サラリーマンの副業解禁は嬉しい?残酷?【3極化する貧富】




✴︎現在180日以上継続中!19/2/1現在。

 

どうも、Daichi(@Daichi_lifeblog)です。

経済的自由に向けて資産を形成中で現在は不労所得100万円と少しです。

 

Daichi
サラリーマン副業を解禁したと政府が発表したみたいだけど、世の中の動きはどんな感じになっているんだろう?なんで副業する必要があるんだろう?

 

こんな疑問に答えます。

本記事は『サラリーマンの副業解禁は嬉しい?残酷?【3極化する貧富】』について紹介します。

 

サラリーマン副業解禁で変わる貧富の差【3極化】

結論を言うと、サラリーマンを含めた副業解禁は自分で動けない人には残酷だと思います。この動きが加速されると貧富の差は広がり、従来まで「一部の金持ち・その他まずまずな生活の大勢」という2極化から「一部の金持ち・上位の小金持ち・少し不満足なその他大勢」という3極化になると思います。

 

企業だけでは給与に限界

 

ご存知のことだと思いますが、日本の平均給与はマクロ的に見ると減少傾向です。

給与は減る一方、働き方革命の後押しにより残業代がカットされて、より暮らしが厳しくなるという声を友人や年配の社員がぼやいているのをよく聞きます。

 

働き方改革をすすめる一方で

「残業代をカットされたら生活が困る」

というのは、なんというか、、、、結構末期ですよね。

 

残業代のために残業をするほど、仕事の面で非効率的なことはないと思います。

今後は残業がなくなる、少なくなる社会になると思うので、平均給与の中央値はスッと落ちると思います。

 

副業解禁時代では富が3極化する

 

サラリーマン給与だけでは、年収に限界があるために、収入にゆとりをもちたい人や行動できる人はサラリーマンの副業解禁に合わせてすでに行動を始めています。

行動し始め、成果をだせる人であれば半年、1年で収入を得られるようになり、人によっては本業の収入を超えて、晴れて脱サラしている人もいます。

副業の方法は、ITの後押しにより、どこでもいつでもやれる内容が広まりつつあるために、現在は動いた者勝ちの世の中に変わりつつあります。

近い未来には次の構図になると思います。

①全体的な本業給与が低下する人

②本業+副業収入で豊かになる人

③従来の金持ちで、仕組みを利用して大金持ちになる人

今は時代の変わりどきだと思います。私は②になるべく活動中です。

 

解禁はしたけど、サラリーマン副業は怪しい。稼げるわけがない←嘘です。

サラリーマンでも副業して稼ぐことは可能です。現に、額は小さいですが私は書きたいことを書いているだけのこのブログから数千円の収益を得ています。

僕の額は小さくて、参考にならないかもしれませんが、世の中をみてみるとネット活用をすることで月収100万円以上になっている人もいます。

 

サラリーマン副業は怪しくない(騙されるのは自分も悪い)

 

サラリーマン副業は怪しいという偏見は不思議なものですね。

個人でやりとりして変な商材をつかまされて高い授業料を払ってしまうようなことをひと昔前はよく聞きましたが、現在は情報を非常に多くの目に晒されるようになってきたので、怪しい内容はツブされているように感じます。

とは言え、それでも質の良くない内容を取り扱っている人もいます(副業に限らずどんな仕事でも同じですね)。

 

自己防衛の方法は、ネットに頼り、ネットで調べて対処することで問題ないと思います。

例えば、何かの縁で不動産の仲介者に出会い、「これ、良いかもな」と思える商品があったとしても即買いは禁物です。

仲介者の実績や、購入しようとしている不動産の良し悪しをネット検索を通して評価してみてください。

 

具体的には[仲介業者の名前+口コミ]で検索をかけると、仲介者の実績や確からしさが分かります。

また、どこの企業か分からない内容に手を出すより、メジャーな企業を頼ることは初心者にとってリスクを下げる1つのポイントです。不動産に興味を持ったら、[不動産 仲介 おすすめランキング] と検索をかけ、上位会社にも話を聞き、多くの情報を比較しながら副業を進めていくことが大切だと思います。

自分から調べて取り組むことでリスクを減らすことができます。

 

サラリーマン副業解禁を受けて副業を始める方法

サラリーマン副業解禁をうけてこれから動きだそうと人のために副業を実践する私の経験をもとに紹介します。

 

副業のリスクを知る

 

サラリーマンの副業解禁でも世の中の認知・理解はそこまで高くなく、認知・理解が浅いゆえのリスクも潜んでいます。

本業で働いている以上、極力本職に後ろめたくなく進めていきたいですよね。そのため、行動をする前に、副業のリスクを知っておきましょう。

本業がある人は、当然好き勝手に副業をできる訳ではありません(副業解禁と言えど、制度自身は会社が個別で決めて良いため、副業禁止の企業もあります)

リスクの詳細をサラリーマンの副業リスクのまとめ【未然に防ぐ方法も合わせて紹介】の中で紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

サラリーマンの副業リスクのまとめ【未然に防ぐ方法も合わせて紹介】

2018.11.09

 

サラリーマン副業の始め方

 

サラリーマンの副業解禁に合わせて、副業を始めるにはいくつかの準備が必要です。準備をうまくできていると気持ちよく副業を進めることができます。

【サラリーマンの副業方法】これから副業を始める方法【稼ぐ種類も紹介】の中でサラリーマンが副業を始める時に知っておきたいことをまとめています。

会社の問題、進め方、口座の問題などまとめているのでぜひチェックしてみてください。

【サラリーマン副業始め方】これから副業を始める方法【稼ぐ種類も紹介】

2018.11.03

 

副業時間術

 

サラリーマンが副業に取り組むためには時間をつくることがとても重要です。

時間がないと成功するものも成功できないですからね。。。

サラリーマン副業の時間術【時間に縛られないおすすめ副業も紹介】の中でサラリーマンのための副業時間術を紹介しているのでぜひ参考にしてください。

【副業の時間がない】これで解決!サラリーマン副業の時間術【時間に縛られないおすすめ副業も紹介】

2018.11.12

 

また基本的なことですが早起きすると人生が好転し始めます。時間を作りたいサラリーマンにおすすめなのでよかったら読んでみてください。>> 早起きのメリット。今からでも身に付けたい99%の成功を保証する生活習慣 

 

副業解禁時代→2つ以上の財布で自由に動ける自分へ

本記事は『サラリーマンの副業解禁は嬉しい?残酷?【3極化する貧富】』について紹介しました。

 

サラリーマンの副業解禁の時代では、本業給与の低下の一方、動ける人は動けて富をつくり、動けない人は少しずつ金銭的に厳しい生活に変わっていきます。

社会の変化が激しい現在なので、副業をしつつ2つの財布により家計基盤をつくることがポイントです。本業をクビになったり、合併されて納得のいかないようなことがでたときに、会社に迎合するだけの選択か、意見して交渉できるか、は大きな差をうみます。

副業をすすめて安泰な生活基盤を今からでもコツコツつくっていきましょう。

 

本記事を読んでも、なかなか実感がわかないかもですが、副業して自分で稼ぐ力をつけておくことは将来的にあなたの人生をきりひらきやすくし、自由を多くあたえてくれると思います。

ちょっとでも始めてみようかな、と思う人は、記事を閉じつつ、レッツ行動です。

では、良い副業ライフを。

 

共感していただけたらシェアをお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながらも月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。一般よりやや貧乏めな家庭からでも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!