【懸念】会社を辞める不安に打ち勝つために知るべきこと




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

サラリーマンをしつつ、仕事を変える可能性も考えて、コツコツと資産形成をしています。

 

本記事は、会社を辞める不安に打ち勝つために知るべきことを紹介します。本記事に書いてあることを知り、行動することで会社を辞める不安を少し減らすことができると思います。

 

Daichi

会社を辞めようと思うけど、その先が不安。。。

今後、結婚・子供・両親のことを面倒みることを考えると、どうしても生活費は必要だし、、、

転職するにも次の仕事につけるか不安だし。。。

どうしたら良いの?

こんな疑問に答えます。

 

この記事を書いている僕は、海外で働く20代の海外サラリーマンです。働き始めてわりとすぐに世の中で声高に「仕事の変換期がくる」ということが言われるようになり、将来が不安だったことから、自分でできることを考えました。

資産形成・スキルUPなどに取り組み、今は海外にでています。20代ながら資産が溜まりつつ、少しずつ不安が晴れていっています。

会社を辞めるのは不安ですよね。今の環境に辛さ・疑問があるからといって、簡単に辞める決断にいたれないのが多くの人の悩みだと思います。僕も単なるサラリーマンのため、その気持ちはすごく分かります。サラリーマンの立場から、本記事は『会社を辞める不安に打ち勝つために知るべきこと』について紹介します。

 

会社を辞める不安に打ち勝つために知るべきこと

会社を辞める不安に打ち勝つために知るべきこと

会社を辞める不安に打ち勝つには、辞めた先の未来を知ることが大切です。

 

✔️知るべきこと

① 人生のリスクを考える

② 今日のリスクを考える

③ 世界の会社の広さを知る

④ 個人の時代の勢いを知る

⑤ 自分の今の価値を知る

なお、5つのことを絶対に守らないといけない訳ではありません。自分に合うスタイルの中で、「自分でも取り組めるかな?」ということを少し深掘りしつつ、会社を辞める不安を和らげることに繋げてもらえたら嬉しいです。

 

① 人生のリスクを考える

 

会社を辞める不安に打ち勝つには「人生のリスクを考えること」が効果的です。

もちろん、普通に考えると「仕事を辞めたら、人生お先真っ暗。線路を踏み外したら先がない。。。」みたいに感じるかもですが、経済的なリスクの前に「自分自身」に対するリスクです。

人によっては「平凡に荒波なく過ごすこと」が人生の目標の人もいるかもしれませんが、今、仕事を辞めた時の先の不安をしている人の多くは「現状に不満」がある人だと思います。

・仕事内容に不満がある

・仕事の進め方に不満がある

・仕事環境に不満がある

不満は人それぞれだと思いますが、問題は「それを一生引っ張って生を終えますか?」ということです。

いつも不満・いつも違和感・いつもストレス、、、この感情のまま、今後の人生を過ごしていきますか?

せっかく与えたれた人生を、そんな思いのまま終えてしまって良いのでしょうか?

経済的なリスクは減るかもしれない一方で、大切な「人生」を無駄に過ごしているリスクにも目を向けてみましょう。

人生を無駄にするリスクに目を向けると、今いる環境に留まるリスクの高さを考える機会になります。

良かったら少し時間をとって、人生の過ごし方に思いをめぐらせてみて下さい。

 

② 今日のリスクを考える

 

会社を辞める不安に打ち勝つには「今日のリスクを考えること」も効果的です。

もしかしたら、何かの事故で今日、人生を終える可能性をあります。もしかしたら、明日に人生を終えるかもしれません。

そうした時、あなたは何をしますか?それでも仕事場に向かうでしょうか?

「今の時間」を選ぶことは「その他の時間」を切り捨てているのと変わりません。

今、「不満な時間」を選び、「本当にやりたい今」を切り捨てていることに思いをめぐらしてみてください。

もし今日、自分に何かがおこってしまうことが分かっていたら何をするか考えてみてください。

きっと別の時間の使い方も見えてくると思います。

 

③ 世界の会社の広さを知る

 

会社を辞める不安に打ち勝つには「世界の会社の広さを知ること」も効果的です。

会社の広さは「会社の大きさ」ではありません。会社の種類や働き方です。

僕は仕事を辞めることに不安があった時に、自分以外の会社で働く人の話を聞くようにしていました。そこで聞いた話は、今自分がいる環境とはまったく違うものでした。

・通勤の仕方1つをとっても規制がある・規制がない会社がある

・飲み会、週末コンパを強要される・強要されない会社がある

・定時に帰ることが正義である・悪である会社がある

本当に、世界にはたくさんの会社があるんですよね。

とくに僕は、海外に出たので働き方の違いをさらに感じるようになりました。

・ステップアップのために転職していくのが当たり前

・終身雇用の制度がない

・ただ在籍して働くだけでは給料が下がっていく

海外は労働に対する価値観が異なるため、僕は海外に出て良かったなあ、と心底感じます。

世界の働き方を少しみてみましょう。友人と話したり、外国の方を捕まえて働き方を聞いてみましょう。

きっと、今目の前の環境だけで考えていることが逆に「異常」であることに気づけると思います。

 

④ 個人の時代の勢いを知る

 

会社を辞める不安に打ち勝つには「個人の時代の勢いを知ること」も効果的です。

「個人の時代がきている」というと100%「いやいや一時的なものだ」とか「いやいやそもそもそんなの詐欺だ」という反対意見がありますが、それはいつの時代でも同じですね。

何が意見があれば賛否が立つのは当たり前でして、物事にはすべてメリット・デメリットがありますね。

「〜なら絶対に大丈夫」とか「〜なら絶対にダメ」なんてことはありません。

僕は少し遅れながらブログの波に入りました。真面目に取り組み始めたのは18年8月からです。当時はブログのビックウェーブがすでにきていて、世の中はブログブームで盛り上がっていましたね。

そんな時でも「ブログオワコン論」みたいな話がたったり、「アフィリ詐欺論」みたいのはたくさんありましたが、普通に継続した結果、副業レベルでも毎月数万人に読まれるブログに成長し、数万単位でお金が入るようになってきました。

1つ言えるのは、どんなことにも賛否はあるので、どこかで腹をくくって何かを始めないとダメですね。過去の僕は調べるだけの頭でっかちでしたが、自分でアウトプットするようになって思考が変わりました。

会社を辞めることに対して不安を感じる人は、「個人で生きる時代」に関しても調べてみてください。直感的に「いけるかも」と感じるのであれば半年・1年間くらいコミットして副業がてら手につけてみると意外と稼げてたりするかもしれません。

そしたら会社を辞めることに対する不安を減らすことができますよね。

個人で稼げる力は、経済的・精神的に自立する上でとても大切な力です。

 

⑤ 自分の今の価値を知る

 

とはいえ、何はともあれ「自分に自信がなくて一歩踏み出せない人」が大半だと思います。僕もそうだったので「個人の稼ぎ」に挑戦しました。

でも個人で稼ぐには数年単位で時間がかかると思います(副業レベルなら)。

今すぐにでも自分の価値が知りたい場合には手軽に使えるツールを活用してみてください。

MIIDAS(ミーダス)はお手軽に自分の市場価値を知ることができるツールです。ネットでいくつかの簡単な質問に答えるだけで、すぐに自分の想定年収(市場価値)を知ることができます。

5分もあれば取り組めるので、「自分に他の道もある」ことを知っておき、自信を高めておきましょう。

 

▼自分の市場価値を無料チェック

MIIDAS(ミイダス)会員登録プロモーション

最後に:会社を辞める不安に悩まされ続けるのは人生の損

最後に:会社を辞める不安に悩まされ続けるのは人生の損

本記事は『会社を辞める不安に打ち勝つために知るべきこと』について紹介しました。

好きな言葉があります。

何も変えないことは、「いまいる環境を選択しているのと同じ」。

この言葉を聞くと、いつでも、「自分にとって今いる場所が最適か」ということを考え直す良いキッカケになります。

例えば、今仕事を辞める不安がある人は、少し違う視点・考え方をしてみましょう。

もし毎日仕事を辞め、毎日翌日には新しい会社に務める世界があったとしたら、きっと会社を辞める不安はなくなりますよね。

これは何も「行き過ぎた空想」なわけではありません。

国によっては、20代のうちは毎年転職しているような場所もあるわけですし、視点を拡げれば、とらえ方も変わります。

仕事を辞めることに対する不安から、今の環境で悩んでいるのは人生の時間がもったいないです。せっかくなら「自分が心から真剣に向き合える」時間に注力してあげましょう。

読んで下さりありがとうございました。

では、不安の少ない人生を ٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!