【海外サラリーマン厳選】英語初心者用のオンライン英会話おすすめランキングTOP3+選び方




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

海外で働きながらブログを書いています。本記事は「社会人向け!海外サラリーマンになるための英語学習」として紹介します。

僕は純日本人ですが社会人になってからTOEICとオンライン英会話で英語を鍛えて、今は海外で英語を使って働いています。

今回は、僕のような純日本人でも英語を勉強して海外で働けるレベルになれるオンライン英会話を紹介します。

 

Daichi

オンライン英会話のスクールが山のようにあって、どれを選べば良いのか分からない。。。

社会人にあったオススメの英会話を知りたい。

こんな疑問に答えます。

✔️本記事の内容

・英語初心者のおすすめのオンライン英会話の選び方

・英語初心者おすすめオンライン英会話ランキングまとめ

・ 英語初心者のオンライン英会話の効果【何が良いの?】

・ まとめ:英会話ができることがベーシックな時代に

この記事を書いている僕は、海外で働くサラリーマンです。現在は日常の仕事で英語を使っていますが、その下地となった英会話力をオンライン英会話でつけました。

社会人・サラリーマン生活の多忙な中でも英語を実践して、ある程度自信をつけられたのは良かったと思います。そして海外にいる今でもオンライン英会話を毎日欠かさず使っています。

実際に海外サラリーマンまでのキャリアをふむことに繋がった経験から、本記事では「社会人向けオンライン英会話おすすめランキング+選び方」を紹介します。本記事を参考に、海外キャリア・英語キャリアに繋がるあなたにあった英会話学習方法の参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

英語初心者のおすすめのオンライン英会話の選び方

結論からいうと、オンライン英会話の選び方で1番重要なのはコスパだと思います。

僕はネイティブキャンプをかれこれ3年ほど使っていまして、その前にはDMM英会話やレアジョブも少しだけやりましたが、結局はネイティブキャンプです。

 

社会人向けオンライン英会話の選び方

 

オンライン英会話に何を求めるかにもよりますが、海外サラリーマンの社会人として働く僕として、オンライン英会話や日本の英会話教室でいくら英語を頑張ったところで、基本的に本場での英語練習には相手になりません。涙

 

✔️ペラペラな英語力=身につかない

【必見】海外在住の英会話力の上達目安【神話に騙されるな】で紹介していますが、社会人・大学生だと本場に住んで英語を四六時中使っていても英語がスラスラと話せるようになるのは基本的に2年くらいが経ってからです。そのため、オンライン英会話だけで「英語がペラペラになる」というところは少し現実離れしています。

そのため、オンライン英会話が「英語をペラペラに話せるようになるための勉強法」では基本的にないことを知っておいた方が良いと思います。経験談ですが。

【必見】海外在住の英会話力の上達目安!留学・赴任・ワーホリ希望者に捧げる真実【神話に騙されるな】

2019年1月10日

 

✔️授業の質 → 低くて良い

良く「ネイティブ的な英語」という言葉を聞くことがありますが、この価値は時代によって変わりつつあります。ご存知の通り、世界の人口は中国・インドがダントツで多く、この2カ国はグローバル化を強く推進しているために近いうちに「アメリカ英語」「イギリス英語」より「インド英語」「中国英語」の方が社会人として必要になる未来が容易に想像できます。

そんな将来がある中、「本場の発音・クオリティー」とは何でしょうか?

と言うより、「本場の英語を身につける」意味ってなんですか?

英語勉強の大きな目的は「仕事で英語を使えるようになること」だと思うので、本質を考えると「より多くの人と言語でコミュニーケーションを取れるようになる」だと思います。

それなら、将来的にマスの大きなインド英語・中国英語を理解できれば十分で「本場の英語」を完璧に理解できるようになる必要はありません。

こう考えると、講師がネイティブであるかどうかはわりと優先順位低くて良いということが見えてきます。

 

✔️オンライン英会話=英語に慣れるため

なぜ僕は海外にいる今でもオンライン英会話を使っているか?というと「英語で考えることに慣れる」ためです。英語勉強には、大きく2種類ありまして、1つはテキスト学習・もう1つは英会話学習です。テキスト学習は、テキストな分、実は眺めているだけで「頭を使えていない時間」みたいなのができやすいですが、英会話の場合は聞かれたことに対して答えないといけないので強制的に「聞く+話す」の英語力が必要になり頭を使います。

この「英語を聞いて英語で考える時間」がオンライン英会話の価値だと思います。

 

✔️慣れるため=時間コスパが命

結論として、オンライン英会話の意義としては英語で考えることに慣れることが第1の目的です。「発音を良くする・英語をペラペラになる」などは基本的に厳しいと思います。以上のことから、英語で考えることに慣れるために必要なことは英会話レッスンのクオリティーより「慣れる機会」を圧倒的に多く作れる「時間コスパ」が重要で、つまり「利用できる回数」と「お値段」が選ぶ上での最大のポイントです。(クオリティーをどんなに高めても日本の生活で1日の大半を英語で過ごさない限り英語ペラペラは厳しいです。将来的な価値を考えた時に、クオリティーと値段に対して得られるものが少ないです。)

そのため、次からのランキングでは「①1日に利用できる回数」と「②お値段」の2点が抑えるべきポイントです。(英会話レッスンはクオリティーだろ!という人には不向きかもです。)

 

社会人向けオンライン英会話の「失敗しない」選び方

上では、絶対に外せないポイントを紹介しましたが、次に大切なことは「失敗しない」ようにするポイントです。例えば、どんなに時間コスパが良くても講師が全く捕まらず、授業ができなかったら意味なしですよね。

忙しく時間の少ない社会人こそ必要になる「失敗しない」ためのポイントは次のとおりです。

✔️失敗しない選び方

・講師の人数が少ない

・レッスン環境が悪い

・教材が高い

注意!講師の人数が少ない!

回数が無制限でも、利用可能な先生が全然おらず、授業を受けられないのなら意味がありません。

 

注意!レッスン環境が悪い!

レッスン環境が悪く、バッググランドのノイズが強かったり、ネット通信環境が悪くて上手く接続できなかったりすると、集中力を維持できず、モチベも下がってしまいます。

 

注意!教材が高い!

授業料を抑える一方、教材をとても高く設定している会社もあり、トータルの値段で考えると、割高になってしまう点にも要注意です。

 

この3点は「失敗しない選び方」のために重要なポイントですが、僕の経験上、会社の規模が大きいところでは、講師数の確保・ネット環境の整備・無料教材の拡充が進んでいて、心配ありません。

以上、合計で下の5点に注目しながらランキングを紹介していきます。

✔️オンライン英会話のポイント

①1日に利用できる回数

②授業あたりの値段

③講師の人数

④レッスン環境

⑤教材費用

英語初心者おすすめオンライン英会話ランキング

英語初心者おすすめオンライン英会話ランキング

現在の英語のレベルが初心者〜中級者で、これから海外で活躍できる社会人になるために、コスパよく、英会話に自信を持てるようになりたい人に、凡人から海外サラリーマンになれた僕からおすすめするコスパの高いオンライン英会話のランキングを紹介します。

1位:ネイティブキャンプ

ランキング1位
①1日の利用回数無制限
②授業あたりの値段108円〜(6,480円)*
③講師の人数8,000人以上
④レッスン環境◯:問題なし
⑤教材費用無料教材多数あり。一部有料。
おすすめ★★★★★

*1日2レッスン想定

断然お得ですね。レッスン受け放題でのこの値段は価格破壊レベルです。

他のどのオンライン英会話より断然コスパ良しです。1日2回以上を目安に英会話に取り組む人は基本的にネイティブキャンプ1択でOKだと思います。僕は日本にいる時にたくさんのオンライン英会話を試しましたが、最終的に行き着いて、海外にいる今でも唯一使い続けているのがネイティブキャンプです。

 

念の為、今回のランキング外で「回数無制限」のオンライン英会話さんを調べてみると次のとおりです。

✔️回数無制限のオンライン英会話値段比較

ベストティーチャー
→月額12,000円

Vipabc
→月額102,600円

イングリッシュセントラル
→月額9,584円

ネイティブキャンプ
月額5,950円

ネイティブキャンプは群を抜いてお得です。怪物レベルです。

初回の7日間は無料体験を実施しているので、英語の世界にふれてみて雰囲気を掴んでみることをおすすめします。

僕の体験談を失敗しない!オンライン英会話ネイティブキャンプの徹底レビューで解説しています。

【英語学習英会話】失敗しない!オンライン英会話ネイティブキャンプの徹底レビュー【感想・デメリット・効果・活用方法も大紹介!】

2018年11月4日

 

2位:レアジョブ英会話

ランキング2位
①1日の利用回数1レッスン
②授業あたりの値段129円〜
③講師の人数6,000人以上
④レッスン環境◯:問題なし
⑤教材費用すべて無料
おすすめ★★★★☆

顧客満足度が1番高いオンライン英会話です。英語初心者の人に断然おすすめながレアジョブです。1日1回くらいで英語を話したい人はこちらの方がおすすめです。

 

僕は最終的にネイティブキャンプに落ち着きましたがレアジョブを半年ほど使っていたこともありました。正直、ネイティブキャンプとの圧倒的な違いはレッスンの質です。僕は質より量(多様性)を重んじて、教師の発音や導入の仕方を気にしない性質ですが、英語の超初心者にはハードルが高め。

一方でレアジョブは初心者にも非常に優しいので「英語超初心者」の人はこちらから始めてみるも良しだと思います。こちらも初回無料の体験レッスンを開催しているので、優しいオンライン英会話をしたい方はこちらから。

 

今すぐ試したい方はこちら 

 

3位:DMM英会話

ランキング3位
①1日の利用回数2レッスン
②授業あたりの値段147円〜
③講師の人数6,000人以上
④レッスン環境◯:問題なし
⑤教材費用すべて無料(8,000以上)
おすすめ★★★★☆

教材の数が8000以上。すべて無料で使えます。

個人的には、「1レッスンあたりの値段だとレアジョブより安め、でも値段で言うならネイティブキャンプ に勝るものなし。質としてはレアジョブの方が上。うーーーん。。。」と言うことで、僕は無料体験を受けて見ましたが、結局定期的には行いませんでした。そのため、上位オンライン英会話トップ3の中では、3番目にしています。

 

ネイティブキャンプの質が気に入らなくて、でもレッスンあたりの授業料をお得にしたい!と言う人にオススメのオンライン英会話です。

こちらは初回2回分のレッスンの無料体験を実施していますので、教材豊富なレッスンをのぞいてみたい人はぜひ体験を。

 

今すぐ試したい方はこちら 

 

英語初心者用のオンライン英会話の比較まとめ

以下、「利用できる回数」と「お値段」をもとにオンライン英会話をランキングしています。僕は1位のネイティブキャンプ愛用者です。

順位オンライン英会話回数 1回値段講師数環境教材費
1位イティブキャンプ無制限108円〜8,000人無料(一部有料)
2位レアジョブ英会話1回129円〜6,000人すべて無料
3位DMM英会話2回147円〜6,000人すべて無料
失敗例1回135円〜300人有料

<モバイルでは左右にスクロールできます>

英語初心者のオンライン英会話の効果【何が良いの?】

上で紹介した通りですが、日本で英会話を1日1時間ほどする程度では、英語がペラペラになることは基本的にありません。

 

英会話の落とし穴

 

基本的に、英会話の落とし穴は次のとおりです。

✔️ペラペラな英語力=身につかない

✔️世界の英語と授業のクオリティー=低くて良い

✔️オンライン英会話=英語に慣れるため

 

関連記事を書いているのでぜひ参考にしてください。

関連:現地在住で話せるようになるの?海外在住の英会話力の上達目安

 

対面英会話 vs オンライン英会話

 

上の落とし穴でも紹介した通り、基本的に1日数時間レベルの英語では基本的に「社会人が海外の仕事で使えるような英語力」は身につきません。そのため、英会話レッスンは基本的に「英語に慣れる・触れる機会」だと思った方が良いです。

その観点で言うと、いくら駅前留学などで「本物のネイティブスピーカー」に話したところで、大きな効果は得られません。仮に、「そのネイティブの人の発音」に慣れることはあっても多様な世界の英語には到底たちうちできないと思います。

そのため、「実際に会って話す」ことに高い付加価値をおいている体面形式の英会話では「直にネイティブ」に会う機会が最大の価値でして、そこに高い金額を払うことになります。

繰り返しですが、日本で英会話を勉強するなら基本的に「英語に慣れる」スタンスが良いと思いますし、海外に来て大勢のネイティブ達と話してみて感じることです。

以上から、日本で英会話レッスンをするならオンライン英会話が目的と効果に対して圧勝だと思います。(もちろん、ネイティブの人と直に話したい!と言う経験をお金を払ってでも得たい人は体面でOKですが、それなら近くにあるゲストハウスにい一泊すればOKかと。)

 

まとめ:英会話ができることがベーシックな時代に

本記事では「社会人向けオンライン英会話おすすめランキング+選び方」を紹介しました。

英語が必要とされる時代は確実にきています。今後の時代を上手く波乗りするためには今から英語を始めておくことはとても大切だと思います。

» なぜ楽天は社内公用語を英語に変えるの?

» 社会人の英語の必要性とは?

 

世界で活躍できるあなたへ。

では、良き英語ライフを ҉*\(`•ω•´)/*҉

 

 

 »【無料体験】ネイティブキャンプの公式サイトはこちら

 »【無料体験】レアジョブの公式サイトはこちら

 »【無料体験】DMM英会話の公式サイトはこちら