夢を叶えるためのスピリチュアルは、ほぼ幻想です【寝て見る”夢”から目を覚まそう】




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

海外で働きながらブログ書いています。

 

Daichi

夢を叶えたいと思っているけど、どうすれば夢って叶うんだろう?

よく『夢を叶えるためのスピリチュアルレッスン』的なのがあるけど、スピリチュアルって効くのかな?

 

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕の過去の実績は下のとおりです。

・東京の田舎そだち。平凡か少し貧乏に暮らす。成績はクラスで中の下。

★学年トップに転身

★大学院専攻賞獲得

★TOEIC850点以上獲得

★20代海外サラリーマンに抜擢

★サラリーマンしつつ、50,000PVブログ運営

 

基本的に、スピリチュアルに頼っても『あなた自身は目標に向かって一歩も進んでいない』ので、注意が必要だと思います。

本記事は『夢を叶えるためのスピリチュアルは、ほぼ幻想です』と言うことについて紹介します。本記事を読むことで、夢を実現するために必要なことを知ることができます。

 

【幻想】夢を叶えるためのスピリチュアルはアウトプットのない読書と同じ

結論からですが、夢を叶えるためのスピリチュアルは、ほぼ幻想です。

 

夢を叶えるために直結する行動以外は成果なし

 

夢を叶えるとは、何かしら現状の自分にないものを『行動』を起こすことで、得ることです。

特に、夢を叶えるためであれば、夢を叶えるためにできる行動を起こすことです。

 

具体的に、『英語を上達させるためにTOEICで800点とること』が夢であるなら、スピリチュアル的に坐禅を組んで目を瞑り、心を無にしても意味はありません。

どれだけの単語を覚え、どれだけの問題を解けるようになったのかが重要であって、それ以外の行動は『寝ている』のと大差ありません。

 

もう1つ例をあげると『アクセスの集まる人気ブログを作りたい』という夢がある場合も、スピリチュアル的に『家の気の流れをよくするために置物をおく』とか『ブログ成就のためのお守りを買いに行く』とかって、本気で成果に繋がりません。

どれだけ記事を書き、人の心に響く内容を書けたか、SEOに対応したライティングができているか、が重要であって、それ以外の行動は『遊んでいる』のと大差ありません。

 

『スピリチュアル』の行動を起こすことはアウトプットのない読書と同じ

 

よく、自分磨きのために『読書』に取り組むものの、なかなか自分を変えるような成果に結びつけることができない人がいます。

そうした人は『読書』が目的になっていて、『成果をだす自分』になるアウトプットの行動を怠っているのが原因であることが多いです。

 

夢を叶えるためのスピリチュアルも同じようなもので、

・お守りを買いにいく

・家を掃除する

・坐禅を組んで心を清らかにする

・家に不思議な壺を置く

・天の声に耳を澄ませる

 

こうした行動をしたところで、あなたは一歩もあなたの夢に近づきません。こうしたことの大半は『それらしい雰囲気』を出した商売であることに気づきましょう。

スピリチュアルをしているだけで世の中の願いが叶うのならば、水不足も食物不足も地球環境問題も存在しません。

夢のための『行動』をすることが大切です。

 

夢を叶えるためのスピリチュアルに流れてしまう人の特徴

一方で、夢を叶える話になると、どうしてもスピリチュアルに流れてしまう人がいます。そんな人の特徴を紹介します。

 

✔️スピリチュアルに流れる人の特徴

・ 夢はあるけど行動することが面倒くさい

・ 夢はあるけど行動する自信がない

・スピリチュアル以外に行動できることがわからない

・ スピリチュアルが成果に繋がると信じている

 

夢はあるけど行動することが面倒くさい

 

スピリチュアルに流される人の特徴の1つは、夢をあるけど行動するのは面倒な、『面倒くさがり屋』な人です。

責任の大きな重い仕事があると、いつもは面倒な小さな仕事が割と片付く、と言う経験はないでしょうか?

『よりストレスを感じるものがあるときに、いつもは面倒でも相対的にラクなモノに流れる』と言うことは良くあることで、『重要な大きなモノ』に取り掛かるにはある程度の覚悟と自分への向き合いが必要になります。

夢を叶える無数の方法論の中に、『スピリチュアル』が対策の中にあると、スピリチュアルの取り組みのラクさはダントツだと思うので、ついつい流れてしまいます。

スピリチュアルに頼っている段階では、頭は能動的でなく、受動的であり、感がることも必要なく、ただ『信じる』だけで良いので、とてもラクなのです。

夢という大きなモノに立ち向かうことに直視できないとスピリチュアルに流れやすくなります。

 

夢はあるけど行動する自信がない

 

夢はあるけど行動する自信がない人もスピリチュアルに流れやすくなります。

なぜなら、夢に向かって行動して失敗する自分よりも、『願っていればいつか夢は叶うんだ』と思っている方が精神的にラクで心地がう良いからです。

現実に目を向けられず、自分に自信がないとスピリチュアルに流れやすくなります。

 

スピリチュアル以外に行動できることがわからない

 

スピリチュアルに流れやすく、スピリチュアルしかできない人は『夢のために行動すべきことがわからない』人です。

『何をしたら良いかわからない』というのは、夢を叶える上で、実は結構あることでして、逆にこれを乗り越えることができると、夢に向かって動き始めることができます。

しかし、目標実現のための行動が見えていない人は、方法を考えることが辿りつけません。

そのため、誰でも理解でき、幸運になれる『スピリチュアル』なら、都合よく自分で『取り組んだ気』になることができるのです。

 

スピリチュアルが成果に繋がると信じている

 

これは、ある意味ポジティブなモノかもしれませんが、スピリチュアルに流れる人は『スピリチュアルが成果に繋がる』と信じています。

そのため、スピリチュアルを傾倒し、スピリチュアルありきで日々を過ごします。

上でも紹介しましたが、スピリチュアルだけをしていてもあなたの夢は訪れません。基本的にはあなたがした『夢に向けた具体的な行動』だけがあなたに夢を運んできてくれます。

日々の行動のためのモチベーションアップのためにスピリチュアルを活用しているならOKですが、スピリチュアルだけの場合は注意が必要です。

 

夢を叶えるために、スピリチュアルに頼らない方法

では、実際に夢を叶えるために何ができるかというと『最大10冊の関連本を読み、具体的に行動すること』です。

 

具体的に行動しよう

 

あなたの夢の実現に向けて、あなたを一歩夢に近づけてくれるのは、他でもない『あなたの夢に向けた一歩』しかありません。

『東京から北海道に行きたい』という目標があるなら、北海道に向けた『一歩』が重要なのであって、音楽を聞いたり、気を静めたり、壺を洗ったりは、成果に繋がりにくいです。

夢があるなら、『夢に向けた行動』をとりましょう。

 

最大10冊の本を読もう

 

とはいえ『夢に向けた行動』がわからない、ということがほとんどだと思います。僕もそうでした。

そうした時に必要なことは『前例を学ぶ・真似ぶ』ことです。

そのため、スピリチュアルに流れたくないのであれば、前例を学ぶ努力をしましょう。そのための情報源としては体系立てられてボリュームの多めな『読書』は好適です。

 

一方、1冊読んだだけで行動に移せる人もいれば何十冊読んでも行動できない人もいますが、関連本を数十冊読んでもスタートできないと、そもそも読み方に問題がありますし、永久に夢に繋がりにくくなるので、『最大10冊の読書』を1つの目安として10冊の読書をするうちに行動に移すようにしていきましょう。

 

夢を叶えるためのスピリチュアルは、ほぼ幻想です

本記事は『夢を叶えるためのスピリチュアルは、ほぼ幻想です』について紹介しました。

夢を叶えるための『具体的な手順』を【永久保存版】夢を叶える方法大全集【本気で夢を叶える人のための教科書】にまとめているのでよかったらチェックしてみてください。

【永久保存版】夢を叶える方法大全集【本気で夢を叶える人のための教科書】

2018.04.06

 

読んで下さりありがとうございました。

では、夢ある良き人生を ٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!