学年トップ実談!平凡な少年でも学年トップの成績なった目標達成の方法




どうも、ボストンよりDaichiです。

この記事は、いたって平凡・普通だった私が高校時代に平凡な成績から学年トップにのし上がるために実践した方法を紹介します。

 

せっかく挑戦するなら、少なくとも目標を達成したいですよね?

実はこれ、基本を知っていれば可能です。

 

目標達成をする細かな方法は人によりたくさんあります。

でも、根本的な習慣は、実はほとんど同じようなことなんです。

 

読書を通す中で、「この考え方って高校時代に友達から教えられた考え方だな」と思った習慣がありました。

この方法を実践することで、平凡普通極まりなかった私は、学年のトップに踊り出て現役トップの大学に進学できました。

 

この方法は、こんな方にオススメの記事です!

・継続が苦手な方
・能力に自信がない方
・普通の人でも可能な目標達成方法を知りたい方

 

ぜひ、この習慣をあなたの目標達成につなげてもらえたら嬉しいです。

 

平凡少年が学年TOPになった実話

バカ真面目な高校時代

少し、プライベートな話をさせて下さい。

 

高校は地元の進学校に通っていました。

でも、田舎の公立中学校から進学高校に入学したため、入学当初は大きなGAPを感じました。

 

中学まではソコソコ勉強がデキるほうでした。

でも、高校に入ると各中学校の猛者達がドドっと集まり、高校1年生の半年はクラス順位ですら中盤程度。

学年順位なんて3桁でした。

 

今に思うと集団における2:6:2の法則は面白いものです。

各中学校でトップをだった人達でも、周り全体の環境やレベルが変わるとその中で真価を発揮する人、やらなくなる人に自然と分かれます。

どんな人も2:6:2に自然と分類されることを顕著に感じることができました。

 

そんな2:6:2に分かれゆく高校1年生の数ヶ月、私は6(=超普通)のあたりでくすぶる日々を過ごしていました。

 

ターニングポイントは友人の質問@ラーメン屋

これまた、プライベートな話。

これが人生の転機になる貴重なラーメン屋トークです。

 

私の高校時代に大きな変化を与えたのは友人との話でした。

その話のインパクトが大きかったため、今でもよく思い出します。

 

試験勉強期間で、午前中で授業が終わったので私は友人とラーメン屋に行っていました。

いや、まっすぐ帰って勉強しろよ。そんな優しいツッコミはご勘弁。)

 

友人のコメントは次のようなものでした。

『高校時代の3大取り組み事項って分かる?

 

それは、勉強・部活・恋愛。

 

でも、いずれかでやりきりたい、成功したいって思ったら気をつけないといけない。

成功したいんだったらこのうちの2つに注力すべきなんだ。3つを両立することは難しい。

 

Daichiは何を捨てる?

 

高校は3年間しかない。だから僕たちは選ばないといけないんだ。』

今思うと、「何を根拠に言ってるんだ笑」と思う点があります。

でも一方で、非常に核心的なことを話してくれていたんだと今は思います。

 

高校生活を選択と集中することで学年TOPにのし上がる

昔話最終章。

 

話を聞いた後、単純だった私は、その話を真に受けて高校生活で注力することを決めました。

 

削ったものは恋愛です。

バカ真面目で気も小さく、そもそも彼女に告白する勇気もない当時の私を思うと賢明な判断。

 

当時は、周りにホワホワと浮いている恋という何かに憧れていたお年頃でもありましたが、その時間をバッサリ削りました。

ポジティブに言うと、勉強・部活に全力投球して過ごし始めました

 

それからは、特別な勉強方法を始めた訳ではありません。

突然、物覚えよくなった訳でもありません。

 

ただ、本当に着々と実力をつけていったのです。

3つに分散していた時間を2つに絞っただけです。

 

それでも、その効果は絶大でした。

 

みるみるウチにクラス順位はあがっていき、気づけばクラストップ。

あれよあれよと学年TOP5。

 

最終的には、大学受験で学年トップの国立大学へ合格しました

 

成功の秘訣は選択と集中

この話のミソは選択と集中です。

成功するためのコツは、やりたいことを決めるのではなく、やらないことを決めること

 

これは至極、あたり前のことです。

誰でも時間は24時間しか与えられていません。

 

その24時間を何に使うかであなたの人生は描かれていきます。

成功したいことがあるのなら、そのための時間をつくる努力が必要になります。

 

著書「やらない決意」で同様な内容が述べられています。

上の実体験よりも本著書の中では「意志エネルギー」という表現を用いて、上の話を、より分かりやすく体系だてて説明してくれています。

 

当時の友人は、この本が出版される10年以上も前に、この重要性に気づいていたのかもしれません。

そして私は友人のおかげで「意志エネルギー」について知らない時でも、やらない決意を実践することで、普通の私が学年TOPを実現することをできました。

 

目標を達成したい!何かを成したい!と思う方に必読の一冊。

 

ちなみに、高校生活の2つ選択の教えを説いてくれた友人は現在お医者さんになって活躍しています。

学年TOPとお医者さんをつくった重要な習慣です。

 

関連記事:時間がない。。。夢を叶える人の時間術!

関連著書:やらない決意

 

高校受験の具体的な方法

学年トップになるために1番重要だったことは、上でお話した時間を集中させたことです。

では、具体的に何をしたのか。

 

この内容は、今後に別の記事でまとめていきます。

 

結論としては成果は次の通り。

・センター8割以上

・化学でセンター100点満点

・現役で国立大学合格

 

勉強した内容は、スゴくありきたりです。

 

▼使用した教材で最も役に立ったもの

国語→過去問

数学→黄色チャート

理科→図表

社会→一問一答

英語→ターゲット

 

▼成功につながった理由

時間の選択と集中をした

・1つの教材を最低5周して、問題文を覚えるレベルまで繰り返した

 

最後に

実際に「やらない決意」をしたい!と思っても何から始めて良いか分からない方もいるかもしれません。

私は友人から「勉強・部活・恋愛」と与えられたから簡単に決めることが出来ましたが、社会生活はもっと複雑です。

夢の方舟では「未来デザイン読書会」さんと共同開催で「やらない決意」の著書を参考に、目標を達成するために「やらないこと」を決めるためのワークを実施しています。

一般の会社員の方、OLの方、学生さんなどもご参加頂いている人気の読書会です。

もしご興味がございましたら一緒にワークをしましょう^ ^

 

読んで下さりありがとうございました。

私の拙い経験談でしたが少しでも皆さんの目標達成・夢を叶える一助を担えたら幸いです。

 

▼合わせて読みたい

関連記事:時間がない。。。夢を叶える人の時間術!

関連著書:やらない決意

関連記事






スポンサードリンク







!!お知らせ!!

お知らせ!

このブログ筆者のDaichiは、朝活・夜活勉強会を開催しています。

平凡な家庭から国立トップ校進学・大学院で「特に優れた業績」に選出され学費全額免除獲得。現在は海外にわたりビジネスに取り組んでいます。

この経験と年間200冊以上の読書から、『将来予測とキャリアデザイン』『今から始めたい資産形成』をテーマにした勉強会実施。

土日の朝の数時間があなたの人生をデザインする良い機会になるはず!

▼勉強会イベントは画像クリック▼

メルマガ購読(無料)

共感していただけたらシェアをお願いします


しっかり学びたいあなたに!
未来デザイン読書会

「読書の力で自分の未来をデザインする」をコンセプトに、課題図書から学び、日々の活動に関連付けるアウトプットをします。


賢く未来への資産形成!
キャッシュフローゲーム会

「若くして豊かに引退する」をコンセプトに資産の概念を一変する”金持ち父さん”の資産の作り方をボードゲームから学びます。

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ在住でブログ・勉強会運営。 「DreamArk」運営者。 ”自分らしい人生をデザイン”するためのイベント開催。 夢を語り合い育むための場として当ブログを設立。 国立卒、TOEIC850点以上、米国在住。 趣味は読書とコーヒーと温泉。温泉が近くになくてツラい。