【断言】TOEIC初心者におすすめの教材・参考書は公式問題集だけな理由




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。TOEIC850点以上です。

 

Daichi

これからTOEICのスコアアップをしていきたいと思うけど、どんな参考書が良いんだろう?

全体像を知りたいし、戦略も知りたいし、カンタンに点数アップできるコツも知りたい。

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、社会人になってから独学でTOEICの勉強をして500点台から850点以上になりました。詳細はこちらで解説しています。

» 【社会人で英語上達】TOEIC495点から850点までの英語勉強の方法と時間目安・過ごし方

【社会人で英語上達】TOEIC495点から850点までの英語勉強の方法と時間目安・過ごし方

 

この経験から本記事は『TOEIC初心者におすすめの参考書として公式問題集だけでOKな理由』について紹介します。

サクッと3分ほどで読めると思います。

 

TOEIC初心者におすすめの教材・参考書は公式問題集だけな理由

TOEIC初心者におすすめの教材・参考書は公式問題集だけで良い理由

理由は簡単でして『TOEICを運営する機関が発行している参考書』だからです。

TOEICはテスト形式で行われていますので、もちろん誰かがテストを作っているわけなのですが、公式問題集は、テスト作成者が作成している参考書なので、最も「確からしい」情報になりますよね。

公式問題集をやればハズレはない

 

上のとおりですが、公式問題集はテスト作成者が発行している参考書になるので、公式問題集を勉強して大きくテスト内容から外れることはありません。

公式問題集にある単語を覚えたり、文法を覚えておけば基本的に必要な知識はカバーできます。

よくある質問で「同じ問題はでないでしょう」というものがありますが、いや、でます。

完全に一致する者ではないにしろ、時制の問題や単語の推測問題などは同じ内容で出題されます。

公式問題集をやれば大きく外れた勉強を避けることができます。

 

初心者に必要なことは戦略でない

 

そして他の参考書のメリットして挙げられるのは「得点を簡単に取れる戦略・コツ」などが挙げられますが、基本的に戦略だけで攻めていても点数が伸び悩みます。

理由は簡単で、TOEICは問題量が多いので、戦略で効率よく解けるようになることも1つの手ですが、それよりも「英語の基礎力」をあげることが問題集の多いTOEICで安定的に点数を獲得するにはとても効果的です。

なお、公式問題集には解説が付いており、初心者でも解答の理由を理解できるようにコメントがあります。それを読めば多くのことは理解できると思うので、基本的に解説に関しても心配しなくてOKです。

 

✔️戦略に頼るデメリット

一方、戦略に頼るデメリットですが、TOEICに関しては、カードゲームを買うときのような不思議な裏技的な手法はありません。

「Aの解答の次は高い確率でCになる」みたいなことを考えるのは危険です。

さらに、他の戦略も多数ありますが、戦略が適用できないことも考えるために、戦略が使えなかった時には点数がダダ下がりになり、点数が安定しません。

なにより、、、戦略を多数覚えるキャパシティがあるなら、できるなら正面から向かってTOEICの英語を覚えた方が効率的なような気がします。。。

 

「1番やってはいけない」勉強例

 

また、1番やってはいけない点数の伸びない勉強方法として「独学」で「独自の手法」を開拓することです。

TOEICは答えが決まっています。問題もおおよそ決まっています。

そのため、英語の勉強だからと言って、映画やその他英語の漫画などで勉強しても、関係のない単語や時間に関しては点数に直結しない時間になってしまうために、遊んでいるのと変わらず、さらに点数は伸びません。

つまらなく聞こえてしまいますが、堅実に点数を挙げたい人は論理的に考えましょう。

詳細を次の記事で解説しているので読んでみてください。

» 【動画は休憩用】ディズニー英語でTOEICを勉強するのをやめた方が良い理由

 

TOEIC初心者におすすめな公式問題集で勉強を進めるコツ

TOEIC初心者におすすめな公式問題集で勉強を進めるコツ

TOEICを公式問題集を使った独学で850点をとった僕がオススメするコツです。

統計的なコツではなく、経験論です。良かったらご参考にしてみて下さい。

 

✔️TOEIC初心者が公式問題集で勉強を進めるコツ

コツ①:英文に悩まない

コツ②:英語の「勉強」と「息抜き」を区別する

コツ③:すぐに点数が上がる思考は捨てる【100時間目安】

コツ①:英文に悩まない

Daichi
公式問題集を買ったから最初から解いているんだけど、全然英文が分からないだけど、、、

難しいじゃん。。。やっぱり公式問題集ムリ。。。

この人は一旦、勉強ストップしましょう。

初心者がTOIECの英文を分からないのは当然です。と、言うより最初は誰でも分かりません。

問題なのは、分からない文章を分かるようになるために英語の文章とにらめっこすることです。

分からない英語の文章を何回読んだところで理解できる日はやってこず、時間のロスになってしまうために、最初は「日本語訳を読む→英語を読む」の順番を守って進めましょう。

詳細を【初心者向け】TOEICの点数アップでやることは『3つだけ』ですで解説しています。

【初心者向け】TOEICの点数アップでやることは『3つだけ』です

 

コツ②:英語の「勉強」と「息抜き」を区別する

 

とはいえ、公式問題集だけだと飽きてしまう、、、と言うのが人情だと思います。

そんな時は「英語の動画」などを使って英語脳を養いつつ、英語にふれる時間で過ごすようにしましょう。

直接TOEICの点数を伸ばす要因にはなりませんが、息抜きでも効果的に英語に慣れて行くためには最適な方法だと思います。

下記の記事で英語動画を紹介しているので良かったらご参考下さい。

» 英語リスニング力に効果あるおすすめの無料サイトまとめ

» 【必見】ためになる動画まとめ!人生への挑戦を学べる大富豪たちのバイオグラフィー

»【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキング

 

コツ③:すぐに点数が上がる思考は捨てる【100時間目安】

 

TOEICでは、テストごとに問題の難易度が変化するので、それに合わせて平均点や自分の点数が上下します。

それに加えて、英語のベース力アップは一朝一夕で変わるようなモノではありません。

考えてみれば分かると思いますが日本人は中学生あたりから英語の勉強を初めて大学を含めて合計で12年ほど勉強します。それでもTOEICの全国平均は520点前後なので、基本的には短期間で劇的に魔法のように上がることはありません。

スコアアップの時間目安をTOEICでスコアアップするために必要な時間は100時間ですで解説しています。

【これからの方】TOEICのスコアアップに必要な時間は100時間です

 

まとめ:TOEICをこれから始める初心者は公式問題集に取り組もう

TOEICをこれから始める初心者は公式問題集に取り組もう

本記事は『TOEIC初心者におすすめの参考書として公式問題集だけでOKな理由』について紹介しました。

世の中にはたくさんの参考書があり、どれをやれば良いのか?何が正しいのか?など迷ってしまうことがあると思いますが、公式問題集は運営会社が発行している参考書のため、最も信頼性高く、間違いのない参考書です。

遠回りなくTOEICでハイスコアを取り、英語のある未来に向かってファイトです。

 

読んで下さりありがとうございました。

では、良きTOEICライフを ٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間7万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!