【重要】サラリーマンが副業で小遣いを稼ぐくらいなら自分のビジネスを持つべき【長期目線】




どうも、Daichi(@Daichi_lifeblog)です。

副業で月10万ほど稼ぐ海外サラリーマンです。

 

Daichi

サラリーマンをやっていても一向に経済的にラクにならないし、、、給料少なくて生活厳しいから副業しつつ、お小遣い稼ぎをしたいな〜。

どんなバイトをしようかな〜。

 

と、思っているサラリーマンの人に伝えたいことを紹介します。

この記事を書いている僕は2年ほど前から副業を始めていまして、現在は副業を通して不労収入を月に12万円ほど得ています。副業として不動産投資、再エネ投資、FX、ソーシャルレンディング、クラウドソーシングなど様々な内容に取り組んできたその経験談をもとにお話します。

 

結論から言うと、サラリーマンが副業を通してお小遣いを稼ぎたいな、と思っている場合は自分自身で稼ぐ起業に近い感覚で稼ぎ始めた方が将来的に良いですよ。

 

サラリーマンが副業で小遣いを稼ぐくらいなら自分のビジネスを持つべき理由

サラリーマンが副業で小遣いを稼ぐくらいなら自分のビジネスを持つべき理由は次のとおりです。

①労働収入を得ていても結果的に経済的にラクにならない

②自分のビジネスを持つと搾取されない

③長期的にみるとビジネスを持っていた方が収入のポテンシャルが高い

④経済的自由になるには不労所得を形成すべき

 

①労働収入を得ていても結果的に経済的にラクにならない

 

サラリーマンが現状の生活でお金がなくて困っているなら、まずは生活を見直した方が良いです。

悲しいことですが、現状の生活で少しお金がない状態になってしまっている人は「ある分だけのお金を使いたい」性分である可能性が高いです。

その考え方を根本から変えない限り、たとえ副業を始めて、お小遣い稼ぎをしたところで、そのお金も使ってしまって、結果的に生活はラクになりません。

そのため、生活が苦しくてお小遣い稼ぎをしたのであれば、まずは固定費含めて自分の支出を見直した方が良いです。

 

②自分のビジネスを持つと搾取されない

 

サラリーマンであると強く感じると思いますが、何かに依存して働いているうちは、良い意味でも悪い意味でも収入は分配されます。

例えば会社の中で、明らかに優秀で成果を出している人もいれば、ほとんど成果を出していなく、仕事もできないのにお給料が大きく変わらない、と言うことがありますよね。

こんな具合に、何かに依存してお金をもらっているうちは、その収入は分配・平坦化された金額になっているので、あなたの取り分はガンバっても報われない内容になってしまいます。

一方、自分のビジネスを持つと、収入の量は自分の頑張り次第です。

お小遣いを稼ぎたいと思う人は、労働収入に頼るのでなく、自分のビジネスを始めた方が報酬を自分の努力分を確実に取得できます。

 

③長期的にみるとビジネスを持っていた方が収入のポテンシャルが高い

 

長期的にみると、同じ副業をするなら副業した自分の時間や作ったものの全てがどこかの会社の権利になるようなものより、自分の所有物として扱えるように進めた方が賢明です。

なぜなら同じ作業量でも、例えば1年後に自分の手元に残る資産(収入だけでなく、自分が使うことができる作品など)は全く異なります。

労働収入を得ていては、ほとんど手元に何も残りません。

一方、自分のビジネスを持つと、基本的には全て自分で使うことができる資産となります。

1年、2年と続くとその差は埋められないほどの大きな差になります。

貴重な時間を使ってする副業だからこそ、他人の価値になることより、自分の価値に残るものとして自分のビジネスを進めた方が圧倒的にお得です。

 

④経済的自由になるには不労所得を形成すべき

 

また、サラリーマンが副業でお小遣いを得るのであれば、自分のビジネスを通して、不労所得を作っていきましょう。不労所得をつくることができればお金・時間から自由になれる可能性が高まります。

そもそも、労働収入では、自分の不労所得の形成にはまず繋がりません。労働収入を不労所得化するには、得た収入を投資に回すしかありません。

一方、自分でビジネスを持ってしまって、例えば著者のように、著作物を作ってストックしておくことができれば、その著作物は長期にわたって収入を与えてくれる可能性があり、あなたを労働時間から解放してくれます。

 

サラリーマンが副業で小遣い稼ぎするならストック型ビジネスから始めよう

サラリーマンが副業で小遣いを稼ぐくらいなら自分のビジネス、特にストック型のビジネスを持つことをおすすめです。

 

ストックビジネスで労働時間から解放される

 

サラリーリマンの副業におすすめなのはストック型ビジネスです【脱サラあり】で紹介していますが、ストック型ビジネスは労働時間からサラリーマンを解放します。逆に言うと、労働収入を得ているうちは一生「働いてはお金をもらって、働いてはお金をもらう」と言う生活を抜けることはできません。

ストックビジネスとは、あなたがした労働をあなたの価値としてストックしていく(ためていく)ことです。

著書やブログ、写真や動画などのコンテンツはあなたの作品となり、あなたの資産になります。このようなコンテンツを自分で蓄えて、自分でコントロールできるようになると、そのコンテンツが収入をつくってくれて、あなたの労働時間が必要なくなります。

コンテンツをつくる間は大変ですが、コンテンツが完成して売れるようになると、時間に縛られない生活が待っています。

それまでは少し大変ですが、一生サラリーマン生活を続けるか、人生のどこかで馬力をきかせて短期(数年)ガンバってみるかの違いです。

将来的に脱サラして自由に働きたいと思っている人は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

サラリーマンの副業におすすめなのはストック型ビジネスです【脱サラあり】

2018.12.02

 

ストックビジネスで成功したら無双状態

 

ストックビジネスが1つでも成功し、不労所得で生活できるとあなたは無双状態になります。

経済的には何をしていても生活に困ることはないので、あなたのやりたいことに挑戦し放題です。

世界を旅しても構いませんし、やって見たかった趣味に没頭するも良し、さらに起業して新しいビジネスに挑戦することも可能です。

こうした生活を実現するためには、現在のあなたの支出相当の収入を不労収入から得ることが1つの方法です。

【完結】経済的自由を手に入れる方法【経済的自由人になるためのロードマップ】で、その手順を紹介しているのでぜひチェックしてみて下さい。

【完結】経済的自由を手に入れる方法【経済的自由人になるためのロードマップ】

2018.10.30

 

まとめ:自分のビジネスで人生を自由にしていこう

同じ時間をかけて労働して収入を得るなら、他人の資産のための労働より、自分の資産として残すことができる自分のビジネスを蓄積して行った方が将来的にお得です。

「これから副業で小遣い稼ぎを始めようかな?」と思っている人は、長期目線を持って自分のビジネスをはじめてみることを視野に検討して見ると良いと思います。

 

では、よき副業ライフを!

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながらも月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。一般よりやや貧乏めな家庭からでも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!