TOEICの点数が伸びないのは「間違った勉強」をしているからです【失敗を直そう】




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

TOEIC850点以上をとっています。

 

Daichi

TOEICの点数がここのところ伸びない。。。

勉強はコンスタントに頑張っているのになんで伸びないんだろう。。。

何か勉強の仕方が間違っているのだろうか?

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕はTOEICで800点を超えることができましたが、英語勉強している当時、600点台くらいで長く伸び悩んでいました。その時はどんなに自分なりに頑張っているつもりでも、全然点数が伸びないんですよね。。。いや、、、つらかった。

でも「間違った勉強」をしていることに気づいて、勉強方法を変えたところ、壁を乗り越えてフッと改善することができました。

 

その経験を活かし、本記事は『TOEIC点数が伸びないのは「間違った勉強」をしているからです【失敗を直そう】』ということを紹介します。本記事を読むことで、TOEICの点数を伸ばしていきましょう。

 

TOEICの点数が伸びないのは「間違った勉強」をしているからです【失敗を直そう】

TOEICの点数が伸びないのは「間違った勉強」をしているからです【失敗を直そう】

TOEIC初心者によくある失敗ですが、「間違った勉強」をしていると、点数が伸びません。

 

✔️間違った勉強の例

・TOEICのリスニングを英語ドラマで鍛える

・TOEICのリスニングを英語ニュースで磨く

・ひたらす単語勉強だけしている

・時間が間に合わないからゆっくりと問題を解く

・パート別問題集の1パートだけ取り組んでいる

上のような勉強方法をしていると、基本的にTOEICの点数が伸びない状態におちいります。

 

TOEICの点数を伸ばす鉄則は「本番に必要な力」の向上です

 

あたり前かもですが、TOEICの点数を伸ばしたいなら、「本番に必要な力」を上げることが大切です。

具体的に必要なことは次のとおりです。

①TOEICの単語を理解する力

②TOEICの文法を理解する力

③TOEICの大量の文章を広い読む力

④TOEIC文章に即したリスニング力

⑤TOEICリスニング質問への適切な返答力

こんな感じです。

ポイントは「TOEIC」の力に特化していること・上で紹介した5つのポイントの「すべて」の力を向上させることです。

 

「全部は無理です」←伸びが遅くなります

 

僕は、当時「全部は無理だから、1つ1つ取り組んで、少しずつステップしていこう」とただただ毎日英単語をやっていたことがありました。

・毎日、英単語帳を開き、語彙数を増やす。

・今日、新しく50個の単語を覚える。

・明日は昨日の50個に加えて、新しい50個を覚える。

・明後日は一昨日と昨日の100個に加えて、、、

一見、良さそうな勉強方法に見えますよね。

だた、この勉強をしているだけの生活の延長ではTOEIC700点の壁を超えることができませんでした。

 

抜けていたのは、圧倒的な実践力です。 

 

上のとおり。薄々気づいていましたが、僕は当時、単語の勉強ばかりやっており、

「単語力がないから文章を読むのが遅いんだ。単語を読めば、解答のスピードも上がるだろう」という雰囲気でして単語に固執していました。

ある程度単語力をつけることができたら、上の5つのポイント全てを上げる勉強をしないと、壁にぶつかり、伸びない暮らしを続けるつらい日々に突入します。

 

TOEICの点数が伸びない人がやるべきこと【本番に近づこう】

TOEICの点数が伸びない人がやるべきこと【本番に近づこう】

結論ですが「TOEICの本番力を高めよう」です。

TOEICの問題を、TOEICの時間を意識して、脳ミソに汗をかかせつつ、進化するのを待ちましょう。

 

TOEICはシンプルです【当たり前】

 

当たり前な話ですが、TOEICの点数を決めるのは単純に「正答数」です。

つまり、TOEICに必要とされることは明確であって、TOEICに必要とされることを適切に覚え、その時間内にできるようになることが必須です。

 

たとえ話をします。

僕は社会人なので、よく、「できない人の仕事」を目にすることがあります。

 

✔️できない人の仕事

上司A「社員Bさん、今月中に〇〇についてまとめてくれ。」

2ヶ月後、

社員B「上司Aさん、△△についてまとめ終わりました!」

 

一見、「バカか?」と思うかもですが、仕事の世界ではよくあることです。

・期限を守っていない

・やっていることがズレている

こんなことって、仕事の世界ではよくある話なのです。

 

英語の話に戻しますと、

TOEIC側「公式問題集を明かします。これを時間内に解ける力をつけてください」

点数が伸びない人「うーん。よし!英語動画が良さそうだから、これを毎日聞いたらTOEIC伸びるだろう!」

 

あれ?、、、なんかよく目にするような、、、しないような。。。

 

ポイントは、TOEICに必要な力をつけることです。

映画でもなく、ドラマでもなく、ニュースでもなく、英会話力でもなく、どっかで紹介されている「これを聞くだけでリスニング力アップ」の音でもなく、公式問題集を時間内に解けるように繰り返しするだけです。

TOEICはシンプルです。

 

「解く」だけでなく「解けるようになる」までやろう

 

伸びない理由も伸びる理由も簡単です。

Aくん「TOEIC問題集1回目の問題を解いた!よし、勉強ガンバった〜」

Bくん「TOEIC問題集1回目の問題を解いて自分ができない問題が分かった。」

Cくん「TOEIC問題集1回目の問題を解き、できない問題をマークして出来るように繰り返した。」

✔️Aくん←解くだけでは実力は上がりません。

Aくんのように、問題を解くだけは「勉強」ではありません。

この勉強を繰り返しても自分の実力は上がらないので、勉強するだけ時間の無駄です。

 

✔️Bくん←できない所が分かっても実力は上がりません。

Bくんのように、答え合わせで満足しても、点数は伸びません。

なぜなら、間違えたところを解けるように改善できていないからです。

 

✔️Cくん←点数を伸ばせます。

結論ですが、分からなかった問題を解けるようになることが勉強です。

これができれば自然と点数は上がります。

 

勉強したら1ヶ月単位で実力のチェックをしましょう

 

とはいえ、自分が選択した方法が正しいかどうかは定期的に「チェック」して上げることが大切です。

いくら自分が正しいと思っていても、自分だけでは的外れなことをやってしまうことが多々あります。

経験的に1ヶ月ほど(毎日2−3時間)集中して勉強すれば少なくとも変化がでると思います。

1ヶ月ほどに自分の進んでいる方向が正しいのかどうか確認しましょう。

 

残念ですが「毎日する」のがなんだかんだ「お得」です

 

最後にですが、「毎日勉強する」のがなんだかんだ一番ロスが少ないです。

詳細は割愛しますが、人間は忘れる生き物です。

» 読書内容を忘れない方法。記憶精度を高めて成長する読書へ。

読書内容を忘れない方法。記憶精度を高めて成長する読書へ。

2018.08.23

 

せっかく時間をかけ、体力と精神力を使い、解けるようになった問題でも、時間が経つと、忘れてしまいます。

忘れないようになるためには「定着」させることが大切であり、忘却の実験をもとにするなら「毎日勉強する」のが面倒くさいようであって、効果としては1番お得です。

勉強嫌いな人は「勉強めんどいから1週間に1回」と勉強する人もいるかもですが、これはロスが大きく、定着できずに忘れる分が多い分、結果的に勉強量は増えてしまうのです。

 

ポイントとして、毎日勉強するのは勉強量の上でお得な点です。

大変なように見えて1番お得なのが「毎日勉強」なので、賢く生きましょう。

 

TOEICの点数が伸びないで疲れたら「英語休憩」は良し【モチベキープ】

TOEICの点数が伸びないで疲れたら「英語休憩」は良し【モチベキープ】

オマケの内容ですが、ストイックに勉強し続けるのも大変だと思うので「休憩」の感覚で英語に触れることはOKです。

 

TOIECの目的に「英語の未来」があるはず

 

人によりけりかもですが、TOEIC英語の勉強した未来には「英語のキャリア」が待っていると思います。

・ヨーロッパで優雅な生活

・英語使いながらバリバリと仕事

・英語活用で高給料

・英語を仲間に世界と友達に

 

こんな生活を実現する下地の1つが「英語力」なことも事実です。

ただ、こうした生活を実現した人たちが「もとから英語ができたのか」というとそうではありません。

少なくともTOEICスコアが必要なキャリアであれば誰もが「TOEIC単語を覚え、TOEIC文章に慣れ、TOEICリスニングを聞き込み、TOEIC対策をした」日々の積み重ねの先に「今」があるだけです。

 

未来を描きつつ、ワクワク勉強に取り組もう

 

今の作業が、楽しい未来に繋がっていることが分かれば、今の作業も俄然楽しくなります。

×:毎日単語を100個覚える

◯:毎日単語を100個覚えたら、海外での優雅な暮らしが待っている

こうした場合、楽観的で想像力豊かな人は有利に働くと思いますが、こんな風に未来に明るく取り組んで行くと集中力も上がり、効率も上がりやすくなります。

今の作業が明るい未来に繋がることをイメージしつつ、楽しい作業時間を過ごしていきましょう。

 

まとめ:TOEICの勉強にフォーカスしつつ、明るい未来をイメージしよう

TOEICの勉強にフォーカスしつつ、明るい未来をイメージしよう

本記事は『TOEIC点数が伸びないのは「間違った勉強」をしているからです【失敗を直そう】』ということを紹介しました。

ちょっと大変なように見えるかもですが、中途半端にラクで間違った勉強を10年間して点数が伸びないより、1年ほど集中して正しいTOEIC勉強をして、それからの時間を「実際の英語ある楽しい暮らし」をおくれた方が遙かに嬉しいですよね。

英語勉強に魔法はないので、正しくコツコツと積み重ね、いち早く明るい未来に到達しましょう。

 

では、良き英語ライフを ٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながらも月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。一般よりやや貧乏めな家庭からでも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!