【単純】自由になりたいなら取るべき行動【自由を目指す行動戦略】




新年ですね|ω・)

どうも、Daichi(@Daichi_lifeblog)です。

海外サラリーマンをしながら、将来的な自由な生活に向けて不労収入を形成中です。新年なので、晴れ晴れしく『自由』について紹介しようと思います。

 

Daichi

サラリーマンきついしな。。。給料も多くないから生活は縛られていく一方、、、

自由になりたいけど、こんな生活を変えられるのかな?

 

こんな質問に答えます。

 

この記事を書いている僕は、社会人2年目ほどから資産形成を始めていまして、当時は収入源を完全に本業の給与に頼っていましたが、今では収入源を分散し、他の収入源が月12万円ほどになりまして、少しずつ経済的自由を感じています。

他の収入源(不労性の収入源)をつくり始めて実感することは「自由は自分でつくれる」ということです。

今回は「自由になりたい人が取るべき行動」を紹介します。

 

【単純】自由になりたいなら取るべき行動【自由を目指す行動戦略】

【単純】自由になりたいなら取るべき行動【自由を目指す行動戦略】

自由になりたいなら取るべき行動は単純でして、単純にいうと経済的に自立することです。

 

何から自由になりたいのか?

 

なぜ人は不自由を感じるのでしょうか?

・家計が苦しくて、経済的な不自由を感じる

・仕事の内容に不満があるけど、給料のために働いている

・海外にいきたいけど、時間もお金もなくていけない

・結婚したいけど、ステータスや経済力が足りなくて相手ができない

・仕事がうまくいかなくて不満

・会社にいくのに電車に乗るのがツライ

 

たくさんの理由がありますよね。人によってはさらに多くの不満があると思いますが代表的なところをまとめみました。

 

根本をたどるとおおよそお金が問題です

 

上の不自由に感じることのほとんどは、実はお金があると解決できます。

例をとると下のような感じです。ダイレクトな例です。

仕事の内容に不満があるけど、給料のために働いている

→ 溢れるほどの収入があれば不満なことは断ってOK

→ 解雇されても収入が溢れているなら問題なし

 

少し間接的な例をあげると下のような感じです。

・仕事がうまくいかなくて不満

→ 経済書やノウハウ、スキル習得の講座を受講して効率的にスキルアップすることで仕事力アップ

→ 仕事がうまくいくようになる

もちろん、お金で買えないようなものもありますが(両親や友人関係など)、多くの悩みは、お金が溢れるようにあれば解決できるものが多いです。

自由の意味とは?

自由の意味を考えると「自分で理由を持って選択して生きること」と言う解釈がありますが、僕は「理由」を考える上でのバックグランドがさらに重要だと考えます。

もちろん、権利がない状態では、全くもって「自由」とは言えないと思いますが、自分自身に理由づけする上でも暗黙のうちに自分の背景ゆえに自分を縛った選択をしてしまう人が多いのではないか、と思います。

自分の背景に立ち向かって選択・意思決定をすることは並大抵のことではありません。

だからこそ、自分の背景を変えるような「自由の背景」を手に入れることも重要なのだと考えます。次から「自由の背景」を手に入れることについて深掘りします。

自由になりたいなら不労所得を形成して経済的に自立しよう

 

お金が溢れるようにあるのであれば「自由になりたい」という気持ちが満たされたあ生活を実現できるようになります。

つまり、現実的な方法でお金が溢れるように入ってくる仕組みつくりが必要です。

 

Daichi
いやいや、

お金が溢れるように入ってくるとか、怪しすぎるでしょ。笑

犯罪的なことはしたくないし、つまりは無理ってことだよねー。

 

という人は、お金の教養をつけてみましょう。実は、怪しくなく、お金が溢れるような仕組みをつくることは可能ですよ。

結論として、自由になりたいなら、お金が溢れる家計状態である経済的自由になることが必要です。

経済的自由になるために必要なことが不労所得の形成です。

不労所得は読んで字の如し、(時間的に)働かないで所得をもらう方法です。厳密には、仕組みをつくり、”仕組み”に働いてもらうことで、自分自身を労働時間から少しずつ解放していきます。

具体的な例では銀行の金利がありまして、お金を預けているだけで、年に預金の〇〇%の額の収入を得ることができますよね。

不労所得がたくさんあり、普通に生活しているレベルの支出より不労所得が多くなった状況を「経済的自由」と言います。

銀行以外にも、不労所得を得る方法は山のようにあるので、その方法を学んで不労所得を増やしていくことで少しずつ、お金の問題から自由になっていくことができます。

なお、不労所得と聞いて直感的に「怪しい」と感じる人は次の記事をご参考下さい。まずは自分も不労所得をつくっている自覚をしましょう。

▼合わせて読みたい

» 不労所得が怪しいと言っている人は損している話←取り組んだもの勝ち

不労所得が怪しいと言っている人は損している話←取り組んだもの勝ち

2019.03.22

【経験談】自由になりたいから取った不労所得形成の行動

【経験談】自由になりたいから取った不労所得形成の行動

僕はまだ、完全な経済的自由を得ていませんが、それでも月12万円の不労所得形成に成功しています。その具体的な例を紹介しますね。

 

ブログ収入→趣味の読書が経済的に自由になった件

 

Daichi
趣味の読書が経済的に自由になりました!

ブログアフィリエイトは不労所得形成できる1つの例です。

【ブログ運営報告】ブログ初心者11ヶ月目のアクセス数・収益(1.4万PV)で紹介しましたが当ブログの不労収入は2018年10月で4000円でした。

【ブログ運営報告】ブログ初心者11ヶ月目のアクセス数・収益(1.4万PV)

2018.11.01

 

一方で僕の趣味の読書ですが、アマゾンが提供している Kindle Unlimitedを利用しているので、12万冊以上の本を月980円で読みながら楽しめています。さらにKindleUnlimitedで取り扱いのない本(約1500円)を本屋で2冊ほど買っても、Kindle Unlimitedと合計で4000円です。

つまり、僕は労働をしなくても趣味の読書を楽しんで暮らせる生活を達成しています。

 

ソーシャルレンディング収入→月1回の昼食が経済的に自由になった件

 

Daichi
月1回分の昼食費が経済的に自由になりました!

僕はソーシャルレンディング投資に10万円ほど投資をしていまして月間650円ほどの不労所得を得ています。僕の昼ごはんは、外食するときで500-8000円くらいなので、650円の不労所得は1回のランチ代と同じくらいです。

つまり、ソーシャルレンディングによる不労所得によって、僕の月1日分のランチは経済的に自由になっています

すごく小さいことのように感じるかもしれませんが、これは結構スゴいことでして、例えば投資金額を今の30倍にしたら単純計算で月30日分のランチ代が経済的自由になるので、昼食のための労働は必要なくなるわけです。

関連:【年利9%実績あり】ソーシャルレンディング投資感想の紹介します

【年利9%資産運用実績あり】ソーシャルレンディング投資感想・選び方・比較・おすすめ紹介【サラリーマン副業】

2018.12.21

 

自由を得たいなら生活の1つ1つを経済的自由にしていこう

 

結論ですが、自由になりたいのであれば不労所得を増やして経済的自由になることがクリティカルです。

不労所得をつくることができたら、上の具体例のように自分の生活相当でなにが経済的に自由になったかを考えてみましょう。

1つ1つの日常を経済的自由にしていくことで、いずれあなたの生活は大きな自由を手に入れられます。

 

✔️2019年10月更新

更新の内容になりますが、僕は経済的自由になるための1つの方法としてブログに取り組み、現在では記事更新を400日以上継続し、本ブログの累計は60万PVを超え、ブログの不労所得は月収4万円を超え始めました。

僕の月の支出は3万円〜4万円だったので、僕自身の支出ベースでは経済的自由になることができました。

継続的に続けていけば不労所得形成をできる今の時代は素晴らしいと思います。

 

自由になりたいならやるべき経済的自由になる方法

自由になりたいならやるべき経済的自由になる方法

自由になるための経済的自由になる方法を紹介します。

✔️自由になるための経済的自由になる方法

①基礎の考え方を学ぶ

②実践方法を学ぶ

③行動・継続する

①基礎の考え方を学ぶ

①基礎の考え方を学ぶ

経済的自由になるためには、不労所得に加えてお金の教養をつけておきましょう。

お金の教養がないと、いくらお金を稼ぐ力があっても永久に生活はラクになります。

次の記事で基礎の考え方を全6回の記事で紹介しているのでぜひチェックしてください。全て読んでも15分程度です。考え方を身につけて自由への一歩に向けて進み出してみて下さい。

>> 自由に生きたい人必見!若くして経済的自由になるための資産形成と人生戦略講座! 金欠は悪vsお金は悪

【1st】将来の不安をなくす!貧乏人を脱するための経済的自由なお金持ちの思考

2018.01.25

 

②実践方法を学ぶ

②実践方法を学ぶ

経済的自由になるためには、稼ぎ方を含めて不労所得を形成していくことが必要です。

経済的自由になるための実践方法は、世の中に山のようにあります。山のようにあるものの中から、今の自分でも取り組めて、かつ自分の目標とする生活に繋げることができる方法を実践していくことがポイントになります。

経済的自由を手に入れる方法をステップ形式で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

>> 【完結】経済的自由を手に入れる方法【経済的自由人になるためのロードマップ】

【完結】経済的自由を手に入れる方法【経済的自由人になるためのロードマップ】

2018.10.30

 

③行動・継続する

③行動・継続する

そして最後になりますが、自由になりたいなら行動し継続しましょう。

正直、学びことは誰でもできます。

話をきき、本を読み、理解することは、誰でもできます。

学校教育でも学ぶことはほとんど全国民ができますよね。それでも成功する人・しない人に分かれる理由は「学んだことを行動に繋げることができる力の違い」です。

次の記事でうまく行動することの大切さを紹介するので参考にしつつ、自由になるための「行動」を進めるよう繋げてもらえたら嬉しいです。

» 成功する人と失敗する人の違い| 社会で圧倒的に成果を出す人の絶対的な共通点を1つ暴こう

成功する人と失敗する人の違い| 社会で圧倒的に成果を出す人の絶対的な共通点を1つ暴こう

2018.05.27

自由になりたいなら知るべき言葉

自由になりたいなら知るべき言葉

最後になりますが、自由になりたいなら知るべき言葉を1つ紹介します。

今、自由になりたいと願っている人は、今の時間・環境に満足がいっていないからだと思います。

そして、まだまだ不十分な点であり、もしかしたら何も持っていないのかもしれません。

 

でも、そんな何もないところからでも強かに自由・成功を手にした人がいます。その1人、シャネルの創始者、ココ・シャネルさんの言葉を贈ります。

『翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすために、どんな障害も乗り越えなさい。』

『翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすために、どんな障害も乗り越えなさい。』

写真: Encyclopædia Britannica

完全な自由の中に生まれる人なんて、ほとんどいません。いや、むしろ全くいないのかもしれません。

環境の違いの差はあれど、それ以上に、いかに生きて、いかに行動して、障害を乗り越えていくのかが重要だと考えます。

僕は自由を得るために行動をはじめ、少しずつ障害を乗り越えて自由の世界の端を見ることができるようになってきています。

もし、自由になりたいのであれば、翼を生やすために、ぜひ頑張ってみて下さい。

 

まとめ:自由になりたいなら労働時間に縛られるのはシンドいので卒業しよう

自由になりたいなら労働時間に縛られるのはシンドい

今回は「自由になりたい人が取るべき行動」を紹介しました。

 

自由になりたいなら、不労所得をつくって経済的に自立しましょう。

経済的自由になるとお金と時間から解放されるため、できることは格段に拡がります。

人生で贅沢は「暇」であることだったりしますよね。

 

自由になるための土俵は整っていて誰にでもなる可能性はあります。

あとは動くか動かないかですが、大半の人は動けません、、、が、本当に自由になりたい人は小さく一歩踏み出してみましょう!

 

読んで下さりありがとうございました。

では、良き資産形成ライフを٩(`・ω・´)و

 

 

【シリーズ2】若くして経済的自由になる戦略と戦法

 

過去投稿記事をシリーズにまとめました。内容が重複する点もありますがご容赦ください。旅路に沿って行動すれば自由への道を拓くことができます。