日本に住んでいて「人生しんどい」って贅沢です【しんどい気持ちの原因も紹介】




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

人生でうまくいかないことがあっても、向き合うことが得意で、多くの試行錯誤の結果、20代で海外サラリーマンになりました。

 

Daichi

人生しんどい、、、なんでこんなに生きにくいんだろう。。。

はあ、もっとのんびりと自由に暮らしたい

こんな疑問に答えます。

 

この記事を書いている僕は、海外で働くサラリーマンでして、海外の人を見ていると、日本人と比較して圧倒的にしんどそうな人をよく見ます。

でも彼らは、弱音も吐かずにたくましく暮らしています。

この経験から、本記事は『日本に住んでいて「人生しんどい」って贅沢です』ということについて紹介します。

 

日本に住んでいて「人生しんどい」って贅沢です

日本に住んでいて「人生しんどい」って贅沢です

結論ですが、日本に住んでいて「人生しんどい」って贅沢に慣れきってしまっています。

人生しんどい、、、と辛く感じているかもですが、まずは世の中の「しんどそうに見える」人の話を紹介します。

 

ケース①:道路の真ん中で

ケース①:道路の真ん中で

アメリカではホームレスを見るのは、わりと「当たり前」です。

ホームレスのため、帰る家がありません。アメリカの北の方では冬場はー10度とか当たり前なので、とても寒いです。

そんな時でも帰る家がないので、着込んで耐えています。

また、仕事もないので、基本的には「道路の真ん中」に立って、車の停車中に「寄付」をもらうために募金活動しています。

もちろん、冬場とかは死ぬほど寒そうですね。僕は寒がりのため、絶対に無理です。

 

ケース②:カフェの前で

ケース②:スタバの前で

海外ではカフェの前で、浮浪者が集まることが多いように感じます。

浮浪者の中をよくよく見ると、身体的にディズアドバンテージを持っているような人が多く、車椅子に乗りながらホームレス生活をしているおじいちゃんとかも普通に見ます。

体力もなさそうで、10mほどを動くだけでもかなりの時間(おそらく10分くらい)かけながらゆっくりとしか動けず、かなり大変そうな生活をしています。

それでも発狂したり、泣き叫んだりせず、普通に「How are you?」と笑って話しかけています。

今の僕は20代で家もあり、車もあり、家族もいて、身体的に問題がある訳でもないので、、、なんというか、、、自分は控えめに見ても「恵まれているな」と思います。

もし、これを見て「いやいや、文化が違うから、そんな人と比較してもしょうがないでしょ」とか感じるかもですが、彼らも同じ人間な訳であって、感情があるわけであって、文化の違いで切り分けるならそれは単なる差別ですね。

日本人が同じようなレベルで生活していることを想像できません。

 

結論:日本に住んでいて「人生しんどい」って贅沢。

 

結論、日本に住んでいて「人生しんどい」って贅沢です。

・家があって帰れる場所があるだけでもありがたいものです。

・家族がいるだけでもありがたいものです。

・仕事に就けるだけでもありがたいものです。

・五体満足だけで超ありがたいものです。

・気候が温暖なだけでもありがたいものです。

今、「人生しんどい、、、本当に、こんな環境考えらない!」と感じている人は、上の「ありがたいもの」に目を向けてみてください。

1つでも当てはまるなら、それだけでも十分にありがたいことであり、人生しんどいな、というのは少し贅沢なように感じます。

 

人生がしんどいと感じた時の対処方法

人生がしんどいと感じた時の対処方法

人生がしんどいと感じる人は次のことを考えてみてください。

 

✔️人生しんどい時の対処方法

① 今ある状況に感謝しよう

② 世界の状況を知ろう

③ 周りにも目を向けよう

① 今ある状況に感謝しよう

 

上で紹介のとおりですが、まずは今ある状況に感謝しましょう。

今、目の前に「当たり前」のようにある環境ですら日本の環境なら、世界水準で考えたらほとんどの場合、「超贅沢」です。

まずは周りに感謝しましょう。

感謝してみることで「しんどい」と感じていたことに対しても、少しちっぽけな感情に感じることができるようになるものです。

周りを眺めてみましょう。

・衣食住がととのっている

・家族がいる

・仕事がある

わりと、これだけでも十分に素晴らしいものです。

 

② 世界の状況を知ろう

 

世界の「当たり前」も知りましょう。

・平均寿命がいまだに30歳台

・家がない

・食べ物がない

・服がなくて毎日同じ

・お湯がなくて毎日冷水でシャワー

日本の「当たり前」に慣れていたら「そんな生活、いつの時代だよ」と感じますが、わりと2020年を迎える今でも、このレベルは「普通」です。

むしろ日本スタンダードが「異常」なのであって、世界の普通から考えてみたら、日本で「しんどい」のは贅沢なように感じます。

 

✔️世界の状況を知る方法

世界の状況を知る1つの方法は海外旅行ですね。

現在は航空券がやすくなっており、物価の違いの影響などから、アジアでは航空券&1ヶ月宿泊代込みで10万円以下で楽しむことはわりと簡単です。

5日間くらいの休みを使ってフラッと海外に出て見ると世界の現状を自分の目で知ることができます。

 

③ 周りにも目を向けよう

 

とはいえ、日本の中にいたら、日本の基準で考えガチになると思います。

そうした時に「しんどい」感覚を和らげるために必要なこととして「周り」を知ることです。

上では「世界」を知ることを紹介しましたが、「日本の中の周り」を知ることだけでもだいぶ見え方は変わってきます。

自分の枠がせまくなればなるほどに、人生は息苦しくなります。

それは決められた檻の中で、できることができないと錯覚し、可能性が殺されてしまっているかのように感じるからです。

簡単な例では、日本の小中学校とはいつまでたっても「いじめ」が無くなりませんよね。

そしてそれは「会社」でも同じことです。会社でも部署など狭い空間ではいじめが蔓延ります。

では、いじめが発生しないのはどこですか?
大学はいじめが起こりにくい

僕の経験上、いじめが発生しないのは「大学」です。大学でいじめが発生しないのは「精神的に大人になった」からではなく「決められた檻」がないからです。

いつも同じメンバーで比べられる訳でもなく、決められた人たちの中で組まないといけない訳でもありません。

「クラス」の概念の薄い大学では、自分がいやすい場所を「自分の場所」として生きることができます。

そして、それぞれがそれぞれで自分のいやすい居場所を作りますし、居心地の悪い場所にはいく必要がありません。だからいじめは発生しづらいです。

長く脱線しましたが、つまるところ、「周り」に目を向けてみましょう。周りを見ると、生きやすい環境はたくさんあるものです。今いる自分の環境しか見ず、その環境の中だけに自分を縛って暮らしていくことはとてももったいないことです。

世の中、人口は60億人以上いる中で、たかだか10人程度のコミュニティー(0.00001%くらい?)の世界で息苦しさに悩むのは、あまりに人生がもったいないです。

ぜひ周りにも目を向けてみてください。

 

✔️周りの状況を知る方法

周りの状況を知るためには、自分が属していない環境の人とお茶したりすることがおすすめです。

自分の属さない場所からの話を聞くだけでも、自分の今の環境を少し客観的に見ることができるようになります。

 

まとめ:人生がしんどいなら視野を広げよう

まとめ:人生がしんどいなら視野を広げよう

本記事は『日本に住んでいて「人生しんどい」って贅沢です』ということについて紹介しました。

日本はとても恵まれた環境です。日本に住んでいて「人生、しんどいんだよね。。。」と世界に投げかけたら「嫌味か」って言われるような気がするくらいです。

それでも、自分の世界を小さく考えてしまい、狭いコミュニティーの中に自分を押し込んでしまうと生きづらさを感じることもあります。そんな人生がしんどい時は、視野を広げて、世の中に目を向けてみてください。

読んで下さりありがとうございました。

では、良きライフを ٩(`・ω・´)و