仕事はつまらなくて当たり前という人とはすぐに距離を置くべき理由【常識は感染する】

どうも、Daichiです。

日々、個人で稼ぎ、自由に生きるためにチャレンジ中です。

ブログ運営では6000PVを達成し、少しずつですが個人の収入を得始めています。

 

「仕事はつまらなくて当たり前だ。つべこべ言わずやれ。」

「あのな、仕事なんてつまらないもんだ。でも皆、生活のために頑張ってるんだ」

 

あなたが夢のように楽しい日々を送りたいなら、こんなことを言う人とは今日から距離をおきましょう。

仕事がつまらないという常識を持った人と一緒にいると、あなたもその考えに染められてしまいます。

 

仕事を心から楽しむように生きるには、仕事を心から楽しんでいる人の中に入ることが大切。

それは、現在の職場でも良いですし、職場に居場所を見出せないならTwitterなどSNSの中でも問題ありません。

 

本記事は「仕事がつまらないのはあたり前という人とは距離を取るべき理由」について紹介します。

 

仕事がつまらないのはあたり前という人とは今日から距離をとりましょう

あなたが少しでも楽しい人生を送りたいと思っていたら、「仕事がつまらないのは当たり前」という人とは今日から距離をおきましょう。

 

仕事がつまらない理由は人それぞれ

 

仕事がつまらないという人で、「仕事とはこういうもんだから、耐えて生きていくんだ」という人は、多くいます。

仕事がつまらないのは人によって千差万別。

 

✔️ お給料が少ないから張り合いを感じない

✔️ 活躍する場がないからつまらない

✔️ 無意味な作業しかない

✔️ 無駄な時間が多くて辟易している

✔️ 職場の人に面白い人がいない

✔️ 仕事内容がつまらない

 

仕事がつまらない理由は人それぞれ多くの理由があります。

 

仕事につまらない瞬間を感じるのは普通のこと

 

仕事につまらない瞬間を感じるのは普通のことです。

どんなにやりたいことをやっていても、そのために1部、「面倒だな」と思うことでもやる必要があることがあるからです。

ラーメン作りがトコトン大好きで、ラーメン屋さんを営んでいる人でも、駆け出しの頃は人を雇う余裕がなく、レジ打ちや清掃などを自分でやる必要があるかもしれません。

それでも支えになるのは「自分がやりたいことの1部」であることを実感しているから。

自分のやりたいことが1部でもあれば、それがモチベーションとなって、つまらない作業でも乗り越えることができます。

 

仕事につまらない瞬間を感じるのは普通のことです。

 

仕事がつまらないのは当たり前、という人は全ての仕事がつまらない人

 

一方、仕事の1部分ではなく、全てに対して「つまらない」という人もいます。

それが「仕事はつまらないのは当たり前だ。でも生活のため皆がんばっているんだからツベコベ言わず、君も頑張れ」というです。

あなたが楽しい人生を送りたかったら、こんな人には注意が必要です。

 

仕事が常につまらない彼らは仕事に「やりたいこと」を持っていなく、生活のお金を得るためだけに労働をしています。

仕事は、お金の得るための手段であり、そのためには労働をして自分の時間を売ることでお金を得ています。

 

やりたいことがなく、それでも生活をするために生きる人は「仕事がつまらないのは当たり前」という言葉を使います。

 

つまらないのは当たり前、の人にはそれが真実でそれが常識だから、気をつけないといけない

 

あなたが、「全てをつまらない」に満たされた人生を送りたくないのであれば、「仕事はつまらなく当たり前」という人と今日から距離をおきましょう。

「仕事はつまらなく当たり前」人間と一緒に過ごしていると、あなたにその考えが侵食してきます。

 

もちろん、彼らは悪気があって「仕事がつまらないのは当たり前」と言っている訳ではありません。

核心的な点は「仕事はつまらなく当たり前」という人は「本気で、一から十まで仕事はつまらないもの」が常識であり、社会の掟でもあることです。

 

 

View this post on Instagram

 

_ 不自由を選んだ人は、今この瞬間を自由に生きている者をみて「享楽的だ」と批判する。 これは、自らの不自由なる生を納得させるための人生の嘘。 _ ほんとうの自由を選んだ者だけが、自由であろうとすることを応援するでしょう。 _ _ 他社の期待を満たすように生きることは、楽なものでしょう。 自分の人生を他人任せにしているのですから。 _ 自分の道を自分で決めようとすれば、迷いは出てきます。 いかに生きるべきか。 _ 他者からの承認を選ぶのか、それとも承認なき自由の道を選ぶのか。 _ ・課題の分離 ・嫌われる勇気 _ 自己中心の概念に新たな視点を与えてくれました。 再読必要あり。 _ 『嫌われる勇気』 岸見一郎、古賀史健 読了 #夢#日常#読書#読書録#読書部#本#読書記録#読書会#読書垢#読書日記#読書好き#多読#読書倶楽部#文化#感謝#幸せ#嫌われる勇気#岸見一郎#古賀史健#夢の方舟

Daichiさん(@daichi_yumehakobune_com)がシェアした投稿 –

不自由を選んだ人は、今この瞬間を自由に生きている者をみて「享楽的だ」と批判する。

これは、自らの不自由なる生を納得させるための人生の嘘。

ほんとうの自由を選んだ者だけが、自由であろうとすることを応援するでしょう。

他社の期待を満たすように生きることは、楽なものでしょう。

自分の人生を他人任せにしているのですから。

自分の道を自分で決めようとすれば、迷いは出てきます。

いかに生きるべきか。

他者からの承認を選ぶのか、それとも承認なき自由の道を選ぶのか。

・課題の分離 ・嫌われる勇気

自己中心の概念に新たな視点を与えてくれました。

再読必要あり。

仕事がつまらない人は、本当に仕事がつまらないのであり、「仕事は楽しめるもの」という意見を聞くと否定します。

なぜなら、仕事が楽しいもの、と認めてしまうと今その生活しかできない自分は、自分のせいで仕事を楽しめていないのだと認めなければいけないからです。

自分が実現できないことを受け入れるのは、簡単なことではありません。

 

仕事がつまらないのは当たり前な人とっては、仕事がつまらないことが真実であり、疑えません。

その人たちの中で過ごしているとあなたの常識はいずれ、「仕事はつまらないもの」に変わります。

 

あなたが「全てをつまらない」に満たされた人生を送りたくないなら、「仕事はつまらなく当たり前」な人と今すぐにでも距離をおきましょう。

 

仕事を楽しむ方法

 

それでは仕事を楽しむためには何が必要でしょうか?2つの視点から紹介します。

 

仕事を楽しむために自分の目標を変える

 

仕事を楽しむための方法の1つは「自分の目標」を変えることです。

仕事がつまらない人は、モチベーションとなる楽しむポイント、自分が達成したいポイントを見出せなていないために「全てをつまらなく」感じてしまいます。

 

今、目の前をつまらない時間が流れているあなたが、もし現在の仕事を楽しく過ごせるようになりたいのであれば、仕事の中に楽しみを見つけましょう。

 

✔️ タスク完了時間の短縮を楽しみに日々を過ごす

✔️ 仕事の達成率を110%以上にすることを目標にする

✔️ 仕事の中に自分なりの楽しむポイントを見出す

 

自分の目標・考えを変えることによって、同じ作業でも見え方は大きく異なってきます。

仕事を楽しむためには「自分の目標」を変えることが1つの方法です。

 

仕事を楽しむために環境を変える

 

あなたがやりたいことがあって、それができなくて仕事につまらなさを感じている場合は環境を変えましょう。

環境を変え、自分の周りを「仕事は楽しいもの」と思っている人で固めることができると、人生は楽しみに満たされていきます。

 

仕事を楽しんでいる人は、「仕事は楽しいこと」が当たり前で常識です。

こんな人に囲まれていたら、あなたの仕事は「楽しいことが当たり前」で常識に変わっていきます。

 

何より重要なのは、仕事を楽しんでいる人の近くで共に時間を過ごしてみると「仕事を楽しむ」ためのポイントや方法など具体的なことを肌で感じることができます。

方法を知り、ポイント抑えて、そんな人たちと同じように過ごすことができると、自然とあなたは仕事を楽しめるあなたに変わっていけます。

 

✔️ 仕事と生きがいが一致していていつもイキイキしている人と共に過ごす

✔️ 仕事の楽しみを求めて転職した人にコンタクトをとる

✔️ 仕事に限界を感じ、個人で独立起業して楽しんでいる人と1週間共に過ごす

 

環境を変える効果は絶大です。

仕事を楽しみたい人は、周りで仕事を楽しめている人を探してみることをオススメします。

 

つまらない仕事vs楽しい仕事【経験談】

 

私は「つまらない仕事あたり前派」と思っている人の中から「楽しい仕事あたり前派」の人に抜け出しました。

 

「生活もあるし、お給料もらえるし、仕方がない、仕事がつまらないのは目を瞑ろう」

 

「生活のために日々の時間に目をつむる。」

飲み会の2次会や愚痴大会での決まっての議題はこのようなモノでした。

 

読書の中の価値観が防波堤

 

皆が皆、そんなことを話していると、「仕事とはそういうモノなんだ」と心折れて、その生活に屈するように生活を選ぶ人をみてきました。

幸いなことに、わたしは読書を通して、「仕事はつまらないモノ」という考えとは全く別の世界で生きる人たちの存在を克明にイメージできていました。

そのため、負の愚痴大会の中でも、その言葉に疑問をもち、仕事を楽しむ可能性を見失わずに過ごせて来れました。

 

決め手は、リアルな出会い

 

将来的な自立のために、勉強会を渡り歩く中で最終的に「リアルな世界で、間近で、仕事を楽しみながら生きている」人に出会うことができました。

これはとても幸運なことでして、そのリアルな出会いに感化されて、今の個人の活動があるようなモノです。

 

読書の力が防波堤となり、リアルな出会いでわたしの思いは確信に変わり、自分の一歩を踏み始めることができました。

 

現在はまだまだ駆け出しですが「仕事はつまらないのが当たり前」な世界から着々と「仕事は楽しい」世界に移りつつあります。

 

読書・SNS・勉強会、外の世界をみてみよう

 

「仕事はつまらないのがあたり前」。

この言葉に疑問を感じるあなたは、ぜひ外の世界に目を向けてみてください。

「仕事は楽しいモノ」と感じて過ごしている人に触れることができれば、あなたの時間のあり方は大きく変わります。

 

仕事の時間も含めて、楽しい人生を過ごしたい。」

こんなあなたへ。

自分の世界を少し押し広げてみて、価値観を膨らませてください。きっと新しい常識が待っています。

 

さいごに

本記事は「仕事がつまらないのあたり前という人とは距離を取るべき理由」について紹介しました。

「楽しい仕事をおくれる自分」になりたいあなたの参考になれていたら嬉しいです。

 

読んで下さりありがとうございました。

ぜひまたお越しください。

 

▼合わせて読みたい

 

 

スポンサードリンク







!!お知らせ!!

お知らせ!

このブログ筆者のDaichiは、朝活・夜活勉強会を開催しています。

平凡な家庭から国立トップ校進学・大学院で「特に優れた業績」に選出され学費全額免除獲得。現在は海外にわたりビジネスに取り組んでいます。

この経験と年間200冊以上の読書から、『将来予測とキャリアデザイン』『今から始めたい資産形成』をテーマにした勉強会実施。

土日の朝の数時間があなたの人生をデザインする良い機会になるはず!

▼勉強会イベントは画像クリック▼

メルマガ購読(無料)

共感していただけたらシェアをお願いします


しっかり学びたいあなたに!
未来デザイン読書会

「読書の力で自分の未来をデザインする」をコンセプトに、課題図書から学び、日々の活動に関連付けるアウトプットをします。


賢く未来への資産形成!
キャッシュフローゲーム会

「若くして豊かに引退する」をコンセプトに資産の概念を一変する”金持ち父さん”の資産の作り方をボードゲームから学びます。

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ在住でブログ・勉強会運営。 「DreamArk」運営者。 ”自分らしい人生をデザイン”するためのイベント開催。 夢を語り合い育むための場として当ブログを設立。 国立卒、TOEIC850点以上、米国在住。 趣味は読書とコーヒーと温泉。温泉が近くになくてツラい。