【やる気がでない人向け】英語のモチベーションアップに効果的な本・大学をまとめてみた【美しすぎる】




✴︎現在180日以上継続中!19/2/1現在。

 

どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

海外で働きながらブログを書いています。本記事は「社会人向け海外サラリーマンになるための英語の時間」を紹介します。

 

Daichi

英語の勉強を始めたけど、やる気が出ない。。。

目標はあるんけど、どうしても日々の勉強のモチベーション維持が厳しい、、、

何かモチベアップに効きそうなモノはないかな?

 

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、英語苦手で社会人を始めながらも、2年ほどのコツコツとした英語学習の甲斐あって、現在は海外サラリーマンになっています。

英語学習の中では、スコアに伸び悩み、やる気がでなくなる時も当然、あります。

そんな時にモチベーションをアップするために役立った本・大学・景色などをまとめるので、ぜひ日々の英語学習のモチベアップに活用して下さい。

本記事は「英語のやる気がでない人のための英語のモチベーションアップに効果的な本・大学まとめ」を紹介します。

 

【やる気がでない人向け】英語のモチベーションアップに効果的な本・大学まとめ

英語の勉強をしていると、どうしてもやる気がでない時ってありますよね。

そんな時のための英語のモチベーションをアップさせてくれる海外に関する情報をまとめますので、サラッと見つつ、海外への希望を膨らませて下さい。

 

英語のモチベーションアップに効果的な本

 

僕が過去に読んだ本の中でも、海外に対する意識を特に奮い起こさせてくれた本を厳選して紹介します。

 

Daichi

英語化が一層進む社会での日本の産業力の低下・英語の必要性・英語への取り組み姿勢などを知ることができます。

また企業の中で、英語を公用語化した楽天の実例や、英語化にあたる苦労も盛り込まれていて、とても刺激的です。

『社会人で英語を意味なんて、海外商社マン以外は関係ないんじゃない?』という人にオススメの1冊!

 

 

Daichi

著者がオックスフォード大学への留学を経て学んだ『オックスフォードの6つの思考力』がとても魅力的。

『日本と世界の教育の違いは?世界最高峰の大学の思考方法とは?』こんなことに興味がある人におすすめの1冊!

 

 

Daichi

一言でいうと、『超楽しい』です。

すべての教育は『洗脳』である、というのは当たり前のことであり、しかし、そこに気づけない人が多いことにハッとさせられます。

『考えること』をしないと、『教育されること=正しいこと』という思考になるかもしれませんが、そんな人こそ本書と対話すると面白いと思います。

タイトルにあるようにすべての教育は洗脳であるように、本書で述べられる教育的な視点もまた洗脳。

あなたは、どの考えに洗脳されていきますか?

 

 

Daichi

起業家で5本の指に入るほど有名と言っても過言でない、アップル創業者スティーブ・ジョブズの自叙伝です。

21世紀のIT時代を生きる人なら、世界がどのような人の思いによって、IT化が世に広まり、世界が動かされ、そして現在僕らの手のもとに届いているのか。

感慨深い1冊。IT技術の大衆化を担った男の世界への挑戦を感じたい人におすすめの2冊です!

 

Daichi

石油会社『出光』創業者に関連した書籍。

スティーブ・ジョブズが『IT』の普及を世界で成し遂げた話なら、

出光佐三は『石油』の普及を日本で成し遂げた話です。石油は当時、多くの産業の勃興の源の力となり、日本の発展を支えました。

日本の発展のために社会と闘った海賊のような男の生涯を知りたい人におすすめの3冊です!

 

 

英語のモチベーションアップに効果的な大学

 

✔️ Oxford University

写真参照:ツイナビ

» Oxford university HPへ

いや、見事ですね。

これぞ海外!と言っても過言でない美しい建物です。

世界トップランキングで上位10に入る格式高い超ハイレベル校!

 

✔️ University of Cambridge

» University of Cambridge HPへ

イギリスの2大巨頭の1つ、ケンブリッジ大学。

『万有引力』で有名なアイザック・ニュートン、

『マクスウェルの方程式』で著名なジェームズ・クラーク・マクスウェル、

『ラザフォード散乱』のアーネスト・ラザフォード、

『種の起源』のチャールズ・ダーウィン、

数々の学問を推し進めたスーパースター達が過ごした館。

 

✔️ Stanford University

写真:Stanford University

» Stanford university HPへ

『Google』創業者のラリー・ペイジ、

『HP』創業者のウィリアム・ヒューレット、

『ナイキ』創業者のフィリップ・ナイト、

ビジネス勃興の色が濃いアメリカの超名門大学!

 

✔️ Harvard University

写真:Discoverdesign

» Harvard university HPへ

誰しも一度は聞いたことがある、文句なしの世界トップ大学『ハーバード大学』。

『楽天』創業者の三木谷浩史、

『マイクロソフト』創業者のビル・ゲイツ、

『Facebook』創業者のマーク・ザッカーバーグ、

『アメリカ大統領』のバラク・オバマ、

世界を牽引する人を輩出する文句なしの名門!

 

英語のやる気がでない時は休んでモチベーション回復

英語のやる気がでない時は誰にでもあると思います。

そんな時には少しこのページからネットサーフィンをしつつ、海外の素敵な世界に触れて見たり、のんびりしてみても大丈夫ですよ。

 

✔️ PCでネットサーフィン

 

この記事をみつつ、興味がありそうな大学のサイトに飛んだり、本を買ったりしたりなどして息抜きするのもOKです。

何も理想のものがないのに勉強を取り組めるほど、人の感情は優れていないと思うので、何かしら自分に夢を見させてあげることも必要だと思います。

✳︎なお、見過ぎには要注意。特に、朝一番にネットサーフィンを始めると長引いてしまうので、朝にはネットサーフィンをしないようにしましょう。

 

✔️ ゲストハウスで外国人と交流

 

僕はやる気がでそうにない土日は、外国の人も寝泊まりするゲストハウスに転がりこみ、その茶の間で勉強したりしてました。

生で外国の人に触れられると、やはりやる気をもらえますし、海外の生の話を聞くとモチベはかなり向上します。

ゲストハウスは一泊2,300円で泊まれるところもあるので、結構おすすめです。

 

✔️ オンライン英会話で英語トーク

 

海外の人の話を聞く、という点では、オンライン英会話での息抜きもありです。

僕は社会人2年目くらい、特にTOEICでスコアがアップした後からはずっとネイティブキャンプを利用しています。

月額6000円ほどで、24時間365日、無制限に英会話をし放題という奇跡のサービスです。

ただ、講師の質や英語学習のカリキュラム的には弱い点もあるので、英語力に少しある人におすすめです。

 

【経験談】英語のやる気がでなくても勉強を継続したら、海外で働いている話

人間、誰しもやる気が出ない時があると思います。でもそんな時でも、勉強時間を確保して、テキストと机に向かい続けていれば少しずつ前進できるものです。

 

海外の思考に触れたいと思った社会人1年目

 

僕は社会人になってから読書をはじめ、ある本に出会ってから『海外の思考に触れたい』と思い、英語の勉強をはじめました。社会人1年目の英語勉強をはじめた当初の実力はTOEIC500点ほど。

そんなでも、1年半ほど勉強を続けた結果、TOEIC850点に到達することができました。

 

▼関連記事をチェック!

【読書効果】大人の読書の醍醐味。3年前の本が今のあなたになり、今の本は3年後のあなたを作ります。

【読書効果】大人の読書の醍醐味。3年前の本が今のあなたになり、今の本は3年後のあなたを作ります。

2018.08.24

 

やる気なくても継続し続ける毎日

 

サラリーマンをしながらの英語勉強生活だったので、夜21時すぎにようやくカフェに到着し、2時間ほど勉強して家に帰る毎日。

 

▼関連記事をチェック!

【継続が苦手な方へ】夢を叶えるための明日からできる継続のコツ

【継続のコツ】ブログ記事更新を100日続けた私が継続の方法を明かします【誰でもできる】

【継続が苦手な方へ】夢を叶えるための明日からできる継続のコツ

2018.02.24

【継続のコツ】ブログ記事毎日更新を100日続けた私が継続の方法を明かします【誰でもできる】

2018.11.11

 

気づいたら海外サラリーマンになった話

 

そして、そんな日々を継続した結果、現在は海外サラリーマンとして海外の人と英語で対話しながら働き、暮らしています。

やる気がでない時でも、何かしらモチベーションをアップして、勉強の舞台を設けて、机に向かって入れば、きっと報われます。

 

▼関連記事をチェック!

社会人になってからの英語の勉強方法【ガンバって海外サラリーマンになった話あり】

社会人になってからの英語の勉強方法【ガンバって海外サラリーマンになった話あり】

2018.12.23

 

まとめ:動き、休み、を繰り返しても前進すればOK、英語モチベをキープして前進し続けよう!

本記事は「英語のやる気がでない人のための英語のモチベーションアップに効果的な本・大学まとめ」を紹介しました。

英語のモチベーションをキープして、世界で活躍するあなたになりましょう!

 

読んで下さりありがとうございました。

では、良き英語ライフを ٩(`・ω・´)و

 

共感していただけたらシェアをお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながらも月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。一般よりやや貧乏めな家庭からでも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!