夢を追いかけられる年齢は?と考えるのは無意味【夢は続けられた者勝ち】




 

夢に年齢は関係ない

 

どうも、Daichiです。

ブログ運営や、資産形成をしつつ、夢の生活に向けて日々活動中です。

 

「夢を追いかけるのは何歳くらいまで大丈夫ですか?」

 

この質問は、あまり意味がありません。

本当に夢を叶えたいのであれば、何歳からでも可能であって、その夢が叶うまで続けられるかどうかの方がクリティカルだからです。

 

本記事は「夢を追いかけるのに年齢は関係ない」ことについて紹介します。

 

夢を追いかけられない人の理由

夢を追いかけられない人は、共通するようにある口癖を言います。

 

✔️夢を追いかけられない人の常套句

・自由な時間がない

・30歳を超えたら夢ばかり見られない

・妻、子供に苦労させたくない

 

「社会人になるんだから自由な時間はなくなる」

 

社会にでると共に、夢を追いかけることを諦める人は、仕事=生活資金を言い訳にします。

お金がないからには生活していけないので、夢だけを追いかけるのは難しいといった理由です。

 

しかし、現在は個人でも稼げるような方法、舞台はPC一台あればどこにでも広がっています。

また、政府の副業に関する認識の変更もあり、公務員ですら副業を始める試みがされています。

 

社会人になったとしても生活資金を得る方法は、自分次第で見つかります。

社会人になったら夢を追えない、というのは嘘です。

 

「30歳を超えるんだからもう夢を追えない」

 

「20代なら失敗しても良いじゃないか、30代になるとね…」

「周りも落ち着き始めるし、フラフラと夢ばかり追えられないよ…」

年齢を境にしたそのコメントにもほとんど意味はありません。

 

なぜ20代なら失敗しても大丈夫なのか?

なぜ30代なら失敗してはいけないのか?

 

歳をとったら失敗しない、なんていうことはほとんどあり得なくて、例えば単純な勉強で言えば、歳をとればとるほど、算数や数学は間違えるようになるんじゃないですかね?

仮に歳をとって失敗しにくくなる人がいるとすれば、「やっていることが変わらない日々」を常に送っているか、もしくは「過去の失敗をもとに、失敗しないように対策を打てる」優秀な人です。

 

もちろん、30歳を超えると、再就職の観点では不利になる可能性がありますが、可能性の観点で言えば、個人で稼ぐ世界では年齢を気にせず稼げる可能性も十分にあります。

 

30歳を境に夢を追うことを諦める人は、周りの目を気にしずぎています。

30歳を境に夢を追いかけるのは難しい、というのは人の偏見が作った嘘です。

 

「妻・子供に苦労をさせたくない」

 

「結婚したから、夢を追いかけることはできない」

「子供を養うために夢を追いかけることはできない」

 

夢を追いかける上では、家庭状況は1つの大きな壁でしょう。確かに、最愛の人たちにツラい思いをさせてしまうのは苦しいものです。

自分を優先してしまい、周りに迷惑をかけてしまうのは極力避けたい。。。こう思うあなたは優しすぎるのかもしれません。

 

ただ、本当に心から愛し、愛される関係であれば、お互いがお互いの「夢」を尊重する姿があって良いはずです。

 

夢のために真摯に向きかって議論をすれば、0、100の変更はないにしろ、「夢のために1日3時間くらいは使って大丈夫だよ!」と時間を得ることができたなら、個人のフィールドで夢に向けた行動をとることは十分にできます。

 

家庭を言い訳にして夢が追えない、というのは嘘です。

 

夢を追いかける真理:夢を叶えたいなら年齢なんて関係ない

本気で夢を叶えたいなら年齢は関係ありません。大切なのは夢を諦めずに挑み続けることです。

 

夢を叶えたいなら自分に目を向ける

 

夢を叶えるなら周りの目を気にせずに、自分に目を向けましょう。

自分の夢に目を向けてあげましょう。

 

自分の夢を追いかけるためには、少なくとも自分の夢の優先順位を高めて「時間を確保」していくことが大切でこれ以外の方法はあまり知りません。

あるとすれば「玉の輿」のような道ですが、周りに依存して生活しているとどこかにひずみが生じるので好みません。

 

夢を叶えるには、自分の夢にスポットライトをあててあげましょう。

 

仕事をしながらでも夢を追いかけることはできる

 

断言しますが、仕事をしながらでも夢を追うことはできます。

仕事をしながらでもお金を得ることはできます。

 

「夢を追いかけるために仕事をやめて取り組まないといけない」というのは偏見でして、夢を叶える方法はもっと自由です。

 

食べて、祈って、恋をしての著者エリザベス・ギルバードさんは子供の頃から作家になることが夢であり、大学卒業後は食堂のウェイターを続けながら6年間も作品を描き続け、失敗続けました。

生活費を稼ぎながら、失敗という絶望の日々の中で暮らす生活はどんなにツラかったか想像はできませんが、けどエリザベスさんは夢を叶えました。

 

 

苦境の中でも、生活費を稼ぎながらでも、夢を諦めずに追うことができれば、成功する確率は高まるのです。

 

何歳からでも夢を追いかけることができる

 

30歳になると、夢を追えなくなるという言葉を聞きますが、そんなレベルから突き抜けて、82歳になって携帯のアプリを開発した日本人おばあちゃん若宮正子さんは2017年の世界開発者会議に参加してアップルのCEOティムクック氏と会話を交わしています。

若宮さんは自分で開発したゲームアプリHinadanをアップルストアに登録申請したところ見事に審査をパスして採用された。アップルはこのゲームアプリ開発者が82歳の日本人女性であることに驚き今回の世界開発者会議への招待となった

と言われています。

歳をとったから、新しいことを理解できない、使えない人もいれば、自分から学び、新しいものを作る人もいます。

 

世界に挑む夢を追いかける人

 

現在、世界でもっとも熱い視線を集めている夢老い人として有名なのはテスラCEO、イーロンマスク氏です。

イーロンマスク氏はPaypalを立ち上げ成功し、その売却益をもとでに電気自動車の会社TESLAの開発を推進し、電気自動車の世界の扉を開きました。

現在は、宇宙ビジネスの開発に取り組むスペースXのCEOも努めて、ロケットの繰り返し利用の実証を成功しており、スペース事業の大幅なコストダウンと社会普及に向けて事業を展開しています。

 

イーロンマスク氏のバイオグラフィーがまとめられた著書イーロン・マスク 未来を創る男の原本はハーバード大学のベストセラー著書にも選ばれるほど、現在の起業家精神、夢を追う姿勢を学ぶバイブル的な存在になりつつあります。

関連記事:【読書おすすめ社会人】ハーバードのベストセラー!! 世界最先端の興味をお便り

 

【夢を追いかける自分】学年ビリの国語力でもブログを運営してる

 

「能力に自信がないから夢を追えない。」という声を聞きます。

 

こうした人たちは、能力が成功を導くものだと思っています。けど、社会における成功するか否かに、能力はさして重要でないと思います。

 

実例としましては、このブログを運営をしている、わたくしDaichiの国語力は学生時代に学年で1、2位を争うレベルの点数の低さでした。国語のテストで学年最下位というワーストレベルの常連というのは、取ろうとしても取れないものだと思います。笑

そんな私でも、このブログの月間アクセス数は約5000PVを超えていまして、書くことを生業とするブログ運営者の中で上位7%ほどには入っています。

 

去年の終わりに始めたこのブログも1周年を迎える前に10,000PVを超えそうです。30,000PVを越えることができたら上位1%に食い込みます。

 

学年で最下位レベルの人でも1年間継続すればこんなものです。

要は、本気でやりたいことに対して自分自身にコミットできるかが問題です。

自分を信じて行動あるのみです。

 

日本で住んでいるというだけでも世界的に見たら勝ち組!だから夢を追おう!

 

自分は恵まれていなくて夢を追いかけられない、と言っている人に伝えたいこと。

あなたがもし日本人なら、それだけで世界的にみたら十分勝ち組だ、ということです。

 

・中国人は、優秀な人でもVISAの更新で面倒なパスにさらされて、ビジネスの上で不利をこうむったります。

・海外の運転免許の更新では「中国人」というだけで、国際免許の使用が認められなかったり、試験官の採点が厳しく、通りにくい、というような問題に直面します。

(試験管の採点に関しては主観であって確実ではありませんが。)

 

一方、日本人は国際免許の使用が認められますし(州によるので注意)、VISAに関しても概ね良い条件で何事も進みます。

わたしがアメリカにて住宅を探す時も、「日本人」のレッテルだけで、全ての家主さんから住みこみを快諾されました。

 

ビジネスや、「やりたいこと」に関して言えば、日本人であれば、一般教育を受けており、識字率は99%を超えています。

教育の普及が行き渡らずに識字率が50%以下の国で生まれたことを思うと、断然可能性は広がっています。

ネットの普及率の世界ランキングでは2016年、日本は12位です。

 

世界的にみたら「日本人」だけで非常に有利です。

一歩を踏み出すハードルも、ビジネスのしやすさも、日本人はずっと簡単にチャレンジできる土俵はできているのです。

 

夢を追いかける・夢に挑戦する方法

夢を挑戦する方法は山のようにあります。

可能性がいくらでもあるために、何をしたら良いか分からない人のために夢を実現するまでの各ステップを示したまとめ記事を作成しています。

ぜひ記事を参考に、あなたの夢の第一歩を踏み出してみてください。

関連記事:【永久保存版】夢を叶える方法大全集【本気で夢を叶える人のための教科書】

 

さいごに:夢を追いかけるって悪くないですよね。

本記事は「夢を追いかけるのに年齢は関係ない」ことについて紹介しました。

 

1度きりの人生、死んでしまったら何もできません。

年齢に関係なく、夢を追ってみても良いんじゃないでしょうかね?

 

あなたの夢への行動の第一歩のキッカケになれていたら嬉しいです。

読んで下さりありがとうございました。

ぜひまたお越しください。

 

▼合わせて読みたい

関連記事:やりたいことができない人の共通点。人生を変えるために気をつけたいポイント。

関連記事:仕事が馬鹿らしいと思ったら読む話。2つの道、2種類の生き方に分かれます【人生論】

関連記事:誰でも将来は不安。人生に悩むあなたに伝えたいこと

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながらも月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。一般よりやや貧乏めな家庭からでも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!