【ディズニー英語勉強】映画『ムーラン』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ!




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

ディズニー好きです。英語に慣れるためにディズニー映画を鑑賞しています。

 

Daichi

英語勉強に疲れた。。。

ディズニー映画でも使って英語を勉強できるものかな?

ムーランで英語勉強しようと思うけど、英語の聴きどころやポイント、覚えたいフレーズはどんな点だろう?

 

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は海外で働くサラリーマンでして一時期は真面目に英語勉強で語学の下地を作り、TOEIC850点以上を超えたあたりから英語学習の効果を実感できるようになってきたので、定期的な英語で映画やアニメ・ドラマを見るようにしています。

本記事は、海外生活の経験をもとに『ディズニー映画『ムーラン』の日常英会話で使える英語フレーズ』を紹介します。

本記事のフレーズを明日から早速使って、英語のある暮らしを楽しみましょう!

 

【ディズニー英語勉強】映画『ムーラン』の英語の特徴

ディズニー映画『ムーラン』の英語勉強的に見たときの英語の特徴は次のとおりです。

 

✔️映画『ムーラン』の英語の特徴

①スピード:やや早い◯

②単語レベル:難しい△

③日常会話量:おおい△

④発音:聴きやすい◎

会話量が多く、単語が難しいです。一方で、発音はとても聴きやすいです。

→オススメの人:『難しい英文・多様な会話表現を、聞き取りやすい英語発音で聴きたい』という方におすすめの作品です。

 

①スピード:やや早い◯

 

ムーランの英語はディズニー映画の中では英語スピードは『やや早い』に分類されると思います。

話すスピードがやや早く、単語が難しいので、初心者向きと言うよりは、中級者〜上級者向けの英語教材になると思います。

 

②単語:難しい△

 

ムーランの単語レベルは『難しい』です。

ディズニー映画の中ではハイレベルであり、ディズニーは中学高校生でもわかる単語で構成されるのが多い中、本作品は、すこし堅めで大人めな表現が多いです。

一方で、すこし畏まった表現や、難しめな表現を知りたい方にはおすすめできる作品です。

 

③日常会話量:おおい△

 

日常会話量も多いですが、会話表現としては『日常的に使われる会話』ではあるのですが、よくある言い回しを繰り返し使うわけでなく、表現が多様です。

そのため、一般的な日常会話だけでなく、多くの表現の仕方に触れたい人は、ぜひ見ておきたい作品です。

 

④発音:聴きやすい◎

 

ムーランの英語発音は、初心者レベルです。

単語が難しいので、英語としても難しめで分からないように聞こえるかもしれませんが、語彙力のある人ならわかると思いますが、ムーランの発音はとても聞き取りやすいです。

『歌』の部分は、すこし発音が聞き取りづらい場所はありますが、それは日本語でも同じなので例外としておくと、基本的な会話部分のところではほとんど理解できると思います。

特に字幕をつけていれば、ほぼ全ての単語を問題なく聞き取れると思います。

『英語の強い発音』に自信がない人におすすめの作品です。

 

総括すると、『難しい英文・多様な会話表現を、聞き取りやすい英語発音で聴きたい!』という方は、ぜひムーランをオススメします。

 

【ディズニー英語勉強】映画『ムーラン』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ!

映画『ムーラン』の中で使われる英語表現のうち、日常英会話で使える、覚えておきたい英語フレーズを紹介します。

 

✔️日常英会話で使えるフレーズ

フレーズ①:『Gotta do』

フレーズ②:『What I do』

フレーズ③:『No matter 〜』

英会話フレーズ①『Gotta do:〜する必要がある、しなければならない』

 

英会話フレーズ

『gotta do:〜する必要がある、しなければならない

▼映画の使用例

『We gotta help them:彼らを助けなきゃ』

Daichi

We gotta finish the home work by tonight.

今夜までに宿題を終わらせないと。

I gotta leave soon.

そろそろ出発しないと。

gottaはhave to のとてもクダけた表現です。

友人同士や家族同士で話しているときに使われるような表現であり、仕事の場面ではほとんど聴きません。

友人との軽いトークの中で『〜しないと。』と言うような表現をしたい時にぜひ使ってみてください!

 

英会話フレーズ②『What I do:私が〜するモノ』

 

英会話フレーズ

『What I do:私が〜するモノ

▼映画の使用例

『That is what I call mongolian barbeque :これが、僕がモンゴリアンBBQと呼ぶモノです。

Daichi

This is what I want to do.

これが僕のやりたいことです。

What I can do is to wait for report.

僕ができることは、報告を待つことです。

What S V の形で、『SがVすること』となります。非常に使い勝手がよく、日常会話で頻出です。

頻出する一方、What + I + 助動詞の3語は英語表現的には結構長めで、かつとてもよく使われる表現のため、ネイティブがこの3語を発音すると、短縮かつボソっと言われるので、最初はほとんど聞き取れません。

しかし、慣れてくると、その3語が煩わしく感じるようになりますし、一瞬の短い発音表現でも聞き取りやすい部類の日常英会話表現の1つです。

この表現が使えるようになると、英語素人から玄人への階段を一歩登ったような感じになるかもしれません。

繰り返し利用して、サラッと出るようにしておきましょう!

 

英会話フレーズ③『No matter 〜:たとえ〜しても』

 

英会話フレーズ

『No matter 〜:たとえ〜しても』

▼映画の使用例

『No matter how the wind howls, the mountain can not bow to it.:たとえ風がうなろうと、山は屈しない。(中国の諺)』

Daichi

No matter what anyone says, just keep doing.

たとえ誰かが何か言おうと、ただやり続けなさい。

No matter what happens, I will be with you.

たとえ何が起ころうと、あなたと一緒にいるよ

No matterの表現を使うと、すこしカッコイイ表現になることがあります。

色々と話した後の最後の締めで使われるシーンをたまに目にしますが、頻出ではありません。

ここぞと言う時の決め台詞としてストックにしておきましょう。

 

まとめ:ディズニー映画の英語勉強で楽しく英語生活に慣れていこう!

本記事は『ディズニー映画『ムーラン』の日常英会話で使える英語フレーズ』を紹介しました。

今回紹介の英会話フレーズをまとめます。

 

✔️日常英会話で使えるフレーズ

フレーズ①:『Gotta do』

フレーズ②:『What I do』

フレーズ③:『No matter 〜』

 

とても短く簡単なので、ぜひサクっと覚えて明日から使ってもらえたら嬉しいです。

読んで下さりありがとうございました。

では、良き英語ライフを ٩(`・ω・´)و

 

 

✔️参考映画①:『ムーラン』

» ムーラン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

 

ディズニー英語学習の関連記事

ディズニー英語学習の関連記事

ディズニーを使った英語学習のポイント・コツ・注意点などをまとめています。ぜひチェックしながら効果の高い英語学習に繋げてください。

 

▼ディズニー映画の英語学習用DVDおすすめランキング

» 【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキング【超絶楽しい!!英語の休憩用】

【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキング【超絶楽しい!!英語の休憩用】

▼ディズニー映画学習のポイント・効果UP

» ディズニーの英語勉強で後悔しない方法【目的は英語に慣れることです】

» 映画で英語を勉強すらなら字幕SUBと音声DUBは一致している方が断然良い理由

» ディズニー 英語学習の効果は上級者になってから爆発的に伸び始める【まずは地固め】

 

▼ディズニー映画学習の注意点

» ディズニー英語でTOEICを勉強するのをやめた方が良い理由

» 動画を英語で聞くことはスコアよりも大切な効果あり←少し現実逃避

» 英語の聞き流しに効果はあるのか?←TOEIC900点以上から効果あり【初心者注意】

 

関連記事



スポンサードリンク