【サラリーマン副業】太陽光発電投資サイトの選び方+おすすめサイト【脱サラ可能】




✴︎現在180日以上継続中!19/2/1現在。

 

どうも、Daichi(@Daichi_lifeblog)です。

経済的自由に向けて資産を形成中で現在は不労所得100万円と少しです。

 

Daichi
太陽光発電投資って一時期にぎわっていたけど、今のところはどうなんだろう?

今でもやり目はあるんだろうか?

サラリーマンが取り組むときの注意点は何だろう?

 

こんな疑問に答えます。

 

私は国内にいるときに友人と共に太陽光発電所をいくつか周り、現場をみたり、見積もりをとったりなどして、収益性を確認しました。出国までに融資が間に合わず見送りになりましたが、太陽光発電投資を実施している友人は大きな問題もなく良好に収益をあげているようです。

本記事は『サラリーマン副業の太陽光発電投資の選び方とおすすめサイト』を紹介します。本記事を読むことで太陽光発電投資のメリットや太陽光投資の雰囲気を知ることができます。

 

【サラリーマン副業】太陽光発電の投資とは?

サラリーマンの副業として取り組める太陽光発電の投資について簡単に紹介します。

 

太陽光発電の仕組み

 

太陽光発電は、太陽電池を使用して発電した電気を電力会社に売電した金額で収益をあげます。

太陽光発電投資へのサラリーマンの副業での取り組み方には大きく2つの方法があります。

 

①産業用太陽光発電投資

投資として取り組むためには収益性や投資規模の関係から「野立て」や「産業用」と言われるような大型の太陽光発電所に投資するパターンです。

規模が大きく、300百万〜数億円単位まであり、税引き前の利回りは10%以上のものが多くあります。

投資の意味合いで、将来的な収益源にしたい場合であれば産業用太陽光発電投資がサラリーマン副業に向いています。

 

 

②住宅用太陽光発電投資

一方、投資的な意味よりは節約な位置付けとして取り組めるのが住宅用の太陽光発電です。おそらく多くの人が目にしたことがあると思いますが、個人で所有する住宅の屋根に太陽電池を設置して売電する仕組みです。

発電した電気は電力会社に売るか、もしくは自家消費して電気代を節約するかになりますが、規模の問題から売電金額に制限があり、サラリーマン副業として高い副業収入を求める人には少し物足りないかもしれません。

一般の住宅の年間の電気代は14万円ほどと言われています。屋根のサイズにもよりますが住宅に取り付けるような太陽電池ではおよそ160万円ほどで可能でして、10年以内にはもとが取れて、それ以降は電気代を節約できる、もしくは売電収入が得られるといったメリットがあります。

 

なお、太陽光発電により発電した電気を固定価格で買い取ってくれるFITの制度が2019年に終了する予定です。それ以降の節電・投資効果は現状のところは議論の域であるため、確かな収益モデルのもとに取り組むには2019年中がおすすめです。

 

今回は、投資的な意味合いの強い産業用の太陽光発電投資について注目します。

 

サラリーマン副業向け◎:不労所得性の収入源になります

 

太陽光発電投資は設置してしまえば基本的には放置型で収入を得ることができるので不動産と似たような不労所得の形成に繋がるのでサラリーマンの副業としては適している部類です。

» 【経験談】サラリーマンが副業するなら不労所得を目指すべき理由【方法あり】

【経験談】サラリーマンが副業するなら不労所得を目指すべき理由【方法あり】

2018.11.14

 

太陽光発電投資では、夏場には草むしり、冬場には雪かきが必要になるような場所もありますが、基本的には一括で業者に任せることも可能ですし、例えば夏場の草に関しては防草シートを手配することで防ぐことも可能です。

このあたりは事業として進める経験値になりまして、どのように収益を最適化するのは対応しだいになります。

 

【サラリーマン副業】太陽光発電投資サイトの選び方+おすすめ集

サラリーマン副業として取り組める太陽光発電投資サイトの選び方とおすすめ集を紹介します。

 

産業用太陽光発電投資サイトの選び方

 

結論から言うと、サラリーマン副業を目指す人が太陽光発電投資に関しては設備購入に近い要素を含むために複数見積もりをとりましょう。

1つの投資に最初から絞り込みと思わむ落とし穴や、得する案件が多くあったりします。いくつかの太陽光投資サイトに登録し、似た条件の投資案件の見積もりを取得して利回りを比較しましょう。(比較していくうちに、図面の見方や太陽光発電パネルの種類、サイズ感に慣れてくると思います。)

私も複数のサイトに登録していまして、良い案件があると紹介メールを送ってくれます。案件に興味があれば直接電話等で問い合わせて都度詳細な見積もりや図面をもらっています。

 

✔️ サラリーマン副業向けの太陽光発電投資おすすめサイト【複数見積もり必須】

グリーンエネルギーナビ*価格.COMと提携して運営する安心サイト。信頼性高く経済性良い投資検索に。

ひなた発電所*初心者に分かりやすいと評判でNHKで放映実績あり。無料のセミナー動画を見るだけでも勉強に◎

上の2つは国内でも大手の太陽光発電投資の大手サイトになり、おすすめです。

まずは登録して、無料の動画などを見つつ、太陽光発電の投資感覚をつけましょう。感覚を掴めたら自分の予算に合う規模の太陽光発電の見積もりを複数取得してみましょう。

 

以下、サラリーマン副業としての太陽光発電投資の選び方のポイントになります。

 

✔️ サラリーマン副業の太陽光発電投資の選び方ポイント

選び方ポイント①業者見積もりは良心的

選び方ポイント②見積もりは多数とるべし

選び方ポイント③地域の災害情報を調べよう

 

①業者の見積もりは良心的

 

サラリーマン副業としての太陽光発電投資の選び方のポイントとして、まず太陽光発電投資分野では業者の見積もりの信頼性は高めです(特に大手。上のおすすめのようなサイト。)

投資でこわいのは想定通りに収益を得られないことですよね。

太陽光発電は自然の状況に左右されるために、収益の上下は大きくなりがちで副業としては不安定な要素が多いです。

一方、業者としては投資案件なためになるべく信用を買いたいといった気持ちがあります。

この理由から、業者が出してくれる見積もりは非常に良心的でして、極力発電が見込めないネガティブな想定での収益予測を採用して見積もりを提示してくれます(それでも過去に私が受けた案件はいずれも利回りが12%を超えていました)。

実は、太陽光発電投資の収益モデルは発電単価(1kWhあたりいくらで売れるか)と言う数字と、設置される場所の年間日照時間などを参考にしておおよその目安を自分で計算することができます。僕自身、自分でやって驚いたことは業者の見積もりが、統計的に予測される売電収益よりずっと少なく見積もっていたことです。

投資家は見積もり時に示された利回りより、数値が低くなると「あの業者に騙された。。。」と思ってしまいがちなようでして、それを懸念して業者は低めの利回りをだすようです。

業者見積もりは割と良心的なので安心しても大丈夫です(気になる人は自分で売電量を計算しましょう。簡単なリサーチと手計算でできます。売電価格参考(経産省)発電量シミュレーター(経産省)

サラリーマン副業として太陽光発電投資に悩んでいる人へ、業者の見積もりは割と良心的なため、安心して大丈夫だと思います。

 

②見積もりは多数取るべし【投資の基本】

 

サラリーマン副業としての太陽光発電投資の選び方のポイントは見積もりを多くとることです。

太陽光発電投資の見積もりを取るだけなら無料なので基本的に多く取りましょう。

多くの見積もりを集めている間に、太陽光パネルの種類は土地の日照時間、角度の違いによる影響などの知見をたくわえることができます。

車を買うときにいくつかの見積もりをとって比べるように、太陽光発電所を買う際にも希望の方向性の発電所があるなら、似たものの見積もりをいくつかとって見積もりの確からしさをチェックしておきましょう。

業者によっては、見積もりを引き合いに出して交渉することも可能になる可能性があるので、多数の見積もりは交渉の観点からも有利に働く可能性があります。

サラリーマン副業として、より高い副業収入を目指すのであれば、戦略的に投資を進めましょう。

ポイント!

太陽光発電投資の見積もりは多数の業者から取るべし!

③地域の災害情報に注意

 

サラリーマン副業としての太陽光発電投資の選び方のポイントは地域の災害情報に目を通すことです。

産業用太陽光発電は山間部や川の近くなど人がいない所に作られることがあります。

そうした場合には自然災害の影響を受けて一時的に収益が途絶える可能性があります(もちろん、災害保険に入っていれば損失をカバーすることはできますが)。

そのため、太陽光発電投資をする際は最低、周辺の立地に注意しましょう。

 

・上部に崖はないか

・近くに氾濫しそうな川はないか

 

見積もりをもらって住所が分かったらその地点を現地に行くか、GoogleMapで調べてみて周辺の環境を確認しましょう。

サラリーマン副業だからこそ、痛手は禁物。リスクを事前に評価して賢い投資に繋げましょう。

ポイント!

太陽光発電投資で見積もりを得たら、周辺の状況を現地チェックorグーグルマップ検索!

サラリーマンの副業として太陽光発電投資はありか?【不動産投資との違い評価】

サラリーマンの副業として取り組む時、金額・規模的に同様な副業取り組み事として『不動産投資』があります。

不動産投資と比較して、太陽光発電投資の違いを、自身の経験を通して紹介します。

 

✔️サラリーマン副業としての太陽光発電投資と不動産投資

①太陽光発電は企業全体がまだ青い

②投資金額回収年数は太陽光が優勢

→リスクは少し上がるけど利益高めな投資希望者におすすめ!

①太陽光発電は企業全体がまだ青い

 

ご存知の通りですが、不動産投資と比較して太陽光発電の投資の産業はまだ歴史が浅いです。

そのためか、不動産投資と比較した時に、投資を取り巻く環境が成熟していなく、青いイメージです。

『青いイメージ』といっても分かりにくいと思うので具体例を出すと、

 

不動産投資では、

・融資サポート会社が豊富

・家賃保証システムが充実

・家賃管理代替の企業多数

・保険保証の充実

 

一方太陽光発電では、

・発電保証はほぼない

・雑草管理などの企業少なく高め

・発電管理金額が高め

・全体的に企業数が少なくコスト競争が効いてない

 

不動産・太陽光投資は金額が大きくなるために、取り巻く保証体制は代替が多く、さらに企業数も多くコスト競争が働いている方がお得に進められます。

不動産投資は、ご存知の通り、歴史が長いために各所のサポートやサービスが非常に多く、多数の候補から自分にあったものを選べるイメージがありました。

一方で、太陽光発電投資では周辺サービスが弱く、ネットで探しても個数が少なく、コスト比較などがしづらい状況です。(それでも不動産投資より太陽光発電の方がなお高い利益がでるのも事実。)

 

周辺を取り巻くサービスの充実性を加味すると、不動産の方が『安心度』は高めだと思いますが全てのサービスを頼りに守り守りしてしまうと、投資収益がなくなることも事実です。

 

②投資金額回収年数は太陽光が優勢

 

太陽光発電投資の投資回収年数は、不動産投資と比較して短めだと思います。

僕が2016,2017年に見積もりを集めていた時には、ほどんどの投資金額回収年数は6〜10年の間でした。

一方で、不動産は物件のタイプにもよりますが、20〜40年程度のものが多い印象です。副業として収入を作る、というよりは、年齢的な引退まではしっかりと働き、老後の資産のプラスとするために今から不動産を所有しておく、という印象が強いように感じました。

 

【結論】太陽光発電投資vs不動産投資

 

以上を踏まえて不動産投資と比較した太陽光発電投資の良さをまとめると、次のように言えると思います。

周辺サービスは未熟だけど、短期・高利益・かつ大きな安定収入として得るタイプの投資対象

おすすめの人:少しリスク高めでも短期間に不労収入を年間数十万円〜数百万円で作りたい人

 

まとめ:太陽光発電投資は駆け込み時期!

本記事は『サラリーマン副業の太陽光発電投資の選び方とおすすめサイト』を紹介しました。

 

19年にFITが終了する予定なので大型の投資をして安定収入をえるのは最後の駆け込み時期になります。

見積もりをとるのは無料なので、一枚でも手にしてみて利回りを含めて確認しておくことをおすすめします。

下記、おすすめサイトを参考に、太陽光投資に関する感覚を知っておくとお得だと思います。無料のセミナー動画などもあるのでぜひ参考にして見てください。

 

✔️ サラリーマン副業向け太陽光発電投資おすすめサイト

グリーンエネルギーナビ*価格.COMと提携して運営する安心サイト。信頼性高く経済性良い投資検索に。

ひなた発電所*初心者に分かりやすいと評判でNHKで放映実績あり。無料のセミナー動画を見るだけでも勉強に◎

 

読んでくださりありがとうございました。

太陽光発電投資のタイミングを逃さず、実りある副業ライフを。

 

共感していただけたらシェアをお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながらも月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。一般よりやや貧乏めな家庭からでも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!