人生に正解はない。なら、少なくとも自分の人生の主導権を持って生きよう




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

アメリカは日曜日の夜になりつつあります。

普段仕事をしていると、自分の時間を丸々取れる土日は人生について考える良い時間になります。

 

Daichi

人生の選択に迫られている。。。

どうしたら良いのか分からないけど、指針になるような人生の正解を知りたい。

人生の正解になるような情報ってないだろうか?

 

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、海外で働くサラリーマンです。人生で取り組みたいことに挑戦するために、英語勉強やブログに取り組んだりしてきました。

人生の正解って、非常に難しいトピックだと思います。

僕は人生の方向性について、社会人になるときに深く考え、社会人になってからは、社会と自分の社会人当初の思いにギャップがあり、それからは自分の時間を作っては英語の勉強をしたり、ブログを書いたりして以下のことを進めてきました。

社会人になってから取り組み、実行してきたこと

★TOEIC850点以上獲得

★20代海外サラリーマンになる

★60,000PVブログ運営

あまりパッとしないかもですが、僕みたいな凡人なら、こんなもんだと思います。

凡人の僕ですが、一人前に「やりたいこと」を持っており、夢を追うために、コツコツとインプット・アウトプットに挑戦しています。

常に大事にしてきたことは、学び・行動することです。この2つを継続することで上のような実績に繋げました。

その経験を通して、本記事は『人生に正解はない。でも、少なくとも自分の人生の主導権を持って生きよう』について紹介します。本記事を読むことで、人生の正解について考え、自分なりの進み方を見出してもらえたら嬉しいです。

 

人生に正解はない。人生の正解は人それぞれ、時折々

人生に正解はない。人生の正解は人それぞれ、時折々

もちろんの話ですが、人生に正解はありません。

人それぞれの人生の目標

 

・生涯資産1億円を実現する
・60歳の誕生日会で1000人集まってくれる
・80歳まで妻と健やかに暮らす
etc…

人生の正解は人それぞれです。

お金に関する目標を持っている人もいれば友人関係に重きを置いていると思いますし、またはパートナーとの時間・暮らしに重点を置いている人など多種多様だと思います。

 

人生の目標と正解

 

また、人生の目標を実現できたからと言って、それが人生の正解だとも限りません。

 

例えば、人生の中で「英語がペラペラになって、海外で暮らす」という目標を立てたとします。

英語勉強の結果、それを実現できたからといって、実際に海外に住んでみたら夢に描いていた暮らしとは全く異なっており、ガッカリすることもあるかもしれません。

 

人生で描いている目標は、追いかけているときは明るく、輝いて、人生の正解のように感じていても、実際に実現してみたら、意外と違って見えることがあります。

人生の正解は、経験や時折々によって変わります。

 

人生に正解はない。なら、あるがままに?されるがままに?

人生に正解はない。なら、あるがままに?されるがままに?

人生に正解はないのであれば、何をしても変わりはなく、あるがままに、周りに流されるがままに過ごして行くことも1つの選択肢だと思います。

 

Let it be あるがままに

 

ビートルズの名曲に『Let it be』という曲がありますね。

ビートルズが解散の前に発表した「生き方」を考えさせてくれるような、素晴らしい曲です。

 

『あるがままにさせる』

 

こうして生きていくことも1つの選択肢として、当然のものだと思います。

正解がないのであれば、不正解もない。自分自身が「これで良いんだ」と納得できるかどうかの心の持ちようであり、あるがままに時間を過ごして、行き着いた未来の時間で、人生の正解を決めても十分にOKであり、ビートルズのようなスーパースーターでも、訴える価値観の1つであるのは確かです。

 

あるがままに、の別の側面

 

解釈の違いについて紹介します。

『あるがままに』というのは、周りの環境・制限に対して「されるがままに生きる」というような捉え方もあると思いますが、一方で、「(自分の心の)あるがままに」というような解釈もできます。自分が感じていること、思っていることに向かって、心のままに過ごして行くことも『Let it be』の1つの解釈で出来るものだと思います。

異なる解釈からも取れるように、人生に正解はないのだと思います。

 

人生に正解はない。なら、少なくとも自分の人生の主導権を持って生きよう

人生に正解はない。なら、少なくとも自分の人生の主導権を持って生きよう

一方で、人生の正解に向けた毎日の過ごし方に関しては思うことがあります。

それは『人生の主導権』に関してです。

 

自分の思う通りにいかない過去

 

昔の話を短く紹介しますと、世界に目を向けると奴隷の仕組みや、日本でも男女差別の世界があったように、過去は「人生の正解」を求めたくても、求められる環境が整っていいませんでした。

そのため、人々は厳しく制限された生活を強いられてきた時代がありました。

 

自分のやりたいことができるようになる時代の境目

 

一方、現在の日本では平等社会に向けて法整備も促進され、男女問わず、自分のやりたいことをフェアな状況でできる土台は整いつつあります。

さらに技術の力(メインはIT)も後押しして、世界はさらに「平等」に向かっていると思います。

ひと昔前は、一部の資産家が強い権力を握っており、強者の情報操作により、弱者が損を被るようなこともあったと思います。

残念ながら、今の時代でもその傾向は完全にはなくなってはいないように感じますが、それでも、ネットの力で多くの人が「平等に」情報に接することができるようになり、チャンスの割合はひと昔前に比べて格段に増えていると思います。

 

なら、少なくとも、人生の主導権を持って生きよう

 

こんなありがたい時代の中、「人生の正解」の選択に悩んだ時に、将来について悩ませ、行動を鈍らせるものがあるなら、そうした障害をなるべく取り除いて身軽になっておくことが重要だと思います。

むしろ、今「やりたいことをできる」権利をえた時代において、それでもなお、自分のやりたいことに向けて行動できないことは、過去の時代が築いてくれた恩恵をないがしろにしているように感じます。

 

具体的には「お金」の問題。

会社から長期出張が言い渡されたとき、自分の望みと異なる場所・異なる環境であった場合、心として「断りたい」と思った場合にも、将来の生活が頭をかすめて、外部からの要求に従うことしかできないようなパターンもあると思います。

友人の中には、出張を言い渡され、納得が行かなくても、自分に「これは良いことなんだ」と言い聞かせて出張にいくように自分を鼓舞している人がいました。

この友人のようなケースは世の中で見てみるとレアなケースではなく、むしろ多くの場所でみることができるように思います。

 

この自由な世の中で、やりきれない制限の中で、選択しながら生きていくのは、あまりに先人に申し訳ないように感じます。

 

人生の正解に挑むために必要な主導権の得る方法

人生の正解に挑むために必要な主導権の得る方法

こうした人生の行動を足踏みさせる要因に出会っても、ブレずに人生の正解に向かって生きていくために必要な方法は2つあるように思います。

 

✔️人生の正解に挑むための方法

①人生の目標を数年単位で暫定的に決める

②阻害因子を減らす

①人生の目標を数年単位で暫定的に決める

 

人生の目標を決めておくことは、人生の正解に向かって挑む上で重要なポイントだと思います。

上で紹介しましたが、人生の目標を叶えたからといって、それが人生の正解だとは限りません。

 

しかしながら、

・そもそも目指すものもなく、日々をなんとなく生きた末で感じる「人生の正解」、

・目標があり、試しては目標の現実に気づき、さらに次の目標に向かって生きた末で感じる「人生の正解」、

どちらの人生を生きたいでしょうか?

前者は、与えられた中でしか生きていませんが、後者は自分から主体的に生きています。

「行動する人にしかチャンスは訪れない」と言いますが、それはまさしく正解で、人生の正解においても主体的に取り組むからこそ、「言い聞かせ」でない、自分の思いにあった「人生の正解」にたどり着くことができると思います。

人生の正解に挑むためには目標を数年単位で暫定でもOKなので決めておきましょう。

» 【目標の立て方】目標のつくり方が成長の良し悪しを決める理由【人生のコンパス】

 

②阻害因子を減らす

 

また、人生の折々の選択の際に、悩ませる1番の要因とも言えるものは「お金」の問題だと思います。

お金を気にすることなく暮らすことができれば、職種・職場などの制約を超えて自由に生きやすくなるように感じます。

お金に関する悩みや不安をなくすためには。お金の勉強で知識を身につけて、具体的な行動と掛け合わせて資産を形成していくことだと思います。

自由に生きたい人必見!若くして経済的自由になるための資産形成と人生戦略講座! 金欠は悪vsお金は悪のシリーズでは、お金の教養に関する内容を短くまとめています。よかったらご参考に、人生の自由度を広げる1つの材料にしてもらえたら嬉しいです。

阻害因子を減らして、人生の正解にたどり着く、選択肢を増やせられる自分になっておきましょう。

 

まとめ:人生を思うこと、そうすれば人生の正解が見えてくると思う

本記事は『人生に正解はない。でも、少なくとも自分の人生の主導権を持って生きよう』について紹介しました。

人生に正解はないので、自分の思うように人生の道を選択できる時間を過ごしてもらえたら嬉しいです。

 

また、「やることがない」と言う人もいると思いますが、そんな時は「新しいことに触れる」ことで新しい自分の興味が見つかる可能性があります。

長期休みはまだまだですが、次の記事では自分にとっての「新しい」を見つけるコツを紹介しているので良かったら参考ください。

» 【おすすめ】長期休暇・夏休みの大人の過ごし方:200%の成長をもたらした有意義な方法

 

読んで下さりありがとうございました。

では、実り多きライフを٩(`・ω・´)و

 

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間7万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!