将来が不安。心配。絶対に真似したくないお金が貯まらない人の特徴まとめ

どうも、Daichiです。

この記事は、将来のお金に対する不安をもっているけど、なかなかお金が貯まっていかない人の特徴を紹介します。

 

お金にゆとりのある生活だったら、とっても気楽ですよね?

将来的にも、安定的な収入が確立できていてお金に困らない生活ができたら、のびのびと暮らせるのではないでしょうか。

 

そうした生活をつくっていこうと日々努力しても、なかなかお金が貯まっていかないのが世の常。

 

お金が貯まらない人にはいくつかの共通する特徴があります。

この特徴を抑えて日々を気をつけて過ごすことでお金が貯まる生活に近くことができます。

 

貧乏さんの特徴をおさえて、そのポイントは絶対にとらないようにしてお金の貯まる人生をきり拓きましょう!

 

将来の不安がなくならない!お金の貯まらない人の特徴

将来が不安。。お金はどうすれば良いんだろう。。。

生活の中でお金のことで常に頭を悩ませないといけない毎日はストレス一杯で大変ですよね。

お金のことを気にすることなく、暮らすことができればどんなにラクなことか。

お金が貯まらない人は、日々の生活の中で、たくさんのお金の悩みに苦しめられています。

 

  • 毎月の支払いにおわれている
  • 将来のお金が心配だけど、全然お金に余裕がない
  • 毎月の生活費がカツカツだ
  • 今月の引き落としはどう対処しよう
  • 固定資産税の支払いをどうやって乗り越えようか
  • 病院に行きたいけど、生活費がないからいけない
  • 子供の成長のために塾や習いごとをさせたいけどお金が捻出できない
  • 借金の返済ができそうにない
  • 老後の資金を思うと全く到達しそうにない
  • 毎月毎月お金が貯まるどころか減っている
  • 自分の仕事がなくなって路頭に迷うかもしれない
  • お金がなくてやりたいことができない
  • 今後の不景気を思うと保有している株が不安だ
  • 彼女にプレゼントを頼まれたけど、お金が。
  • 妻に旅行をほのめかされたけど、会社の業績が厳しくていけそうになくて申し訳ない

 

本当に、たくさんの悩みがあります。

この悩みをみていき、日々の生活や支出の状況を確認すると、お金が貯まらない人の共通点がみえてきます。

この共通点を知って、その共通点を避けることで、少しでもお金の不安から解放されて気楽な生活が送れるようになりましょう。

 

お金が貯まらない人の特徴

「将来が不安、心配。お金が全然貯まっていない」という人には、考え方や行動に共通する点があります。

あ、これは私もしてしまっているかも??

そんな風に思い当たることがあれば、そうしたことをしないように気をつけるのが大切です。

少しずつ変えていくことで、お金が貯まらない人から、お金の貯まる人になりましょう。

お金の貯まらない人の特徴を、

  • 日々の習慣
  • お金に対する考え方
  • 社会との付き合い方

 

の3つに分けて紹介します。

 

お金の貯まらない人の日々の習慣

将来のお金が不安な人、そしてお金が貯まらなに人は、日々の習慣に問題があります。

習慣の力はとても大きいですよね?

1日の出費の積み重ねが、月の出費、年の出費をつくっていくのですから。

日々お金が貯まるようになるためには、最低限、お金が貯まらない習慣をしないことが大切。

負の習慣を知って未然に真似しないように気をつけてお金の貯まる自分になりましょう。

 

お金が貯まらない人は、いつも忙しいと言っている

お金が貯まらない人は、口癖としていつも忙しいと言っていることがあります。

1日の時間は、みな一緒ですよね?

そして、社会的なスーパースターでもない人が、なぜいつもいつも忙しいと言っているのでしょうか?

それは、自分の時間をコントロールできていないからです。

自分の決められた24時間という時間に対して、必要なこと・必要でないことの切り分けができず、コントロールができていないのです。

この忙しさには、2つのお金に対する負の側面が隠されています。

 

1つは、お金を考える時間が取れないこと。

日々の生活、落ち着いて整理して見ると、日々の生活の固定費を下げることはたくさん見つかります。

でも忙しいが口癖の人は、お金のことを考える時間を捻出できません。

そうすると固定費があがり、毎月毎月、しなくても良いはずの出費を重ねてしまうのです。

 

2つ目は、自制の力です。

時間の取捨選択ができないことは、お金に関するモノの取捨選択もできないことにつながる可能性があります。

「いつも忙しい」癖の人は日々の生活でアップアップ。

これは、毎月支払いに追われてしまう、お金の貯まらない人の状態に近くないでしょうか?

 

時間もお金も、自分でコントロールする力が大切です。

自制力を見直して、時間もお金もコントロールできる人になりましょう。

 

お金が貯まらない人は、なんとなく過ごしている時間が多い

将来が不安、お金が貯まって行かない、、、と思う人は、なんとくなく日々を過ごしてしまっている人が多いです。

お金を貯めたい!

と強く決意して、「毎月3万円を節約する!」と決意できる人であれば、日々の支出の管理から、日々の固定費(生活で普段かかってしまう金額)の見直しをするなどやるべきことが見えてきます。

お金を貯められない人は、そこまで自分の時間に落とし込むことができません。

なんとなく過ごしてしまうのです。

 

・その1時間があったら携帯電話の料金の見直してできたのに

・その1時間があったら電気代の見直しができたのに

・その1時間があったら何となくとってる新聞の必要性を判断できたのに

 

この他にもたくさんあります。

なんとなく過ごしている間に、節約やお金をうむチャンスはその人の人生を通りすぎていくのです。

 

一方でお金を貯められる人は自分に必要なことに時間を使います。

時間の使い方がとぎつまされて選択と集中ができる人は自然とお金が貯まるようになります。

 

なんとなく過ごしている人は注意が必要です。

時間の使うべきところを意識できるような意識ある日々を過ごしましょう。

 

お金が貯まらない人は、夜更かしをする

もしお金が貯まらないのであれば、夜更かしが原因かもしれません。

ストレスが溜まる・疲れている時って自分にご褒美をあげたくなったり、甘いもの・美味しいもので乗り切ろうとしてしまうことはないでしょうか?

夜更かしてエネルギーが不足すると、糖分やカフェインを摂取して、体にムチをうつことがありますが、根本的なエネルギーの回復には繋がりません。

甘いもの・コーヒーなどの細々とした出費になることに加えて、エネルギー不足は、ストレスや健康不良の原因にもなります。

そのために、マッサージに行ったり、余計な病院費用など、本来なら必要としない出費に繋がるのです。

 

夜更かしをしていて、体に負担をかけていませんか?

リフレッシュするために無駄な出費をしていませんか?

十分な睡眠をとって、精神的にも・健康的にも・お金的にも満たされた生活を送りましょう。

 

お金が貯まらない人はモノが多い

お金が貯まらなくて厳しいんだ、と言っている人ほど、モノを多く持っています。

その人の身の回りのモノをみれば一目瞭然。

買ってみたものの疲れわれていない健康用品、健康サプリメント、美容製品から本、動画教材まで。

本当に必要なモノが少しあれば、本当にやりたいことは実現できるのではないでしょうか?

 

モノを買うことは、ダイレクトに出費に繋がります。

モノの多さ=出費の量の多さなのです。

 

あなたの部屋をみわたしてみてモノで溢れていないでしょうか?

 

  • 同じ用途のものが2つある
  • 1年以上使っていないモノがある
  • 新しいモノを買わなくても不自由なく生活できる
  • それでも今日買い物に行こうとしている

 

そんな人は注意が必要です。

無駄な出費は、お金が貯まらない最も単純明快な原因です。

モノの購入生活を見直して、お金を無駄に出費しない人になりましょう。

 

お金が貯まらない人は時間にルーズ

お金が貯まらない人は、時間にルーズなことが特徴の1つです。

時は金なり、という言葉にある通り、時間とお金は強い関係にあります。

 

時間にルーズな人は、時間が資産であることに気づいていないのでしょう。

時間に遅れる、ということだけで相手の資産を削っていることに気づいていないのです。

時間にルーズなことは、すなわちお金をルーズにしていることと同じ意味なのです。

 

たとえば、朝の出勤時間。

朝の混雑に会うと体力的にも精神的にも疲れるために、早朝に会社にいこうと決めた時、

時間に対して自律できる人は計画通りに時間を過ごせてストレスなく過ごすことができます。

心身ともに健やかに過ごすことができるので余計な出費をしません。

一方、時間にルーズな人は自分の生活に対してもルーズです。

朝は目標の時間に出勤できずに混雑にあってしまい、場合によっては遅れそうになってタクシーを使うことも。

精神的にも体力的にも疲れるためにコーヒーなど缶飲料で気分を切り替えたり、夜の晩酌にお金を使ったり。

ちょこちょことした出費の積み重ねが気づけばお金の貯まらない性分を引き寄せているのです。

 

お金を貯められるようになるには、時間の価値を考えてみましょう。

時間のことを思い、時間を有効に使えるようになると日々の生活も経済的に動くことができるように成長することができ、お金の貯まる自分に変わることができるのです。

 

お金が貯められない人はメンドくさがり

お金が貯められるない人は、面倒くさがりなことが往々にしてあります。

日々の生活で、実は節約できるポイントや固定費を削減できるポイントはたくさん隠れているのです。

お金を貯められない人は、節約のために、するべきことを書き出すまでは進むのですが、実際に行動を起こすことが面倒臭くてしょうがありません。

せっかく支出を減らす方法がわかっているのに面倒くさがって取り組みません。

支出の見直しをするだけで、その日から一生にわたって、いまある支出と見直した時の差分は、自分の余力ある資金として自分のお財布に流れてくるのです。

しかしお金が貯められない人はそこまで行動することが面倒くさいのです。

携帯代、電話代、新聞費代、電気代、不動産の金利など。

世の中には、固定費削減できることがたくさん隠れているのです。

 

こうした細々としたことを面倒くさがらずに自分の生活に即した支出へと見直すことが大切

これがお金が貯まる人と貯まらない人の違いの特徴の1つです。

 

自分へのご褒美が多い

将来が不安。この生活を脱していきたい。。。

そう思いながらも何かにつけては自分をリラックスさせるために自分へのご褒美をあげる人は、お金を貯めることができません。

お金のために働くって大変ですよね?

だから、ストレスがかかり、疲れてしまい、何かにつけて自分へのご褒美として、少し高めの食事を頻繁にしたり、服やマッサージなどにお金をかけてストレスを発散させます。

頻繁な出費は、さらに自分の経済状況を悪くして、働くことを自分に強要させてしまいいます。

 

一方で、お金の貯められる人は、自分へのご褒美をコントロールすることができます。

自分へのご褒美を出費するものにあてずに生活することができる人は、

 

・自分へのご褒美をコントロールできる

→出費を抑えることができる

→お金が貯まるようになる

→精神的に余裕がでてストレスがへり、自分へのご褒美が必要なくなる

 

最初こそ、ご褒美を減らす習慣を身につけることは大変かもしれませんが、1度良いサイクルを掴むことができるとさらにお金が貯まりやすくなります。

最初の良い流れをつくることが肝心です。

自分へのご褒美をお金で解決している人は、お金のかかること以外で、気持ちを満たす方法を見つけることが大切です。

そうすることで、お金の貯まる生活をスタートさせることができます。

 

勉強している自分が好き

将来を不安に感じ、勉強をたくさんしているのですが、なかなかお金を貯められない人がいます。

その人は目的がすり替わっている可能性があります。

自分ではお金の勉強をしているので、経済状況は好転すると信じていて、勉強している自分を誇りに感じ優越感に浸ってしまうのです。

勉強することは非常に大切ですが勉強を継続できる自分であるために勉強している人は、目的を見直すことが必要です。

お金の勉強は自分の経済状況を改善するトライをしてこそ真価を得られます。

本・セミナー、講義に月に何万円と払い、

「これも自分への投資なんだ」

と満足感に浸ってしまっている人は注意が必要。

今の勉強をしていて実生活で本来あるべき目的のことが改善されているのかチェックする時間が大切です。

お金が貯まらないと思ってたくさん勉強しているのに一向にお金の流れが好転しない人は、勉強したことを自分の生活に役立てているか振り返ってみてください。

勉強を実生活に落としこむ力をつけて、お金の貯められるあなたになるための第1歩は、意外と簡単なところに隠れているものです。

 

本気でやりたいことがない

本気でやりたいことがない人は、お金を貯めることができません。

なぜなら、中途半端に色々なことに手を出して、小さな散財を重ねてしまうからです。

お金を貯められない人は、なんとなく日々を過ごします。

なんとなく飲み会に行ったり、

なんとなく2次会、3次会まで流されていき、

気づいたら、時間もお金も浪費を重ねてしまう。

 

一方で本気でやりたいことがある人は集中するための環境をつくります。

飲み会も無駄に参加しません。2次会も考えて参加します。

本気でやりたいなら、夜の時間を確保するために、しっかりと帰ります。

自分の人生を生きているのです。

そういう人は、付き合い・なんとなくのために浪費をしません。

想像するだけでも、お金が貯まっていくことを感じることができます。

 

お金の貯まっていない人は、本気で集中できることを探してみることが必要です。

資産を1000万つくる。将来ありたい姿のために今から起業の準備をする。

あなたが本気で取り組みたいことが見つかったとき、あなたの貧乏生活は終わりを告げるのです。

 

余った分を貯金しようとする

お金を貯めることができない人は、お金が余ったら貯金にまわそうとします。

日々の生活、やっぱり出費はかかってしまうもの。

気づいたら出費が重なり、結局は貯金ができなかった。

こんなことはよくあることです。

ただただ、お金に対する優先順位が低いのです。

 

たとえば、本気でプロ野球選手になりたいと思っている人は、

「もし時間が余ったら野球の練習をしよう」

と日々の時間を計画するでしょうか?

そんなことはしないですよね?

会場が借りられる日時を前もって抑えて練習にいくための時間を確保するための生活を送るはずです。

時間ができたら練習しよう、と思っている人は練習の習慣化もできなければ周りから抜きん出ることも、もちろんできません。

 

お金を貯めたいのであれば、お金を貯める優先順位を1番高くすることが必要です。

お給料をもらったら、貯めたい分のお金を1番最初に差し引いてしまって貯金に回すのです。

そうすることで自然とお金は貯まり始めます。

簡単なようで難しい1歩ですが、お金の貯まるゆとりある生活は、お金の優先順位をあげることから始まるのです。

 

お金が貯まらない人のお金の考え方

お金が貯まらない人は、お金への考え方に特徴があります。

お金が貯まらない人の考え方の細かい例をあげると沢山ありますが、一貫して言えることはお金が貯まらない人は「お金は大事だ」と言うことを毛嫌いしていることです。

自分が嫌っていることが、好転していくことを考えられるでしょうか?

あることが好きで好きでたまらなく、日々そのことを改善するために過ごしている人の方が、毛嫌いしている人に比べて好転していくのは目に見えています。

お金が貯まらない。。。将来が不安だ。。。

こんな風に感じている人は、「お金は大事」と言うことを毛嫌いしていないでしょうか?

友人の前で、お金の話をすることを恥ずかしいことだと思っていないでしょうか?

お金を貯められるようになるには、お金のことを理解して、大事なんだと知ることから始まります。

お金を大事に思うことで、お金の貯まる生活を過ごし始めることができるのです。

 

次からは、お金を貯められない人の代表的な考え方を紹介します。

この考え方をしている人がいたら、少し違う見方でお金を考える必要があるかもしれません。

お金の見方を変えて、お金の貯まる生活をスタートさせましょう。

 

お金を大切だと思わない

お金を貯めることができない人は、お金を大切だと思っていません。

お金に苦しんでいるから、お金の必要性は痛いほどわかっている。

そう感じるかもしれませんが、必要と大切とでは意味が異なります。

お金が必要だと思うことは、消費や浪費をするためにお金をしようします。

 

  • 日々の生活にお金が必要
  • 結婚にお金が必要
  • 子供の養育費にお金が必要

 

一方で、お金を貯められる人は、お金を大切に思っています。

お金を大切に思える人は、お金をかけないでできる方法を頭を使って考えます。

お金を大切に思っているからこそ、する必要のない出費・お金をかけずに代替する方法をとって支出を抑えています。

 

お金を貯められない人は、お金の必要性ばかりに目を向けがちです。そんな人は、お金を大切にしましょう。

お金を大切にすることで、お金に好かれ、お金の貯まる生活を手に入れるのです。

 

支出の種類を気にしない

お金の貯まらない人は、支出の種類を気にしません。

1つ1つ出費でも、それが価値ある出費なのか、ただの浪費なのか、その種類を気にしないのです。

 

自分が何のためにお金を使っているのか?

その意味を考えることで、お金の使い方と、お金を使っている効果は大きく変わります。

一般的に、お金には3つの種類があります。

 

それは「浪費」「消費」「投資」です。

この考えをもつことで支出の質は劇的に変わります。

お金を無駄に使うか、お金をうむために使うか、1つ1つの支出の質が将来的に大きな差に繋がるのです。

 

お金を貯められる生活をはじめたい人は、支出の種類を知ることで、お金の貯まる生活をスタートさせましょう。

 

労働しないでお金を得ることは悪(あく)

お金を一向に貯められない人は、お金を得るためには時間を使った労働は必須であり、時間をかけずに得るお金に対して、懐疑心・嫌悪感を感じます。

そのために、時間をかけて働くことのみが唯一の収入の得る方法だと信じて疑いません。

さらに、時間をかけもしないでお金を得ている人を見下すことすらあります。

 

しかし本質的に考えて見ると、お金を得るということは価値を提供するということ。

価値の提供の仕方は無数にあって、必ずしも時間をかければ良いとものでもありません。

 

急いでいる時には、

5分間待っても出てこない料理屋さんより

機械が作るけど30秒で作ってくれるファストフードの方が嬉しい人もいるのです。

 

お金を得るとは価値を提供すること。その本質を理解することが、お金を貯められる人になるための1つの解決策でもあるのです。

 

お金が貯まらない。。。そう悩みながら、時間をかけないで得るお金を毛嫌いしている人は、収入の根本に目を向けてみることが大切です。

価値の提供の根本に目を向けることで、あなたの収入の種類が増え、収入の流れの良い安定した経済基盤を築いていくことができるのです。

 

お金が貯まらない人の社会との関わり方

お金が貯まらない人は、社会との関わり方で消費・浪費をしていることが多くあります。

その行動・考え方のために、支出がかさんでいることを知ることで、支出を抑えることができるようになります。

お金が貯まらない人は、どんな風に社会と付き合うのか?

ぜひ次からの項目を参考にして、お金の貯まる生活を送れるようになりましょう。

 

誘いを断らない

お金を貯められない人は、周りからの誘いを断りません。

時は金なり、先の話でも共通する点がありますが、相手の誘いにのり、相手の時間を過ごしている間は、自分のお金を改善することができないのです。

誘いを断ってしまったら、付き合いが悪く思われる。。。

そんな風に思うかもしれませんが、それは過剰に意識をしすぎです。

 

誘いを断り、「今、勉強したいことがあるんだ」と言ったら、

さそった人も「あいつは頑張ってるんだな、俺も息抜きばかりしないで何か取り組まないとな」

こんな風に思うこともあるかもしれません。

 

誘いを受け入れ続けている限り、あなたの時間はドンドン奪われていきます。

あなたのお金はドンドンとあなたから離れていくのです。

 

お金を貯められる人になるには、自分に本当な必要な時間を考えて、時間を選択していくことが大切です。

 

飲み会に最後まで参加する

飲み会に最後まで参加する人も、お金を貯められない人の特徴です。

飲み会に参加すると、周りの雰囲気で抜け出しにくいこともありますよね?

気づけば、2次会・3次会、、、そして終電を逃してタクシー帰り。

そんな生活を送ってしまって、帰りや次の朝に、

なにをやっているんだろうな。。。

こんな風に思うことはないでしょうか。

 

付き合いの面で言えば、1次会に参加すれば、会の目的はほとんど満たされています。

次の日にも、飲み会の話題にふれることは可能です。

 

飲み会を最後まで参加することは、飲み会のコスト、帰りの想定外の支出、さらに貴重な時間までも失っていることを自覚する必要があるのです。

 

お金を貯められるようになるためには、飲み会への参加を1次会までと決心することが効果的です。

時間もお金もマネジメントできる生活を取り戻しましょう。

 

周りから貧乏だと思われたくない

お金が貯まらない人は、貧乏であると周りから思われたくありません。

周りから貧乏だと思われたないために、身につけるものに高い金額を支払ったり、住居や、車なども自分の生活レベルより、ソコソコ高いものに手をつけがちです。

そうした出費を重ねていると、手持ちの現金が少なくなり、終いには毎月の支払いに追われる生活がスタートします。

常に自転車操業をしていると、お金の勉強をするための金銭的・精神的な余裕がなくなってきます。

もちろん、支払いに追われるので一方にお金は貯まっていきません。

貧乏だと思われたくないがためにする出費は、全て自分を貧乏にすることに戻ってきてしまうのです。

 

お金が貯まる人はこの仕組みをよく知っています。

そのために世間体としての見栄えを良くするための出費を極力しません。

その結果、お金にゆとりが出るのです。

お金にゆとりができると、お金の有効利用できるチャンスができます。

さらに勉強するための余裕も生じ、日々の生活は好転していくのです。

 

お金が貯まらなくて困っていて、周りに貧乏だと思われないがためにさらに出費を重ねる。

そんなことは極力避けるべきです。

 

お金の貯まる人になるには、周りからの金銭的な評価を気にするより先に、自分の支出・収入のフローに目を向けて生活を改善することが必要です。

 

お金を貯められるようになるには?

以上、お金を貯められない人の特徴を紹介しました。

では、お金を貯められるようになるには、どうすれば良いのか?

それは、お金を貯められない人の特徴を極力真似しないようにすれば良いんです。

たくさんの項目があるので、難しく感じるかもしれませんが、最初から全部を強制しなくても良いのです。

1つずつ改善していくことが大切です。

1つずつの改善を毎日1つ、1週間で1つなど継続して変えていくことができれば、いずれはお金の貯まるあなたに変わることができます。

 

▼合わせて読みたい:

関連記事:将来が不安。お金の心配をこれで解消!誰でもできる解決方法まとめ!

 

それでも、何から始めて良いか分からない人は、第1にお金の教養をつけることから始めましょう。

 

▼1年間!しっかりとお金の基礎を学びたい人

 

▼3時間でお財布のお金の流れを学ぶ

関連記事:経済的自由をゲームで学ぶ!キャッシュフローゲーム会!

 

さいごに

将来が不安。

仕事、お金はどうなるのか。。。

日々生活をしている中では、たくさんの不安が生じてしまうと思います。

でも、将来を明るくするも暗くするも自分の行動次第。

もし今不安があって、少しでも改善していきたいと感じている人は、今行動をはじめることが大切です。

本記事が将来に心配のないのびのびした生活を送るための参考になれれば幸いです。

 

 

 

▼合わせて読みたい

関連記事:自由に生きたい人必見!若くして経済的自由になるための資産形成と人生戦略講座!

関連記事:経済的自由をゲームで学ぶ!キャッシュフローゲーム会!

 

メルマガ購読(無料)

スポンサー











共感していただけたらシェアをお願いします

 

 

読書・勉強をしているけど
自分を変えられない…

 

変われない自分がついに変われる!
夢に一歩を踏み出す自分になる!

 

あなたらしい人生をデザインする!

 


 


超おすすめ!夢を叶える方法を無料で全公開!
【永久版】夢を叶える全手法

「叶えられないから夢」を一蹴する夢を叶えるためのSTEPを9つで紹介。TOEIC300点、国立大合格、海外移住、様々な夢を叶えてきた共通のノウハウを全てここに。勉強習慣の改善や資格獲得、資産の形成まで様々な夢にお役立てください。「夢とは、人生だ。」夢の方舟が送るプレゼント。


しっかり学びたいあなたに!
未来デザイン読書会

「読書の力で自分の未来をデザインする」をコンセプトに、課題図書から学び、日々の活動に関連付けるアウトプットをします。


賢く未来への資産形成!
キャッシュフローゲーム会

「若くして豊かに引退する」をコンセプトに資産の概念を一変する”金持ち父さん”の資産の作り方をボードゲームから学びます。

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ在住で教員免許をもつ兼業キャリアサポーター。 「DreamArk」運営者。 ”自分らしい人生をデザイン”するためのイベント開催。 夢を語り合い育むための場として当ブログを設立。 国立卒、TOEIC850点以上、米国在住。 趣味は読書とコーヒーと温泉。温泉が近くになくてツラい。