将来が不安。お金の心配をこれで解消!誰でもできる不安をなくす解決方法まとめ!

どうも、Daichiです。

この記事は将来のお金の不安をなくす解消方法を紹介します。

 

働いても働いてもお金が貯まらない」

「なんで周りの人は貯金できてるの?」

「あそこの家は、いつも旅行ばっかりして裕福そう」

お金の問題は、日々の暮らしに直結するので、常に気になる人が多いかもしれません。

将来に向けてお金の心配なく、自分の気の向くままに暮らすことできたらずッとらくになるのではないでしょうか?

 

将来へのお金の心配をなくすためにはお金の教養をつけることが1番の近道です。

ぜひこの記事を読んで、将来のお金の不安のない豊かで伸び伸びとした時間を過ごせるようになってください。

 

将来に不安を感じる人の特徴

将来のお金がどうしても不安、、、と思っている人は、なぜ不安に感じるのかを見つめてみましょう。

ライフスタイル、生活環境によって問題はざまざまです。

いくつかのパターンがあるので紹介していきます。

 

老後に必要な金額が分からない

将来が不安、、、

老後は年金がなくなってしまうんだろうか、、、

ああなんとくなく不安だな、、、

こんな風に漠然と将来に対して不安を感じている人は、将来のあるべきゴールがほとんど見えていないから不安に感じています。

例えば、山登りをしているとします。

快晴で見晴らしもよく、自分のいる場所から目指すべき山頂が見えていたらとても気持ちよく安心して進めますよね?

一方で、天気が悪く、先は霧で曇っている。さらに周りは鬱蒼とした森、なんて場合には想像しただけでも不安になります。

先に進むときの不安を感じる原因は、自分の向かうべきところと向かっている方向が分からないからです。

激動の社会変化、将来の年金の不透明性、自分自身の健康状態など、未来のことは不明確なことが多いのです。

 

仕事の将来が不安

・将来、仕事を失ってしまって給料を失って路頭に迷うのではないか

・AIの発展で自分の仕事分野がなくなるんじゃないか

こんな風に不安を感じる人は、将来の仕事変化の不透明さから不安を感じています

ニュースをみていると大会社同士が合併した、

かの大企業が買収された、

など日々社会は変化を続けて従来からの産業模様は少しずつ変化しつつあります。

最近で、話題なのは電気自動車。

電気自動車が出てくると、今までガソリン車を販売していた会社は厳しくなります。

さらに、電気自動車は排気ガスをだしません。排気ガスを出さなければ、ガスを浄化するための材料や、それを送るための配管、内部部品もろもろと多くの材料が一新されるため、既存の部品供給会社は大きな変化を余儀なくされます。

こうした社会変化による失業が不安の要因になっています。

 

病気・入院した時に収入減が不安

万が一のとき、たとえば事故にあった、病気になった、こんなことは予期できるものではないですよね。

こんなことでも、もしかしたら一時、働けなくなってしまう可能性もあります。

保険に加入して、万が一のときに備えている人もいると思います。

しかし、病気の細かな種類、ガン、生活習慣病の場合はどうなのか、など細かな所までを心配してなるべく多くの要件をカバーしてくれている保険に入ると費用がかさばってしまう。。。

それで結局は、中くらいの保険に入っているけど、やっぱり将来は少し不安。。。

こんな状況ってありますよね。

自分が突然に働けなくなってしまったときに生活はどうするのか?

家族をどう養っていくのか?

病気・事故など予期できないことに対する生活への不安が、将来のお金の心配の1つです。

 

家計が一向に良くなっていない

今、生活していて資産は増えていっているでしょうか?

貯金は増えていっているでしょうか?

将来に対して漠然と不安を感じている人は現状の経済状況が一向に好転しないことを気持ちの底で感じているのかもしれません。

前々から、

お金をしっかり貯めよう!

資産形成をしっかりしていこう!

と考えて生活はしているものの、1年経ってみて確認してみると、

あれ、これしか貯まっていないのか。。。

と落ち込むことってありますよね。

 

なにかチャレンジしていることに対して、一向に効果がでないと疑問や不安を感じます。

あなたの経済状況は、改善されてますか?

もし改善されていなかったら、経済状況が一向に改善しない自分自身に対してする疑問から将来への不安を感じているのかもしれません

 

年金に頼りきり

将来の収入源として、年金を想定している人は多いと思います。

年金を得られることができれば、毎月決まった額の収入を得ることができるので、

・なんとなく将来大丈夫なんだろう

・なんとなくやっぱり不安だな

というところが正直な点だと思います。

 

一方で、ニュースを見ていると、引退の歳が引き延ばされたり、年金需給割合の減額がささやかれています。

さらに年金の仕組み上、一番端的に不安を集めることは人口の減少です。

 

年金は、労働者層からお金を集め、高齢者層に回す仕組みです。

労働者の層が減り、高齢者の層が増える時代には、明らかに今とは構造が異なります。

 

人口減少にあいまった年金への疑問、依存が、将来のお金の不安に繋がっているのです。

 

将来のお金の不安をなくす解消方法

将来へのお金の心配がなくならない人のためにとっておきのお金の不安をなくす解消方法を紹介します。

お金の不安を解消できたら、日々の暮らしはずっと気軽になりますよね?

そう願いつつも、一向に気持ちが晴れない・不安の拭えない状態で今まできたことだと思います。

 

わたしの母は、常にお金のことで頭を悩ませていました。

その悩みがなかったら、その悩みを考えている時間を母がもっと有意義なことに使えていたら良いのになあ、と心に思っていた子供時代。

今では、自分がお金の教養をつけて、母にアドバイスすることもありますが、お金の教養をつけると、今までのお金の捉え方・見え方・使い方は劇的に変化します。

自分だけが勉強して、母に提案しても、母のお金の教養がついていかず、不信に思ってしまうことも多々ありました。

決して、母が頭が悪いわけではありません。ただ、お金の勉強をしたかしていないかの違いなのです。

小学校から、国語、算数、理科、社会、英語、お金、と時間割を組んだら、少なくとも浪費のためにお金に苦しむ人は少なくなるのではないかと思うこの頃。

ぜひ、お金の教養をつけて、将来への不安のない、気軽で豊かな明日を歩みだしてください。

 

老後資金のゴールを知る

漠然とした将来のお金の不安をなくし解消したい人は、自分の生活の老後資金のゴールをハッキリとさせてみましょう。

老後資金のゴールは、仕事を引退する頃にいくらあったらよくて、収入はどれくらい欲しいのかを自分で決めることです。

それぞれの人のライフスタイルによって金額が大きく変わるので一概には言えません。

・老後はどこで暮らしたいのか

・旅行は年に何回くらい生きたいのか

・月の固定費(食費、生活費、諸経費)はどれくらい使いたいのか

こうしたことは暫定的で良いから決めてしまうのです。

暫定的で構いません。目標は、人生の中の価値観の変化に伴って大きく変わります。

まずは、不透明だった漠然とした不安を、紙に書き出してみて、見えるようにするのです。

その数字をみながら、自分の未来を具体的にしていくことが大切です。

それでも参考になるモノが欲しい、という方はこちらをみてください。計算表がサイトにプログラムされており、自分の老後資金の必要額をシミュレーションできます。

▶︎リンク:老後資金の教科書

 

こちらのサイトでの老後資金の目安は夫婦二人の場合、5000万円とされています。

なお、それでも自分自身の支出は自分で算出しなければなりません。

自分の支出がわからない人は、まず最低限、自分の支出のうちわけを理解することから始めてください

そして、老後の資金が明確になることで、これから自分がするべきことが見えてきて不安は少し解消されます!

 

お金の教養をつけてお金に働かせる知識をつける

将来のお金のことが心配な人ほど、貯金としてお金をもっている人が多いです。

とくに、お金の置き方は貯金しかない、と思っている人はいますぐにお金の教養をつけてください。

将来のお金の不安を除くためには、資産に働いてもらうことを覚えること1番です。

社会の変化で振り回されるような自分のお財布状況ではなく、自分でコントロールできるようになることが大切。

 

お金の教養ですぐに見つかる共通の考え方は 貯金は死に金 です。

そしてお金を働かせるという考えです。

お金は、お金自身が働き、お金を生むことが可能なのです。

 

多くの人は銀行に貯金していると思います。

銀行に貯金するのはなぜでしょうか?

  • 家に現金をおいて置くのが不安
  • 出先でもお金の引き出しができるように
  • 貯金していると年利がもらえるから

 

多くの理由が考えられますが、銀行に貯金する理由の1つに年利を受け取りがあります。

これは、お金に働かせて、お金を得ているのと同じことですよね?

実は、多くの人がお金に働いてもらって収入をえることをしているのです。

それでも一向に資産が増えていかないのは、銀行の預貯金の年利がとても低いからです。

 

銀行の年利は0.001%〜と非常に小さいですが、投資に目を向けると1%台のものは非常に多く存在します。

ハイリスクハイリターンと言われることにもあるように、リターン(利益)を多く狙うとなるとリスク(危険の可能性)も同時におわなければなりません。

 

でも、銀行預金年利0.001%でお金を1000万円預けたとしても、1年で発生する利益はわずか100円。

こんな状態では、いつまでたっても自由な生活は見えてきません。

 

お金の教養をひたむきにつけて、お金に働いてもらうスキルを身につけましょう。

お金についての基礎の基礎を身につけたい人は、ファイナンシャルアカデミーが行う無料のお金の教養講座があります。

賢くお金に働いてもらうことのできるあなたになりましょう

 

下記は基礎のキの字をつけたい人にはオススメの講座です。

公式のページは下記画像から確認できますので、ぜひご覧ください。


将来のお金の不安をのぞきたい人は、まずお金の教養をつけてお金を働かせることへの理解を深めてください。

 

▼合わせて読みたい

関連記事:自由に生きたい人必見!若くして経済的自由になるための資産形成と人生戦略講座!

 

浪費と消費と投資のうちで投資の割合を多くする

お金の不安を解消できない人は、常にお金に振り回されて、支払いに追われています。

それは、お金の使い方を知らないからです。

お金は3つの使い方に分類できます。

 

① 浪費

浪費は趣味・嗜好のための出費。これがなくても生きていける出費分です。

(カラオケ、飲み会、必要以上の服、バッグなど)

②消費

消費は生きていくために必要不可欠な出費です。

(住宅費、食費など)

③投資

投資はお金を生むための出費です。お金持ちは投資に力をかけています。

(不動産、株、投資信託、勉強のための書籍購入費、セミナー参加費など)

 

経済状態が一向によくならない人は、①浪費と②消費で、月の収入がなくなり、働いては使い、働いては使い、のサイクルを周り続けます。

一方で、資産家になることのできる賢い人は③投資に出費します。

これは、お金に余裕があるから③の投資ができるわけではありません。

かなり強制的な取り組みです。

③の投資をするために、給料をもらったまず最初に③の金額を差し引きます。そして残りの金額で①浪費②消費をやりくりするのです

 

しかし、お金を捻出するのはなかなか難しいです。

そのため一般的には、収入を得た時点で、③投資にあてる金額を先に引いてしまい、残りの中で①②をやりくりするのです。

 

お金に恵まれない人は、①浪費②消費を終えて残った分で③投資をしようとします。

お金に恵まれる人は、③投資の金額を確保して、残りの分で①浪費②消費をします。

 

似ているようでまったく違います。

お金の不安を解消したい人は、お給料をもらったら③投資の分を1番最初に差し引きましょう。

 

給料をもらったら投資する額を一番最初に差し引く!

支出の中でも大切なことなので、さらに深掘りします。

お財布の中が一向に改善されない人は、日々の生活費を見直すことで将来のお金の不安を取り除く1歩を踏みだすことができます。

毎月、毎月、一向にお金が増えて行かないのは、入った分と同じ量だけお金を使ってしまっているからです。

やり始めの今月だけなら何とか少し無理をしてみて、改善することができるけど、我慢のストレスと効果の少なさから、翌月には普段の生活に戻ってしまって、結局のところ、一向にお財布が改善されていかないケースって多いと思います。

 

この流れを変えるためには、投資する金額を1番はじめて引き出してしまうことです。

そうすると、使える金額が制限されるために自ずと日々の消費・浪費をへらすことが必要になります。

 

この流れを作ることで、改めて自分の固定費を真剣に考えることができます。

自分の月々の出費を改めて見直すと電話機種や、なんとなく受講して英会話、日々の缶コーヒーなど。

お給料をもらった段階で投資分を差し引いてしまい、残りの分だけで暮らすしかないとなったら、それに対応するために自然とお金の使い方が変わります。

 

その月、その月の生活は少し制限されますが、気づいたときにお金がお金をうむ仕組みをもつあなたになることができます。

自ら浪費と消費に制限をかけて、労働に縛られることなく、お金をうむことができる自分になることができるのです。

 

お財布の状況を改善したい人は、給料を受け取ると共に投資額を差し引いて、日々の生活費を半強制的に減らしましょう。

 

自分で稼ぐ仕組みをつくる

将来の自分の仕事がなくなってしまって路頭に迷ってしまうと心配している人は、自分で稼ぐ仕組みをつくることで将来の不安をなくすことができます。

会社に属しているうちは、お金が毎月自然と入ってくるから少しは安心ですよね。

でも、1つのことに大きく依存することはとてもリスクが高いです。

なぜなら、その1つを失ってしまうことは、全てを失うことを意味するから。

もう少し話を拡げていうと、何かに依存して生きているうちは、依存されている側に何かが起こったときに、影響を受ける可能性があるのです。

その解決方法として大切なことは、何かに頼るのではなく、自立する基盤をつくることです。

なにかに頼ることなく、自分自身でお金を得られる仕組みをつくることができたら、それは社会に振り回されない心強い経済基盤になります。

自分でも自信を持てますよね?

子供が成長するにしたがって親元から自立するように、何かの企業に頼って生活している人は、企業から自立しても生きていけるように収入経路をつくることで将来へのお金の不安を大きくのぞくことができます

ぜひ経済的に自立する勇気を持ってトライしはじめてください。

 

▼合わせて読みたい

関連記事:ビジネスの種を見つけよう!ゼロ起業

関連記事:経済的に自立する力を!今からでもできるローリスク起業| 1万円起業

 

新しいモノを恐れずに取り入れる

「なかなかお金が貯まっていかない」という人は、新しくてより良い・より費用対効果の高いものに対する感度をつけると生活を改善することが、将来の不安をなくす解消方法の1つです。

新しいモノは、あなたの効率を良くし、周りよりも利益や成果をもたらすからです。

 

新しいモノって内容も分からなければ仕組みも分からなくて手を出すのは恐いですよね?

むやみやたらに新しいモノに手を出して失敗するよりは、今まで通り、慣れて安全なことを選択する方がずっとラクです。

でも、このような生活をしていると、周りのその他大勢の人たちがお金に悩んでいるように、その輪から抜け出すことができません。

その流れを変えるためには、新しいモノの内容を自分で理解するように少しだけ頑張る必要があります。

その新しいモノが自分の生活を改善するモノであると思うなら、恐れずに取り入れてみるのです。

例えば格安スマホ。

格安スマホが出だしの頃は、

安いスマホをすぐに壊れるかもしれない

電波が繋がりにくいみたいだからいやだ

安すぎる。なんかの詐欺なんかじゃないの?

と多くの疑問・不満が出ました。

でも、その技術の費用対効果を自分で確認をして、携帯を変えた人たちは月々で数千円の携帯費用を節約に成功しました。

それが1年、2年と積み重ねれば、数万円の差をうみます。

こうしたことは日常のいたるところに隠れています。

株・投資信託のような従来からの投資に加えて、最近では仮想通貨・ブロックチェーンなどの投資対象も話題にあがっています。

周りと同じような当たり前の生活を抜け出すには、新しいモノを毛嫌いすることなく、新しいモノの良し悪しを見極めて、良いと思ったら迷わず取り入れる。

本当に賢い人ってこういう人ではないでしょうか?

日々の生活の中で、今自分がお金を使っているものを見直し、費用対効果の良い新しいモノを探し、良し悪しを調べてみてください。

今はネットでほとんどのことが検索できます。

新しいモノを取り入れられる自分になって、周りより1歩前を進む賢い利用者になりお得な生活を送ってください。

 

労働収入を増やさない

えっ!??と思う人がいるかもしれません。

でも、将来へのお金の心配を少なくするには労働の収入を増やさないことがお金の不安をなくす1つの解決手段です。

労働の収入を増やすと生活は改善されていくように思いますよね?

収入が増えれば、日々の生活にゆとりがでて、気持ちはずっとラクになる。そんな風に思われていますが本当にそうでしょうか?

収入の量が増えると、それにしたがって支出の量が増えてしまうのが多くの人たちがハマってしまうお金の負の連鎖です。

収入が高くなると「新しい車を買おう」「少しグレードは高いけど良い家を買おう」こんな具合に、高めの出費をしてしまいがち。

 

1番危険なケースは、現状の支出を支えるだけの収入がないために、がむしゃらに働いて支払いを補って、対処することです。

この状態では、自分が足を止めた途端、1ヶ月2ヶ月先に生活に行き詰まります。

 

支払いが厳しい人は、支払いのために労働収入を増やしてはいけません。

今の労働収入で、投資ができるようになるような支出レベルにコントロールすることが先決です。

労働収入を増やして支出を補うのではなく、今の収入で投資できる出費を作りだせるような支出状況に見直してください。

支出の量が減ると、それだけで気持ちはずっとラクになり、お金の正の流れを作れるあなたになることができます

 

周りの生活レベルを知る

将来のお金のことが不安な人は、周りを知ることで気持ちがラクになり、将来に対するお金の不安を減らすことができます。

 

あなたは今、「毎日の支出」に追われて大変で、精神的にもキツイのでは、ないのでしょうか?

それはなぜでしょうか?理由は1つ。あなたのお財布のキャッシュフローをみたときに支出が多きすぎるのです。

支出が多いと、収入を増やさないと暮らしは厳しくなる一方です。

 

今の支出をうんでいるモノは、毎日、お金のことに苦しみを抱いてまでも、所有する価値のあるモノなのでしょうか?

 

周りをみてみてください。

あなたより収入が少なくても、お金が着々と増えていく人。

不自由なく暮らしている人はたくさんいます。

あなたは、その人たちをみて、不自由な暮らしだと感じるでしょうか?

 

違いますよね。収入に見合う生活レベルをしたがゆえに日々お金に悩み、苦しんでいることの方が、ずっと不自由な生活です。

お金の不安を解消するためには、キャッシュフロー、自分のお財布へのお金の流れを知っていく必要があります。

 

お金の流れを知り、自分のお財布からお金が出て行く流れのボリュームを減らして、自分のお財布に入ってくる流れを増やしていくのです。

 

生活レベルは上を見るとキリがありません。

周りの生活をみて、ゆとりを持って自由に暮らしている人たちをみてみましょう。

あなたがお金に悩むことなく暮らすためには、ゆとりを持って暮らしている人たちにこそ、ヒントが隠れているのです。

周りの生活レベルを知ることで、過剰に浪費している生活に気づきましょう。あなたのキャッシュフローを改善して、お金の入りの流れが多くなり、精神的にゆとりある生活を送りましょう。

 

▼合わせて読みたい

関連記事:キャッシュフローを学ぶ!若くして経済的自由になるための資産形成と人生戦略講座!4

 

お金を使わなくても笑いあえる友人・パートナーをつくる

将来のお金のことが不安な人は、日々の生活で楽しみ、喜び、幸福を感じる観点が「お金を使った消費」のときであることが多いです。

お金を使うことで、満足を感じる。

これは、人の感性の1つかもしれません。

でも、その価値観を少し変えることでずっと生活はラクになります。

そのために必要なことは、お金がなくても幸せを感じる、笑いあえる人を身近にもつことが大切です。

将来の不安を取り除くようなお金の仕組みを作るためには、消費を先送りして、投資に回し、資産を形成していくことが不可欠になります。

制限のかかる生活の中でも、お金に依存することなく、楽しみ、喜びを見いだせる人と共に過ごし、真の豊かな時間を見つけてみることが大切です。

お金から解放されて、とても気楽な時間を手に入れることができます。

将来のお金の心配をなくし解消するには、お金を使わなくても笑いあえる友人・パートナーと有意義な時間を過ごし、収入の流れが増やしていける自分になりましょう。

 

さいごに

今、お金に苦しんでいるあなたは、将来もお金に苦しむ可能性は高いです。

今、お金に苦しんでいないあなたは、将来もお金に苦しんでいない可能性が高いです。

 

将来のお金の不安を解消するには、今、お金に不安のない生活をおくれるだけの生活の知恵・お金の教養をつけることが大切です。

 

お金について学ぶことで、将来にわたってお金の悩みから解放されて気軽な時間を過ごせる生活を手にしましょう!

 

 

 

▼合わせて読みたい

関連記事:自由に生きたい人必見!若くして経済的自由になるための資産形成と人生戦略講座!

関連記事:経済的自由をゲームで学ぶ!キャッシュフローゲーム会!

 

スポンサードリンク







!!お知らせ!!

お知らせ!

このブログ筆者のDaichiは、朝活・夜活勉強会を開催しています。

平凡な家庭から国立トップ校進学・大学院で「特に優れた業績」に選出され学費全額免除獲得。現在は海外にわたりビジネスに取り組んでいます。

この経験と年間200冊以上の読書から、『将来予測とキャリアデザイン』『今から始めたい資産形成』をテーマにした勉強会実施。

土日の朝の数時間があなたの人生をデザインする良い機会になるはず!

▼勉強会イベントは画像クリック▼

メルマガ購読(無料)

共感していただけたらシェアをお願いします


しっかり学びたいあなたに!
未来デザイン読書会

「読書の力で自分の未来をデザインする」をコンセプトに、課題図書から学び、日々の活動に関連付けるアウトプットをします。


賢く未来への資産形成!
キャッシュフローゲーム会

「若くして豊かに引退する」をコンセプトに資産の概念を一変する”金持ち父さん”の資産の作り方をボードゲームから学びます。

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ在住でブログ・勉強会運営。 「DreamArk」運営者。 ”自分らしい人生をデザイン”するためのイベント開催。 夢を語り合い育むための場として当ブログを設立。 国立卒、TOEIC850点以上、米国在住。 趣味は読書とコーヒーと温泉。温泉が近くになくてツラい。