【会社員】本業しながらブログで稼ぐために必要な覚悟とは?【まずは2年捧げよう】




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

会社員をしつつ、ブログを500日以上毎日更新していて累計80万PVを超えました。

 

Daichi
会社員をしながらブログで稼ぎたいと思うけど、、、

ブログで稼げるようになるには、どんなことが必要なんだろう?

気持ち的な「覚悟」を知りたい。

こんな疑問に答えます。

 

この記事を書いている僕は、日本と海外で働くサラリーマンです。1日9時間、週5回の勤務をしつつ、毎日ブログを500日以上継続的に更新しています。この生活をするうちにブログのアクセスや収入は増えて、現在は自分のお小遣い分くらいを不労所得的に得ることができるようになりました。

一方で、ここまでブログを成長させるために、様々な「覚悟」が必要でした。

この経験を踏まえて、本記事は『【会社員】本業しながらブログで稼ぐために必要な覚悟とは?【まずは2年捧げよう】』を紹介します。

会社員をしながらでもブログで稼ぐことは可能です【月5万】

会社員をしながらでもブログで稼ぐことは可能です【月5万】

自分の経験からのことですが、会社員をしながらでもブログで稼ぐことはできました。

 

会社員をしつつ、ブログで稼いだ額

 

会社員をしながらブログを毎日更新した結果の収入はこんな感じです。

・100記事(3ヶ月):月0.3万

・200記事(6ヶ月):月1万

・300記事(10ヶ月):月2万

・500記事(16ヶ月):月6万

伸びはゆるやかですが、着々と稼げるようになってきています。最初の半年はほとんど収益がなく、1年までに、ブログ開始のために払った金額(サイト代、テーマ代)などの元がとれ、1年半くらいまでには月のお小遣い分くらいを自分で稼ぐことができるようになりました。

*具体的には【経験談】ブログ毎日更新を500日継続した結果を語りますをどうぞ。

【経験談】ブログ毎日更新を500日継続した結果を語ります

2019.12.18

自分のお小遣い分を不労所得的に得られるのはとても強いですね。現在は、生活の支出をブログ収入で賄えるので本業収入の8割以上を投資に回すことができています。

長い長い労働世代、現在は50年間ほど働くことが予想されています。そのうちのわずか2年、自分でアウトプットの習慣をつくるだけで、毎月のお小遣い分が「自動で」入ってくるのだから、わりと取り組まない手はないと思います。

 

会社員がブログで稼ぐ覚悟をすべき理由

会社員がブログで稼ぐ覚悟をすべき理由

ブログで稼ぐ覚悟を持つべき理由は、たくさんあります。その中で、会社員だからこそ、ブログで稼ぐ覚悟を持つべき理由を厳選3つで紹介します。

 

✔️会社員がブログで稼ぐ覚悟をすべき理由

①ビジネス感覚を養える

②アウトプット力が高まる

③人生の自由度が拡がる

①ビジネス感覚を養える

 

サラリーマンをしていて「ビジネス感覚を養える」と言ったら「は?お前は仕事してんのか?」と言われるかもしれません。でも、企業で働いていると、「稼ぐ」ことから遠い場所で働く人も少なくありません。

僕が働いているのは、わりと大手の企業が多いために、直接お客さまから契約を取らなくても、お給料が入ってくる仕組みです。

もちろん、僕以外にも、経理の人、経営の人、管理の人、設備点検の人など、、、わりと「お客様」に直接ふれることがなく仕事をしている人は少なくなく、意外と「じゃあお金はどのように稼いできているのか?」というのを現場レベルで知っている人は少ないです。

一方で、ブログで稼ぐことに取り組むことで、

・マーケティング力

・記事作成力(アウトプット力)

・ビジネスモデルをつくる力

・販売戦略を考える力

・収益管理をする力

を身につけることができ、いわばオンライン上にできた自分のお店(サイト)の店主になることで、ビジネス全体を知ることができます。

そのため、ブログに取り組むことで、「世の中に何が求めれ、どのようにお金を生むことができるのか」を学ぶことができます。

 

②アウトプット力が高まる

 

また、ブログで稼ぐには「記事」が必要になりますが、この記事は自分の力で構成を考えて、書くことが必要です。

(もちろん、外注して記事をつくることもできますが、自分自身が「どのような記事なら売れるのか?」ということを理解できていないと、良質な記事・アウトプットをだすことはできません。)

ブログでSEOの評価を得るには1記事あたり、3000文字程度のアウトプット(原稿用紙7枚分以上)が必要になり、結構大変です。

*SEOとは、検索エンジン最適化と言って、検索エンジンに向けてWebサイトを最適な状態に近づけることです。

・小学校の時は、読書感想文で原稿用紙1枚(400文字)を書くのにアップアップしていました。

・プロのライターは1記事3000〜5000文字程度

→ブログでも3000文字程度が最低でも必要になるので、量的には「プロ同等」

もちろん、プロのライターさんのアウトプット量は人によりけりだと思いますが、ブログを毎日書き続けるのだとしたら、毎日3000文字程度の量を考える必要があるので、プロ並みにアウトプット力が鍛えられます。

ブログで稼ぐことに挑戦することで、アウトプット力を高めることができ、ビジネスマンとしてのスキルをアップさせることができるのです。

 

③人生の自由度が拡がる

 

会社員にとって、ブログで稼ぐ覚悟を持つことは、経済的な自立する上で、とても深い意味を持ちます。

まず質問です。

なぜ、あなたは働きますか?

2019年に行われた20-30代の働く理由の、実に「8割以上」が「お金」のためでした(参照:doda「はたらく理由ランキング」)。

一方、1度働いてしまうと、お金を得る手段としての労働ゆえに、

・今から生活レベルを下げることはできない

・給料が減ると支払いができない

・給料が減るのがこわくて仕事を変えられない

とお金のために縛られた生活をしている人がいるのも事実です。ここのネックは「お金」でして、お金がジャンジャン溢れるように毎月手元に入ってくるのであれば、働く理由そのものが変わり、人生の多くの時間の使い方を劇的に変えることができます。

僕は、今まで「自分で稼ぐ」ことなんて考えたこともありませんでした。

大学を出て、会社員になり、お給料をもらい、生きていく。これが「人生」だと思っていました。

僕は平成人でも初期の人間のため、こんな感じてに思っていましたが、ブログに取り組むことで、この価値観は大きく変わりました。

本業だけがお金を得る手段ではない。

このことに自信を持てると、稼ぎ方・働き方の目的を大きく変えることができ、人生の自由度が飛躍的に大きくなります。

会社員こそ、ブログで稼ぐ覚悟を持ち、トライすることで、人生のあり方を考えるキッカケにすることができると思います。

 

本業しながらブログで稼ぐために必要な覚悟3選

本業しながらブログで稼ぐために必要な覚悟3選

本業しつつ、ブログで稼ぐためには、「ブログを運営すること」が必要ですが、そのために主に3つの覚悟が必要でした。

 

✔️ブログで稼ぐために必要な覚悟

①時間の取捨選択(2年捧げる)

②1年間の無報酬労働

③不確かな未来へのコミット

①時間の取捨選択(2年捧げる)

 

ブログで稼げるようになるには、時間的な覚悟が必要です。

フリーランスの人ではよく「1日12時間、半年取り組んだら、ようやく少し稼げるようになった」というような意見を聞くことがありますが、本業をしつつ、12時間フルコミットは変態です。身体を壊します。

例えば僕のように毎日9時間くらい働いている人であれば、1日の残りの時間は、15時間。生活に必要な時間(ご飯1時間・お風呂0.5時間・睡眠8時間)を引いたととしてもまだ5時間以上あります。

この5時間をどのように過ごすかが、ブログ運営の鍵になります。

基本的に、空き時間の8割をブログに捧げる覚悟をしましょう。

5時間のうちの8割だと4時間くらいです。4時間あれば、ブログの初心者でも2000文字くらいの記事を書くことができるようになります。

ものすごく大変に思えるかもしれませんが、普通の人が「50年間働き続ける」ことを続ける一方、「2、3年で不労所得をつくって労働から自由になる」ことを仕組みつくるのであれば、これくらいの努力は、長い目で見ると物凄く安いものです。

 

②1年間の無報酬労働

 

あと、ブログは初期段階でほとんど稼げません。そのため1年間くらいの「無報酬」の労働を覚悟する必要があります。

僕はIT音痴なため、ブログを初めてから収益発生を正確に書くと、結構時間がかかりました。

・サイト構築:1ヶ月〜2ヶ月

・Googleインデックス:3ヶ月

・SEO対策:3ヶ月

こんな感じで、多く見積もると「1年間くらい」は収入無しで考えても良いのかな?と経験上思います。

よく、「記事がGoogleから評価されるまでは3ヶ月あるから3ヶ月は収入無し!」というような内容を見ることが、かなり無理があります。。。

そもそも、これからブログをはじめる人が、今自分が書いた記事が「Googleに評価されて上位表示される」という自信がどこからくるのでしょうか?自分の書いた記事が100発100中で検索トップになれば話は別ですが、基本的には最初の3ヶ月でGoogleから評価されて1〜50位くらいで検索表示され、そこから「リライト=SEOのための記事の改訂」をしてさらに3ヶ月ほどして、ようやく上位に表示され始めます。つまり最低でも6ヶ月くらいは無報酬を覚悟すべきです。

もちろん、専任のコーチをつけて指導してもらえば最初の3ヶ月から上位に表示させることも可能ですが、その辺りは予算との相談になります。

ブログで稼ぎたいなら、お金がある人は3ヶ月間・独学で進める人は1年間ほどの「無報酬」での労働を覚悟する必要があります。

 

③不確かな未来へのコミット

 

なお、ブログで稼ぐためには「不確かな未来」への覚悟が必要です。

ブログで稼ぐためにはGoogleに評価される必要がありますが、Googleの評価基準は、年に数回の変更がありますし、SEOに「絶対」はありませんし、この先にどうなるかの「絶対的で具体的な正解」はありません。

そのため、どんなに取り組んで見ても成果が出ない可能性がある「不確かな未来」を信じて取り組む覚悟が必要です。

でも、これはどんな事業も同じです。

事業であるならわかると思いますが、自分が取り組んでいることが「売れるかどうか」なんて、かなり不透明です。不透明な部分をクリアにしてお金=価値にしていくことが「事業活動」だと思うので、自分の収入源を持ちたいのであれば、不確かない未来への覚悟が必要です。

ブログをやったら絶対に稼げる!

という感じで始めると、早々にドロップアウトする危険性があるので、ブログを「絶対に稼げる特別な方法」だと思っている人は、もう少しブログについて調べてみることをおすすめします。

 

ブログで稼ぐために「覚悟」して、自由な人生をつくろう

ブログで稼ぐために「覚悟」して、自由な人生をつくろう

本記事は『【会社員】本業しながらブログで稼ぐために必要な覚悟とは?【まずは2年捧げよう】』を紹介しました。

ブログは収入を得る上で、本当に優秀な手法だと思います。

・初期費用が激安

・努力を積立られる

・収入の仕組み化ができる

ネット絡みだと怪しく思われてしまう風評被害もあるかもしれませんが、わりと最近はブログ運営の市民権が広がりつつ、あるので、これを機に「覚悟」して新しい人生の選択肢を見出せてもらえたら嬉しいです。

なお、これからブログを始める人は【超初心者用】WordPressでブログサイトを始める方法・やることを解説からどうぞ。サラリーマンでも80万PVに到達できたサイト構築を1から紹介しています。

【超初心者用】WordPressでブログサイトを始める方法・やることを解説

2017.12.25

 

読んで下さりありがとうございました。

本ブログ内では、この記事の他にも読書家海外サラリーマンDaichiの凡人なりの「英語」「読書」「資産形成」の成功実話を500記事以上紹介しているので、良かったらご覧ください。

では、良きブログライフを٩(`・ω・´)و