【ディズニー英語勉強】映画『メリダとおそろしの森』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ!




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

ディズニー好きです。

 

Daichi

英語勉強に疲れた。。。

ディズニー映画でも使って英語を勉強できるものかな?

メリダとおそろしの森が好きだから、メリダで英語勉強しようと思うけど、

映画メリダとおそろしの森における英語の聴きどころやポイントはどんな点だろう?

 

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は海外で働くサラリーマンでして一時期は真面目に英語勉強で語学の下地を作り、TOEIC850点以上を超えたあたりから英語学習の効果を実感できるようになってきたので、定期的な英語で映画やアニメ・ドラマを見るようにしています。

本記事は、海外生活の経験をもとに『ディズニー映画塔の上のメリダとおそろしの森の日常英会話で使える英語フレーズ』を紹介します。

本記事のフレーズを明日から早速使って、英語のある暮らしを楽しみましょう!

 

【ディズニー英語勉強】映画『メリダとおそろしの森』の英語の特徴

ディズニー映画『メリダとおそろしの森』の英語勉強的に見たときの英語の特徴は次のとおりです。

 

✔️映画『メリダとおそろしの森』の英語の特徴

①スピード:ふつう

②単語レベル:やや簡単

③日常会話量:おおめ

④発音:英語発音が強い

他のディズニー映画に比べて、英語的な表現が多く、少し難易度は高めです。

→オススメの人:英語の発音がディズニー映画の中でレベル高め!英語らしい英語に沢山ふれたい人はメリダを!

①スピード:ふつう

 

メリダとおそろしの森の英語はディズニー映画の中では英語スピードはふつうに分類されると思います。

話すスピードはふつうですが、英語の発音が強いために少し難しく、気分的に『早く』感じるかもしれません。

しかし、よくよく聞いて見ると英語のスピードはそこまで早くなく、音が繋がっているだけなので、本場の英語発音に慣れるためには良い練習になる教材です。

 

②単語:やや簡単

 

メリダとおそろしの森の単語レベルは『分かりやすい』です。

会話のシーンにおいては、ほとんど基本的な単語で構成されています。

一方で、盗賊?との絡みのシーンではラプンツェルらしい表現が多様したり、歌の中では文法を完全に無視して英語が話されている場所があるので、盗賊関連した特殊な単語などはあまり覚えなくても良しです。

覚えなくて良いところと覚えるべき所に強弱をつけて、省エネで英会話習得をしていくことをオススメします。

 

③日常会話量:おおめ

 

メリダとおそろしの森の中での日常会話表現の量は『ふつう』です。

多すぎる訳でもなく、少なすぎる訳でもありません。

そのため、映画一本を見終えて、学ぶポイントを一通り学ぼうとしてたら十分な満足感は得られると思います◎

 

④発音:超ききやすい

 

メリダとおそろしの森の最大の特徴は英語が超聴きやすいことです。

とても発音がクリアで、さらに日本人でも聴きやすい英語だと思います。

(とてもリスニングが苦手な僕でも割と聞けました!!)

 

『英語を聞き取れるか自信がないな。。。なるべく聴きやすい映画から始めたいな。』という方はぜひラプンツェルから始めることをオススメします。

 

【ディズニー英語勉強】映画『メリダとおそろしの森』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ!

映画『メリダとおそろしの森』の中で使われる英語表現のうち、日常英会話で使える、覚えておきたい英語フレーズを紹介します。

 

✔️日常英会話で使えるフレーズ

フレーズ①:『be going to 〜』

フレーズ②:『would rather A than B』

フレーズ③:『I’m sure 〜』

英会話フレーズ①『be going to 〜:〜するつもりです、予定です』

 

英会話フレーズ

『be going to 〜:〜するつもりです、予定です

▼映画の使用例

『I’m not going to be like you:それらが何なのか知らないといけないの』

『If you are not going to buy anything,:それらが何なのか知らないといけないの』

『How are you are going to pay for that?:それらが何なのか知らないといけないの』

Daichi

I’m going to do it.

それをやる予定です。

I’m going to leave here at 7am.

7時にここを出発する予定です。

『be going to 〜』の構文は日常会話でしょっちゅう使われます。

日常的には、『be going to 〜』が省略されて『be gonna 〜』と発音されることもあります。

I’m gonna do that.

あれをやっておくよ。

みたいな感じで使われたりします。未来の予定を表現するのに、個人的には will より be gonna の方が使われている印象があります。

とても便利なので、ぜひ覚えて、早速明日の予定を表現してみましょう!

 

英会話フレーズ②『would rather A than B :BするよりAをしたい』

 

英会話フレーズ

『would rather A than B:〜BするよりAをしたい

▼映画の使用例

『I would rather die than be like you:あなたの様になるくらいなら死にたい。』

Daichi

I would read rather paper books than e-books.

e-bookより紙の本を読みたい。

I would rather experience it than read it.

それを読むより体験したい。

何を比較して表現したい時に使いやすい表現です。日常会話でも使えますし、TOEFLなどのスピーキングなどでも使いやすい言い回しです。

『どっちをしたい?』という具合で、日常生活の中では、どちらかを選ぶ様な場面がしばしばあると思います。

そんな時にはこのフレーズを使ってみてください!

 

英会話フレーズ③『I’m sure 〜:〜に自信があるよ』

 

英会話フレーズ

『I’m sure 〜:〜に自信があるよ』

▼映画の使用例

『Are you sure you know what you are doing?:何をやっているかわかってるの?』

『You are sure if I give this to my mom, it will change my fate?:もしこれをママにあげたら私の運命が変わるというのは本当?』

Daichi

Are you sure?

本当?

I am sure it is.

本当だよ。

自信を持って答える時や、本当に?と相手に確証や自信の度合いを確かめる時に使います。

仕事の場面では似た表現の make sure も頻出します。

Please make sure it is necessary or not.

必要かどうかハッキリさせて。

確認をとる時にとても使いやすい表現です。

友達から『確認』を得たい時、自信を伝えたい時に使ってみてください!

 

まとめ:ディズニー映画で楽しく英語生活にふれていこう!

本記事は『ディズニー映画メリダとおそろしの森の日常英会話で使える英語フレーズ』を紹介しました。

今回紹介の英会話フレーズをまとめます。

 

✔️日常英会話で使えるフレーズ

フレーズ①:『be going to 〜』

フレーズ②:『would rather A than B』

フレーズ③:『I’m sure 〜』

 

とても短く簡単なので、ぜひサクっと覚えて明日から使ってもらえたら嬉しいです。

読んで下さりありがとうございました。

では、良き英語ライフを ٩(`・ω・´)و

 

 

✔️参考映画①:『メリダとおそろしの森』

» メリダとおそろしの森 MovieNEX/Blu-ray Disc/VWAS-1392

 

ディズニー英語学習の関連記事

ディズニー英語学習の関連記事

ディズニーを使った英語学習のポイント・コツ・注意点などをまとめています。ぜひチェックしながら効果の高い英語学習に繋げてください。

 

▼ディズニー映画の英語学習用DVDおすすめランキング

» 【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキング【超絶楽しい!!英語の休憩用】

【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキング【超絶楽しい!!英語の休憩用】

▼ディズニー映画学習のポイント・効果UP

» ディズニーの英語勉強で後悔しない方法【目的は英語に慣れることです】

» 映画で英語を勉強すらなら字幕SUBと音声DUBは一致している方が断然良い理由

» ディズニー 英語学習の効果は上級者になってから爆発的に伸び始める【まずは地固め】

 

▼ディズニー映画学習の注意点

» ディズニー英語でTOEICを勉強するのをやめた方が良い理由

» 動画を英語で聞くことはスコアよりも大切な効果あり←少し現実逃避

» 英語の聞き流しに効果はあるのか?←TOEIC900点以上から効果あり【初心者注意】

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!