モチベUP!英語日記用のおすすめ文房具アイテム【日記帳・ペン】




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。アメリカ、ヨーロッパで英語を話したり、使ったりして働いています。

Daichi

英語の日記を始めようと思っているけど、せっかくならモチベーションの高まる日記やペンが欲しい。

せっかくなら、デザイン性良くて、英語にも使いやすいものが良いけど、どれが良いんだろう?

こんな疑問に答えます。

✔️本記事の内容

・英語日記用のおすすめ日記帳

・英語日記用のおすすめペン

この記事を書いている僕は、海外で働くサラリーマンでして、日常的に英会話や英語ライティングをしています。いっときはアメリカに住んでいる時もあり、ハーバード大学に行ったり、MITに行ってみたり、はたまたカルフォルニア大学の人と仕事をしたりもしました。

カリフォルニアに行った時の写真。空がとても青かったです。

さて、今は英語で働く海外サラリーマンDaichiですが、社会人になりたての頃はパスポートもない、海外に行ったこともことない、英語も話せない凡人です。それでも奮起してから3年で、↑くらいの生活まで行けるのだから、人生は面白いものです。

英語勉強を始めた当時、僕は毎日のように英語を勉強し、1日でも早く英語で世界に勝負できるように英語ダイアリーをつけていました。その中では、長期にわたって英語日記をつけましたが、続きやすいもの・取り組みにくいものを多く経験しています。

この経験をふまえて、本記事は『英語日記用のおすすめ文房具アイテム【日記帳・ペン】』を紹介します。本記事を読むことで、失敗の少ない英語日記習慣を始めることができます。

英語日記用のおすすめ日記帳

英語日記用のおすすめノート

英語日記をつける上では、取り組みやすいノートのポイントがあります。

✔️ポイント

①日付け入りのモノ:日付入りのものを選ぶことで、書けた日・書けないかった日を振り返ることができ、自分の継続度をはかることができます。

②1日別スタイル:1日別にノートが分かれているものがおすすめ。ある程度のボリュームがかけるので、英語に慣れることが目的の英語日記には1P程が妥当です。

③1年分相当:1年間は英語勉強の良い1つの区切りになります。1年間のノートに1年の目標を書き、1年スパンで英語勉強を進めていくのがおすすめです。

Daichi

上の3つのポイントを考えつつ、おすすめの英語勉強用の日記帳を紹介します!

3位:モレスキン12ヶ月デイリーダイアリー

日記・ノートの金字塔で、イタリアを本拠とするブランド「モレスキン」。ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、パブロ・ピカソなど名だたるアーティストに愛されたノートブックの手帳版。

1日ごとに1Pが当てられているスタイルなので、英語を記入するにも丁度良い分量感。丸みを帯びた角をもつ長方形にゴムバンドがトレードマークのシンプルかつ機能性を追い求める人におすすめしたい日記帳です。

2位:ミドリ 日記 1日1ページ 洋風

ミドリの日記帳は、洋書のような重厚感のある長期化続けたくなる日記です。金銀箔押しのタイトルを見ているだけでもウットリとするような、それでいてシンプルな「素敵な1冊」と呼ぶのにふさわしい。

 

1日ごとに1Pが当てられているスタイルなので、英語を記入するにも丁度良い分量感。シンプルで、キレイで、それでいて重厚感のある日記を使いたい人に向いた日記帳です。

1位:アピカ 日記帳 1年自由日記

アピカの手帳は、ノートの紙質にこだわった高級感ある日記です。紙に触っただけで、虜になること間違いなしなので、注意が必要です。

 

1日ごとに1Pが当てられているスタイルなので、英語を記入するにも丁度良い分量感。上から5〜7行ほどで英語文を書き、下の行では単語の意味や類義語などを書き足していけば、英語勉強の奥行きが出ること間違いなし。

手にとったらわかる日記を続けさせてくれる上品な日記。ノートの紙質にこだわる人に向いた日記帳です。

英語日記用のおすすめペン

英語日記をつける上では、取り組みやすいペンのポイントがあります。

✔️ポイント

①書きやすい:書きやすいペンだと日々の日記付けのストレスをなくし、楽しく続けることに繋がります。

②3色式:色を使い分けることで、覚えたい単語、熟語を強調することができ、記憶しやすくなります。

③油性またはゲルインク:日記のノートへの裏への滲みがでてしまうとせっかくのノートなのに見づらくなってしまったり、汚く見えて

しまいます。水性インクは裏滲みしやすいので油性・ゲルインクがポイントです。

Daichi

なお、書きやすさについては「ジェットストリーム」が群を抜いています。今回紹介する3つのボールペンはいずれもジェットストリームの芯でリフィルができるので、書きやすさに違和感がある場合はリフィルをすれば解決できます!

3位:ジェットストリーム 2&1

日記に使いたい第3位のペンは「ジェットストリーム」の三色ボールペン。

なんと言っても「書きやすい」ボールペンの代表格。大人の手にしっくりくる太さ加減で、いくら使っていても疲れることなく、かつ上品な雰囲気を持つ最高のボールペンです。

2位:セーラー万年筆 多機能ペン 3色+シャープ

日記に使いたい第2位のペンは「セーラ万年筆多機能ペン」の三色ボールペン。

重厚感のあるボディを見たら、毎日の気分を高揚させること間違いなし。

毎日ペンを「見たくなる」、そんな観点から英語日記に向かわせてくれるおすすめの1品。

1位:PARKER ボールペン 多機能ペン ソネット

日記に使いたい第1位のペンは「PARKER ボールペン 多機能ペン ソネット」の三色ボールペン。

言わずと知れたフランスの高級筆記具メーカーで、本品は、細め・小ぶりで高級感ある「可憐な1本」。

トレードマークの矢羽根を模したクリップのデザインを見ているだけでもウットリする、そんなボールペンです。

高級感かつ大人びた洗練された海外ビジネスマンを目指す第一歩として相応しい、一番におすすめしたい代物です。

まとめ:自分にあった日記・ペンを使って英語日記を習慣化しよう!

本記事は『英語日記用のおすすめ文房具アイテム【ノート・ペン】』を紹介しました。

英語ライティングの参考になれたら嬉しいです。

 

読んで下さりありがとうございました。

本ブログ内では、この記事の他にも読書家海外サラリーマンDaichiの凡人なりの「英語」「読書」「資産形成」の成功実話を500記事以上紹介しているので、良かったらご覧ください。

では、良き英語ライフを٩(`・ω・´)و

 

【初心者用】英会話を3ヶ月で伸ばす!コーチング型英会話スクール・教室のおすすめランキング

2020年4月23日

レベル別の勉強方法

【公開】TOEICのおすすめの勉強方法のすべて【方法・参考書・勉強時間・真実の全てを紹介します】

2019年4月6日

【海外サラリーマン厳選】英語初心者用のオンライン英会話おすすめランキングTOP3+選び方

2019年1月13日

英語を勉強したい社会人が最初にやるべきだったこと【かなり重要】

2019年1月16日
Daichi

社会人独学でTOEIC850点以上をマークして海外で働き始め、現在は950点相当になった海外サラリーマン流の英語独学方法をブログ内でまとめています。

レベル別にまとめているので、勉強法をチェックしつつ、スコアアップに役立ててもらえたら嬉しいです。