うまくいかない時に知りたい人生の勝算【2つのポイント】




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

うまくいくためのポイントに気づくことで下のような実績を達成しました。

 

✔️クリアした実績

・東京の田舎育ち。少し貧乏に暮らす。成績はクラスで中の下。

★学年トップに転身

★TOEIC850点以上獲得

★20代海外サラリーマンに抜擢

★65,000PVブログ運営

 


上手くいかない時に振り返って気づいたこと。

・見当違いのことをしている
・行動量が足りていない

この2点を抑えるだけでも、
驚くほど多くのことが上手くいき始めます。

人生、上手くいかないこともありますが、乗り越え方を学んでおけばある程度はクリアできます。

本記事は、うまくいかない時に知りたいことを紹介します。本記事を読むことでうまくいかない時間を乗り越えて『うまくいくあなた』になる方法を知ることができます。

 

うまくいかない原因

うまくいかない原因は様々ですが、大きくは2つに分けることができます。

 

✔️うまくいかない原因

①取り組んでいることが見当違い

②行動量が足りていない

①取り組んでいることが見当違い

 

うまくいかない時の原因は『見当違いな行動』をしてしまっていることがあることです。

 

例えば英語の勉強を例にとります。

英語の実力アップに向けてTOEIC900点以上に目標に勉強を始めたとして、その方法が『YouTubeで英語のアニメをただ見るだけ』という方法だったらどうでしょうか?

TOEICの実力をアップさせるために、TOEICに出てくる単語や出題形式に慣れて解けるようになることが大切ですが、英語でアニメを見ているだけでは、あまりTOEICの英語力をあげることができません。

▼関連記事をチェック!

社会人が英語を映画で勉強するのは今すぐやめましょう【残念ですが真実です。。。休憩はOK】

社会人が英語を映画で勉強するのは今すぐやめましょう【残念ですが真実です。。。休憩はOK】

2019.01.20

 

うまくいかない時は、取り組んでいることが見当違いなことがあります。自分の目標と方法が重なっているか確認しておきましょう。

 

②行動量が足りていない

 

うまくいかない人のもう1つの理由は『行動量が足りていない』ことです。

うまくいっていない人が、うまくいっている人に勝つためには、控えめに言っても『2倍の行動量』くらいは最低で覚悟をしないとうまくいくことができません。

すでにうまくいっている人よりも上を目指すのであれば、現在うまくいっている人と同じ量の行動をするだけでは、平行線のままであり、位置付けが変わることはありません。

うまくいきたい時は、うまくいっている人の2倍以上くらいの行動が必要です。

 

うまくいかない時に知りたい人生の勝算

うまくいかない時に知りたい人生の勝算について紹介します。

 

✔️人生の勝算

①見当違い←正攻法から取り組む

②行動量が足りない←2倍動く

①見当違い←正攻法から取り組む

 

見当違いなことに取り組んでいてしまってうまくいかない場合は、正攻法から取り組み始めましょう。

正攻法では『量をこなせば勝てる』方式なので、基本的にうまくいくようになるためのファクターは『行動量』だけになって、意外と簡単です。

正攻法の見つけ方は簡単でして、うまくいっている人たちを見つけて『方法』を聞き出すのです。

方法をすんなりと教えてくれるならありがたく頂戴し、自分のものとして行動に繋げましょう。

武道の基礎は『守破離』と言われているとおり、まずは守る=真似るが大切です。

うまくいかない=初心者レベルとも取れるので、初心者が最初から『独自のオリジナル方法』でうまくいくほど人類の歴史は浅くありません。(一方、独学独自の方法で圧倒的にうまくいってしまう人がいたなら、人々はその人を『天才』と呼びます。)

うまくいかない人は『正攻法』を見つけだし、まずは常套手段で成功にたどり着きましょう。

 

②行動量が足りない←2倍動く

 

行動量が足りていなくてうまくいかない場合は、『圧倒的に行動=2倍以上動く』ことをしましょう。

天才と呼ばれたマイクロソフト創業者の『ビルゲイツ』ですら、ビジネスの立ち上げ・ソフトの開発では『3日間仕事をし続ける』くらい取り組んでいるので、凡人の僕のような人が仮にうまくいくような夢を描くなら、彼と同等以上の行動を起こす必要があります。

現在、仕事をしている人でも残業2時間程度で考えると、就業+残業=10時間くらいですよね。

睡眠時間を7時間とったとしてもまだ7時間のゆとりがあります。

ポイントはこの7時間をいかに『うまくいかせるために必要な行動にあてることができるか』です。

行動量が足りないと思うなら、1日3時間くらいは最低でも確保しましょう。僕はサラリーマンをしながら、1日3時間ほどの残業をしつつでも、フリータイムで3時間をブログに当てた結果、本業の傍で50,000PVを超えました。

行動量が足りないと感じるのであれば、理想は『できる人の2倍』ほどですが、目安としては最低1日3時間ほどは捻出しましょう。

行動に関連して、継続のコツを紹介しているのでよかったらご覧ください。

» 【継続のコツ】ブログ記事毎日更新を100日続けた私が継続の方法を明かします【誰でもできる】

【継続のコツ】ブログ記事毎日更新を100日続けた私が継続の方法を明かします【誰でもできる】

2018.11.11

うまくいかない時のリフレッシュ方法

とはいえ、うまくいかない時は精神的に辛く、行動するのもツラいこともありますよね。

そんな、うまくいかない時のリフレッシュ方法としてはおすすめなのは『一人旅』にでることです。

 

周りの雑念から解放され、自分と対話する時間を持てる一人旅は、過去までの自分を振り返り、目指すべきことを再確認し、自分の取り組みを見直す良い時間になります。

 

うまくいかない時は『一人旅』などのリフレッシュを取ることで、自分と向き合うことにも取り組んでみてください。

 

まとめ:うまくいかないからこそ『うまくいく』ことができる【山あり谷あり】

本記事は、うまくいかない時に知りたいことを紹介しました。

 

人生山あり谷あり、という言葉があるとおり、『うまくいかないからこそ、うまくいくことができる』ということも言えると思うので、現在うまくいっていない人は、これからうまくいくポテンシャルを秘めています。

うまくいかないからこそ、うまくいくものです。

その波の中で、自分を少しずつ前進させることができれば御の字。

少しずつ、でも確かな一歩でうまくいく道のりを歩んでいきましょう。

 

読んで下さりありがとうございました。

では実り多きライフを٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!