【教訓】人生うまくいかない時に知りたかったこと←人生変わります




どうも、海外サラリーマンDaichi(@Daichi_lifeblog)です。

人生でうまくいかないことがあっても、向き合うことが得意で、多くの試行錯誤の結果、20代で海外サラリーマンになりました。

本記事は、人生うまくいかない時に知りたかったことを、経験談をもとに紹介します。

 

Daichi

人生が上手くいかない、、、

自分では精一杯ガンバッているつもりなのに、なんで上手くいかないんだろう。。。

こんな疑問に答えます。

 

この記事を書いている僕は、海外で働くサラリーマンでして上手くいかない局面を乗り越えることが得意です。

人生が上手くいかないのは辛いですよね。。。せっかくの人生、自分が目指したものくらいは成し遂げたいものです。僕はやりたいと思ったことに関しては基本的に達成してきていますが、全てが最初からトントン拍子に上手くいったことはほぼないと思います。具体例をやらない後悔とやる後悔、どっちが良いか白黒つけようじゃないか。で解説しています。

やらない後悔とやる後悔、どっちが良いか白黒つけようじゃないか。

この経験を生かし、本記事は『人生うまくいかない時に知りたかったこと←人生変わります』ということについて紹介します。

 

【教訓】人生うまくいかない時に知りたかったこと←人生変わります

【教訓】人生うまくいかない時に知りたかったこと←人生変わります

結論からですが、人生がうまくいかない時に知りたかったことは「努力の基準値の違い」です。

 

自分では「頑張っている気」になっていた

 

少し経験談ですが、例えばブログ運営を例にとると、僕は今では50万PVを超える閲覧者を獲得することができました。

でも一方、始めた当初は「ブログ全然無理じゃん、、、全然、うまくいかない。。。」と絶望していました。

こうしたとき、自分は「頑張っている気」になっていて、「なんでこんなに頑張っているのにうまくいかないんだ。。。」と自信喪失しかけました。

頑張っているのに成果が出ない時ほど、辛いものはないんですよね。。。

 

上位層は全くもって「努力の基準値」が違う話

 

でも僕は過去の経験的に、うまくいかない時は「プロ」を観察することをよくします。

例えばブログ運営だと、一流ブロガーさん達を参考にしていました。

当時の僕:3日に1回の記事更新で弱音←頑張っている気になってた

一流ブロガー:毎日、2記事更新しつつ、YouTubeも更新

もう努力の量が違いすぎますよね。

つまり、自分が「頑張っている気」になっているものでも、よくよく周りを見てみると「全然頑張れていない」レベルで、そんな状態なら「上手くいかなくて当たり前」なんですよね。

昔の僕は、ブログに対する努力のボーターとなる基準値が低すぎたので、上手くいかないと嘆いていたに過ぎませんでした。

 

少しずつ自分を「プロの努力量」に調整したら成果がで始めた

 

そこで僕は自分の「努力のボーダーライン」を高めました。

具体的には、ブログで実績を出していた「マナブさん」という方を参考に「記事の毎日更新」を日課することを心に決めて取り組み始めました。

結果、PVが右肩上がりになり、1年が過ぎた現在、計50万PVを超えました。

ポイントは「どこに努力のボーダーライン」を置いているかです。

人生が上手くいかないと思っている人は、自分が目指すレベルに対して、そのレベルにいる人が「どれくらい」の努力をしているか参考にし、その努力量以上のことを継続的に取り組んで初めて「人生上手くいかない。。。」と考えることができるかもです。

努力のボーダーラインが低すぎると、常に「上手くいかない。。。」と落ち込み癖がつきますが、努力のボーダーラインをあげると「今くらいでは上手くいかないのは当然」という感じで捉えることができるようになります。

 

【対策】人生うまくいかない時に知りたかったこと

人生うまくいかない時に知りたかったこと

人生、上手くいかない時に知りたかったことを人生に活用する対策を紹介します。

 

✔️対策

① プロと共に作業しよう

② プロと同水準の努力の視点で考えよう

③ 没頭しよう

① プロと共に作業しよう

 

人生を上手くいかせたいのであれば、自分がやりたいことでの「プロ」の人たちの中に入っていきましょう。

プロの中に入ると学びがとても多いです。というより世界が変わります。

・起きる時間

・取り組みの時間

・取り組みのアプローチの仕方

・休日の過ごし方

・普段の会話

びっくりするほど異なります。

基本的に、上手くいかない人でも、プロと同じ行動を毎日1年ほど続ける頃には見違えるほどに成果が出るようになっていると思います。

それほど「成果を出している人の当たり前」の世界は異なります。

人生が上手くいかないで悩んでいるならプロのレベルに飛び込むべきです。

 

② プロと同水準の努力の視点で考えよう

 

プロの環境に飛び込めない環境の場合は、プロと同水準の努力の視点で全てを考えましょう。

そのレベルで取り組めていないなら「上手くいかなくてあたり前」です。

プロの「努力のボーダーライン」に視点を合わせて取り組むことで、むやみに落ち込む必要がなくなります。

プロと同水準の努力の視点を身につけましょう。

プロと同水準の視点を身につけるためには、その人の自伝を読んだり、もしくはインタビューをネット探したりすると良いと思います。もしくは身近にいる人の中でも圧倒的に成果を出している人がいるならその人のすごし方を参考にすることもありです。

成果をだすために取り組んでいる人たちの「努力のレベル」をしり、自分の努力レベルを調整していきましょう。

 

③ 没頭しよう

 

そして何より「没頭」することが大切です。

没頭するくらいに取り組まないと、周りから頭1つ向けて「上手くいくようになる」なんてことはできません。

僕は昔、朝3時まで空いているスタバで英語の勉強をしていることがありました。

そのスタバには常連のように夜の20時ほどから勉強している人たちがいて、彼らは24時過ぎまでわき目も振らずにひたすら勉強していました。

中には高校生のような制服を来た学生もいました。

PCを持った大学生のような人もいました。

あくまでも推測ですが、このレベルの集中力で毎日5時間ほど作業に取り組んでいた彼らは、きっと自分たちのフィールドで成果を出していたのだと思います。

プロのレベルの水準で考えて行動することなしに「魔法のように上手くいく」ようなことは、残念ながら起こりません。。。

それでも「自分はなんでうまくいかないんだろう」と悩む場合には自分の努力のボーダーラインを疑ってみてください。

 

まとめ:人生うまくいかない時は、知るだけでなく「行動」しよう

人生うまくいかない時は、知るだけでなく「行動」しよう

本記事は『人生うまくいかない時に知りたかったこと←人生変わります』ということについて紹介しました。

記事のポイントをまとめます。

・人生うまくいかない時に知りたかったことがあります

・プロの作業量は自分とは別格でした

・自分の「努力のボーダーライン」が低過ぎました

・人生をうまくいかせる対策は次の3つ

① プロと共に作業しよう

② プロと同水準の努力の視点で考えよう

③ 没頭しよう

こんな感じです。

 

とはいえ、読んだだけでは何も変わりません

 

いつも書いていることですが、この記事を読んだだけでは人生がうまくいく訳ではありません。

結局は、自分の生活がどう変わったか、自分の時間の使い方がどう変わったかが重要です。

「人生、うまくいかせたい!」と切に願うなら、身近にいる「成果を出している人」を見つけて、その人の努力量に自分の努力量を今日から合わせはじめてください。

 

読んで下さりありがとうございました。

では、良きライフを ٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!