フランシス・ベーコン『若い時は一日は短く一年は長い。年をとると一年は短く一日は長い。』

フランシス・ベーコン

哲学者、科学者、政治家。

概略

エリザベス1世の国璽尚書を務めたニコラス・ベーコンの子。「知は力なり」を提唱し、「人間による自然の支配」を学問の目的とした17世紀の科学革命を代表する人物の一人。1605年『学問の発達』、1620年『新オルガヌム(機関)』がよく知られる。真の知識に至るには、正しい認識の妨げになるイドラ(偏見・先入観)を排除しなければならないと説き(イドラ説)、さらに実験と観察に基づく個々の事実から法則・結論を導き出す帰納法を提唱。

所感

現実を深く観察し、真理を追求しようとする彼の思考には頭が上がらない。民意に流されず、常識に流されずにモノを考える力は21世紀の現在においても重要な考え方だ。

そんな彼の想う時間から、時の過ごし方に対する警鐘が聞こえる。

一般的に、若い頃は新たな発見、気づき、覚えたいことが多々ある。環境が変わることが多いからだろうか。やる事が多々あるのに1日は短すぎる。だから、あっという間に終わる。

しかし、1年で考えると多くの経験が思い出されて長く感じる。

時間の密度が濃いのだ。

年をとったらどうだろう。日々の繰り返し、刺激の少ない毎日。だから長く感じる。しかし、1年で見ると短く感じる。

中身が薄いのだ。

そんな人生は、どこかもったいない。せっかく受けた生なのだから、とことん楽しみたい。

時間の密度を考える。ぎゅーっと濃くする。

エスプレッソのように。

 

 

賢者の足跡

1561年 誕生。

1573年 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学。スコラ哲学的方法に強い不満を抱いた。その後、ロンドンのグレイ法曹院で法律を学ぶ。

1584年 国会議員となる。当時、エリザベス女王の寵臣だったエセックス伯の腹心となる。

1601年 エセックス伯が反乱を起こすと法律家として告発し、処刑後は事件の全貌を明らかにする公開書の作成にあたった。しかし、エリザベス朝期およびジェームズ1世期の初期には栄達に恵まれなかった。

1605年 『学問の進歩』を出版。

1607年 法務次長になったことを皮切りに順調に栄達する。

1617年 国璽尚書になる。

1618年 大法官となる。

1620年 一時期だがトマス・ホッブズが彼の秘書を務める。

1621年 訴訟関係者からわいろを受け取ったという告発を受ける。彼はこの告発を認めたが、判決には影響を与えていないと弁護した。当時、裁判官が贈物を受け取るのは普通のことであり、この告発には党派争いが絡んでいた。結果として失脚し、4日間ではあるが、ロンドン塔に閉じ込められもした。隠退生活の中、亡くなった。

スポンサードリンク







!!お知らせ!!

お知らせ!

このブログ筆者のDaichiは、朝活・夜活勉強会を開催しています。

平凡な家庭から国立トップ校進学・大学院で「特に優れた業績」に選出され学費全額免除獲得。現在は海外にわたりビジネスに取り組んでいます。

この経験と年間200冊以上の読書から、『将来予測とキャリアデザイン』『今から始めたい資産形成』をテーマにした勉強会実施。

土日の朝の数時間があなたの人生をデザインする良い機会になるはず!

▼勉強会イベントは画像クリック▼

メルマガ購読(無料)

共感していただけたらシェアをお願いします


しっかり学びたいあなたに!
未来デザイン読書会

「読書の力で自分の未来をデザインする」をコンセプトに、課題図書から学び、日々の活動に関連付けるアウトプットをします。


賢く未来への資産形成!
キャッシュフローゲーム会

「若くして豊かに引退する」をコンセプトに資産の概念を一変する”金持ち父さん”の資産の作り方をボードゲームから学びます。

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ在住でブログ・勉強会運営。 「DreamArk」運営者。 ”自分らしい人生をデザイン”するためのイベント開催。 夢を語り合い育むための場として当ブログを設立。 国立卒、TOEIC850点以上、米国在住。 趣味は読書とコーヒーと温泉。温泉が近くになくてツラい。