【ディズニー英語勉強】映画『ピノキオ』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ!




✴︎現在180日以上継続中!19/2/1現在。

 

どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

ディズニー好きです。英語に慣れるためにディズニー映画を鑑賞しています。

 

Daichi

英語勉強に疲れた。。。

ディズニー映画でも使って英語を勉強できるものかな?

ピノキオで英語勉強しようと思うけど、英語の聴きどころやポイント、覚えたいフレーズはどんな点だろう?

 

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は海外で働くサラリーマンでして一時期は真面目に英語勉強で語学の下地を作り、TOEIC850点以上を超えたあたりから英語学習の効果を実感できるようになってきたので、定期的な英語で映画やアニメ・ドラマを見るようにしています。

本記事は、海外生活の経験をもとに『ディズニー映画『ピノキオ』の日常英会話で使える英語フレーズ』を紹介します。

本記事のフレーズを明日から早速使って、英語のある暮らしを楽しみましょう!

 

【ディズニー英語勉強】映画『ピノキオ』の英語の特徴

ディズニー映画『ピノキオ』の英語勉強として見たときの英語の特徴は次のとおりです。

 

✔️映画『ピノキオ』の英語の特徴

①スピード:ゆっくり◎

②単語レベル:とても簡単◎

③日常会話量:少なめ◎

④発音:英語発音は中級◯

単語がとても簡単で、中学まで英語をした人なら知らない単語はほとんどでてこないと思います。一方、英語的な表現が多いので、単語は分かるけど、意味がわからないような場面があるかもですが、シーンから推測できるレベルです。

→オススメの人:『全部知っている単語なはずなのに英語が聞き取れない。。。』と悩んでいる人の練習にちょうど良い作品がピノキオです!

①スピード:ゆっくり◎

 

ピノキオの英語はディズニー映画の中では英語スピードは『ゆっくり』に分類されると思います。

話すスピードがゆっくりであり、1文がとても短いため、とても聴きやすいと思います。

『ゆっくりと英単語の聞き取りをしたい』と言う人にこそおすすめの作品です。

 

②単語:とても簡単◎

 

ピノキオの単語レベルは『とても簡単』です。

ほとんどの英単語を理解できると思います。一方で、英語的な表現が多く、『知っている単語だけど意味がわからない』ような単語の使い方がチラホラ見られます。

いずれも、音だけだと理解が難しいかもしれませんが、シーンからおおよその意味を推測することができると思うので、単語を調べる時間も節約でき、サクサクと見進めることができると思います。

 

③日常会話量:少なめ◎

 

ピノキオの中での日常会話表現の量は『すくなめ』です。

会話内容は、ほど日常会話で構成されているので、全体に対する日常会話の割合は多いですが、一方で、映画全体で会話量自体が少ないので、英文の分量としては全体的に少なめに分類されると思います。

 

④発音:中級レベル◯

 

ピノキオの英語発音は、中級レベルです。

キャラクター数が少なく、ほとんどはピノキオとジェペットじいさんの2人なので、最初のうちは聞き取りづらいかもしれませんが、繰り返し見ているうちに聞き取れるようになってくると思います。

ピノキオの発音は割とクリアである一方、おじいさんの発音は、単語と単語が繋がったような発音や、単語は発音しているものの、すこし発音の仕方が前後の単語の影響で変化していたり、イントネーションのタメにほとんど聞こえないような単語も。

ピノキオ=クリアで聴きやすい、おじいさん=こもって聞きにくい、の両方の違いを感じながら英語映画に挑戦したい人にはちょうど良い作品です。

【ディズニー英語勉強】映画『ピノキオ』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ!

映画『ピノキオ』の中で使われる英語表現のうち、日常英会話で使える、覚えておきたい英語フレーズを紹介します。

 

✔️日常英会話で使えるフレーズ

フレーズ①:『Get 〜』

フレーズ②:『ought to 〜』

フレーズ③:『I made it』

英会話フレーズ①『be done:終わった』

 

英会話フレーズ

『Get 〜:〜になる

▼映画の使用例

『To get smart :賢くなるために』

Daichi

Get ready!

準備しなさい!

Get out here!

ここを出て!

I get tired…

疲れた。。。

Get + 形容詞の組み合わせはネイティブが頻繁に使う表現です。

Get up 『起きる』を熟語的に覚えている人もいると思いますが、この表現は、『upになる=起きる』のようなイメージです。

Getの使い方に慣れると日常英会話のバリエーションがとても広がります。

『〜な状態になる』と言う表現に使えるため、何かを始めるときや、自分の状態を表現したいときに使いやすいからです。

Getを使い倒して、英語で好きなように表現できるようになりましょう!

 

英会話フレーズ②『ought to 〜:〜しなければならない、〜すべき』

 

英会話フレーズ

『ought to 〜:〜しなければならない、〜すべき

▼映画の使用例

『A thing like that ought to be worth a fortune to someone:あのようなモノは誰かのためになれなければならない。

Daichi

You ought to be home early today.

今日は早く帰るべきだよ。

Such things ought not to be allowed.

そんなことが許されるべきではない。

ought to 〜 はshouldと似たような表現ですが、shouldよりは『義務感』がすこし強めな印象になります。

しかし、Mustと言うとすこし角がたち過ぎるかな?と思う時に、Mustとshouldの間の感覚で使うことができるのがought toと取られてもらえたらOKだと思います。

表現のバリエーションを広げて、ニュアンスを含めた会話をしたい人は、ぜひought to での表現にチャレンジして見てください。

(ちなみに、僕は使ったことがありません!!!聞いたことがあるだけです笑)

 

英会話フレーズ③『I made it:できた!』

 

英会話フレーズ

『I made it:できた!実現した!』

▼映画の使用例

『We made it:(脱出に)成功した!』

Daichi

I made it!

できたー!!

この表現は、何かに取り組んで、うまくできた時に使うことができる表現です。

日常的には、何か今までできなかったことに挑戦してうまくいったとき、例えば料理や、運転や、趣味でのプラモデル的なモノを完成させた時に使われると思います。

よくある似た表現だと、I’m doneも「終わった。できた」と同じように何かが終わった時に使われますが、ニュアンス的には、

I made it! 『できた!』と、できたことに対する喜びが見え隠れします。

I’m done! 『終わった!』と、仕事などが終わって解放された喜びが見え隠れします。

ニュアンスを含めてぜひ表現を楽しんでみてください!

 

まとめ:ディズニー映画の英語勉強で楽しく英語生活に慣れていこう!

本記事は『ディズニー映画『ピノキオ』の日常英会話で使える英語フレーズ』を紹介しました。

今回紹介の英会話フレーズをまとめます。

 

✔️日常英会話で使えるフレーズ

フレーズ①:『Get 〜』

フレーズ②:『ought to 〜』

フレーズ③:『I made it』

 

最後に、キノピオの導入で歌われる『When you wish upon a star』の歌詞が美しいので参照します。

When you wish upon a star

Makes no difference who you are

星に願うなら、あなたが誰だろうと関係ない。

 

Anything your heart desires

will come to you

願うことは叶うだろう。

 

If your heart Is in your dream,

no request is too extreme

もしあなたの心が夢の中にあるならば、どんな願いも大き過ぎることはない。

 

When you wish upon a star as dreamers do

星に願いを叶うなら、夢追い人たちのように。

英語を話せる自分を目指す人、

海外の大学を目指す人、

海外生活を目指す人、

 

夢をもち、自分を信じ、行動を続ければ、いつかきっと実現します。

 

条件は『If your heart Is in your dream』、夢を追い続けることです。行動し続けることです。

 

ファイト!!

 

 

 

 

では、読んで下さりありがとうございました。

良き英語ライフを ٩(`・ω・´)و

 

 

✔️参考映画①:『ピノキオ』

» ピノキオ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

✔️関連記事

【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキング【超絶楽しい!!英語の休憩用】

2019.01.22

 

関連記事






スポンサードリンク







共感していただけたらシェアをお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながらも月間5万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。一般よりやや貧乏めな家庭からでも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!