誰でも将来は不安。人生に悩むあなたに伝えたいこと

どうも、Daichiです。

海外で仕事をしつつ、サイドでいくつかのビジネスをする読書家です。

 

この記事は、将来に不安を感じ、人生に悩んでいるあなたに伝えたいことを紹介します。

 

人口知能の発達で自分の仕事がなくなってしまわないのかな?

病気や怪我で働けなくなってしまったらどうしよう?

 

毎日の生活の中で将来への不安を感じながら暮らすのは大変ですよね。

お金や健康に心配なく暮らしていくことができたら、どんなにラクで楽しいことか。

 

漠然とした不安を感じていた私は変な投資に手を出して損をしてしまったり、過度な節約生活でストレスを抱える日々を過ごしていました。

 

ただ今になって振り返ってみると、もっとたくさんの方法が自分にあったんだということに気づきました。

 

きっと今のあなたも毎日不安を感じながらも、モヤモヤとして何をしたらよくわからなくて、ストレスある日々を送ってしまっていることでしょう。

 

そんなあなたに、今の不安な日々を抜け出してほしい。

ましてや詐欺や、無意味な投資、無謀な挑戦に手を出して失敗して欲しくありません。

 

本記事では将来に不安を感じて「何をしたら良いんだろう。。。」と思っているあなたが、「こんな方法もあるんだな!」「将来への不安の霧が晴れた!」と感じてもらえるように願って、誰でも感じる将来への不安との付き合い方を紹介します。

 

誰でも将来は不安

将来への不安は誰でも何かしら抱いたことがあります。

 

  • 仕事をクビになったらどうしよう
  • 病気や怪我をして働けなくなったらどうしよう
  • 減給されたらどうしよう
  • 勤めている会社が倒産してしまったらどうしよう
  • 毎月自転車操業の日々。こんな生活で今後も大丈夫なのだろうか
  • 結婚できなくて将来一人身になってしまったらどうしよう
  • なんとなく過ごしている毎日。人生は変えられないのかな。
  • 経済的にも精神的にも辛い日々。このままでも好転する兆しがない

 

将来に不安を感じる時期や程度は人によって様々ですが、誰もがこんな風に感じたことはあるはずです。

 

わたしも社会人最初の頃に将来の不安を強く感じていました

わたしは社会人になって1年が経つ頃には、当時の現状に疑問や不満を感じてやりきれない思いで過ごしていました。

「このままで人生良いのかな。」

寝る前に、こんなことを考えると眠れなくなってしまう日々。

そして次の日が来ると、仕事にいかなければならないので生活のサイクルに任せていつも通りに過ごしてしまう。。。

気づいたら夜になり、また将来について漠然とした不安を感じる。

当時は、日々の惰性感に悩んで朝起きてやる気がでずに会社を休んでしまうこともありました。

 

価値を感じられない仕事

わたしが将来に不安を感じた理由の1つに「仕事に価値を感じられない」というものがありました。

わたしは就職後に、新規企画を開発をする部署に配属されたんです。

新しいアイデアを出して、それを提案・検討して上司のチェックをもらって検討する日々。

一見するととても有意義に見えるかもしれませんがわたしにとってはそうではありませんでした。

 

世の中への価値を感じる企画よりも、特定の上司の顔を立てるために必要そうな企画が通っていく不思議。

学生の頃から新規企画に憧れを頂いて、意気揚々と入っていった世界。

しかしながら世の中の価値に訴える企画よりも上司の満足する企画が取り上げられている現状。

 

社会人なりたてのわたしには社会のニーズを読む力も、お金になるビジネスを分かっていなかったのかもしれません。

会社の中で仕事をするには会社の中で評価される企画をしないといけない。

そして自分の思いとは全く違うことをしないといけない日々。

 

自分がわがままなことも承知しています。

上司からみたら、本当にそれは価値を感じるものだったのだと思います。

 

それでも自分が価値を感じないことを「これは価値があるんだ」と思い込ませるのは当時のわたしには難しかったのです。

会社の中で自分の将来の目標を実現する壁にぶつかっていました。

 

土日も縛られていく生活

自分の将来の目標を見失わないように生きるように必死でしたが、その思いとは裏腹に”会社”に縛られていく日々で身動きが取りにくくなっていました。

企業に勤めたら当たり前なのかもしれませんが事あるごとに開催される飲み会。

時間の取れるはずの休日ですら社内コンペという名のイベントで土曜日の朝早くから始まり、終わったらもちろん飲み会。

1次会、2次会、3次会、夜のお店へ。。。

 

自分はこんなことをするために今まで生きてきたのだろうか。。。

こんな風に感じながらも、誘いを断ると会社での立場や評価が絶望的に落とされてしまう風土。

 

それでも当時のわたしは、企業とはこういうものなんだと偏見を持っていて、郷にっては郷に従えの精神で自分に嘘をついて過ごしていました。

自分の時間もお金も、ほとんど会社のために使われていく生活スタイルで、どんどん自分の将来への希望が扉を閉じていきました。

 

会社のために人生を捧げることが正義という思い込み

会社の中でも飲み会に来ない人がいます。

付き合いから距離を置いて自分の時間を過ごしている人がいます。

 

飲み会に参加する勢の人たちは、付き合いから距離を置いた人を「あいつは出来ない奴だ」という烙印を押します。

 

飲み会はコミュニケーションを図るもの。

コンペは絆を深めるもの。

 

付き合いに参加しない人は、

・人としてダメ

・仕事ができない

 

という印象を持たられて、上司からの評価はもちろん周りの評価も冷たくなり苦しくなっていきます。

 

会社のために人生を捧げないことは、人として恥ずかしいこと、そんな風に思ってしまうようになっていました。

 

将来への希望を失う

会社に入って2年を過ぎる頃、自分の今の時間の使いかたに危機感を覚えていましたが、「付き合いをしないと会社に悪い」「コンペに参加しないとダメな人間なんだ」「会社のため以外のことを自分からしたら不誠実なんだ」という思いから、自分の時間は会社に占められていきました。

 

「こうしてなんとなくの時間を過ごしていくしか道がないんだ。」

「ずっとこんな毎日が続くんだ。」

「自分はなんのために今生きているんだろう」

 

飲み会に参加していて、飲み会に参加しない人の悪口を言っている人の話を聴きながらそんなことを考えていました。

 

仕事、飲み会、コンペ。

時間もお金も会社に対して占める割合が増えていく生活の中で、

24時をまわって家につき、赤くなった顔を鏡でみると、虚しくなって涙がでることもありました。

 

起業を考えるけど稼ぐ自信がない

今の職場を辞められる訳がないと思いながらも、「人生を変えたい」という気持ちを抑えきれずに、自分らしい人生を生きるための方法をずっと探していました。

会社で働く以上は、おおよそ組織の壁にぶつかることだと思ったので、わたしが目指した方向は経済的に自立することです。

起業家の本を読み、セミナーに参加して多くの成功事例や失敗事例を学びました。

 

それでも実際の起業に踏み出せないのは、自分の力で稼ぐことに対する自信がなく、行動することができなかったのです。

 

そのため、起業はなかなか進まず、惰性で過ごしていく日々、

 

社会人4年目。思い切って資産形成にチャレンジ

自分の将来への不満が募る中で、ネックになるのがお金の問題です。

将来への憧れの姿だけをおって、現実の無視することはわたしにはできなかったからです。

 

資産形成は将来的に経済的に自立するために社会人になってからは少しずつ始めていました。

しかし計算すればわかるのですが、経済的に自立するためには最低でも年収として400万円以上(日本の平均年収)を望むとすると、

世間的に安全と言われるような年利の低い投資(1%)のもので400万円を稼ごうとすると、少なくても4億円の投資額が必要になります。

 

そんなことを頭で理解していたので、さらに経済的な自立をつけるために、ハイリスクな投資や規模の大きい不動産投資に手を出しました。

 

ただ、その中でも気掛かりだったのは「堅実な安定収入をローリスクで得るにはどうしたら良いか」ということです。

 

ハイリスクな投資は振れ幅が大きく、相当な勉強をしない限りほぼギャンブルです。

また、不動産で成功していくためにはある程度の資金のレバレッジを使うことが必要になるために借金の額は膨らみます。

 

自分で稼ぐ力をつけるのが一番の投資

そうした経験から、行き着いた姿としては「副業として自分で稼ぐ力」をつけることです。

さらにいうと、自分の時間を極力使わずにお金を産むような仕組みをつくることです。

 

自分で稼ぐ力をつけることができ、さらに時間がかからないものを作ることができ、本業の職業よりも収入を多く得られるようになったら、十分自信を持って自分の道を歩き始めることができるようになると思ったのです。

自分で稼ぐことを始めて1番感じたことは、自分の世界がとても狭い社会で閉じこまっていて、世間に目を向けてみると、個人で稼ぐ社会は想像よりもずっとハードルが低く、今では本当にたくさんの人がこの道にチャレンジしているということです。

そして、自分の力で稼ぐ力をつけることに成功して、独立している人を知ることができました。

日々を真剣に切り拓こうと努力しているのです。

 

社会人になって企業勤めに染まっている時は、会社での”良し悪し”の考えが世の中全てに共通すると思っていました。

 

  • 飲み会にでるのは当たり前
  • 土日にコンペにいくのは当たり前
  • 付き合いができない人はダメ人間
  • 本業以外で稼ぐことをするのは不誠実
  • やりたいことを追うのは単なるワガママ

 

自分の目に見えていた社会だけが、全ての世界なんだと考えていましたが、自立のための活動を始めてこの考えは大きく変わりました。

 

  • 本業に人生に捧げることが正義ではない
  • 会社以外にも稼ぐ方法はいくらでもある
  • 個人で活躍できる場所がある

 

誰でも将来に不安を感じるとは思いますが受け身になっていては何も変わりません。

将来への不安を解決するために自分自身で行動し始めている人はたくさんいます。

 

ローリスクで資産形成をしていく方法は、世間に目を向けてみるとたくさんあるのです。

 

誰でも将来は不安。人生に悩むあなたに伝えたいこと

自分の経験から、誰もがもつ将来への不安、人生に悩んでいるあなたに伝えたいことがあります。

 

あなたが思っているよりも世界はずっと広い

あなたが思っているよりも世界はとてつもなく広いということです。

今のあなたは当時のわたしのように、

「付き合いに参加しないとひんしゅくを買ってしまう」

「会社に人生を捧げないのは人間としてダメなんだ」

と思っているかもしれません。

しかし、あなたがいるのは本当に大きな大きな世界の中の小さい国の小さな街の1企業の1部署の中です。

自分が働いて行ける場所は、思っている以上にゴマンとあります。

最初に入った場所で人生を終えるには、逆にあまりにもったないのです。

・もっと自分に自信が持てる仕事

・心から真剣に取り組みたい仕事

・ゆとりのあるライフスタイル

海外に目を向けるとヨーロッパ・スペインでは年に月単位でお仕事の休みをとって暮らしているような国もあるのです。

今あなたの目の前にある環境が世界のあたり前ではないのです。

自分が自身をもって、喜びを感じて過ごせる将来は自分でつくっていくことができるのです。

そのため、小さなカゴの中で不満と苦しみを感じるのをぜひ卒業して下さい。

 

時代が大きく変わっているのはチャンス

将来が不安という風潮が大きいのは、現在の社会が大きく変わりつつあるからです。

技術の発展の速度は非常にはやく、今まで当たり前に必要だと思っていた仕事は、機械やシステムに代替され始めています。

大きな変化の中で今ある自分の状況が社会から変えられてしまうのを座ってまっていては、社会の思うがままに、好き勝手振り回されてしまいます。

時代の変わり目には、家にこもって社会からの要請を待っていてはいけません。

自分から”場所”を取りに行くことが大切なのです。

 

過去には東京に出稼ぎにくる時代がありました。

みな、社会の変化を感じ取り、東京では仕事がガンガンと立ち上がり、高い給料を稼ぐことができたのです。

それが時代の変わり目です。

 

変化するには過去のものに置き換わる”新しい産業”が必ず表れます。

それこそが今後の出稼ぎにでるべく、社会に求められる価値なのです。

 

変化を受けてで待っている時は、どのように変わられてしまうか分からないために不安になります。

その不安を解消するためにも自分から変化の中に飛び込んで自分のポジションを取りに行くことに挑戦してください。

 

経済的な自立力を養うことは大切

生きていく上で最も心配されることの1つが経済的な問題です。

・仕事がなくなってしまったらどうしよう

・生活資金を失ってしまったらどうしよう

将来を考えると、心配なことが多く挙がってきてしまいます。

 

これは、どんな企業に属していてもほとんど変わりません。

なぜなら、あなたの生活資金はあなたが勤めている会社に委ねられているからです。

何かに依存している時には、依存されている側に何かが起こってしまった時に、一緒に被害を受けてしまうのです。

 

そのために将来への不安を解消する上で最も重要なことは個人で稼ぐ力を身につけることです。

 

この力さえ持つことができ、自分にも自信がもてるようになったらこわいものなしです。

 

どこに言ってもあなたはあなたのポジションをつくることができ、そこから稼ぎの糸口をつくって生活していけるようになります。

 

そのため将来への不安を感じている人は個人で稼ぐことに挑戦して下さい。

自分だけで月収1万円でも稼ぎだすことができたらそれは本当に大きな前進です。

金利0.01%の銀行の預貯金金利で月収1万円を得ようとしたら、預金額は10,000万円(1億円)必要です。

逆に個人で稼ぐ力を磨けば、最初こそ時間はかかるかもしれませんが1万円を稼げるようになることは10年先の話ではありません。

1年以内でもネットビジネスを通して1万円を超える収益をあげている人は沢山います。

 

将来に不安を感じているのであれば個人で稼ぐ力を身につけて経済的に自立できる状態になることが大切です。

 

▼合わせて読みたい

関連記事:自由に生きたい人必見!若くして経済的自由になるための資産形成と人生戦略講座!

 

お金の教養をつける

将来の不安を取り除くために、お金の教養をつけることはとても大事です。

いくら稼げることができても、稼いだ額より支出が多いようでは、足を止めた瞬間に生活が苦しくなってしまいます。

 

お金を稼ぐ方法を学ぶのと一緒にお金の教養をつけることは時間にゆとりあり堅実な資産をつくるために必須の知識になります。

何よりお金の教養は本屋過去の話に参考になることが多く、学びやすいのです。

 

お金の教養が全くなくて、基礎の基から知りたい人は、網羅的に教えてくれるファイナンシャル・リテラシーに行ってみましょう。

▼幅広くしっかりお金の基礎を学びたい人

 

▼3時間で経済的自由を含めたお金の回り方を学びたい人

関連記事:経済的自由をゲームで学ぶ!キャッシュフローゲーム会!

 

人生を変えるには行動するしかない

今のあなたが本当に将来が心配で何かをしたいと思ったら何が必要でしょうか。

それには、自分自身を変えるための行動が不可欠です。

 

人生を変えるには簡単なことではありません。

今から、何かを変えるというのは大きなストレスがかかります。

 

行動をする時には、気をつけて欲しいことがあります。

これは自身の経験からの学びですが、

まずは広い視点でみること。

 

  1. 自分がどんな将来を目指していて、
  2. それを実現するにはどんな方法が考えられて、
  3. 最終的に自分の方法を選ぶ。

 

このステップを踏むことで、効率的に自分の目標地点に進むことができます。

 

0リスクで多くのことを始められる現在、失敗しても立ち直れるような自立の道は沢山あります。

関連記事も書いているのでぜひ読んで下さい。

▼合わせて読みたい

関連記事:【読書会】ワーク:ビジネスの種を見つけよう!ゼロ起業

関連記事:【読書会】ワーク:経済的に自立する力を!1万円起業

 

さいごに:結局はあなたの人生

この記事は読んでいるあなたは将来が不安でたまらないかもしれません。

でもその不安と向き合って前進して行くのはあなた自身です。

あなたの将来の自信をつけるのは、紛れもくあなただけなのです。

 

だからこそ、不安でどうしようもない、という人は、一歩を踏み出すことを頑張って欲しいです。

 

一歩踏み出すことも不安かもしれませんが、何もしないでずっと不安でいるのと何かすることへの不安では、後者の方が経験を詰める分、ずっと有意義です。

 

わたしたち勉強会では、人生をデザインするための勉強会を実施しています。

土日の朝に開催しています。

将来への不安を感じている人はぜひお気軽にご参加してみて下さい。

 

人生デザインのイベント一覧はこちら!

イベント一覧はこちら

 

関連記事:将来が不安。お金の心配をこれで解消!誰でもできる解決方法まとめ!

関連記事:お金の本おすすめランキング!資産形成して豊かな生活をつくるには知識が必要なんだ。

関連記事:自由に生きたい人必見!若くして経済的自由になるための資産形成と人生戦略講座!

 

!!お知らせ!!

お知らせ!

このブログ筆者のDaichiは、朝活・夜活勉強会を開催しています。

平凡な家庭から国立トップ校進学・大学院で「特に優れた業績」に選出され学費全額免除獲得。現在は海外にわたりビジネスに取り組んでいます。

この経験と年間200冊以上の読書から、『将来予測とキャリアデザイン』『今から始めたい資産形成』をテーマにした勉強会実施。

土日の朝の数時間があなたの人生をデザインする良い機会になるはず!

ぜひお気軽に学びにきてください!

▼勉強会イベントは画像クリック▼

メルマガ購読(無料)

スポンサー











共感していただけたらシェアをお願いします


しっかり学びたいあなたに!
未来デザイン読書会

「読書の力で自分の未来をデザインする」をコンセプトに、課題図書から学び、日々の活動に関連付けるアウトプットをします。


賢く未来への資産形成!
キャッシュフローゲーム会

「若くして豊かに引退する」をコンセプトに資産の概念を一変する”金持ち父さん”の資産の作り方をボードゲームから学びます。

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ在住で教員免許をもつ兼業キャリアサポーター。 「DreamArk」運営者。 ”自分らしい人生をデザイン”するためのイベント開催。 夢を語り合い育むための場として当ブログを設立。 国立卒、TOEIC850点以上、米国在住。 趣味は読書とコーヒーと温泉。温泉が近くになくてツラい。