夢を叶える流れ星理論とは

 

「流れ星が消えるまでに夢を3回唱えることが出来たらその夢は叶います。」
流れ星によく言われる夢を叶えるおまじないです。

今日はこの流れ星に関するお話しです。

そもそも流れ星って?

Wikiより

流星の元になる小天体は、0.1mm以下のごく小さな塵のようなものから、数cm以上ある小石のようなものまで様々な大きさがあり、それらが地球の大気に秒速数kmから数十kmという猛スピードで突入し、上層大気の分子と衝突してプラズマ化したガスが発光する。これが地上から流星として観測される。

つまり、石っころが摩擦で燃えて光っている、ということですね。

どれくらい一瞬なの?

再びWikiより

大気圏外(たいきけんがい)は、天体等の大気圏より外の高い真空の空間(たとえば地球の場合、高度約250kmで、「超高真空」と定義されている圧力になる)ないし宇宙空間のことである。

小天体の石っころも大気がなければ燃えません。
そのため、地球に近づいて燃え始めるのは上空250kmほどから。
そして流れ星の速度は数kmから数十km、幅が広いので10km/sとすると、地表まで届いた場合には25秒も光り続けます。

「そんな長い訳あるかっ」

はい、そうですね。

・ほとんどの流れ星は地表まで届かない
・視力にもよりますが人の視認能力は0.02mm程度(太い髪の毛で0.1mm程度)

これらをかけ合わせると、結局は1秒未満、長くても数秒ということになります。

物理的に無理じゃない?

流れ星が光っている間に夢を3回唱えるのは難しそうです。
早口言葉の練習みたいになってしまします。

1秒の間に人が言える単語の数には限度があります。

流れ星が見えている間に夢を3回言うことにはあまり意味ないように思います。

流れ星理論とは?

私の「味付け」をした解釈です。

流れ星の理論とは
「意図していない時にフッと流れ星が表れて、その時に夢を明確に想い描けた夢は叶う」
と言うものではないかな、と思います。

 

まっったく理論的ではありませんが、
フとした際にも、頭に浮かぶくらいに、強く想っている
だからこそ、その夢はきっと叶うまで、追い続けれるのだと思います。

 

☆☆☆☆☆

今日は流れ星に感するお話でした。

個人的には、こういった感情的なお話が大好きです。
元気になれるワクワク話は、調べていても聞いていても、私にとって至高の時間です。

今日は「フッとした瞬間でも思い描けるほど夢を常に考えている事が、夢の実現に繋がるポイント」ということを紹介しました。

少しでも夢の応援になれていたら幸いです。

 

 

メルマガ購読(無料)

スポンサー











共感していただけたらシェアをお願いします

 

読書・勉強をしているけど
自分を変えられない…

 

変われない自分がついに変われる!
夢に一歩を踏み出す自分になる!

 

 


超おすすめ!夢を叶える方法を無料で全公開!
【永久版】夢を叶える全手法

「叶えられないから夢」を一蹴する夢を叶えるためのSTEPを9つで紹介。TOEIC300点、国立大合格、海外移住、様々な夢を叶えてきた共通のノウハウを全てここに。勉強習慣の改善や資格獲得、資産の形成まで様々な夢にお役立てください。「夢とは、人生だ。」夢の方舟が送るプレゼント。


しっかり学びたいあなたに!
未来デザイン読書会

「読書の力で自分の未来をデザインする」をコンセプトに、課題図書から学び、日々の活動に関連付けるアウトプットをします。


楽しく学びたいあなたに!
キャッシュフローゲーム会

「若くして豊かに引退する」をコンセプトに資産の概念を一変する”金持ち父さん”の資産の作り方をボードゲームから学びます。

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ在住で教員免許をもつ兼業キャリアサポーター。 「DreamArk」運営者。 ”自分らしい人生をデザイン”するためのイベント開催。 夢を語り合い育むための場として当ブログを設立。 国立卒、TOEIC850点以上、米国在住。 趣味は読書とコーヒーと温泉。温泉が近くになくてツラい。