TOEICを隙間時間でスコアアップしようと考える時点で伸び悩みますよ【プロを考えよう】




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。TOEIC850点以上です。

 

Daichi

TOEICを隙間時間でスコアアップする方法を知りたい!

裏技、アプリ、秘密の勉強方法なんてないのかな?

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、社会人になってから独学でTOEICの勉強をして500点台から850点以上になりました。詳細はこちらで解説しています。

» 【社会人で英語上達】TOEIC495点から850点までの英語勉強の方法と時間目安・過ごし方

【社会人で英語上達】TOEIC495点から850点までの英語勉強の方法と時間目安・過ごし方

 

結論からですが、隙間時間で勉強してもどこかで伸び悩み、結局は時間を確保して勉強することが必要です。

隙間時間勉強方法を探しあぐねている時間が勿体無いので、その時間を勉強時間にあてましょう。

 

TOEICを隙間時間でスコアアップしようと考える時点で伸び悩みますよ

TOEICを隙間時間でスコアアップしよう考える時点で伸び悩みますよ

TOEICを隙間時間で伸ばそうとしたところで、近いうちに伸び悩みますよ。

 

一般人は10年勉強して520点

 

カンタンに統計的な話をすると、日本人は基本的に中学生ほどから本腰を入れて英語の勉強を初めて、基本的には大学でも英語の勉強をすると思います。

合計すると一般の人は英語を10年ほど勉強しますが、それでも日本のTOEICの平均点は520点ほどです。

まず、10年勉強して平均点がこのレベルであることを受け止めましょう。

» 日本のTOEICの点数・スコアが低すぎて悲しくなる理由

 

TOEICで点数を上げるとは「プロになること」

 

よく言われることですが、TOEICは日本での英語力をはかる資格として使われていて、TOEIC730点以上になると立派な資格として、「英語のできるプロフェッショナル」として雇われます。

当然、TOEIC730点で英語ペラペラな訳ではありませんが、そのレベルの資格があるだけでもキャビンアテンダントに応募し、仕事を得る機会を得られるレベルです。

TOEICで上位を目指し、さらに730点以上ほどを目指す人は日本社会における「英語のプロ」のレベルになることです。

 

プロになるのにスキマ時間で練習すると思いますか?

 

ここで質問ですが、プロになるのにスキマ時間に練習するでしょうか?

・プロ野球選手を目指す高校生がスキマ時間だけでプロになれますか?

・プロサッカー選手を目指す高校生がスキマ時間だけでプロになれますか?

・作家を目指す人がスキマ時間だけでプロになれますか?

答えはNoですよね

では質問を変えます。

・プロの英語スキルを目指す人がスキマ時間でプロになれますか?

僕の意見は完璧にNoです。

スキマ時間の勉強方法に悩む暇があるなら、1日1時間、2時間だけでも時間を見つけて、100日続けてみましょう。それでもプロになることを思えば素晴らしくカンタンな道のりですが、これくらいやってようやく「スコアアップ」を実感できるレベルだと思います。

 

TOEICのために隙間時間に頼らず時間を確保する方法

TOEICのために隙間時間に頼らず時間を確保する方法

でも、時間を取れないのが日々の生活ですよね。僕はサラリーマンになってからTOEICの勉強を始めたので、時間の確保は大変でした。時間確保にはたくさんのコツがあると思いますが、その中でも効果の高かったTOP3に関して紹介します。

 

✔️TOEIC勉強のための時間確保のコツ

コツ①:帰路にカフェに寄る

コツ②:土日の半日は勉強時間を予約する

コツ③:逃げ道を用意する

コツ①:帰路にカフェに寄る

 

勉強をしようと思って家に帰っても、夜ご飯を食べてTVを横に一息ついている間に1日が終わってしまっていた。。。という経験はないでしょうか?

僕はたくさんありました。。。特に、仕事の疲れたあとで、家の心地よい環境で夕食をとって満腹になってしまって、睡眠欲とダラダラしたい欲に打ち勝つの至難の業です。

そこで僕が取った対策は帰路の途中にあるカフェに寄ることです。

カフェには机とコーヒーしかないので誘惑が少ないです。さらに周りに人の目もあるためにダラダラ横になったりすることもありません。

疲れた後の英語勉強に苦労している人はカフェ等で勉強することがコツの1つです。

 

コツ②:土日の半日は勉強時間を予約する

 

土日、遊びたい、急な誘いが入ることは多々あると思います。

それでも『英語のプロ』になりたい、スコアアップしたいので、前もって自分に『予約』を取ることで、英語勉強する時間を確保しましょう。

そして突発的な予定を入れられても『予定がある』のでお誘いを断りましょう。

友達と遊ぶ予定を入れた時、他の用事に誘われても基本的には断りますよね?

基本的にはそれと同じです。自分で入れた予約であっても頑なに守り、勉強予約時間を守りましょう。

 

コツ③:逃げ道を用意する

 

それと勉強だけに向き合っているのは集中力、精神的にシンドイかもです。そんな時には自分の好きな英語の映画や、尊敬する人の英語動画などをみて休憩しましょう。

英語を聞いているだけでも「自分が英語で生きる未来」を想像できるので自然とやる気UPできると思います。

下記の記事で英語動画関連を紹介しているので良かったらご参考下さい。

 

まとめ:隙間時間の意識を捨てよう。時間を確保して『英語のプロ』になろう。

隙間時間の意識を捨てよう。時間を確保して『英語のプロ』になろう。

本記事は『TOEICを隙間時間でスコアアップしよう考える時点で伸び悩む』話を紹介しました。

 

世の中には、「スキマ時間で〇〇◯点UP」とか「1日5分で英語ペラペラ」という広告がたくさんありますが、基本的には上手い表現を使っているだけであったり、誇張表現です。

そうした時間に頭を悩ます時間こそ、TOEIC勉強にかける時間だと思います。

 

読んで下さりありがとうございました。

では、良きTOEICライフを ٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!