【社会人英語サークルの効果】休日英語サークルに参加した感想と効果的な使い方を紹介【体験談】




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

海外で働いています。

 

Daichi

英会話の練習として、英語の勉強をしたいけど、街で開催している社会人の英語サークルって効果あるのかな?

 

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、独学でTOEICを勉強してTOEIC850点をマークし、現在は海外で働いています。

TOEICの勉強の過程では、オンライン英会話で英語に触れたり、社会人サークルに顔を出したりしました。

その経験を踏まえて、本記事では『【社会人英語サークルの効果】休日英語サークルに参加した感想と効果的な使い方』を紹介します。本記事を読むことで社会人英語サークルの効果を、お客さんの視点から知ることができます。

なお、あくまでも個人的な感想になり、特定の社会人英語サークルを批判するものではありません。

海外に出て、今までの英語勉強を振り返ってみた時に感じる、英語力に対する社会人英語サークルの必要性を『英語の勉強者』の視点で紹介します。

社会人英語サークルの効果

社会人英語サークルの効果

社会人英語サークルに『参加者』として参加してみて感じた効果をまとめます。

 

✔️社会人英語サークルの効果

効果①:英語に触れる機会が増える

効果②:英語仲間ができる

効果③:英語のモチベキープになる

効果①:英語に触れる機会が増える

 

社会人では、仕事で英語を使わない人以外は、日常の生活の中で英語で話す時間をほとんど作れないと思います。

そのため、社会人英語サークルに参加することで英語に触れる時間を増やすことができます。

 

効果②:英語仲間ができる

 

社会人英語サークルの効果の2つ目は、英語仲間ができることです。

よき英語仲間を作ることができると、英語に触れることが面白くなることに加えて、英語勉強の良い刺激になります。

社会人になると、普段のコミュニティーを超えて英語をできる人と接点をつくることは難しいと思うので、英語仲間をつくる上ではとても良い場所だと思います。

 

効果③:英語のモチベキープになる

 

効果②に関連しますが、英語の社会人サークルに入って、よき仲間を作ることができると、英語勉強の良いモチベキープに繋がります。

英語の勉強は年単位での継続が必要になるので、モチベのキープは必須です。

一人だけではモチベのキープができなくても、仲間がいるからこそ、モチベをキープできる、ということは良くあると思います。

また、会社の中などでは『あいつ、英語の勉強しているってよ。』と『意識高い系』みたいに見られrて恥ずかしく感じるかもしれませんが、社会人サークルに参加している人はもちろん全員が英語に興味があるので、英語勉強をしたい人に『意識高いね笑』なんていう人はいません。

環境が変われば、価値観が変わるものです。

社会人英語サークルの効果は英語のモチベアップに繋がることです。

 

社会人英語サークルの効果上の注意点とオススメの使い方

社会人英語サークルの効果上の注意点とオススメの使い方

社会人英語サークルの効果に注目した時の注意点を紹介します。

✔️社会人英語サークルの効果上の注意点と使い方

注意:スコアアップに繋がりにくい

使い方:外国人先生がいる場所必須!

注意:スコアアップに繋がりにくい

 

社会人英語サークルでの英語勉強は、TOEICなどのスコアアップに繋がりにくいです。

もちろん、『TOEIC英語勉強』に特化したサークルなら別ですが、多くのサークルは『英会話』をメインにした内容です。

TOEICの点数をあげるにはTOEICのテスト対策として、ビジネス英語の読み聞きの力を鍛えることです。

一方、社会人英語サークルの効果3つはそれぞれ、

 

効果①:英語に触れる機会が増える

→英語に触れるが『英会話』がメインなため効率悪い

 

効果②:英語仲間ができる

→仲間ができたら英語の点数が伸びる訳ではない

 

効果③:英語のモチベキープになる

→モチベを10年キープしても1日5分の勉強ならきっと一生報われない

 

という具合でして、TOEICなどのテストのスコアアップの視点からみると必ずしも効果が高いとは言えないので注意しましょう。

 

使い方:外国の先生がいるサークル必須!

 

社会人英語サークルの上手い使い方は『外国の先生がいるサークルに参加してネイティブ英語を体験する』ことだと思います。

テストで聞く英語・日本人同士が話すジャパニーズイングリッシュと、ネイティブの英語発音は、『別の言語』と思えるくらいに差があります。

そのため、ネイティブの英語を耳にして、違いを知っておくことは、英語力アップの指標作りや、英語へのイメージを持つ上で大切な力です。

社会人英語サークルのなかには、外国の先生がきてくれているものもあるので、ぜひそうしたコミュニティーに参加して、ネイティブ英語に触れる機会を作っておき、英語のイメージを知っておきましょう。

 

✔️英語サークルって怪しくないの?

最後に余談です。

英語サークルに参加するにあたって、変な会員への登録のお誘いなどが怖い、と言う感じる人もいると思います。

僕も、最初は怖かったです。ただ、過去に3種類ほどの東京で開催されている英語サークルに参加しましたが、特に勧誘はありませんでした。

場所によっては、サークル仲間の仲が良く、英会話練習後にそのまま全員でお食事会になったりすることもありましたが、強制参加でなく、自由参加だったので怖く感じる要素はありませんでした。

もちろん、場所によっては変な誘いがあるかもですが、僕の場合は3/3の割合で安全でした。不安に感じる人は、「参加しようとしている英語サークルの名前+口コミ」などでGoogle検索して、評判の情報を仕入れて置くと、より安全に過ごしせると思います。

 

まとめ:社会人英語サークルは休憩に使いましょう

社会人英語サークルは休憩に使いましょう

本記事では『【社会人英語サークルの効果】休日英語サークルに参加した感想と効果的な使い方』を紹介しました。

社会人サークルでは、英語仲間を作り、モチベキープの場・そしてネイティブ英語に触れる機会として上手く活用しましょう。

 

読んで下さりありがとうございました。

では、良き英語ライフを ٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間7万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!