今を生きるのが難しいときに知りたいこと




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。過去、生きるのが難しい時間を過ごしたことがあります。

 

Daichi

過去の後悔に引っ張られて、今を生きるのが難しい。。。

この時間を乗り越える方法はないものだろうか。。。

こんな疑問に答えます。

 

この記事を書いている僕は海外で働く海外サラリーマンです。過去、大失恋をした時に過去への公開と、答えなき自問自答にとらわれて、今の時間を過ごすことが難しい日々を送っていたことがありました。

その時はとてもつらく、悲しい気持ちで一杯でしたが、考え方を少し変えることで、フッと気持ちがラクになり、前進した見方で日々を送ることができるようになりました。

その経験を踏まえて、本記事は『今を生きるのが難しいときに知りたいこと』を紹介します。本記事を読むことで、今を生きることについて考えるキッカケになれたら嬉しいです。

 

今を生きるのが難しいと感じた経験談

最初に経験談になりますが、過去に失恋をした時、今を生きるのが難しくなりました。

 

失恋は答えがない

失恋って答えがないですよね。

相手は、人であり、感情であるために、いくら考えたところで当然答えはありません。

気分・タイミング・距離感、多くの複雑な要因で決まると思うので、答えや、より良い道すら見出すことができず、僕は日々を力強く生きる力を失っていました。

 

今を生きるのが難しい状態

その当時はほとんどを惰性で過ごしていたように思います。

・バイト
・勉強
・日常の全て

なんとなく時間が過ぎていく毎日。

何かに取り組んでいても頭の半分以上は失恋について考えている状態で、集中できない日々が続いていました。

 

今を生きるのが難しい状態を脱した方法

そんな「今を生きるのが難しい」という状況を脱したポイントは「時間」・「目の前の取り組み」・「考え方の転換」の3つです。

✔️生きるのが難しい時の解決策

①時間(2−3ヶ月ほど)が解決してくれる

②「目の前の取り組み」が悩みをそらしてくれる

③捉え方を変えると感情が和らぐ

 ①時間が解決してくれる

時間が解決してくれる、ということはよく言いますが、僕の場合は2−3ヶ月と経つほどに徐々に悲しさは薄れていきました。

失恋の当初は、毎日のようにボーとした時間を過ごしていましたが、時間が経つことが少しずつですが今の時間にも気をつけるようになっていき、自然と失恋の痛みは薄れていきました。

今、何かの痛みで、苦しんでいても「時間」が解決してくれるかもしれません。

 

②「目の前の取り組み」が悩みをそらしてくれる

また、時間に合わせて、目の前の取り組みに没頭することは、痛みを和らげる上で重要だったように思います。

僕は、失恋した時期が自分のキャリアを選ぶ直前だったために、将来のキャリアを考える上でも、失恋の経験は良い意味でとても良い影響を与えてくれました。

失恋から学んだこと、そこからえた人生経験をバネに、将来に向けて取り組みたいことを考えることで、人生の大きな指針になっています。

 

③捉え方を変えると感情が和らぐ

また、①・②を過ごす中で、合わせて大きな影響があったのは「捉え方の転換」です。

失恋の当初は、悲しみや悔しさ、なぜダメだったのか?というような考えにとらわれていましたが、時間がたち、他のことにも集中できるようになってからは、自然と過去を振り返った時に、「あの時の痛みがあったから、自分を振り返るキッカケになったんだ」と、失恋を通した人生経験に感謝できるようになり、そう思えるようになってからは完全に失恋の痛みをなくすことができたように思います。

ネガティブな悲しみから、有難さへのポジティブな捉え方の転換が、痛みを減らしてくれました。

 

まとめ:今を生きるのが難しいなら、受け入れつつ、日々を過ごそう

本記事は『今を生きるのが難しいときに知りたいこと』を紹介しました。

正直、「〇〇をしたらすぐにOK!」みたいな軽く対処できるものであるなら、今を生きるのが難しくなるほど考え込まないと思います。

そんな苦しい状況でも僕を救ってくれたのは次の3つでした。

✔️今を生きるために必要だったこと

①時間(2−3ヶ月ほど)が解決してくれる

②「目の前の取り組み」が悩みをそらしてくれる

③捉え方を変えると感情が和らぐ

人により期間は違うと思いますが、痛みを受け止めつつ、目の前で取り組まないといけない「何か」を自分に設定して、日々を過ごしつつ、少しずつ痛みに対する捉え方をポジティブな方向に変えていくことができると、自然と今を生きる難しさを減らしていくことができると思います。

長く生きていれば、今を生きることが難しく感じることもあって当然だと思います。そんな時な、自分1人だけでなく、きっと他の人にもそんな経験があることを知り、その上で、どのように自分の人生の良い方向のバネにしていくかを考えてもらえたら嬉しいです。

 

読んで下さりありがとうございました。

本ブログ内では、この記事の他にも読書家海外サラリーマンDaichiの凡人なりの「英語」「読書」「資産形成」の成功実話を500記事以上紹介しているので、良かったらご覧ください。

では、良きライフを٩(`・ω・´)و

 

DreamArk(夢の方舟)の人気記事

一度きりの人生。会社に頼らないで自分らしく生きたいと思ったらまず読むお話。

2018年1月18日

人生という旅に大切だと思うこと【海外サラリーマンになって思うこと】

2019年9月17日

人生に迷ったら読む話。悩んでも良いけど迷ってはいけない【人生に迷った時の対処法も紹介】

2018年9月10日

人生をやり直す方法。人生をやり直したいなら今から新しい素晴らしい日々を紡いでいこう。

2018年9月5日
Daichi

凡人から海外サラリーマンになった人生論・ライフハック術を紹介します(下はハック例)!

・TOEIC950点オーバー

・海外サラリーマン

・ブログ100万PV

一般人でも知識と習慣で人は変われる!「情報」を「力」に変えるだけで、海外の人と英語で仕事しているなんて数年前は夢にも思いませんでした。

実現力・習慣術・時間術を参考に「ありたい自分になる」人生をデザインしてもらえたら嬉しいです。