自分を変えるためには3つの犠牲が必要です【なかなか自分を変えられない人におすすめ】




どうも、Daichi(@Daichi_lifeblog)です。

習慣を変えることで、自分を変えることに成功し、割と多くのことで自分の願う方向に進むことができています。

 

Daichi

自分を変えるためには何が必要なんだろう?

今からでも大丈夫なのかな?

自分を簡単に変えるとっておきの秘策みたいなことはあるのかな?

 

こんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、自分を変える行動をとることで、次のような実績を作ってきました。

・東京の田舎そだち。平凡か少し貧乏に暮らす。成績はクラスで中の下。

★学年トップに転身

★大学院専攻賞獲得

★TOEIC850点以上獲得

★20代海外サラリーマンに抜擢

★20代で不労所得月10万円形成

★50,000PVブログ運営

あまり、パッとしないかもですが、だからこそ、僕みたいな凡人でも手の届く範囲の成功に関して、その秘訣を紹介できれば思います。

本記事は『自分を変えるために必要な3つの犠牲』について紹介します。本記事を読むことで、自分を変えるために必要なことをハッキリとイメージできると思います。

自分を変えるためには3つの犠牲が必要です

自分を変えるために必要な3つの犠牲について、大前研一さん著書『洞察力の原点』では次のように紹介されています。

人間が変わる方法は3つしかない。

1番目は時間配分を考える。
2番目は住む場所を変える。
3番目は付き合う人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。

もっとも無意味なのは
「決意を新たにする」ことだ

僕も概ね、この3つには賛成でして、次のように強調したいと思います。

 

✔️自分を変えるための3つの犠牲

・ 時間配分を変える

・ 住む場所を変える

・ 付き合う人を変える

どれも互いに作用しあいますが、普通の人にとってはハードルの高い変化に感じるかもしれません(それだけ、自分を変える、ということは心理的にハードルの高いことなのかもしれません。)。

個人的な取り組み安さを加味して考えると次の順番で3つのことに取り組むと良いと思います。

① 時間配分を変える

② 付き合う人を変える

③ 住む場所を変える

 

① 時間配分を変える

 時間配分を変える

時間配分を変えることは、自分を変える上でとても重要です。

今の自分の生活を振り返り、学校の時間割のように、自分の時間が何に使われているかを振り返ってみます。

そして、今自分が目標に掲げている・自分がなりたいと思っている姿に近づくための時間をどれだけ割けているかを確認してみましょう。

自分の変えたい姿への時間の割合が、そのほかのものよりも少ないようであれば、まだまだ改善の余地はあります。

このことを実践して気づく人もいると思いますが、多くの人は『こうなりたい』『こう自分を変えたい』と『思っているだけ』であり、時間割として『取り組み・行動』を行えている人は多くありません。(おそらくです。過去の自分がそうでした。)

 

1日のうちに1秒も、将来のありたい自分の姿に行動できない人が、どうして自分を変えることができるでしょうか?

自分を変えるならば、時間配分を見直して、将来のありたい姿になるための時間比率を増やしていきましょう。

 

② 付き合う人を変える

付き合う人を変える

付き合う人を変えることは、自分を変える上でとても効果的です。

付き合う人が変われば、入ってくる情報・価値観が変わります。

価値観が変われば、行動が変わり、あなたは自然と変わることができると思います。

 

付き合う人を変える時のポイントは『将来ありたい姿に近い人』と一緒に過ごすことです。

・海外サラリーマンになりたい人は、海外サラリーマンになった人たちのコミュニティーに入りましょう

・英語を上達させたいのであれば、自分と似た環境から、英語を上達させた人たちのコミュニティーに入りましょう

・東大に行きたいのなら、似た環境から東大に合格した人たちに話を聞きにいきましょう

・お金にゆとりを持って暮らしたい人は、富豪と友人になりましょう

 

鶏が先か、卵か先か、の話に近いかもしれませんし、この方法で自分を変えていくことはなかなか大変です。

実際に想像してみてください。

・英語のできる自分になりたいと思い、英語ペラペラと話すコミュニティーに飛び込む

・周りは皆、英語でペラペラと話している

・自分は全然喋れなくてすごく凹む

最初は相当に凹みます。

一方で、そのコニュニティーの住人こそが、あなたが目指している姿のはずです。

つまり、そのコニュニティーのレベルになりたいのであれば、凹みことは至極当然であり、そこにしがみつき、自分を変え・高めた末に、気づいたら自分もそのコミュニティーにとって『当たり前』な存在となっていて、結果、自分を変えることに成功しているのです。

付き合う人を変えることはハードルが高く聞こえるかもしれませんが、自分を変える上でとても効果が高いです。ぜひ取り組んでみてください。

 

③ 住む場所を変える

住む場所を変える

住む場所を変えることも、自分を変える上で、とても効果的です。

住む場所を変えると、付き合う人も変わりますし(②に対応)、自分のルーティーンも自ずと変わると思います(①に対応)。

そのため、住む場所を変えることは自分を変える上で、最終兵器的な強力な武器であり、手取り早く自分を変えたい人は、サクッと住む場所を変えてみると、半ば強制的に自分を変えることができます。

自分の経験上では『①を変え、②が変わり、気づいたら③が変わっていた』という手順でした。詳細について、次の章で紹介します。

住む場所を変えることは、自分を変える上の最終兵器です。自分を今すぐにでも変えたい場合は、住む場所の変更を検討してみることをおすすめします。

 

自分を変えるために必要な3つの犠牲【経験談:英語学習】

自分を変えるために必要な3つの犠牲【経験談:英語学習】

僕自身の英語経験を通して、自分を変えるために必要だった3つの犠牲を簡単に紹介します。

具体的な英語の勉強を含めた話は社会人になってからの英語の勉強方法【ガンバって海外サラリーマンになった話あり】でまとめているので良かったらご参考ください。

社会人になってからの英語の勉強方法【ガンバって海外サラリーマンになった話あり】

2018.12.23

 

✔️海外在住に至るための3つの犠牲

①余暇・飲み会の削減

②付き合いの変更・削減

③海外移住

自分を変える方法①余暇・飲み会の削減

 

僕が海外にいきたいと思ったのは、ある仕事を海外でしたいというモチベーションから始まりました。

英語が苦手であり、社会人になってから英語の勉強を全くしていませんでしたので、学生の頃よりも英語力は低下しており、、、そのため、英語力向上に向けて、自分の時間の配分を変えることに取り組みました。

海外で働くことを志してからは、業務後、まっすぐ帰宅して、家でのんびりと過ごし時間を減らし、帰り道にあるカフェによって1−2時間程度の英語の勉強し、休日は家族と過ごす時間を減らし、図書館にこもり半日ほど勉強する日々を1年ほど過ごしました。

 

自分を変える方法②付き合いの変更・削減

 

時間配分の変更にも関連しますが、今ままでの付き合いのまま、英語の勉強を両立させることはかなり厳しい状況でした。

そのため、義務的な飲み会以外はほとんど断るようにし、自分の将来に向けて、時間を投資することを選びました。

それに伴い、付き合う人は徐々に変化し、

飲み会をもとに付き合っていた人、から、将来に向けて研鑽する人たち、と割と過ごす時間が多くなり、日常的に付き合う人が変わりました。

 

自分を変える方法③海外移住

 

そして最終的に英語力の向上に成功し、海外で働く機会を手に入れることができたので、海外に移住しました。

 

おそらく、社会人になりたて、もしくは英語の勉強を始めて1ヶ月ほどしか経っていなかった自分が、今の自分をみたら、大きく自分が変わって見えるだろうと思います。

一方、そんな変化も、この3年ほどで起きた変化です。

人間、その気になって毎日コツコツと取り組めば結構変われるものだと感じている実体験です。

 

まとめ:自分を変えることを探し続けて終わる日々を終わりにしよう

自分を変えることを探し続けて終わる日々を終わりにしよう

本記事は『自分を変えるために必要な3つの犠牲』について紹介しました。

僕は、割と『行動できない夢追い人』的な自分を自覚しており、なかなか行動に繋げることができないことも多くあります。

 

しかし、願っているだけでは自分を変えることができないのは当然です。

自分を変えたいのであれば、自分を変えることを探し続けるのでなく、自分を変えるための具体的な行動をとることが大切です。

再度、自分を変える方法をまとめます。

 

✔️自分を変えるための3つの犠牲

・ 時間配分を変える

・ 付き合う人を変える

・ 住む場所を変える

 

自分を変えるためには、行動しよう

自分を変えるためには、行動しよう

さいごに、再度になりますが自分を変えるためには3つの犠牲があり、それを行動にうつさないと変わりません。

そして、行動したからといっても、必ずしも「上手く」変わるかは分かりません。

 

僕は自分にとっての新しい道を拓くためにブログを始め、かれこれ300日以上毎日記事を書いていますが、それでもまだまだ道の途中です。

6月末

本日で今年181日目
今年の記事数181記事#毎日更新 達成中!!!

取り組んでも上手くいくとは限りませんが
取り組まないと上手くいくかも分かりません

『閉ざされたドアの向こうに新しい何かが待っていて
きっと きっと って僕らは動いてる』

次の扉をノックするための #今日の積み上げ 完了😌

ただ、間違いなく言える結論は次のとおりです。

行動することなしに自分が変わることはない。

もし、自分を変えたいのであれば、新しい自分に向けて上の3つの犠牲の何かを変えてみて動き始めてみてください。

» 【実績あり】早起きを活用してブログを継続する理由【300日継続】

【実績あり】早起きを活用してブログを継続する理由【300日継続】

 

読んで下さりありがとうございました。

では、実り多きライフを ٩(`・ω・´)و

 

関連記事



スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

海外で働く20代既婚サラリーマン。サラリーマンしながら月間6万人に読まれる当ブログ『DreamArk』運営中。凡人貧乏でも海外サラリーマンになれた経験から「人生に夢を。」がモットー。『信じて行動すれば夢は実現する』と今日も元気にブログ活動中!