ディズニー英語教材の学習で英語力は伸びるのか?【ディズニー英語歴2年の僕の感想】




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

ディズニーが好きです。

 

Daichi

ディズニーの教材を使って英語学習をしたいと思っているけど。。。

ディズニー教材で英語を勉強したところで英語力は伸びるんだろうか?

 

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、ディズニーやその他アニメの動画などを利用しつつ、英語の勉強を行い(もちろんテキスト勉強もあり)、TOEICで850点以上をとったのちに海外で働く機会をえて、現在は日本とアメリカで働いています。

社会人で英語勉強を始めた当初はテキストに向き合うことが億劫であり、英語の動画ばかりをみていました。

その経験を通して本記事は『ディズニー英語教材の学習で英語力は伸びるのか?』について紹介します。本記事を読むことで、ディズニーの英語教材で勉強する効果やポイントを知ることができます。

 

そもそもディズニー英語教材の学習ってどんなのがあるの?

そもそもディズニー教材にはどんなものがあるのかと言うと、大きく3つの種類があります。

 

✔️3つのディズニー英語教材

・ディズニー映画を英語で視聴

・ユーキャン『ディズニー英会話』

・DWE『ディズニー英語システム』

▼関連記事をチェック!

ディズニー映画・教材まとめと英語学習のメリット・デメリット【大切】

2019.02.04

 

いずれにしても共通することはディズニーが出てくることではもちろんのこと、映画の音声などを利用してリスニング力、字幕を利用してリーディング力を高めるものです。

基本的にはこの3つがありまして、僕は1番上の『ディズニー映画を英語で視聴する』を長い期間取り組み、現在でも実施しています。

 

ディズニー英語教材の学習で英語力は伸びるのか?

ディズニー英語教材の学習で英語力は当然伸びます。もちろん、英語をやっているので伸びないわけがありません。

 

英語力が伸びる、と言う『言葉のあや』

 

しかし、よくある広告・宣伝に見られるような『英語力が伸びる!』と言うことですが、この言葉に『言葉のあや』があります。

もちろん、ディズニー英語教材で英語力は伸びますが、ディズニー映画を長年取り組んできた僕の感想としては『英語力は伸びる、けど、他の英語教材に比べて英語力を伸びる効率はあまり高くない』と言うのが本音です。

英語力が伸びる伸びないの話をすると、英語に触れている限り、大半のもので『英語力が伸びる』のは当たり前であって、ポイントは『効果的に英語力が伸びるのか?』といった視点です。

 

英語力を伸ばす効率はあまり高くない。。。

 

例えばですが、DWE『ディズニー英語システム』は幼児向けに設定されたディズニー教材ですが、これは幼少期から聴き始め、4、5ヶ月間かけてやっと数語を話す程度。

一方でお値段は数万円以上します。

それなら、小学生・大人になってから英語のテキストを1000円ほどで買い、数語話す程度なら4,5ヶ月と言わずに4,5時間程度で実現できますよね。

・何にゴールをおくのか

・どれくらいの効果を得たいのか

・どれくらいの期間で効果を得たいのか?

と考えてみるのはとても重要で、その教材と他の学習方法を比べた時に自分が得られる効果・時間効率・値段を考えた時に納得いくならOKだと思いますが、その視点を持って購入検討しないと、散漫と英語をしているだけになり、効果的な英語学習に繋がらず『損した』気分になってしまいます。

英語初心者の時に、ディズニーを使って英語に触れて英語に慣れようと1年ほど接していましたが、TOEICというテストの観点でいうと、テスト向上への寄与は数十点にも満たないような印象があります。

もちろん、ディズニーで英語学習することは、何より『楽しんで英語に触れることができる』という点で、ディズニーのおかげで『その他の英語勉強を継続するキッカケになった』というのは事実であって、その貢献率は高いように感じます。

 

上でも紹介したように『単純にディズニー英語学習で英語力が伸びるのか?』というと、そうではありません。あくまでもディズニー英語学習は『楽しく英語に触れる機会とモチベーションを保つ』のがメインであることを心に留めて置くと良いと思います。

 

ディズニー英語教材の学習で英語力を伸ばすコツ

一方で、ディズニー英語教材を使い続けながら、さらにテキストでも英語勉強を続けた結果、『ディズニー英語教材の学習で英語力を伸ばすコツ』を見出すことができました。

具体的には『テキスト勉強で土台固めをしてからリスニング教材としてディズニー映画を利用する』ということです。

 

理解できない英語の聞き流しは『お経』と同じ

 

基本的にですが、理解できない音の聞き流しは『お経』と同じです。

なんとなく音ではなんと言っているかわかるけど、意味として分からない。。。これだと英語としては不十分ですよね。

英語は会話なので、音を聞き取り、さらに理解する必要があります。

意味を理解できない音をいくら聞いていてもそれは『お経を聞いている』『音楽を聞いている』のと似たようなものであり『英語力向上』には繋がりません。

 

テキスト勉強で土台を固めるとディズニー英語学習の効果が高まる

 

聞き取った音を文として理解するには、最低限の英語力が必要でして、そのレベルが『TOEIC700点ほど』だと思っています(実体験ベース)。

TOEIC700点ほどになるとベースになる英語力がついてくる頃なので、語彙力・リスニング力ともにディズニー映画なら対応でき始める頃です。

英語力の土台が固まり、英語を聞き取れるようになると、リスニング力・英語の表現力の成長は劇的に飛躍します。

詳細を【経験談】ディズニー 英語学習の効果は上級者になってから爆発的に伸び始める【まずは地固めが重要】で紹介しているので良かったらチェックしてみて下さい。

ディズニーの英語学習は、英語の土台ができてから爆発的に効率が上がります。

▼関連記事をチェック!

【経験談】ディズニー 英語学習の効果は上級者になってから爆発的に伸び始める【まずは地固めが重要】

2019.01.31

 

まとめ:初心者の英語勉強は『テキストを中心・ディズニー少し』で始めよう

本記事は『ディズニー英語教材の学習で英語力は伸びるのか?』について紹介しました。

初心者の段階でディズニー映画に頼りすぎるのは、映画をみて休憩しているのとあまり変わりないので、少し大変かもですが、ディズニー映画は『休憩時』に割り切って、テキストで地固めをすることが効果的な英語力向上に繋がると思います。

読んで下さりありがとうございました。

では、良き英語ライフを ٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながらも月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。一般よりやや貧乏めな家庭からでも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!