人生の落ちこぼれから逆転する方法。人生で勝ち抜く鉄則←簡単にいうと『努力』




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

落ちこぼれから下のような実績をつくっています。

 

・東京の田舎そだち。平凡か少し貧乏に暮らす。成績はクラスで中の下。

★学年トップに転身

★大学院専攻賞獲得

★TOEIC850点以上獲得

★20代海外サラリーマンに抜擢

★50,000PVブログ運営

あることをキッカケで、平凡な僕でも『やればできる自分』になることができました。

本記事では『人生の落ちこぼれから逆転する方法。人生で勝ち抜く鉄則』を紹介します。本記事を読むことで、落ちこぼれからレベルアップして周りに勝てる自分になる方法を知ることができます。

 

人生で落ちこぼれで辛かった時期

人生の中で落ちこぼれて辛かった時期は小学生の頃です。

 

・何をやっても中途半端。上手くいかない。

・成績は中の上くらい

・時に先生に怒られてイラっとしてた

 

こんな感じの時間を過ごしていると『どうせやったって無駄。あまり意味がないし、メリットも少ない』みたいな体質が身について、パッとしない時間を送り続けていました。

 

人生の落ちこぼれから解放されたあと

人生の落ちこぼれから解放されたキッカケは『毎日の行動』を始めたあとからです。

クラスの関係で毎日課題をこなすようになり、これだけで全てが好転しました。

・全科目でクラストップレベル

・なぜか他のことも上手く行き始める

 

世の中七不思議の1つかもしれませんが、何かができる人は、割と他の分野でも上手く行き始めます。

僕の場合は『小学校の勉強』ができるようになったら、運動も割とできるようになりました。

 

落ちこぼれでも『毎日の行動』をするだけで人生を好転することができたのです。

▼関連記事をチェック!

学年トップ実談!平凡な少年でも学年トップの成績なった目標達成の方法

学年トップ実談!平凡な少年でも学年トップの成績なった目標達成の方法

2018.03.03

 

人生の落ちこぼれが逆転する方法。人生で勝ち抜く鉄則

落ちこぼれの状態から好転した方法は『毎日の行動』でしたが、その後の経験も踏まえて、落ちこぼれを脱する鉄則を紹介します。

 

✔️落ちこぼれが逆転する方法

①1つで成功体験をつくる

②できる人の『2倍』の時間を作りだす

③毎日必須の取り組みするために外出する

 

①1つで成功体験をつくる

 

人生の落ちこぼれを脱するためにはまず1つのことで『成功体験』を作りましょう。

上でも紹介したように、1つのことでも抜きんでて上手く行き始めると、『成功のコツ』的なものを心得ることができ、さらに自信もつくので、割と成功しやすくなります。

たくさんやりたいことがあっても、まずは『これで1番になる』というように成功体験を得るための標的を1つに絞りましょう。

こうして選択と集中を行うことで、分散していた時間を集中することができ、あなたの成功確率も高めることができます。

 

②できる人の『2倍』の時間を作りだす

 

取り組むべき標準を定めたら、あなたの周りにいる競争相手を観察して、最低でもその人の『2倍』ほどの取り組みをしましょう。

 

冷静に考えます

・現在、上手くいっているA君は毎日『1時間勉強している』

・現在、落ちこぼれているB君は逆転のために毎日『30分勉強している』

どちらが良い成果を出せそうでしょうか?

 

一般的にいって、上手くいっている人の方が、その分野での勉強の仕方・吸収のスピードは早くなるので、落ちこぼれている人たちよりも効率的に行動できます。

そのため、落ちこぼれの人が下克上を考えるのであれば、成功している人の最低2倍程度は取り組まないと、追いつき追い越すことはできません。

落ちこぼれから逆転するためには『できる人』の2倍の時間を作りましょう。

 

③毎日必須の取り組みするために外出する

 

家にいるとどうしても集中できなくて、上手くいかない。。。という人は『外出先で取り組めるセカンドハウス的な場所』を作ることをおすすめします。

『観客効果』という『周りの目に晒されていると生産性が上がる』といった効果があります。

家の中ではグウタラしてしまう人でも外に出るとシャキッとするのは観客効果の影響もあります。

家での取り組みに自信のない人は『毎日日課としてカフェにいく』ようなことを自分の中で鉄則として心に誓い、毎日取り組む覚悟を持ちましょう。

 

まとめ:人生の落ちこぼれは伸びしろの証拠。飛翔しよう!

本記事では『人生の落ちこぼれから逆転する方法。人生で勝ち抜く鉄則』を紹介しました。

 

落ちこぼれの人に足りていないのは『圧倒的な行動』です。

落ちこぼれていた自分に気づいて欲しかったことは『落ちこぼれて悩んでいる時間があったら頭と手を動かすということ』です。

なんでも、きっとやればできるようになります。

まずは1つの成功体験からそれが落ちこぼれ脱出の鍵になります。

最初が1番大変ですが1つ成功すると全体の成功の難易度はかるくなります。

ぜひ最初の1つを掴みってください。

 

読んで下さりありがとうございました。

では、実り多きライフを ٩(`・ω・´)و