【君も星だよ】今を全力で生きる!未来を変えたい人に贈る応援歌!

こんにちわ、Daichiです😊

綺麗な曲があります。

私はこの曲を中学生の時に合唱曲として歌っていました。

当時も良い曲だなと思っていましたが歳を取るごとにその思いは深まるばかりです。

最近になり、ふとしたことで作曲された方(ミマスさん)の紹介ページにいきつきました。

曲が与えてくれる印象にマッチするとても素敵な人柄を文章から読み取れます。

この曲の作曲に至ったストーリーを公開してくれていますがこちらでも引用します😊

本投稿の前半部はほとんど引用になりますので原文を読みたい方は、こちらを

ミマスさんとは?

神奈川県平塚市在住の作曲家さんです。

星空・宇宙・自然・旅などをテーマに歌を作る音楽ユニット『アクアマリン』のメンバーです。

作詞作曲、キーボード、ギターを担当しています。

作品のいくつかは学校で歌われる合唱曲になっています。

「COSMOS」「風のことば」「明日の空へ」他、多数作曲されています。

ミマスさん記事

 これからお読みいただくのは、

《COSMOS》を始めとする合唱曲ができるまでのエピソード、歌詞に込めた想い、そして僕がどんな道をたどって好きな音楽を仕事にするようになったのかといったことです。

歌ってくれた若い皆さんへのメッセージもあります。

これから自分で歌を作ってみたいという方のための、作詞作曲講座もあります。

少しでも何かを汲み取っていただき、あなたの生活や人生に役立ててくれたら本当に嬉しいです。

1.星空とともに歩む人生

2001年11月18日の夜。

日本の上空に流星雨が現れました。

しし座流星群の大出現です。

「流星群」とは、毎年決まった時期に流れ星が多く見られる現象のこと。

8月中旬のペルセウス座流星群、12月中旬のふたご座流星群はとくに有名です。

毎年ピークの晩には、1時間あたり数十個の流れ星が見られるのです。

しし座流星群は11月。普段の年はほとんど流れないマイナーな流星群です。

ところが、約33年ごとに、夜空を埋め尽くすほど大量の流れ星を降らせることで知られています。

それが「流星雨」です。

その光景を僕は、茨城県大子町の山奥で見ました。

真夜中から夜明けまでの約6時間。

ほぼ「1秒に1個」というペースで、漆黒の夜空を切り裂いて、眩しい火の玉がドカンドカンと流れ続けたのです。

生まれて初めて見る光景。おそらく一生に一度の体験。1時間あたり数千個という大流星雨です。

このとき夜空を見上げた人は、一晩で1万個ちかい流星を見たはずです。

とめどなく降り注ぐ流れ星の雨。それを眺めながら、僕はある想いで胸がいっぱいになっていました。

 

「世界はあまりにも広く、自分の持ち時間はあまりにも短い……」

 

なぜそんなことを考えたのか、今でもよく分かりません。ただその一夜を境に、僕の人生に対する姿勢は大きく変わりました。

「よし、これからの人生は、世界の美しい風景を見て周ることに費やそう! やりたいことをやろう、言いたいことを言おう!」

そこから僕は少しずつですが、毎年のように、地球の絶景を訪ねる旅にでかけるようになります。あの流星雨が、人生を変えたと言っても過言ではありません。

ふりかえれば、そんなふうに、僕はいつも星空から多くのことを教わってきました。

人生の大きな節目で悩んだときも、ひとり静かに星空を見上げます。

そうすると、勇気づけられ、背中を押されたような気持ちになるのです。

 

本当に美しいものとの遭遇は、人間を変えます。

星空はその最たるものです。

 

小学5年生のとき、理科の授業で天体のことを習いました。

それがきっかけで、僕は星や宇宙が好きになりました。

それ以来、僕はいつも星空とともに歩んできたような気がします。

 

《COSMOS》をはじめ、これまで僕が作った歌の多くは星空の影響を受けています。

僕にとって星空は、友だちのような、道しるべのような存在です。

 

君にはそういうものがありますか?

生涯を通して自分のよりどころとなってくれるようなものを見つけられたら、人は幸せですよね。

 

2.「君も星だよ」とはどういう意味か

合唱曲《COSMOS》については、歌ってくださる方々からいろいろな質問を受けます。

歌い方のことや歌詞の解釈、さまざまです。ここでは、作者として歌に込めた想いについて語ってみることにしましょう。

天文少年だった子どものころ、僕は夢中で星の本を読みました。

プラネタリウムに毎週通って、星座も覚えました。そんなふうに天文学のことを勉強するなかで、ひじょうに深く、感動したことがあるのです。

 

ひとつは、「星にも寿命がある」ということ。

夜空に見える無数の星たち。そのほぼ全てが、太陽と同じように自ら輝いていて光を放つ「恒星」です。

宇宙には、太陽よりずっと巨大な星もたくさんあります。それでもあんな小さな点にしか見えないのは、それだけ遠くにあるからなのですね。光の速さで何十年、何百年、何千年とかかるほど遠くにあるのです。

そんな星たちも、永遠に輝くのではありません。

カンタンに言うと「燃料が尽きる」時がやってきます。

星の寿命は短くても数百万年、長いものは数十億年から百億年以上にもなるそうです。人間よりもだいぶ長寿ですね。でも、星にも誕生と死があるのです。

 

この宇宙の中に生まれ、限られた時間を生き、いつか消えてゆく。

その定めにあるのは人も星も一緒。それを知ったとき僕は、人間も星も同じだ! と思ったのです。

 

もうひとつは、僕たちの体が何でできているのかということ。

人間の体は、さまざまな元素でできています。骨はカルシウムでできていますし、血の中には鉄がありますね。こうした、僕や君の体を作っている元素はどこから来たのでしょうか。

答えはなんと、「星の中」なのだそうです。

すさまじい高温高圧である恒星の内部では、水素やヘリウムといったシンプルな元素を材料にして、核融合反応によってさまざまな複雑な元素が作られてゆきます。

そしていつか、星は最期を迎えます。一生の終わりに星は、ガスを宇宙空間に放出したり、自分自身を粉々に吹き飛ばす「超新星爆発」を起こしたりします。

長い時間をかけて作ってきた物質を、宇宙にばらまくのですね。

それを材料にしてまた新しい星が作られる……。

宇宙はその輪廻のくりかえし。

 

地球もそうしてできました。

当然、地球に生まれた僕たちの体も、それらを材料にしてできています。

僕たちの体を作っている元素は、遠い昔、星だったのです。

 

当時私は14歳だったと思います。

あれから13年。

約2倍の時間を歩いてきました。

何が変わったかというと変わり過ぎて言いきれません。

でも1番の大きな変化は私もある時に気づきました。

世界はあまりにも広く、自分の持ち時間はあまりにも短い……」

 

だから、やりたいこと・実現したいことに真剣に向き合い始めました。

 

学生当時、思いました。

目の前の勉強が何の役に立つのか?

今の進路選択が将来にどんな影響を与えるんだろうか?

答えを見出すことはありませんでしたがひたすら何かを信じて学び続けました。

 

今も思います。

自分ではAIによる社会変化の将来予測や目標達成に関する手法を学んで少しでも近づけるように苦心して試す日々です。

 

でも正直、将来なんて詳細まで分かりえるのでしょうか。

 

少し賢くなったとしたら読書を覚えて世界で生活をしてみて

過去に、未来に、東に、西に、

目を向ける視野の余裕が生まれたことぐらいです。

 

その学びをフルに活用したり

真剣に追い続けて行動するだけで夢が叶う可能性があるのだったらチャレンジしようと思い、行動を始めました。

 

自分で資産を形成して自立して生きていけるように勉強と実践を始めました。

 

今はまだまだ道の途中ですが堅実に前進していこうと思っています。

 

本屋大賞を受賞した宮下奈都さんの著書の1つ『終わらない歌』

 

この著書の中で「COSMOS」はとりあげられます。

 

著書の中の女性はiPodにこの曲を入れて元気をもらっていました。

深淵な歌詞、そして自身の思い出も重なり、この曲を聞くと元気をもらえます。

 

とりとめのない思いを読んでくださりありがとうございます。

 

長くなりましたが最後に合唱曲の紹介です。

やはり学生が歌うこの曲は当時の自分と重なって非常に心を揺さぶられます。

よろしかったらぜひ1度聞いてみてください。

 

COSMOS

夏の草原に
銀河は高く歌う
胸に手をあてて
風を感じる

君の温もりは
宇宙が燃えていた
遠い時代のなごり
君は宇宙

百億年の歴史が
今も身体に流れてる

光の声が
天高く聞こえる
君も星だよ
みんなみんな

時の流れに
生まれたものなら
1人残らず
幸せになれるはず

みんな生命を燃やすんだ
星のように
蛍のように

光の声が
天高く聞こえる
僕らはひとつ
みんなみんな

光の声が
天高く聞こえる
君も星だよ
みんなみんな

光の声が
天高く聞こえる
君も星だよ
みんなみんな

君も星だよ

 

 

読んでくださり、ありがとうございました😊

スポンサー











共感していただけたらシェアをお願いします

☆☆☆☆☆

 

普段から読書・勉強をしているけど
なかなか自分を
変えることができないな…

 

変われない自分がついに変われる!
夢に一歩を踏み出す自分になる!

 

資産形成・独立起業・将来準備。

 

何か動き出すキッカケが欲しい!という方はぜひ一緒に動き出しましょう!

 

 

今後も夢の方舟を
よろしくお願い致します⛵

 

 


超おすすめ!夢を叶える方法を無料で全公開!
【永久版】夢を叶える全手法

「叶えられないから夢」を一蹴する夢を叶えるためのSTEPを9つで紹介。TOEIC300点、国立大合格、海外移住、様々な夢を叶えてきた共通のノウハウを全てここに。勉強習慣の改善や資格獲得、資産の形成まで様々な夢にお役立てください。「夢とは、人生だ。」夢の方舟が送るプレゼント。


しっかり学びたいあなたに!
未来デザイン読書会

「読書の力で自分の未来をデザインする」をコンセプトに、課題図書から学び、日々の活動に関連付けるアウトプットをします。


楽しく学びたいあなたに!
キャッシュフローゲーム会

「若くして豊かに引退する」をコンセプトに資産の概念を一変する”金持ち父さん”の資産の作り方をボードゲームから学びます。

ABOUTこの記事をかいた人

ニューヨークで働く会社員。 「夢の方舟」運営者。 ”夢を叶える”ためのゲーム会や勉強会を開催。 夢を語り合い育むための場として「夢の方舟」を設立。 ✴︎旧帝大+2の志望大学に現役合格 「第一志望の国立大学合格」 ✴︎3ヶ月でTOEIC560点→860点 「TOEIC800点超え」 ✴︎本業成功。アメリカ居住 「海外居住達成」 ✴︎教員免許取得