【TOEICの解き方】TOEICパート1のポイントとおすすめの解答方法【+勉強方法もセットで紹介】




どうも、Daichiです。

TOEIC850点ほどです。

 

Daichi

パート1が1番簡単でポイントを稼げるパートだと聞いた。

それでも解けないんだけど、、、

ポイントとおすすめの解答方法を知りたい。

 

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は社会人になってからTOEIC勉強に力を入れて、850点を獲得しました。その後、海外のキャリアを手にれて 海外で働きつつ、英語勉強のノウハウや海外生活・サラリーマン生活についてブログを書いています。

こうした背景のもと、今回は『TOEICパート1のポイントと解き方』などを解説します。本記事を読み、勉強を進めることでパート1で9割以上を目指しましょう。

 

TOEICパート1のポイントとおすすめの解き方

TOEICパート1のポイントとおすすめの解き方

TOEICパート1について紹介していきます。

 

パート1はイラスト解答

パート1はリスニングの問題でして、イラストを説明する英文を選ぶ形式です。

パート1の特徴は次のとおり。

 

✔️パート1の特徴・ポイント

・読まれる英文が簡単

・英文が短い

・熟語が多い

→初心者にとって点数を稼ぎやすい

 

以上のとおり、パート1は最も簡単なリスニングパートになるので、リスニングが苦手な人はパート1で点数を確保することが必須だと思います。

 

読まれる英文が簡単

 

英文自体難しいものはありません。

日本語で読まれたら「確実に」正答できるレベルの問題です。

 

英文が短い

 

パート1のリスニングは「1文」が基本なため、非常に聞きやすいです。

文法としては基本形で言われるS+V、S+V+O、S+V+Cなどで構成されています。

 

熟語が多い

 

パート1でポイントになるのは「熟語」です。

特にイラストを描写する英文になるので、風景を描写するような表現を知っておくことが高得点の鍵になります。

しかし、重箱の隅を突くような難しい熟語が多いわけではなく、基本的な熟語が多いです。

熟語の多くは「公式問題集」でサポートされているレベルなので、公式問題集のパート1の解答を見つつ、熟語をストックしていきましょう。

僕は、熟語帳などを使わずにも800点を超えることができているのでパート1では8割~9割は獲得できています。

 

TOEICパート1の点数が上がらない人の問題点と対策

TOEICパート1のポイントとおすすめの解き方

パート1の点数が上がらない人の問題点をまとめます。

 

①単語量が少ない

 

上で紹介の通り、パート1はとても短文の問題なので、聞き取りが簡単な一方で「単語を知らない」と致命傷です。

例を挙げると次のとおり。

The girl is talking with a stranger.

という英文が読まれた時に「stranger」という単語を知らないと、その時点で負け試合です。

イラストでは女の子が動物に話しかけているかもしれませんが、単語を知らないだけで得点を稼げない典型例になります。

単語量をどこまで増やせば良いかというと下の③で紹介のとおりなので、サクサクと下にいきましょう。

 

②イラストを見て想像できるレベルでない

 

パート1では、イラストがあるので、イラストを見つつ「こんな英語が読まれるかな?」という予想をつけることができます。

例えば、女性が空港でキャリーバックを持って歩いているようなイラストでは、

「A woman is walking with her baggage at an airport.」

みたいな文が来るかな?

と予想しておくだけで、関連した単語の聞き取りが簡単になります。

先回りして、関連単語の聞き取り準備をするだけでも英語は聞きやすくなるものです。

 

③パート1を100問解けるようになろう

 

最後は努力論みたいになりますが、点数の伸びない人の圧倒的な欠点は「解けるようになった問題数が少ない」ことです。

「どれだけ解けるようになればOKですか?」というような疑問はいつまでも尽きないと思いますが、永遠とすることもできないので、1つの指標を言うのであれば「100問」です。

100問あれば、熟語だけでも100通り程度覚えることができ、英語の基本構文は数個しかないので、慣れるには十分の量になります。

100個のパート1を勉強するには「公式問題集5冊」が1つの目安になります。

公式問題集1冊には2回分の問題があり、パート1では問題数が10問なので、5冊解けば100問分になります。

 

✔️ポイント

点数が伸びない人の問題点は「100問解けるようになる」ではなく「100問解く」ことに取り組むことです。

問題を何千問、何万問解こうが、本当に大切なのは「解けるようになった問題数」です。

解く回数で勉強量を図る考えは捨てましょう。大事なのは「解けるようになった問題数」です。

まとめ:TOEICパート1で得点取るなら100問解けるようになろう!

パート1で得点取るなら100問解けるようになろう!

本記事は『TOEICパート1のポイントと解き方』を解説しました。

 

記事のポイントをまとめます。

・パート1はイラスト問題

・短文、簡単でリスニング初心者の得点ゲットの問題

・単語、熟語を知らないと負け試合

・公式問題集5冊、100問分を解けるようになろう

・勉強では解くのではなく、解けるようになろう。

 

以上です。

これだけでも8割以上は硬く取れるようになると思います。

 

飽きたら、周りの風景をパート1的に描写しよう

 

とは言え、公式問題集を解くだけと言うストイックな勉強に疲れる人もいるかもです。

そんな時は、少し顔を上げて、周りを眺めてみましょう。

目に映る1つ1つのシーンが、パート1の問題のイラストに思えてきます。

目に入ったシーンに対して「このシーンなら、こんな英文で表現できるな」と言う点を4つほど考えて、英語が浮かばなかったら、公式問題集の解答集の中から、該当の表現を探し出しましょう。

僕は今、飛行機の中で記事を書いているのですが、左を向くと次のような4択が浮かびます。

A、There are many people sitting on the seat.
B、One guy is watching a movie with his phone.
C、A young man is waring a headphone
D、Nobody is standing in the aircraft.

割と楽しいです。ぜひ試してみてください。

 

読んで下さりありがとうございました。

では、良きTOIECライフを ٩(`・ω・´)و

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!