【秋読書】2020年の秋に読みたいおすすめの読書本ベスト。哀愁・静寂・夜長




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。年に200冊ほどの読書をしています。

 

Daichi

読書の秋だ。

世の中的にも「読書ムード」が漂っているし、せっかくだから読書をしたいと思うけど、どんな本を読めば良いんだろう?

こんな疑問に答えます。

 

僕は読書を活用することで、凡人サラリーマンから海外サラリーマンに20代のうちになりました。

2020年の7月に夏休みにおすすめの読書本を紹介した結果、なんとわずか数日のうちにGoogle検索トップ5に選ばれ、数百人もの人に「おすすめ本」を読んでもらえました。そろそろ夜長の時期がやってくるので、秋にぴったりのおすすめ本を紹介したいと思います。

 

秋に読みたいおすすめの読書本の選び方

秋の特徴は、なんと言っても「過ごしやすく・夜長で・虫の音の響が心地よい」素敵な夜の時間です。そんなシーンを想定しただけでもゾクッとして本を読みたくなるのは僕だけでしょうか?

読書の秋、と言われるほど、秋の季節は読書のしやすい時期です。そんな秋だからこそ大切にしたいポイントをまとめます。

✔️秋に読みたい読書本の選び方

①秋は「世界観を楽しめる本」を読むべし

②秋は「蓄えに繋がる本」を読むべし

③秋は「運動・食欲・文化を楽しむ」を読むべし

①秋は「世界観を楽しめる本」を読むべし

夜長の秋は、夏場や冬場よりも過ごしやすい夜の時間が長いため、読書に適した時間を多く持てやすいです。

心地よい気温の夜中に、長く読書に浸れるのであれば「世界観を楽しめる本」を手に取り、時間をかけてゆっくりと本の世界を楽しみましょう。

 

②秋は「蓄えに繋がる本」を読むべし

秋は動物達は冬眠に向けた「準備」の時期です。

一方、人間は、食べ物こそ蓄える必要は、今となっては少ないかもしれませんが、海外サラリーマンの僕視点で大切だと思うことは「翌年に向けた蓄え」です。

秋が終われば、すぐに冬がきて新年になります。一方、冬は師走と言われるだけあり、慌ただしく時間が流れてしまうので、実は「秋」の時間こそ、師走の慌しさに飲み込まれることなく、冷静に・時間をかけて次の1年を見つめられる時期になるのです。

こんな時だからこそ、この先にどのように過ごしていくのか、たくさんの情報に目を通し、しっかりと考えを養える本を読みましょう。

 

③秋は「運動・食欲・文化を楽しむ」を読むべし

秋といえば、「運動・食欲・文化」。

学生時代を思い出すと、落ち葉拾いからの焼き芋会があったり、運動会・文化祭が行われるのも秋ならではです。

秋には秋を楽しみ尽くす。今この瞬間に、旬のことを大切に味わうことは、人生の醍醐味でもあると思います。

秋には秋の楽しみがたくさんあるので、秋をじっくり味わえる「運動・食欲・文化」のキーワードを大切にしましょう。

 

秋に読みたい小説

秋に読みたい小説を紹介します。

 

鹿の王/上橋菜穂子

岩塩鉱で奴隷となって過ごしていたヴァンのもとに、不思議な黒犬が襲いかかり、謎の病気により、岩塩鉱でたった1人の生き残りに。

逃げる道中、幼い少女を広い、育てながら旅をすることに。一方、もう一人の主人公で若き天才医師ホッサルは、広がる謎の病気の治療に立ち向かう。

2視点での話の展開により、物語に深みと味と重厚な世界が紡がれる、超絶人気のバイオ系ファンタジー。

(このカバー良いですよね。密かなお気にです。)

 

舟を編む/三浦しをん

出版社に勤める主人公の馬締光也は、営業部では変人として持て余されていた。でも、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。

個性的な部署の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。

しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか─。

言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。

 

儚い羊たちの祝宴/米澤穂信

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」

夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。

翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が巻き起こる。

優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。

米澤穂信のミステリーワールドが存分に楽しめる、「読書の秋」にピッタリな「読書サークル」を巡るミステリーの金字塔。

 

砂漠/伊坂幸太郎

「その気になればね、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ。」

この一冊で世界が変わる、かもしれない。

仙台市の大学に進学した春、なにごとにもさめた青年の北村は四人の学生と知り合う。少し軽薄な鳥井、不思議な力が使える南、とびきり美人の東堂、極端に熱くまっすぐな西嶋。

麻雀に精を出し、合コンに励み、犯罪者だって追いかける。

一瞬で過ぎる日常は、光と痛みと、小さな奇跡で出来ていた―。

明日の自分が愛おしくなる、今日の自分を愛でたくなる、今の時間が大切に思える、人生を楽しむ物語。

 

ダレン・シャン/ダレン・シャン

異形の芸人たちのサーカス団「シルク・ド・フリーク」が風のごとく街に来訪。

主人公のダレン少年は、ふとしたことから手に入れた『奇怪なサーカス』のチケット。ダレンは、好奇心に抗えず、親友のスティーブ・レナードと共に真夜中の劇場を訪れる。

狼人間、ひげ女、蛇少年、曲芸グモ──フリークたちの恐ろしくも楽しい芸が続き、興奮冷めやらぬうちにショーは閉幕。

この時、ダレンは「永久に引き返せない闇に世界」の入り口に立っていたとはつゆ知らずーー。親友の命を救うために半バンパイアになったハロフィンでお馴染みのバンパイア物語!

 

秋に読みたいビジネス書/自己啓発書

秋に読みたいビジネス書/自己啓発書を紹介します。

 

道は開ける/D・カーネギー

『人を動かす』と並ぶカーネギーの二大名著。人が生きていく上で誰もが直面する「悩み」の原因を客観的に自己分析し、心の持ちようや習慣を改め、心身の疲れを取り除く等の方法で具体的かつ実践的に解き明かす。

・PART1 悩みに関する基本事項
・PART2 悩みを分析する基礎技術
・PART3 悩みの習慣を早期に断つ方法
・PART4 平和と幸福をもたらす精神状態を養う方法
・PART5 悩みを完全に克服する方法
・PART6 批判を気にしない方法
・PART7 疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法

苦悩するすべての人を心の闇から救いだし、行動と自己変革への勇気を与え、新しい人生を切り開く、新年に向け、「心の蓄え」を始める秋の時期に深く読み込んでおきたい座右の名著。

 

生き方/稲盛和夫

120万部を突破した、不朽のロング・ミリオンセラーです。僕は初めて本書を読んだ時に、涙で目が濡れました。

二つの世界的大企業・京セラとKDDIを創業し、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が、その成功の礎となった「人生哲学」をあますところなく語りつくした一冊。

夢をどう描き、どう実現していくか? 人間としてもっとも大切なこととは何か?

「美しい。。。」読み終わった時にこんな言葉をもらしてしまう、秋の夜にどっぷりと浸かりたい「美しい生き方」。

 

チーズはどこへ消えた/スペンサー・ジョンソン

迷路のなかに住む、2匹のネズミと2人の小人。

彼らは迷路をさまよった末、チーズを発見する。チーズは、ただの食べ物ではなく、人生において私たちが追い求めるもののシンボルである。

ところがある日、そのチーズが消えた! ネズミたちは、本能のままにすぐさま新しいチーズを探しに飛び出していく。

ところが小人たちは、チーズが戻って来るかも知れないと無駄な期待をかけ、現状分析にうつつを抜かすばかり。

しかし、やがて一人が新しいチーズを探しに旅立つ決心を…。

大手トップ企業が次々と社員教育に採用。単純なストーリーに託して、状況の変化にいかに対応すべきかを説き、各国でベストセラーとなった注目の書。

状況変化への対応を説いたビジネス書として、人生の多種の局面を象徴した生き方の指南書です。

 

ニュータイプの時代/山口周

「20世紀的優秀さ」の終焉。思考・行動をアップデートせよ!

社会構造の変化やテクノロジーの進化にともない、個人や企業は、新しい考え方や成功モデルへの書き換えが求められている。

資本主義社会で評価されてきた能力や資質は、今や飽和状態となり、急速に凡庸なものへと変わりつつある。

サイエンスによる答えがコモディティ化する時代、「正解を出す力」に、もはや価値はない。

モノが過剰で、意味が枯渇する時代に、「役に立つモノ」を作り出す力は価値を失う。

「正解を出す力」にもはや価値はない。行動に意味を与え、価値を生み出し、ことにニーズが予想される未来を旅するニュー思考が学べる書

 

孫正義の焦燥 俺はまだ100分の1も成し遂げていない/大西孝弘

ソフトバンクの孫正義社長は2020年代の現役最強の経営者だと僕は思います。本書では孫社長や関係者へのインタビューを基に、そんな問いを投げかけます。

この3年、ソフトバンクは米国本格進出やアジア企業への投資、ロボットやエネルギー事業への参入と業容が急拡大。その間に、ソフトバンクが大きな課題に直面。

課題の1つは、2013年に買収した米携帯電話3位のスプリントの低迷だ。市場からは「スプリントを売却するのではないか」との声が出始める。

2つ目の課題は、急速に拡大した事業構造だ。ロボット事業やエネルギー事業、海外ネット関連企業へ出資と拡大路線をひた走っている。その半面で、国内事業が手薄。

課題の3つ目は収益基盤である国内事業の成長鈍化だ。世界ではM&A(買収・合併)など攻撃的な経営を貫いているものの、国内においては現金を稼ぐための守りの姿勢が目立つ。

挑戦者というイメージを持っていた顧客は、変節と捉えかねない。保守的な戦略をとり続ければ消費者の味方ではなく、既得権益者というイメージが付く。

経営者「孫正義」さんの実像に迫る一節一節は、秋の夜に味わい深い、広く、深く、限りなく、人間の可能性と、人生・社会への焦燥を教えてくれるパイオニアの心の声。

 

この秋、本や作品で充実度をUPしよう

本記事は「秋にぴったりのおすすめ本」を紹介しました。

夜長の秋、ぜひじっくりと本を味わい、思考を刺激し、心地よい読書タイムをお過ごしください。

 

読んで下さりありがとうございました。

本ブログ内では、この記事の他にも読書家海外サラリーマンDaichiの凡人なりの「英語」「読書」「資産形成」の成功実話を500記事以上紹介しているので、良かったらご覧ください。

では、良き読書ライフを ٩(`・ω・´)و

 

DreamArk(夢の方舟)の記事

【年末年始必読】2019年ビジネス書ベストセラーランキング!トップ10の本を年間200冊の読書家がおすすめ順に紹介!

2019年12月15日

【保存版】月1.5万を損するな!Kindle Unlimited本がメリットしかない話【おすすめ本も紹介】

2018年10月24日

【読書環境】読書家が選ぶ!読書時間におすすめの読書環境と必須アイテム集

2019年3月26日
Daichi

本ブログでは、読書0な凡人サラリーマンが年200冊の読書家になったら海外サラリーマンになった読書術を紹介します!

「読書経験なし・読書しても何も変わらない・読書に意味を見出せない」そんな方に僕の人生経験をもとに答えます。当読書法を参考に、読書の力で人生を切り拓いてもらえたら嬉しいです。