【ディズニー英語勉強】映画『ティンカーベル』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ!




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。週一以上でディズニー映画を英語で観ています。

 

Daichi

英語勉強に疲れた。。。

ディズニー映画でも使って英語を勉強できるものかな?

ティンカーベルが好きだからティンカーベルで英語勉強しようと思うけど、

映画ティンカーベルにおける英語の聴きどころやポイントはどんな点だろう?

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は海外で働くサラリーマンでして、一時期は真面目に英語勉強で語学の下地を作り、TOEIC850点以上を超えたあたりから英語学習の効果を実感できるようになってきたので、定期的な英語で映画やアニメ・ドラマを見るようにしています。

ディズニー映画は40本以上見ています。その中から英語勉強に適した作品を【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキングにまとめています。

この経験や海外経験をもとに本記事は『ディズニー映画ティンカーベルの日常英会話で使える英語フレーズ』を紹介します。本記事のフレーズを明日から早速使って、英語のある暮らしを楽しみましょう!

 

【ディズニー英語勉強】映画『ティンカーベル』の英語の特徴

【ディズニー英語勉強】映画『ティンカーベル』の英語の特徴

ディズニー映画『ティンカーベル』の英語勉強的に見たときの英語の特徴は次のとおりです。

 

✔️映画『ティンカーベル』の英語の特徴

①スピード:ふつう

②単語:カンタン

③日常会話表現:ふつう

→オススメの人:カンタン。基本的な文章しかないので初心者におすすめです!

①スピード:ふつう

 

ティンカーベルの英語は、多くのキャラクターがゆっくりめに話します。キャラクターの中には2、3名ほど少し早口で話すキャラもいますが、それ以外のキャラの英語ならほとんどの場合、字幕付きなら聞き取れるレベルだと思います。

英語らしい発音はそこまで強くなく、日本人が聞いても「お、理解できるかも」と思えるレベルです。

ラプンツェルほどにクリアに英語の発音はしていませんが、文自体が短いので基本的には聞き取りやすいです。

 

②単語:カンタン

 

単語のレベルはカンタンです。とてもカンタンです。

超基本的な英語ばかりなので、わからない単語はそこまで多く出てきません。

ディズニー英語の欠点としてよくあるロイヤル(王室)関連の単語も少ないです(妖精用語はあります。)少し知らない単語があるとしたら日本の学校では習わないけど、日常の生活で使うような表現「squish」「ditch」「shake it off」など。

英語苦手な人でも、大体の英語はカンタンなため理解できると思います。

 

③日常会話表現:ふつう

 

日常会話の量に関しては「ふつう」です。

風景や妖精の動作を描写するシーンが多いのでトイストーリーアラジンに比べると若干会話量が少ないです。

 

まとめると『単語はカンタン・文章みじかめ。英語初心者で英語に苦手意識を持っているならティンカーベルから!』とオススメします。

 

【ディズニー英語勉強】映画『ティンカーベル』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ!

【ディズニー英語勉強】映画『ティンカーベル』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ!

映画『ティンカーベル』の中で使われる英語表現のうち、日常英会話で使える、覚えておきたい英語フレーズを紹介します。

 

✔️日常英会話で使えるフレーズ

フレーズ①:『All I’m asking is  〜』

フレーズ②:『I better 〜』

フレーズ③:『 I still have so much to do』

英会話フレーズ①『All I’m asking is  〜:私が頼んでいるのは〜だけ』

 

英会話フレーズ

『All I’m asking is 〜:私が頼んでいるのは〜だけ』

▼映画の使用例

ティンカーベル『All I’m asking is that you gime me a chance. :私が頼んでいるのは、機会をもらえたらなって。』

Daichi

All I’m asking is, と言う表現は、強調するときに使われます。

映画の中のシーンではティンカーベルが仲間の妖精にお願いをするときに、「私のお願い全てのことは、あなたたちが機会をくれたらな、ということなの」と言うように強調しています。

All I 〜 の表現は動詞を変えるだけで同じような強調に使うことができます。例えば次の文章は有名ですよね。

『All you need is love』で『あなたに必要な全てのことは愛。=愛だけあればいい』

All I 〜 の表現を使って、かっこ良く英語表現してみましょう。

 

英会話フレーズ②『I better 〜:〜は最高だ。何よりも〜が良い。』

 

英会話フレーズ

『I better 〜:何よりも〜が良い』

▼映画の使用例

ティンカーベル『I better get going:私は行った方が良いみたい。』

Daichi

この表現は、「〜の方が良い」と提案をほのめかす表現です。

常のシーンの中で頻繁に使われる表現でして、

『 you better go』行った方が良いよ!

『you better watch out』目を向けて!

日本でも「〜した方がベターだよね」みたいな表現があると思いますが、その感覚でOKです。

使いやすい表現なので、早速使ってみて下さい。

 

英会話フレーズ③『 I still have so much to do:まだやることがたくさんある』

 

英会話フレーズ

『 I still have so much to do:やることがたくさんある』

▼映画の使用例

ティンカーベル『 I still have so much to do:まだやることが沢山あるよ』

Daichi

この表現は、、、会社員や学生の人が使う表現です(^_^;)

仕事がまだ残っていたり、宿題が残っているときに誰かに誘われた時に、

『Sorry, I still have so much to do』

みたいに使うことができます。

あまり嬉しいシチュエーションではありませんが意外と使う機会の多いセンテンスなのでこれを気に覚えておいて、何かの際に使ってみましょう!

 

まとめ:ディズニー映画で楽しく英語生活にふれていこう!

ディズニー映画で楽しく英語生活にふれていこう!

本記事は『ディズニー映画ティンカーベルの日常英会話で使える英語フレーズ』を紹介しました。

今回紹介の英会話フレーズをまとめます。

 

✔️日常英会話で使えるフレーズ

フレーズ①:『All I’m asking is  〜』

フレーズ②:『I better 〜』

フレーズ③:『 I still have so much to do』

 

とても短く簡単なので、ぜひサクっと覚えて明日から使ってもらえたら嬉しいです。

読んで下さりありがとうございました。

では、良き英語ライフを ٩(`・ω・´)و

 

✔️参考映画①:『ティンカーベル』

» ティンカー・ベル/Blu-ray Disc/VWBS-1060

 

ディズニー英語学習の関連記事

ディズニー英語学習の関連記事

ディズニーを使った英語学習のポイント・コツ・注意点などをまとめています。ぜひチェックしながら効果の高い英語学習に繋げてください。

 

▼ディズニー英語学習用おすすめ記事

» 【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキング【超絶楽しい!!英語の休憩用】

» 【自習用】ディズニー音楽・曲の英語歌詞付きおすすめソング動画まとめ

【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキング【超絶楽しい!!英語の休憩用】

 

▼ディズニー映画学習のポイント・効果UP

» ディズニーの英語勉強で後悔しない方法【目的は英語に慣れることです】

» 映画で英語を勉強すらなら字幕SUBと音声DUBは一致している方が断然良い理由

» ディズニー 英語学習の効果は上級者になってから爆発的に伸び始める【まずは地固め】

 

▼ディズニー映画学習の注意点

» ディズニー英語でTOEICを勉強するのをやめた方が良い理由

» 動画を英語で聞くことはスコアよりも大切な効果あり←少し現実逃避

» 英語の聞き流しに効果はあるのか?←TOEIC900点以上から効果あり【初心者注意】

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間7万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!