【対策あり】老後が不安でたまらないなら今日から行動すべきです




どうも、DreamArkを書いているDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

2018年8月からブログを毎日更新し始めまして、のべ50万PVを超えました。

老後のことに対して不安でたまらない夜を過ごしていませんか?

本記事は、老後がたまらなく不安だった海外サラリーマン的の将来対策を紹介します。

 

Daichi

老後のことが不安だ。。。

寿命は伸びるのに、日本の人口は減るようで、もしかしたら年金が崩壊するかもしれないし、、、

老後のことがたまらく不安だから今から何かしたら初めておきたいけど、、、何をしたら良いんだ?

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は海外で働くサラリーマンです。老後のことがたまらなく不安だったので、サラリーマンをしつつ、資産形成を始めました。資産形成を始めて3年ほどですが、20代ながら現在は月14万円ほどの不労所得をつくることができ、老後の不安から少しずつ解放されつつあります。

この経験から本記事は『老後が不安でたまらないなら今日から行動すべきです』を紹介します。

老後が不安でたまらないなら今日から行動すべきです

老後が不安でたまらないなら今日から行動すべきです

結論からですが、老後が不安でたまらないなら、今日から「資産形成」の行動を始めるべきです。僕は20代で初めて、本当に良かったと思います。

 

老後が不安ならの収入が不明だから

 

老後が不安な大きな理由は「お金」の問題だと思います。

・貯金だけで生活していけるのか?

・年金がなくなったらどうしよう?

こんなことを想像すると不安になりますよ。

一方で、

絶対に将来的に収入がなくならない。

ということが確定していたら、不安はずっと小さくなりますよね。

老後の不安をなくすためには、将来の収入不確定さを「確かな」ものにすることがポイントです。

 

【経験談】働き始めて半年ほどで資産形成を考え始めました

 

サラリーマンや一般家庭なら、働き始めたら老後に向けた資産を考えるのは普通ですよね。

僕も例にもれず、資産に関して考え始めました。老後のことが不安になりますからね。この時に勉強した本に関してはお金の本おすすめランキング!不労所得月10万円に繋がった読書参考書【資産形成して豊かな生活を】でまとめています。

この資産形成の勉強を通してわかったことは、「資産形成は時間のレバレッジがかかること」です。

レバレッジとは「てこの原理」のようなもので、「時間のレバレッジ」とは時間がたてばたつほど、効果が大きくなるようなものです。

具体的には次のような感じです。

年利5%の投資に100万円投資したとして、次のように投資額は成長していきます。(複利で計算しています。複利とは、年で得られた利益分も合わせて次年に投資することで、元金がふえ、利益を年々増えて得られる利益のことです。詳細に関しては、上の本のランキングを参考にしつつ、身に付けることをおすすめします。)

1年後:105万円

2年後:110万円

3年後:116万円

5年後:128万円

10年後:163万円

上のように、最初に投資した額は100万円で変わりませんが、その100万円が10年のうちに自動で成長し、10年後には63万円のプラスになっているのです。

これが時間のレバレッジです。この仕組みを使わない手はないですよね。

ちなみに上の投資がさらに20年、30年と続いて行くと次のように資産は成長します。

10年後:163万円

20年後:265万円

30年後:432万円

何もしないで「投資」するだけでも、資産は30年後に+332万円になります。

怪しく感じるかもですが、とても簡単な算数で計算できますし、投資に関する「怪しさ」はここ最近の投資リテラシーの高まりにより、解消されつつあると思うので、特に深掘りはしません。

(なお、気になる人は電卓で、100を1.05倍し続けてみましょう。100は初年度の100万円の投資を意味して、1.05倍は年利5%を意味します。1.05を30回かけると432になります。)

ということで、資産形成に関しては可能な限り「早く」始めることが効果を高めます。

つまり、老後が不安でたまらないなら、「今日」から将来に向けて資産形成を始めることをおすすめします。

老後が不安でたまらない時に少しずつ資産形成を始める方法

老後が不安でたまらない時に少しずつ資産形成を始める方法

ということで「資産形成」を今日始めることが肝心ですが、何から始めれば良いのか、というのが問題ですよね。

資産形成の初心者の方は「投資」に関して不安しかないと思います。(実際、僕もそうでした。)

そんな方でも「少しずつ資産形成に関する不安」を取り除くには次の流れがおすすめです。

✔️働かないで稼ぎたいを実現する方法

手順①銀行に貯金する【不労所得を実感する】

手順②ソーシャルエンディングに投資する【利率の高い不労所得を実感する】

手順③ロボ投資する【さらに利率の高い不労所得に投資する】

詳細については働かないで稼ぎたい!を実現する方法【断言できる堅実な道】で解説します。この記事の中で書いている通り、徐々に投資額を増やしていき「投資」への感覚を身につけていくことがベストだと思いますし、僕自身、この道を辿ってきたので、投資に関する不信感がなくなりました。

働かないで稼ぎたい!を実現する方法【断言できる堅実な道】

老後が不安でたまらない時に考えるべきこと

老後が不安でたまらない時に考えるべきこと

また老後が不安でたまらな時には次の2つに注力することが大切なように感じます。

 

✔️老後が不安な時に考えるべきこと

① 経済的に自立する力を高める

② 「社会」に必要とされる力を高める

① 経済的に自立する力を高める

 

経済的な自立力とは「自分で作れるお金だけでも暮らしていけるようになるこ」ことです。

言い換えると、「個人の収入を増やす」ことです。本業の会社の収入だけでなく、個人で稼げる収入のルートを増やしておくのです。

個人で得られる収入のルートを増やし、経済的な自立力を高めることで、だんだんと「1つの収入源」に依存する必要がなくなり、不安も減ります。

子供は、小さい頃は親に依存して暮らしていますが、いずれは自分の経済力をつけていき、親から自立しますよね。

これと似た感じで、個人の収入もいずれは会社(親)に頼るだけでなく、個人(自分自身)で稼げる力を高めて、自立していくことが、精神的に経済力的にも大切なことだと思います。

② 「社会」に必要とされる力を高める

 

また、老後の不安をなくすために必要な取り組みとして「社会」に必要とされる力を高めることも大切だと思います。

将来に不安を感じた時に、「今の会社で生き残れるように頑張る」人もいると思いますが、僕はあまりその道は好きではありません。

ある会社でのみ通用するように、好まれるように頑張ることが、社会でも必要とされる力に繋がるのなら問題ないと思いますが、その会社でしか通用しないようなスキルだけを伸ばすことは、あまりに依存しきった人生になってしまいますし、社会的に見たら自分の価値は高まりません。

もちろん、ある会社の中でも「本当に必要であって、いなくなってもらっては困る」という生き方も素晴らしいですし、会社としてはとてもありがたいことかもしれませんが、僕は「好きではない」だけです。

どちらかというと「社会」に必要とされる力の方が「社会」の役に立てますし、将来的に見ても自分の力に繋がるような気がするからです。

そのため、僕は英語の勉強をしたり、ブログで発信の訓練をしたりしました。

せっかく時間を使うなら、社会に必要にされる方に注力した方が長い目で見て、社会に役立てると感じています。

 

まとめ:老後が不安でたまらないなら今日から行動しよう

老後が不安でたまらないなら今日から行動しよう

本記事は『老後が不安でたまらないなら今日から行動すべきです』を紹介しました。

将来に不安になるということは「今」は将来を考える余裕があるということです。

本当にせっぱ詰まると「今日」のことしか考えられず、その日暮らしになってしまいます。

もし今、将来に目を向ける余裕があるのなら、今のうちに将来に向けて行動し始めることをおすすめします。

行動の方法に関しては上で紹介のとおり、こちらをご覧ください。

働かないで稼ぎたい!を実現する方法【断言できる堅実な道】

 

読んで下さりありがとうございました。

では、不安の少ない人生を ٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!