【経験談】早起きして何が良いの?早起きして良かったことのまとめ【本音で語ります】




どうも、Daichiです。

朝5時に起きてます。

 

Daichi

早起きして実際のところ、何が良いんだろう?

具体的例を知れたら嬉しい。

 

こんな疑問に答えます。

早起きを始めて3年以上。早くも1000日は超えています。

そしてその継続の中で色々な変化があり、凡人の僕は、20代で海外サラリーマンになりました。

 

本記事は「早起きして良かったこと」をまとめます。早起きをしたい人の参考になれたら嬉しいです。

早起きして何が良いの?早起きして良かったことのまとめ

早起きして何が良いの?早起きして良かったことのまとめ

早起きして何が良いの?という疑問に対する早起きして良かった経験談をまとめます。

 

✔️早起きして良かったこと

①:仕事の成果が上がった

②:英語のスキルが伸びた(TOEIC約300点UP)

③:海外キャリア獲得

④:ブログ6万PV超

①:仕事の成果が上がった

 

早起きをして良かったことの入り口は「仕事の成果が上がったこと」です。

僕は大学を終えて会社員になりましたが職場の環境がら、日中は電話が鳴り響き仕事が手に付かない状態でした。

そこで、早起きをして普段より2時間ほど早くに出社して仕事を取り組み始めたら驚くほどに仕事の処理量をあげることができ、仕事の成果が格段に上がりました。

朝、早めのうちに仕事を終わらして、残りの日中の時間はオフィス外でないとできない作業をし、電話時間を避けることで、さらに生産量も上がり、ダブルの良い効果もゲットしました。

こんな生活を1,2,3ヶ月と続けるうちに、周りの人よりも圧倒的に成果を出せるようになり、社内評価を高めることができました。

» 早起き習慣。朝5時台に見える世界。今日から気づきたい自分らしい心地良い時間

 

②:英語のスキルが伸びた(TOEIC約300点UP)

 

また、早起きを活用することで仕事の生産性や処理量を高めることができたので、全体の勤務時間を短縮することができ、夜に時間を作ることができるようになりました。

そこで僕が取り組んでいたことは「読書」でして、読書をしていく中で「将来的に英語は絶対に必要になる」ということを感じました。

その後、早起き生活を継続して、仕事の効率化も継続しつつ、空いた夜の時間は英語の勉強に当てていました。

その結果、苦手だった英語が、社会人になってからでもTOEICで300点ほどあげることに成功し、英語力に自信をつけることができました。

» 【社会人で英語上達】TOEIC505点から850点までの英語勉強の方法と時間目安・過ごし方

 

③:海外キャリア獲得

 

上の続きですが、仕事の成果が上がり、英語力もつき、自分に自信がついてきました。

そして海外のキャリアにも挑戦できるかな?という考えが浮かんできた時に、海外へのお誘いの話を受けることができまして、これはチャンスだと感じて、海外キャリアに乗りました。

早起きをしたことによって、

・仕事ができるようになった

・英語力が上がった

→自分に自信があった

この状態になっていたことで、海外の切符を手に入れられたと感じています。

» 社会人になってからの英語の勉強方法【ガンバって海外サラリーマンになった話あり】

 

④:ブログ6万PV超

 

海外キャリアを手に入れてからは、少し新しいことに取り組みたいと思い、ブログを始めました。

これも早起きをすることで「仕事を効率的に行えている」から、ブログの時間を作れている点があります。

早起き生活を継続しつつ、夜にブログを書く生活を毎日始めてから早くも300日ほど、割と多くの方に読んで頂けるブログになりまして、現在は6万PVを超えることができました。

ブログで6万PVを集めるとどんな良いことがあるかと言うと、

・ライティングスキルが上がる

・お小遣いを自分で稼げる

・マーケット知識が身に付く

etc…

まだまだ良いことはたくさんあります。

世の中、テレビや本や自伝など、たくさんの「受け身」で成長した気分を味わえるものがありますが、

・実際に自分が成長できているのか?

・それは社会に必要な成長なのか?

・具体的に「価値=お金」を生めるように行動できるか?

etc…

ブログの活動は、受け身だった今までの僕に新しい視点をたくさん教えてくれています。

» 【感謝】おかげ様でDreamArk累計10万PVを超えました!!!【ブログ運営のメリットを合わせて紹介】

» サラリーマン副業ブログを1年ほど続けたら「月収2万円」を超えたので経験談を語ります

 

早起きして何が良いの?最初から完璧にわかる人なんていないよ

早起きして何が良いの?最初から完璧にわかる人なんていないよ

「早起きなんて意味なんよ」

「どうせやったって意味ないよ」

「1週間やったけど意味なかったけど意味なかったよ」

などたくさんの意見がありますね。

 

早起きは習慣です

 

早起きは習慣です。

習慣なため、今日早起きしたからといって、今日から何か素晴らしい成果がでる訳ではありません。

何事も積み重ねが大事なように、早起きも一緒です。

早起きを毎日のように継続し、早起きから受けられるメリットを毎日毎日積み重ねていくことができると、気づいた時には、他の人が到達できないような大きな山になっているのです。

 

オバマ大統領が少年時代に起きていた時間

 

僕はアメリカに住んでいるので、噂ながら聞いた話ですが、

オバマ大統領は子供時代、3:30に起きて勉強をしていた

と言うことです。

ネット情報で調べてもオバマ大統領の子供時代の話が見つからなかったので、定かではありませんが、早起きして、勉強を継続した先に大統領への未来があったのかもしれません。

 

早起きの何が良いのか?最初から完璧にわかる人なんていない

 

僕は割と「目的主義」な人生を歩んでいますが、それでも人生にはわからないことがたくさんあります。

早起きにおいても、最初の目的は「仕事の生産性を上げたいから」と言うことだけでした。

でも、早起きを継続していく中で、徐々に自分の時間が作れるようになり、自分の興味や学びを深めることで、気づいたら海外で働くと言う、数年前では想像もできなかった未来に到達しています。

最初から早起きの良さが完璧に分かる人なんていないと思います。

早起きに関して批判的な意見もままありますし、やっても意味がないと疑問に思う人もいると思います。

でも、1%でも自分の中で早起きに対する「期待」があるのならばやってみる価値はあると思います。

取り組んだ者にしか、見えない未来があるのは事実です。

 

✔️捕捉:早起きで尊敬する方

余談ですが、早起きの記事を書くにあたり、いくつかの「早起き」に関するブログ運営者を観てました。

その中で、長期間早起きをしていて、等身大で早起きの良さを綴っているブロガーを見つけました。

早起きしたら人生が変わるか試してみるブログ

多くの「早起きブログ」は、早起きのメリットを羅列しているだけですが、そもそもブログに継続性がなかったり、なんで早起きを語れるのか?と言う信ぴょう性に乏しい者が多かったのですが、このブログは別です。

毎日継続されていることも良く分かりますし、等身大の声が、心地良い感じです。

僕なんて、ブログの毎日更新は300日程度ですが、彼女は「早起き1000日以上、ブログ1000記事以上」。

今の僕からしてみたら神のような存在です。

ブログを楽しく読ませてもらっています。

 

まとめ:早起きを信じて継続する人だけが早起きの恩恵を受けます【1000日】

早起きを信じて継続する人だけが早起きの恩恵を受けます

本記事は早起きして良かったことをまとめました。

 

早起きだけでみてみると、僕も1000日以上は継続しているように思います。

この生活が、今後の自分の人生をどう変えていくのか?

まだまだ分からないことがありますが、1つ言えることは、

早起きの効果を信じて継続する人だけが恩恵を受けられる。

目安は1000日ですね。

3年も早起きしていれば、他の人に比べて時間にゆとりをもったり、自分の取り組みたいことに3年間チャレンジすることができると思います。

そんな生活を続けたら、きっと世界は変わって見えていると思います。

 

早起きの効果は信じて継続した者勝ちです。

ぜひ、有意義な早起き生活を送ってください。

 

読んで下さりありがとうございました。

では、良き早起きライフを ٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!