【ディズニー英語勉強】映画『美女と野獣』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ!




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

ディズニー好きです。

 

Daichi

英語勉強に疲れた。。。

ディズニー映画でも使って英語を勉強できるものかな?

美女と野獣で英語勉強しようと思うけど、英語の聴きどころやポイントはどんな点だろう?

 

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は海外で働くサラリーマンでして一時期は真面目に英語勉強で語学の下地を作り、TOEIC850点以上を超えたあたりから英語学習の効果を実感できるようになってきたので、定期的な英語で映画やアニメ・ドラマを見るようにしています。

本記事は、海外生活の経験をもとに『ディズニー映画『美女と野獣』の日常英会話で使える英語フレーズ』を紹介します。

本記事のフレーズを明日から早速使って、英語のある暮らしを楽しみましょう!

 

【ディズニー英語勉強】映画『美女と野獣』の英語の特徴

ディズニー映画『美女と野獣』の英語勉強的に見たときの英語の特徴は次のとおりです。

 

✔️映画『美女と野獣』の英語の特徴

①スピード:ふつう

②単語レベル:やや簡単

③日常会話量:おおめ

④発音:聴きやすい◯

聴きやすい、多彩な表現、英語らしい表現。けど単語は簡単。重複する英語表現が少ないのも特徴です。裏を返すと多くの表現を知ることができる作品です。

→オススメの人:簡単な英語を多様に表現されているディズニー映画を探している人におすすめです。

①スピード:ふつう

 

美女と野獣はディズニー映画の中で英語スピードは『ふつう』に分類されると思います。

話すスピードはふつうで発音もしっかりしているので聴きやすい部類です。

歌のシーン、言い争っているシーンでも、1文1文が短く、早く言う様な場面は少ないので初心者にもOK。

 

②単語:やや簡単

 

美女と野獣の単語レベルは『やや簡単』です。

英語で使われている単語はほとんどが高校までに習うレベルです。

一方で、映画の特徴上、わずかに英語でない言語が混ざっているので(フランス語)、たまに『なんて言った?』となるところがあるかもしれませんが、気にしなくて大丈夫です。

 

 

③日常会話量:おおめ

 

美女と野獣の中での日常会話表現の量は『おおめ』です。

・ベルと町民との会話

・ベルの城での会話

・ガストン達の会話

etc…

全体を通して、会話のシーンが多く、英文の分量はおおめなので、1作品の中で間延びせずに英語に触れることができます。

 

④発音:聴きやすい

 

美女と野獣の最大の特徴は英単語1つ1つが割としっかりと発音されていることです。

英語でよくある難しいパターンでは『単語簡単・文短い』と言う状態でも、独特の『単語同士が繋がった発音』が多くて聞き取れないことです。

一方で、美女と野獣に関しては、単語がわりとクリアに発音されているので、『単語をしっかり聞き取りたい』と言うリスニング初心者の人におすすめできる作品です。

『繋がった英語を聞く前に、1つ1つの単語を聞き取りながら英語を練習したい。』という方は、ぜひ美女と野獣から始めることをオススメします。

 

【ディズニー英語勉強】映画『美女と野獣』の日常英会話で使える覚えたい英語フレーズ!

映画『美女と野獣』の中で使われる英語表現のうち、日常英会話で使える、覚えておきたい英語フレーズを紹介します。

 

✔️日常英会話で使えるフレーズ

フレーズ①:『I’d like to do』

フレーズ②:『better do』

フレーズ③:『What to do』

英会話フレーズ①『I’d like to do:〜したい、させてください』

 

英会話フレーズ

『I’d like to do:〜したい、させてください

▼映画の使用例

『I’d like to thank you all:あなた方全員に感謝を申し上げたい

『I’d like to look around, if that’s all right,:見回させて頂きたいの、もし大丈夫なら』

『I’d like to see my father:お父さんを見たい』

Daichi

I’d like to show you my update

進捗を紹介させて頂きます。

I’d like to go there this time.

今回はそこに行きたいです。

『I’d like to do』の構文は日常会話の中で目上の人やオフィシャルな人、初見の人と話す時に使われているイメージです。

『I’d』は『I would』の省略形で、よりフォーマルな場面や、人によってはwouldと発音している人もたまにいます。

似た表現として『I would like somethinng = 〜したいです』と言うのも覚えておきたいフレーズで、映画の中では下の様に使われていました。

Would you like a tour?

ツアーに行きたいのでしょうか?

便利な表現でして、注文する時や丁寧に表現したい時に使えます。ぜひ覚えて、早速上品な英語表現を試してみましょう!

 

英会話フレーズ②『better do:〜した方が良い

 

英会話フレーズ

『better do:〜した方が良い

▼映画の使用例

『I better go in there and propose to the girl:そこに行って、少女にプロポーズしよう』

Daichi

I better go

行った方が良い=行かなくちゃ。

You better go.

行った方が良いよ。

better go は had better goの省略形ですが、口語では多くの場合 Had が省略されて better do だけ表現されます。

会議、友達との会話、など、どこでも使われている印象で、自分に対して『〜しなくちゃ』、相手に対して『〜した方が良いよ』と言いたい時にオススメの表現です。

『〜した方がベターかも』、くらいに柔らかな表現をしたい人は使ってみることをおすすめします。

 

英会話フレーズ③『What to do:〜したら良いか』

 

英会話フレーズ

『What to do:〜したら良いか』

▼映画の使用例

『I really don’t know what to say:『なんて言ったら良いか本当に分からないの。』

Daichi

Please point out what to do.

何をしたら良いか指摘してください。

Don’t tell me what to do!

何をすべきか言わないで。(強制しないで)

表現で使われる文字数が比較的に短いので『何を〜したら良いか』と言うことを短く表現したい時にオススメの表現です。

 

まとめ:ディズニー映画で楽しく英語生活にふれていこう!

本記事は『ディズニー映画美女と野獣の日常英会話で使える英語フレーズ』を紹介しました。

今回紹介の英会話フレーズをまとめます。

 

✔️日常英会話で使えるフレーズ

フレーズ①:『I’d like to do』

フレーズ②:『better do』

フレーズ③:『What to do』

 

3つのフレーズをサクっと覚えて明日から使ってもらえたら嬉しいです。

読んで下さりありがとうございました。

では、良き英語ライフを ٩(`・ω・´)و

 

 

✔️参考映画①:『美女と野獣』

» 美女と野獣 MovieNEX(アニメーション版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

ディズニー英語学習の関連記事

ディズニー英語学習の関連記事

ディズニーを使った英語学習のポイント・コツ・注意点などをまとめています。ぜひチェックしながら効果の高い英語学習に繋げてください。

 

▼ディズニー英語学習用おすすめ記事

» 【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキング【超絶楽しい!!英語の休憩用】

» 【自習用】ディズニー音楽・曲の英語歌詞付きおすすめソング動画まとめ

【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキング【超絶楽しい!!英語の休憩用】

 

▼ディズニー映画学習のポイント・効果UP

» ディズニーの英語勉強で後悔しない方法【目的は英語に慣れることです】

» 映画で英語を勉強すらなら字幕SUBと音声DUBは一致している方が断然良い理由

» ディズニー 英語学習の効果は上級者になってから爆発的に伸び始める【まずは地固め】

 

▼ディズニー映画学習の注意点

» ディズニー英語でTOEICを勉強するのをやめた方が良い理由

» 動画を英語で聞くことはスコアよりも大切な効果あり←少し現実逃避

» 英語の聞き流しに効果はあるのか?←TOEIC900点以上から効果あり【初心者注意】

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!