ更新をすることを決意しました。

この前後の段階で、知ることができて本当にありがたかったブロガーがmanablogを運営されているマナブさんです。

マナブさん自身、とても努力の方で、日々ブログを更新し、現在は月に数百万円の売上に繋げているツワモノです。

ブログ運営に関して、とてもわかりやすくまとめてくださっていて、サラリーマン副業で、独学で進める環境において、マナブログ ほどお世話になったブログはないと思います。

 

7~9ヶ月:月収5,000円突破

 

毎日ブログ更新を始めた頃に合わせ、3ヶ月〜6ヶ月前に書いていた記事が着々と上位に表示されるようになり、アクセスがトントンと駆け上っていきました。

 

✔️ブログのアクセスが1万PVを超える

この頃には月間で10,000PVを達成することができ、ついに「ブログが読まれている感じ」を掴めるようになり、希望を感じました。

毎日のアクセスで言うと300PV前後をいったりきたりしている感じです。

1万PV超えたことはとにかく嬉しく、近くのスーパーにいって、チキンを買ってお祝いしました(アメリカのチキンは異様に安く、1羽650円程度です)。

 

✔️ハードな副業生活の日々

サラリーマンで副業生活は割とシンドイです。僕の場合は当時、朝7時〜夜19時くらいまではコンスタントに働いていたので、ほぼ『仕事+ブログ』と言う生活をしていたのも事実です。

当時はまだブログを書くペースは1記事あたり3時間程度と、そこまで早くなかったので、まあシンドイ生活だったと思います。

それでもアクセスの上昇が支えになり、進むことができました。

何より、ブログの場合は締め切りに追われて、徹夜するようなことはありません。1日1記事、と決めていて、時間目安もあるのであれば、その時間で終わる内容に収め、長くなりそうな時は2つの記事に分けてかく、など、自分の裁量・ペースで進めることができるのは精神的に本当にありがたい副業です。

過去、ブログの前に、ネット受注型の副業にもトライしましたが1ヶ月として持たなかったことを考えると、副業スタイルと自分との相性も大切なんだと感じた時でした。

» 【注意】本気で稼ぎたいなら働いてはいけない話【3週間で身体壊した】

【注意】本気で稼ぎたいなら働いてはいけない話【3週間で身体壊した】

2018.10.17

 

✔️ブログ連続更新100日を超える

毎日ブログ更新を始めて、3ヶ月強、連続100日を超えました。

記事を書くスピードが少しずつ早くなり、時間的にもブログの運営が少しラクになりました。

» 【継続のコツ】ブログ記事毎日更新を100日続けた私が継続の方法を明かします【誰でもできる】

【継続のコツ】ブログ記事毎日更新を100日続けた私が継続の方法を明かします【誰でもできる】

2018.11.11

 

✔️月5000円の重み

僕は、上記の通り、ネットを通した受注する副業を実施して、1案件1,000円程度で取り組んでいたことがありましたが、その時は本業しながら、出社前・出社後に副業案件のメールチェック・案件対応用の記事作成など、なかなかシビアな時間を過ごし、当時は月5000円にも行き着きませんでした。

そのことを振り返ると、現在、毎日ブログを更新しているものの、メールや締め切りを過度に気にすることなく、5000円ほど(これは子供の頃のお年玉の額です!)を得られていることに、とてもありがたみを感じていました。

不労所得で5000円。僕は少食であり、食費を全然使わないので、これだけでも1−2週間は十分に過ごせる額です。

いや、ありがたかった。

 

10~12ヶ月:月収20,000円突破

 

生活費を稼げるのでは?と本気でブログの可能性を感じ始めました。

 

✔️当時の思い

月10,000円を突破する。安定収入を確立したい。

 

将来的な本業での制限の多さや、自分のやりたいこと、時間的制約を考えると、不労性の所得を形成しておくことは、人生の時間の使い方の自由度を持たせる上で本気で重要だと思います。

・お金がないと不安になる

・お金がないと明日からの生活に困る

・お金がないと時間給に頼るしかない

お金お金いって汚く感じるかもしれませんが、資本主義の世の中、お金は生活のベースであり、誰でも使用する大切なものです。

だからこそ、時間に縛られる・精神的に追い込まれることなく、収入を得る仕組みをつくることは大切だと感じます。

さらに、こうした将来に向けた準備ができるのも、ゆとりの作れるタイミングだからこそのように感じています。

・クビになり路頭に迷う

・子供ができた直後

さすがにこういう状態だったら、責任と不安から、労働収入に頼る生活を送ってしまいそうなことは明らかで、だからこそ、ゆとりのあるうちに将来への種まきとしての取り組みが重要なんだと感じています。

 

✔️事実:1万円まではトントン拍子

個人的な感覚ですが、ブログ収入の伸びに関して、次のように感じています。

月間数百円:なかなか増えない

月間数千円:トントンと増える

月間1万円:トントンと増える

月間2〜3万円:一旦停止する(現在)

1万円を超える前では、あれよあれよと増えて行きましたが、ここのところはアクセスも収入も一旦伸び率が停滞しています。

最初にアクセスが増え始めた記事の検索順位のアップが限界に達し(1位)、アクセス数増加が飽和したことにもよります。

ここでさらに伸びて行くためには、さらなるカテゴリー開拓or同カテゴリー内での需要の多いキーワード記事の充実が必要なんだと感じています。

 

✔️時間に縛られない収入の「生活」を感じる

数千円の時には、『小銭稼ぎ』感がありましたが、数万円レベルになると、「生活費」の感覚で収入を見られるようになってきました。

これが10万円レベルになると、さらに強みをまし、いよいよ独立への兆しも見えて来るのかな、と思います。

人生100年時代、たった1年間、毎日ブログを3時間程度書くことで、時間的に制約のない生活を切り拓くことができるのは、この時代に生きる世代の素晴らしい特権だと思います。

ですが、プロの人たちから見ても・実際の生活費のレベルで見ても、まだまだ額が小さいので、今後も継続的に前進します。

 

サラリーマン副業は方向性を上手く見据えれば、1年ほどで『安定収入』を得られるので副業すべき話。

上の通りですが、たった1年間、毎日ブログを3時間程度書くことで、時間的に制約のない生活を切り拓く可能性を感じることができました。

 

✔️1年間の変化

・ブログ開始前:時給依存の限界に悩む

・ブログ開始1年後:1万円単位での不労所得で可能性を感じる

上のような感じです。

 

ブログ開始前:時給依存の限界に悩む

 

ブログを始める前は、手のつけやすい、不動産、FXなどの投資をやっていたこともありますが、これらの投資は元手を必要としたり、金銭的なリスクをとることから、僕のような保守的でビビリな人には、多数の案件に手を出すことはできず、堅実に『これだ』というものにしか手を出せない感じでした。

そうすると、元手に限界があるので、すぐに上限に達し、副業収入はすぐに頭打ちになります。

しかし、生活できるレベルの額では全然ないので、結局は時給の収入に依存するしかなく、その限界の身動きの取れなささに悩んでいました。

 

ブログ開始1年後:1万円単位での不労所得で可能性を感じる

 

ブログを開始し、アドセンスを含め収益化を意識し始めて来月で1年になります。

ながいながい100年人生を思うと、その時間を何かに縛られ、制限の中で生きるか、収入的な制限なく、選びたいように選び、生きるかを思うと、僕は後者の考えです。

 


僕は昔、投資だけで経済的に自立することも考えましたが、貯金額に限度があるので無理でした。

反面、ブログに限度はありません。
年間24万って年利5%で運用できる投資でも投資額『480万円』ほどに相当します。

僕のような雑記ブログでの収益イメージはPV×0,4くらいを1つのご参考に😌

まだ生活費のレベルに達していませんが、不労所得で月に2万円ってスゴイことだと思います。

年利5%の案件で月に2万円(年に24万円)の収入を得ようとしたら元手480万円の投資が必要になります。

安全をみた年利2%の案件で月に2万円(年に24万円)の収入を得ようとしたら元手1,200万円の投資が必要になります。

このレベルの投資額を20代のうちからするのは、相当にシンドイですよね。

だからこそ、自分が主導権を握り、収入を得られる『自分の収入源となる母艦の構築』は本当に重要なんだと思います。

 

副業はハードル高いけど、、、何から始めれば良いの?

 

とはいえ、最初から副業を始めるというのもハードル高く感じるかもしれません。

もしくは「なんで副業が必要なの?」「なんで不労所得なの?」というような疑問もあるかもしれません。

僕自身、最初は「将来的にお金にゆとりある暮らしをしたい」という思考から節約・投資をしていまして、考えの変化などを受けて副業にいたっています。

今思うと、資産形成の上では「副業」が最適だとは思いますが、最初の頃は自分がブログを始めると思いもしませんでした。

なぜ副業が必要なのか?という質問に対しては【家計改善の解答】節約・投資・副業、何から始める?貯蓄・資産形成額の目安表【結論、ストック型ビジネスを始めるべき】で紹介しているのでよかったらご覧ください。

【家計改善の目安】節約・投資・副業、何から始める?貯蓄・資産形成額の目安表【結論、ストック型ビジネスを始めるべき】

2019.01.08

 

また、お金の教養がないと「不労所得」について食わず嫌いをするかもしれません。

「不労所得」と聞いて怪しく感じた場合にはお金の本おすすめランキング!不労所得月10万円に繋がった読書参考書【資産形成して豊かな生活を】をご参照し、よかったらお金の勉強をしてみてください。

お金の本おすすめランキング!不労所得月10万円に繋がった読書参考書【資産形成して豊かな生活を】

2018.07.18

 

まとめ:サラリーマン副業はこれから増える予定。波にのり安定資産をつくることをおすすめします。

本記事は『サラリーマン副業ブログで1年ほど続けたら「月収2万円」を超えた経験談』について紹介しました。

サラリーマンは時間給で働くのが当たり前ですが、副業でも時間給で働くと、本業より時間効率の悪い仕事をだた積み重ねて身体的にしんどくなく、過去の僕は少なくとも失敗しました。

今後、サラリーマン副業は増えていくと思いますが、その時の1つの視点として『不労性の収入』であることは今日より明日を時間的に豊かにする上で大切なことだと思います。

 

読んで下さりありがとうございました。

では、健康で良き副業ライフを ٩(`・ω・´)و

 

 

【シリーズ2】若くして経済的自由になる戦略と戦法

 

過去投稿記事をシリーズにまとめました。内容が重複する点もありますがご容赦ください。旅路に沿って行動すれば自由への道を拓くことができます。

 

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながらも月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。一般よりやや貧乏めな家庭からでも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!