【実話】英語の勉強をしてもTOEICの点数は上がらない【数ヶ月伸びない方へ】




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

TOEIC850点以上です。

 

Daichi

英語の勉強をしてはいるんだけど、全然TOEICの点数が上がらないなあ。。。

英語の勉強をしたら基本的に英語力が上がるだろうからTOEICも上がるはずなのになあ。

海外映画・海外ドラマ・海外ニュース・ポッドキャスト。こんなにやっているのに何で点数が上がらないんだろう。

 

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は海外で働くサラリーマンです。数年前に社会人になってからTOEIC勉強を始め、数ヶ月間、英語が上がらない辛い時期を過ごしましたが、あることに気づいたおかげで点数を劇的にあげることができました。

世の中の英語勉強の話を聞いていると「英語を聞いて入れば英語力がアップするからTOEICの勉強には普段のことを英語でやると良いよ!」みたいな話がありますが。僕は基本的に否定しています。

理由は簡単で、限りある時間を無駄にして欲しくないからです。

自分の経験を交えてつつ、本記事は『英語の勉強をしてもTOEICの点数は上がらない』を紹介します。

英語の勉強をしてもTOEICの点数は上がらない

英語の勉強をしてもTOEICの点数は上がらない

実はですが、英語の勉強をしてもTOEICの点数は上がりません。

 

TOEICはビジネス英語です

 

もしあなたが過去の英語の教科書を引っ張り出したり、ネットで調べつつ、英語でニュースやドラマを聞いているのであれば、TOEICの点数は限りなく伸びにくくなると思います。

なぜかと言うと簡単でして、TOEICはビジネス英語だからです。

TOECIはビジネス英語を理解するための語彙、質問、文法などを知ることがポイントになります。

一方で英語のニュースに含まれるもの、映画やドラマに含まれる英語は非常に多様なものであり、「英語」としての範囲が広すぎるのです。

 

喩え話『テニスと卓球』

 

例えばで言うと、スポーツのテニスと卓球を考えてみます。

2つとも「ボールを使う」「ラケットを使う」と言う点で一緒ですが、よくよく見てみると、ボールの形やラケットの硬さ、動く行動量の違いなどがあります。

そのため、「卓球を上達させたい」人が「テニスを上達させたいけど、テニスするのはダルいから、卓球しよう!」と考えて、卓球を練習していてもテニスの上達の早さは遅くなりますよね。

英語の話に戻すと、似たような感じでして、「TOEICを伸ばそう!」と言いつつ、「英語映画・英語ドラマ」など別のことをやるのは「似たようだけど、かなり別物」と言うのが現状です。

これに気づくことができないと、いつまで経っても「寄与率の小さい勉強」を長々とやることになり、遠回りになります。

 

では、テニスを上達させるためにはどうすれば良いですか?

 

では、テニスを上達させたければ、テニスの練習をすべきです。

テニスのラケットを使い、テニス用のボールを使い、コートで練習するのがもっとも直接的であり、効果が高いです。

スポーツで考えると、めちゃくちゃ簡単で当たり前のように感じる「レベルアップ」の方法ですが、英語はわりと「英語」と括られやすいために、当たり前なのに見落とされやすい痛いポイントです。

 

では、英語のドラマ・映画は見ていけないのか?、、、

 

と言うと、そうでもないです。

要は「英語のドラマ・映画」を見ている時間は「テニスのためのフォームアップにランニングと柔軟をしている」ような感じでして、「全く関係なくはないけど、直接的ではないよね。」ということです。

でもテニスなら、ランニングと柔軟だけしていては上手くなりません。

何が必要かと言うと、「テニス」の練習が必要です。

ランニングと柔軟だけ満足してしまっていては、一向にテニスが上手くならないので、テニスの練習に目を向けることが大切です。

と言うことで、

TOEICの点数を上げたいならTOEICの問題をときましょう。

TOEICの点数を上げたいならTOEICにコミットし、TOEIC教材を解くべき【点数が上がらない方へ】

TOEICの点数を上げたいならTOEICにコミットし、TOEIC教材を解くべき

◎テニスを伸ばしたい→テニスの練習する

△テニスを伸ばしたい→卓球を練習する

◎TOEIC点数を伸ばしたい→TOEICの勉強をする

△TOEIC点数を伸ばしたい→英語の「何か」を聞く

以上がすべてです。

 

結論:TOEICにコミットしましょう

 

上の通りですが、基本的にTOEICを伸ばしたいのであればTOEICにコミットしましょう。

あなたが探すべきは、

・英語のドラマでもなく

・英語の映画でもなく

・英語のニュースでもなく

TOEICの公式問題集です。

TOEICの公式問題集に向き合い、問題を解き、繰り返して解けるようになれば自ずと点数は伸び始めます。

具体的な参考書を含めておすすめの勉強方法を【公開】TOEICのおすすめの勉強方法のすべて【方法・参考書・勉強時間・真実の全てを紹介します】で紹介しているので良かったら参考にしてください。

【公開】TOEICのおすすめの勉強方法のすべて【方法・参考書・勉強時間・真実の全てを紹介します】

2019.04.06

 

友人をつかまえよう

 

とはいえ、TOEICにコミットしてTOEICの勉強だけしていると「疲れ」ます。

当たり前ですが。笑

 

そのため、モチベーションを保つためにも英語の勉強を仲間を手に入れましょう。

学校の友人でも・部活の友人でも・SNS上の友人でもOKです。

友人を作り、勉強環境を整えることは勉強持続の上でとても大切なポイントです。

2019年現在なら、DaichiはTOEFLの勉強を毎日していて、1日1回ツイートしていると思うので、良かったらツイッターをフォローしつつ、「あいつは毎日バカみたいにTOEFLの勉強をしているのか、しゃあない、私も頑張るか」と思ってもらえたら嬉しいです。

もちろん英語動画で「休んでもOK」

 

あと、もちろんですが、英語動画などを見て「休む」のはOKです。

誤解のないように強調しますが、英語映画・映画ドラマは英語に慣れるために重要な材料であり、ただTOEICのスコアアップには繋がりにくいだけです。

「TOEICの勉強のために!」と言う点では、目的と方法が一致していないので、あくまでも「勉強の休憩用」と捉えつつ、英語の動画を楽しみましょう。

» 【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキング【超絶楽しい!!英語の休憩用】

【英語勉強】ディズニー映画DVDおすすめランキング【超絶楽しい!!英語の休憩用】

2019.01.22

 

まとめ:TOEICの点数は概ね、TOEICの問題を解けるようになった数に比例します

TOEICの点数は概ね、TOEICの問題を解けるようになった数に比例します

本記事は『英語の勉強をしてもTOEICの点数は上がりません』を紹介しました。

 

TOEICの点数を上げるためにはTOEICの問題を解けるようになった数に比例すると思います。

 

△:英語の映画を聞いた時間は遠回りすぎます

△:TOEICの問題を「解いた」回数は関係ありません

◎:TOEICの問題を「解けるようになった」数にフォーカスしましょう

 

このポイントをおさえつつ、取り組んでいけば、おおむねTOEICの点数を上げることができますのでぜひお試しを。

 

読んで下さりありがとうございました。

では、良きTOEICライフを٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながらも月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。一般よりやや貧乏めな家庭からでも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!