自由に生きるための『4つの自由』と今から実践できる『8つの方法』【重要】




どうも、Daichiです。

自由に生きることを身をもって体験するために、個人での稼ぎ方に挑戦しています。

 

本記事は「自由に生きる」ことについて紹介します。

 

Daichi

・仕事がツラい。自分のやっていることって一体。。。

・この先、ずっと何かに頼りながら、この暮らしを続けていくのかな。。。

・自由に生きたい。。。時間・場所・やることに縛られずに自由に暮らす方法はないものだろうか?

日々、迷いながら悩み不安に思いながら過ごす日々はとてもツラいですよね。

僕は年に200冊ほどの読書をしているので多くの人の生き方を本を通して学んでいますが、中でも世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたことの中で紹介されている「4つの自由」が「自由に生きる」上で重要だと感じました。

「4つの自由」を自分の生活の中で実現していくことができれば、幸せな自由を手に入れることができるのだと思います。

本記事は著書や自身の経験を通した「自由に生きる上で大切にしたい自由」について紹介します。

 

こんな人におすすめ!

・毎日がツラく朝起きるのがおっくう
・人生を活動的に生きたい
・仕事に縛られず幸せな自由を手に入れたい

 

自由に生きる上で大切にしたい4つの自由

自由に生きる上で大切にしたい4つの自由

自由に生きるとはどういうことなのでしょう?

こうした問題は、”自由”の定義をしないと終わりを迎えないので定義します。

 

辞書的な自由の意味

 

まず、辞書の意味は次の通りです。

「自由」の意味

  1. 自分の意のままに振る舞うことができること。また、そのさま。「自由な時間をもつ」「車を自由にあやつる」「自由の身」

  2.  勝手気ままなこと。わがまま。

  3.  《freedom》哲学で、消極的には他から強制・拘束・妨害などを受けないことをいい、積極的には自主的、主体的に自己自身の本性に従うことをいう。つまり、「…からの自由」と「…への自由」をさす。

  4.  法律の範囲内で許容される随意の行為。

goo辞書

4番は一般の人が変えることのできない内容でして、4番を変えることは「国家に対する独立運動」ほどのレベルになりますので置いておきましょう。

個人の自由においては「自分の意のままに振る舞うことができる、他からの強制・拘束・妨害を受けないこと」とまとめることができそうです。

一旦これを「自由に生きる」の定義にしましょう。

自由に生きる=

自分の意のままに振る舞うことができる、他からの強制・拘束・妨害を受けずに生きること。

では「自由に生きる」ためには具体的に何の自由が必要なのでしょうか?

1つ考えたいのは自由な人生を希望する人はその先に「幸せ」に対する希望を頂いているはずだということ。

自由だけど不幸せ、というのはきっと望んでいません。

 

『幸せに自由に生きる』ために大切な4つの自由

 

そこでヒントにしたい本がトニー野中さんの著書で唱えられている「成幸をもたらす4つの自由」。

著書世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたことの中では、社会の中で幸せな自由を手に入れるために「自由」を4つに分解しています。

①お金の自由

②時間の自由

③健康の自由

④人脈の自由

この4つの要素が重要で、どれが欠けても「幸せな自由」を幸せな人生を描けないと言われます。

 

例えば、

「明日からあなた1人、無人島で生きてください。自分の意のまま、他の強制は何もありません」

こう言われたらどうでしょうか?いくら自由でも人が誰もいないところであなたは本当に幸せでしょうか?自由の形としてこれを望む人は少ないと思います。

『自由に生きる』の裏に隠れる「幸せに生きたい」ということを叶えるためには『「お金」「時間」「健康」「人脈」の自由を得て生きる』このバランスが大切です。

 

【自由に生きたいなら実践しよう】幸せに自由に生きるための『4つの自由』と『8つの方法』

【自由に生きたいなら実践しよう】幸せに自由に生きるための『4つの自由』と『8つの方法』

では、具体的には何をすれば良いのでしょうか?自由な生きることを実現するために今からできる方法を8つ紹介します。

私はこの8つの活動をはじめることにより、徐々に「完全な依存」から脱しつつあり、「お金・時間・人脈」の自由は少しずつ増え始めています。

 

自由に生きる方法1:お金の自由を得る方法

自由に生きる方法1:お金の自由を得る方法

幸せに自由に生きるためには「お金の自由」を得ることがポイントです。

お金の自由とは「お金に困らずに生きられる自由」のこと。

そのための方法を2つ紹介します。

 

①収入源を増やす

 

今、あなたは幾つの収入源を所有していますか?

1つ?2つ?3つ?

多くの人が「1つ」しか持っていないと答えるかもしれません。

 

でも考えてみてください。

収入源が1つのあなたは「収入なし、収入源が1つ、収入源が2つ、収入源が3つ、、、∞」という無限にある収入形態の中から「収入源が1つ」である形態を選択しています。

現状、1つ言えることは「ある1つの収入源に頼りきった生活は常に不安と向き合わせる」ということ。

1つの会社に頼り切る

1つの収入源に頼り切る

1つの助成金に頼り切る

依存している対象が崩れたらそれにともなって依存していたあなたも崩れます。

『卵を1つの籠に盛るな』

今では常識の考え方です。

ビジネスでも生き方でもお金の面でもどこでもリスクを分散してルートを複数つくるのは上手く生き抜く戦法です。

お金の自由を得るには収入源を増やしましょう。

» 収入源が複数vs収入源は1つ。一本で生きるのはカッコイイかもですが、、、ハイリスクです

【4th】将来の不安がなくならない貧乏人の収入源の悲しい特徴←解決策は簡単です

2018.02.04

 

②お金の教養をつける

 

幸せに自由に生きるためには、お金の教養をつけて損はありません。

 

魚を生の状態でしか食べることを知らず、保存する方法を知らない人に比べて

魚を塩漬け・日干しにして保存して食べることも知っている人の方が無駄なく長く魚を使えます。

 

知ると知らないでは、致命的な差が生まれます。

知識がない人は、世の中で情報を持っている人よりも自分が損していることも気づきません。

» 読書しないデメリットは甚大です【人生の損失です】

 

悲しい現実ですが知るか知らないかは致命的な差を生みます。

お金の教養はつけることをオススメします。

 

お金の教養は本を読み、実践することで身につけることができます。もちろん、いきなりお金を稼ぎ出してもOKですが、無知で何か始めると遠回りすることが多いので、1ヶ月ほど読書で幅広い知識をつけてから取り組み始めるのがベターだと個人的に思います。

下の記事でおすすめのお金の教養本を紹介しているので良かったら参考にしてください。

» お金の本おすすめランキング!不労所得月10万円に繋がった読書参考書【資産形成して豊かな生活を】

お金の本おすすめランキング!不労所得月10万円に繋がった読書参考書【資産形成して豊かな生活を】

2018.07.18

 

自由に生きる方法2:時間の自由を得る方法

自由に生きる方法2:時間の自由を得る方法

幸せに、自由に生きるために「時間の自由」を得ることもポイントです。

時間の自由とは周りから制限されることなく自分の時間を自由に使えること。

そのための方法を2つ紹介します。

 

③時間の自由を得るには早起きする

 

早起きすることで時間の自由を得やすくなります。

あらゆる時間の制限は社会から与えられます。

締切り、規則、依頼、約束、、、

こうした中でも自分の時間を増やすことで非常に効果的なことが「早起き」をすること。

 

朝5時に起きると世界が変わります。

早起き習慣。朝5時台に見える世界。今日から気づきたい自分らしい心地良い時間で実体験を紹介しているので読んでみて下さい。

 

誰よりも早くに行動を始めることで時間の主導権を握ることができます。

時間は先手先手にしか作っていくことはできません。

後手に回ると自分の時間は周りに奪われていきます。

 

時間の受けてにならずに操り手になりましょう。

朝5時に起きましょう。

» 【経験談】早起きして何が良いの?早起きして良かったことのまとめ【本音で語ります】

» 【超簡単】朝の早起きを始める3つの手順【今日から取り組もう】

【経験談】早起きして何が良いの?早起きして良かったことのまとめ【本音で語ります】

2019.05.25

【超簡単】朝の早起きを始める3つの手順【今日から取り組もう】

2019.05.24

④時間の自由を得るには1円の不労所得を自分でつくる

 

一見、お金の話のように見えますが、不労所得を作ることは「時間を得る」方法の1つです。

 

世の中のほとんどの人が自分の時間を使って労働し、その対価としてお金をもらっています。

 

質問です。

あなたは「明日の仕事から1円も給料が支払われない」と言われたらその職場に働きにいきますか?

部署でこの質問をしたら上司までも「働かない」と言っていました。

誰でもきっと「給料がもらえない」場合は働かないですよね。

 

つまり、多くの人は、自分の時間を使って「お金を得よう」と働いています。

そして、時間の自由を得るには、この仕組みを根本から変えないといけません。

 

では、どうしたら仕組みを変えられるかと言うと、その1つの方法が次のとおりです。

自分の時間を使わないでお金を得る方法をつくること(労働なしで収入を得ること)

 

「自分の時間を使わないで収入を得る」ことは人生に新しい視点をくれます。

想像しづらく、怪しく聞こえるかもしれませんが「不労収入」は存在しますし、「悪いこと」でもありません。

» 不労所得が怪しいと言っている人は損している話←取り組んだもの勝ち

不労所得が怪しいと言っている人は損している話←取り組んだもの勝ち

2019.03.22

時間を大切に思う人ほど労働収入より不労収入を増やす努力が必要です。

1円でも良いのでまずは不労収入をつくりましょう。

取り組んだ者勝ちな世界です。

なお、最近では「金融庁」が積立NISAを含めて、投資をすることでの資産形成を勧めています。

投資は「不労所得」の1つであり、国家が勧めるものでもあるので別に怪しいものではありません。

まだ投資関連を何を始めていない人は「小さく」始めていった方が将来的に良いことが多いと思います。

» 【完結】経済的自由を手に入れる方法【経済的自由人になるためのロードマップ】

自由に生きる方法3:健康の自由を得る方法

自由に生きる方法3:健康の自由を得る方法

幸せに、自由に生きるためには「健康」は絶対の必須事項です。

不健康よりは健康でいることを希望する人は多いですよね。

健康の自由を得るために今からできることを3つ紹介します。

 

⑤最低6時間の睡眠を確保する

 

身体は資本です。

休息を与えてメンテナンスしないと疲弊して問題がでてきます。

» 【大切】早起きしたら、だるい。。。こんな時に見直すべきこと

 

1度壊してしまってからでは取り返しがつかなくなることがあります。

 

健康は日々の生活の上でしか語れません。

1日1日睡眠時間をとり、心身共に健やかさを保って下さい。

» 【重要】早起きの健康に関するおすすめ本ランキング

 

⑥定期検診を受ける

 

早く見つかればよかったものの、、、

ということをよく耳にします。

 

科学の力で、多くの病気が「予測・分析」できるようになりつつあります。

このありがたい科学技術の中で「見つけた時には手遅れだった」というのは、あなた自身にも技術を作ってきた人にも、とても不幸なことです。

 

365日のうちの半日だけ、診断に時間を使うだけです。

それだけで「取り返しがつかない」ことを防げるなら安いものだと思います。

 

身体を客観的にチェックする時間をつくりましょう。

 

⑦夜の食事量を半分以下にする

 

カロリー制限はアカゲザルの健康長寿に効果あり

ウィスコンシン大学(WU)とアメリカの国立老化研究所(NIA)の研究はとても有名ですね。

言葉足らずで説明するよりも原文を読んで自身で判断した方が良いと思いますが、中々ハードです。

日本の研究者がトピックを解説しているので気になる方はこちらをご覧ください。

カロリー制限はやはりアカゲザルの健康長寿に効果がある

 

人間で検証することは困難とされて実証にはいたっていませんが、カロリー制限をすることで健康長寿が伸びる可能性はあると考えられます。

健康長寿を伸ばす可能性を得られながら家計も楽になるならやらないよりやって損はないです。

 

食事量を減らして将来的なポテンシャルを高めましょう。

 

自由に生きる方法4:人脈の自由を得る方法

自由に生きる方法4:人脈の自由を得る方法

幸せに、自由に生きるためには人脈の自由を得ることが大切。

人脈の自由とは、会いたい人に会い、会いたくない人に会わないという自由です。

 

⑧嫌われる勇気を読む・もつ

 

とても有名な著書ですが人脈の自由を得るために参考になるのが嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えです。

 

「参加したくないのに参加している飲み会」

「本当は無理して参加したくない座談会」

会議・パーティ・お茶・飲み会・付き合い…

 

こうした集まりにストレスを抱えている人は少なくありません。

「全ての悩みは人間関係による悩みである」とアドラーの心理学が断定するように人間関係が与える生きることへの影響は大きいです。

「会いたい人に会い、会いたくない人に会わない」

シンプルであり、実践することは誰でも不可能ではありません。

実践を不可能にしているものがあるとすると、それはあなた自身の「考え方」です。

そのため、人脈の自由を得るためには、人間関係を問う著書の中でもとりわけ自由に対する哲学を含む嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えを読むことをお勧めします。

関連記事も書いていますのでよろしかったらご覧ください。

関連記事:自由に生きる。では、ほんとうの自由とはなにか?『嫌われる勇気』 岸見一郎 |読書書評

 

まとめ:自由に生きたいなら自分から自由をつかみに行こう!

自由に生きたいなら自分から自由をつかみに行こう!

今回は、自由に生きるための「4つの自由」と「8つの方法」を紹介しました。

本記事をきっかけに自由に生きるための1歩をスタートするキッカケを持ってもらえたら幸いです。

 

読んで下さりありがとうございました。

ぜひまたお越しください。

 

▼合わせて読みたい

関連記事:自由に生きたい人必見!若くして経済的自由になるための資産形成と人生戦略講座!

関連記事:誰でも将来は不安。人生に悩むあなたに伝えたいこと

関連記事:早起き習慣。朝5時台に見える世界。今日から気づきたい自分らしい心地良い時間

 

✔️参考図書①:世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと

✔️参考図書②:嫌われる勇気

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間7万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!