【自分も含めて】日本のTOEICの点数・スコアが低すぎて悲しくなる理由




どうも、Daichiです。

TOEIC850点以上です。海外で頑張って英語で働いています。

 

Daichi

日本の英語力って何か低いような。。。

僕も英語苦手だし、、、

世界からはジャパニーズイングリッシュって言われているらしいし、、、

まあ、どうせダメなら出来ないままでいっか。

学生の頃は、こんな気持ちでした。正直。

 

ただ、世界に出て思うことは「世界はずっと英語に前向きで、レベルが高い」ということです。

本記事は、日本のTOEICの点数・スコアが低すぎる件について紹介します。

 

日本のTOEICの点数・スコアが低すぎて悲しくなる理由

日本のTOEICの点数・スコアが低すぎて悲しくなる理由

日本のTOEICの点数・スコアって正直低すぎます。

 

日本のTOEICの平均点は世界でのランキングは『39位/47位』

 

TOEIC Program を開発しているEducational Testing Serviceが2017年(1月~12月)の世界におけるTOEIC Listening & Reading Test受験者のスコアと受験者が回答したアンケート結果をまとめています。

2017年 TOEIC® Listening & Reading Test世界の受験者スコアとアンケート結果を発表いたします。日本の平均スコアは、517点

 

年間の総受験者数が500名以上の国のみを掲載されており、その中での日本のランクは次の通りです。

39位/47位

かなり後半の方ですよね。。。

つまり、世界的に見て日本の英語レベルは『低い』です。

 

日本のTOEICの平均点は先進国内ランキングでダントツで『ビリ』です

 

先進国の区切りは曖昧ですが、1つの区分としては「G7」があります。

G7

フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ

この中で、英語が母国語のアメリカ・イギリスを抜いたTOEICの平均点は次のとおりです。

カナダ:845

ドイツ:800

イタリア:754

フランス:722

日本:512

正直、、、悲しいですよね。。。

何でしょうかね。この差は。情けなくなります。

 

アジア系は難しい?←言い訳

 

もちろん、母国語との違いが大きな過ぎて、平均的にレベルを上げるのは難しいというのはよく聞くことだと思います。

当然、言語学的に納得することもあります。

例えば、アメリカ人にとっても『日本語』を学ぶことは難しく、アメリカ人が第二外国語を学ぶ時の各言語の習得の難易度をランク付けすると日本は最も難しいランクのようです。

 

でも、日本のお隣の韓国・中国の平均点を見てみましょう。

韓国:676

中国:600

日本:517

韓国、立派ですね。

中国、立派ですね。

日本は何をしているんですかね。

 

日本の学校の先生方のTOEIC平均点

 

何でこんなにTOEICの平均点が低いんですかね?

もちろん、テストの点数の低さは『教育の質』によるものだと思います。

 

簡単にですが、日本の英語教師のTOEICの平均点を調べてみました。

中学校:?

高校:?

日本全体:517

参照:平成30年度「英語教育実施状況調査」概要

そもそも文部科学省は英語教師のTOEICの点数を公開していませんね。日本社会での英語力の評価がTOEICメインであるのに、なぜTOEICを実施しないのかよく分かりませんね。

一方で、英検準一級相当の英語力を取得している教師の割合は発表されています。

中学校:36%

高校:68%

英検準一級とTOEICの換算点は713点と計算されています(参照:トイグル

 

これをもとに、大まかに教師全体のTOEIC平均点を計算すると次の通りです。

中学校:588点

高校:650点

中学校では、中国・韓国の平均点以下ですね。

高校では、G7の平均以下ですね。

 

1つの原因は、教師の英語のレベル(教師の点数が低いということは、教師の教師の英語の質も低かったということ)が低く、結論として全体の英語レベルが低いのかもしれません。

 

【今から頑張ろう】日本のTOEICの点数・スコアが低すぎて悲しいので頑張ろう

日本のTOEICの点数・スコアが低すぎて悲しいので頑張ろう

全体のレベルが低いのは、別に今の教師が悪い訳ではないと思います。

 

英語に対する意識・インセンティブが低い

 

そもそもの問題は、英語に対する社会全体の危機意識やインセンティブが低いことに問題があると思います。

仮に英語を勉強することで周りより給料が数倍になるとかなら、自然と英語の勉強をしますよね。

でも、日本の多くは未だに年功序列なので有能な個性が報われにくい

本当に実力があり、海外に乗り込んで、英語で闘い、学生時代に億単位のお金を作ったソフトバンクの孫さんのような方は別として、そこそこ英語ができるくらい「TOEI800,900点点以上」とかあっても、給料が数倍になることはないですよね。

日系企業にいるならば、英語ができてもせいぜいお祝い金の1万円位が送られるだけで、インセンティブが低すぎます。

 

総じて社会全体が英語に力を入れないから英語のレベルが低い

 

こうした社会構造により、英語勉強に対する旨味を感じず、英語勉強に対するモチベーションが保てないのが原因の1つだと思います。

この社会構造が、英語のモチベを下げ、教師も学生もTOEIC700点台後半(G7の日本を抜いた最低点)になるほどの英語勉強をせず、全体として下がっているのだと思います。

 

英語ができない『弱み』は10数年後にやってきます

 

個人的な感覚ですが、英語ができないことでのデメリットの波は『健康』や『ダイエット』のように、今現在では感じにくいけど、長いスパンでみてみたら甚大な問題になってくると思います。

今、英語ができなくても、日本は、昭和初期に盛り上げてくれた先人たちの経済が助けてくれているので、まだ先人の恩恵の中で生きれています。

一方で、この先にくるIT、電気社会、AIの社会では日本には先人の経済的な貯金が少ないので、今後の経済は深刻なダメージを被ると思います。

こうしたことは、変化が早く、さらにそれを素晴らしい早さで変革を起こしているアメリカ西海岸・中国・インドなどを肌身で感じながら変化を捉えていかないと本気で追いつかなくなり、その壁が「英語」であると思います。

英語ができない弱みはこの先10数年でジワジワとやってくると思います。

なお、日本人の若者で優秀で行動力のある方々は、自ら学び世界に出ていき、もしからしたら生きづらい日本には帰ってこないですね。

そうすると、有能な日本人の海外流出が増え、日本の力はさらに弱まると思います。

コツコツと一人一人が英語力を底上げしよう

 

英語のできない僕が言えることではないですが、

それでもできることは僕自身始め、一人一人が英語力をあげていくことだと思います。

 

TOEICは勉強すれば点数が上がります。成果が出るのは『100時間』!

たったの100時間です。

» TOEICでスコアアップするために必要な時間は100時間です

 

もちろん、英語をやるかどうかは個人の自由です。

» 社会人の英語の必要性とは?←結論、自分がどうありたいかです。

 

20代で英語の重要性に気づき、海外に出て気づいた英語をやって良かったこともまとめています。

» 新社会人で英語を身につけて良かった3つの理由【20代海外サラリーマンの気づいた真実】

 

まとめ:英語の時代は来ていて、日本は取り残されています

英語の時代は来ていて、日本は取り残されています

本記事は、辛口ながら『日本のTOEICの点数・スコアが低すぎる件』について紹介しました。

英語ができないの、個人の問題ではなくて、今後の日本の結構な痛手だと思うんですよね。

 

良かったら、

・今日のテレビの時間を30分縮めて、英語の勉強をしてみましょう。

・帰りに本屋に寄って、TOEICの公式問題集を買いましょう。

・見切り発車でTOEICに申し込んで、「やるしかない」状況をつくりましょう。

・英語友達をつくり、英語の輪を広げましょう。

・子供にも英語に強くなってもらいたいなら、親が楽しく英語を学び、使いましょう。

英語できなくても頑張る日本人若者の話

 

英語できなくても頑張る日本人若者の話

僕は海外に住んでいますが、土日などに街に出たり英語勉強の会に行くと、右も左も分からずに、それでも英語と世界を学びに来ている日本人の若者によく出会います。

最近、出会った人は日本人は、若い女性ながらも勉強のために大学に1年間留学しに来ているということです。

・一人で、

・海外で、

・女性が、

・英語で、

暮らすことって、結構大変なことですよね。でも彼女は立派に勉強していました。

英語がたどたどしながらも(僕もたどたどしいですが)、お互いに話す時は、勉強のためと彼女も僕も英語で会話をしていました。

英語の発音が悪かったり、文法が破茶滅茶な英語を話してしまうことがあるのを僕も彼女もたまに気づきます。

彼女は英語の発音を注意され、文法を指摘されても、

怯まずに、間違いを再度聞いて正し、アウトプットを続けてました。

立派ですよね。こういう人が成長していけるんだな、と思いました。

 

頑張りましょう。

では、良き英語ライフを ٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!