道筋をもう知っていた!?イチローの子供時代の夢がすごい!

この記事は、プロ野球選手イチローさんの子供の頃の夢と、そのスゴい点を紹介します。

 

一度のきりの人生、せっかくなら最大限成功・活躍できたら面白そうですよね。

可能なら、自分の夢を実現させたいですよね。

 

夢を実現するためには、4つの大切なポイントを抑えることが夢を実現する鍵になります。

 

このポイントを抑えることで、夢を実現できるあなたに変わることができます。

 

 

それでは、イチロー選手の子供時代の夢を見ていきましょう。

 

イチロー選手の子供の頃の夢の作文

ぼくの夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには、中学高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。
活躍できるためには練習が必要です。

ぼくは、3歳のときから練習を始めています。3歳から7歳までは半年くらいやっていましたが
3年生の時から今では、365日中360日は激しい練習をやってます。

だから1週間中で友達と遊べる時間は、5~6時間です。

そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

そして中学、高校と活躍して、高校を卒業してから
プロに入団するつもりです。そしてその球団は、中日ドラゴンズか西武ライオンズです。

ドラフト入団で契約金は1億円以上が目標です。

ぼくが自信があるのは投手か打撃です。

去年の夏、ぼくたちは全国大会に行きました。

そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会NO1選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームラン3本を打ちました。

そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。

このように自分でも納得のいく成績でした。

そしてぼくたちは、1年間負け知らずで野球が出来ました。

だからこの調子でこれからも頑張ります。そしてぼくが一流の選手になったら、
お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも「夢」のひとつです。

とにかく1番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

 

夢の実現に必要な大切なポイント

夢の具体的にする描く

「一流のプロ野球選手になること。」

「中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。」

「契約金は1億円以上が目標です。」

以前の記事では明確化について、数字を記載する例を取り上げました。

しかし、イチローの夢の競争相手は他の選手であり、夢達成の判断社は球団関係者という”人”です。

こうした明確にしにくい夢においても彼なりの工夫で夢を明確にしています。

どこの球団に入りたいのか、契約金がいくらなのか、という細部まで夢を掘り下げて明確に出来ている点が読み取れると思います。

 

今と未来のGapを知る

難しいのは、一流野球選手というのは他者と比較して初めて「上手」だと判断されるからです。上手いか下手かは相対的な話です。

イチローはこの相対的な事柄においても、まずは自己の立ち位置を確認しています。

「去年の末、僕たちは全国大会に行きました。」

「一年間負け知らずで野球ができました。」

という野球の試合成績を基準とした他者と比較しています。

夢を叶えるためには現在自分はどれだけのところにいるのか、現状を知ることが必要です。

 

実現のための内訳(行動目標)をたてる

一流のプロ野球選手になるために必要なことを次のように書いています。

「中学、高校と全国大会に出て活躍しなければいけません。」

「活躍出来るようになるためには練習が必要です。」

イチロー選手は、目標を達成するために必要な内訳となる具体的な行動をしっかりと理解出来ています。

この内訳を知るには、本人の興味はもちろんのこと、その情報を手助けしてくれる誰かがきっと近くにいたのかもしれません。

子供の頃の早い段階で夢を実現する方向性を決めることができたからこそ、夢の実現に向けて深く濃い時間を過ごせたのでしょう。

 

☆☆☆☆☆

いかがでしたでしょうか。

もし自分の夢をお持ちの方がいらっしゃったら、イチローの夢と照らし合わせてみて、自分の夢を叶えるために何が必要なのか、という再確認して頂ければと思います。

また、イチローのように頑張って成果を出した人の行いを知って、モチベーションを高めて夢を叶えるガソリンにして頂ければ幸いです。

 

ーーーーー

また、下は余談ですが、

小学生の作文にして、すごいな、と思った点を2点取りあげます。

Time management

一週間で遊べる時間は5、6時間です。

子供が、このように”自分の使える時間”を意識することが事があるのでしょうか。

また、文章から分かる事があります。

それは夢を叶えるための時間の分配の重要性をイチローは分かっていたのではないか、という事です。

プロの選手になるためには、〜時間の練習が必要。そのために「時間を確保しよう」としています。

これは、フランクリンの「重要な事に時間を割く」という教えに繋がるところを感じます。イチローは、自然と実践していたのかもしれません。

 

First Answer!

本当に子供でしょうか?

アメリカで好まれる記述の進め方です。

文頭にて結論を述べています。

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

せっかちだったら、結論を知りたい人にとって、この手法はとても好印象が持たれます。簡潔、明快で非常に読みやすいです。

 

また、夢を実現し続けるイチローの海外生活が凝縮された1冊の紹介です。

アメリカに渡って10年。

数々の記録と栄光の陰で、

何を悩み、何に苦しみ、何を発見してきたのか。

夢の舞台でのメジャー生活について、成功の表と裏をジックリと読みたい方にオススメです。

 

\紹介本はこちら/

>> 次のページは

石川遼の子供時代の夢がすごい!

 

▼合わせて読みたい

関連記事:【永久版】あなたの夢を叶えるすべての方法。夢の物語をここから

関連記事:夢を叶えるたった4つのステップ

 

スポンサードリンク







!!お知らせ!!

お知らせ!

このブログ筆者のDaichiは、朝活・夜活勉強会を開催しています。

平凡な家庭から国立トップ校進学・大学院で「特に優れた業績」に選出され学費全額免除獲得。現在は海外にわたりビジネスに取り組んでいます。

この経験と年間200冊以上の読書から、『将来予測とキャリアデザイン』『今から始めたい資産形成』をテーマにした勉強会実施。

土日の朝の数時間があなたの人生をデザインする良い機会になるはず!

▼勉強会イベントは画像クリック▼

メルマガ購読(無料)

共感していただけたらシェアをお願いします


しっかり学びたいあなたに!
未来デザイン読書会

「読書の力で自分の未来をデザインする」をコンセプトに、課題図書から学び、日々の活動に関連付けるアウトプットをします。


賢く未来への資産形成!
キャッシュフローゲーム会

「若くして豊かに引退する」をコンセプトに資産の概念を一変する”金持ち父さん”の資産の作り方をボードゲームから学びます。

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ在住でブログ・勉強会運営。 「DreamArk」運営者。 ”自分らしい人生をデザイン”するためのイベント開催。 夢を語り合い育むための場として当ブログを設立。 国立卒、TOEIC850点以上、米国在住。 趣味は読書とコーヒーと温泉。温泉が近くになくてツラい。