世界を変えることはできない?純粋な若者の行動

 

こんにちは、Daichiです😊

世の中にはたくさんの夢の種類があると思います。

海外旅行のような生活をしたい、大富豪になりたい、移民問題を解決したい、自然のエネルギーに変化させたい。

生活の変化の夢もあれば社会の変化の夢もあります。

その中でも今日は、後者の方の「社会の変化」に挑戦した若者について紹介します。

社会的な変化っていうのはとても労力のかかることだと思います。

また、変化が中々見えにくくってやり続けることに意味を見出せなくなって行動を止めてしまうことも、、、あるかもしれません😅

次の方にオススメです!

・夢を追う元気が欲しい!
・社会を変える夢の難しさを知りたい!
・行動している若者を知りたい!

 

『僕たちは世界を変えることができない』

僕たちは世界を変えることができない。

2008年出版の本なので早くも10年前。2011年には映画化もされて注目された葉田甲太さんによるノンフィクションのお話です。

当時大学生の著者は、ふとしたことで行動を起こし始めます。内容は、行動開始のキッカケ、実践の実録、そして終えてみて著者が感じること。大学生の視点から、等身大の言葉書かれた夢の終始の記録は、とても身近に感じることが出来るゆえに自身の夢と重ねると、考えされられるものがあります。

結構古い話ですが刺激が多く、出版10年記念でもありますので紹介させてください😊

 

あらすじ

 

行動のきっかけはパンフレット

医大に通う甲太さんはイベントサークルに入り、朝まで飲み会をして自宅に帰ってまた飲み直す、そんな呑み明かす日々の生活をしていました。気軽ではあるもののどこか物足りなさを感じる毎日。

ある日、立ち寄った郵便局にあった一枚のパンフレットに目を奪われます。

「あなたの150万円で、カンボジアに学校が建ちます」

この言葉に感化された甲太さんは友人の2人(矢野さん、芝山さん)に声をかけて行動を始めます。

 

苦難と達成、そして次の1歩へ。

行動を開始し、友達全員に寄付を募りますが誰も相手にしてくれません。。。そんな中、以前に合コンで知り合った一人(本田さん)が参加を申し込んでくれます。

本田さんは見かけはチャラチャラしているものの、その行動力は高く、その行動に周りも刺激されて行動が行動を呼びます。クラブの女の子への懇願。学校でのチラシ配り。そしてついにはチャリティーイベントを成功させます。

イベントを通す中、看護師を目指しチャリティーにも興味があるという久保さんは甲田さん達がカンボジアに行ったことがないと聞いて少し驚きます。それをキッカケに、甲田さんは自身がチャリティーをつとめたカンボジアについて知ろうと思い立ち、友人とカンボジアへ旅することを決意します。

 

厳しい現実

カンボジアを訪れた4人はガイドさんと様々な場所を巡ります。

惨劇の時代の収容所のツールスレン博物館、ゴミ山、HIV患者の病棟。遠い過去の話ではなく、今なお苦しむ人たちの姿を目の当たりにする4人。現状の傷を理解していきます。

HIV病棟では一人の女性ソッピアに出会います。矢野さんは自分の好きな歌手にソッピアが似ていると話し、それを聞いた周りは囃し立てて矢野さんに一曲歌わせようとしますが恥ずかしがって出来ませんでした。

そしてついに学校へ。しかし現状は荒れた大地や未だに埋まる地雷、家事に駆り出せれる子供。当時でもなお残る戦争の跡と貧困を目の当たりにして学校建設への熱が高まる一向に思わぬアクシデントが起こります。

 

逆境と足掻き、叫ぶ心

彼らのチャリティーへの協力をしていたIT会社が違法取引で逮捕されて甲田さんたちのサークルも疑いの目が向けられます。

非難の落書きがされた募金箱、悪意あるネットへの書き込み。『就職に有利だと思ったから協力したのに』『こんなに大変ならやめたい』仲間達の本音があらわになり、バラバラになっていくサークル。

それでも現状を見てきた彼らは諦めませんでした。引っ越しアルバイトやサイドの募金呼びかけ、工夫と努力を重ねて再度目標額を達成して、再びカンボジアへ向かいます。

再訪のカンボジアで矢野さんはどうしてもやりたいことがありました。ソッピアに会いに行き、歌を贈ることです。

練習を重ねてきた矢野さんはHIVの病棟に向かいますが、訪れた病院でソッピアが亡くなったことを聞かされるのでした。

意気消沈する一向ですが学校へ到着するとそこには子供たちのたくさんの笑顔が溢れていました。彼らは開校式に参列して子供達の素敵な笑顔にふれます。

そこで矢野さんはソッピアのために練習してきた曲『青空』を熱唱します。

ブラウン管の向う側
カッコつけた騎兵隊が
インディアンを打ち倒した
ピカピカに光った銃で
出来れば僕の憂鬱を
打ち倒してくれればよかったのに

(神様に賄賂を贈り
天国へのパスポートを
ねだるなんて本気なのか?
誠実さのかけらもなく
笑っている奴がいるよ
隠しているその手を見せてみろよ

生まれた所や皮膚や目の色で
いったい この僕の何がわかるというのだろう
運転手さんそのバスに
僕も乗っけてくれないか
行き先なら どこでもいい
こんなはずじゃ なかっただろ?
歴史が僕を問いつめる
まぶしいほど
青い空の真下で)

歌いながら熱い涙が溢れる矢野さんの肩を抱き、一緒に叫ぶようにして歌う一向。

 

あらすじは以上です。
映画もあるのでぜひ興味がある方はご覧ください😊

 

感想:僕たちは世界を変えることができない

150万円集めた。学校を建てた。

果たしてこれで世界を変えることが出来たのだろうか?

ただの自己満足ではないのだろうか?

 

2時間の通学時間。人材不足による授業の短縮。国の歳入の半分以上が支援。

当時の状況で、どこに自立を見いだせるだろうか?

 

それでも彼らが見た子供たちの笑顔は確かな変化だと思います。

行動し続ければチリも積もれば山となる。

 

夢について思うこと。

目に見えて結果がでる行動の方が分かりやすくて楽しいと思うかもしれませんが、大抵は最初の頃は堅実な努力が必要です。

それでも1日0.1%でも夢に向かって行動出来れば3年後には100%を超えることができます。

遠く感じるかもしれませんがコツコツと積み重ねること。

そして何より行動を起こすことが重要だと思います。

でも、わかっていても行動を起こし始めることって難しいことだと思います😓

だから勉強したり、セミナーに行ったり、悶々としたり。。。

 

最終的に大事なのは夢の実現に向けて1歩を踏み出すことです。

読書や勉強はサポートの強い武器にはなりますが、学ぶだけでは夢に近づけません。

 

もし、たくさん学んでいるのにいっこうに変化がないな、と感じる方は行動を促す勉強会に参加してみてください!

私たちも行動を主とした勉強のスタイルをとっています。

未来を変えたいな、自分を変えてみたいな、と感じる方はぜひ甲田さんみたいに一歩を踏み出してみましょう✨

 

☆☆☆☆☆

夢を叶えるポイントは「できるまで、できるかできないか」です。

でも同じやるなら、「正しく・楽しく・安全に」進めていきましょう

☆☆☆☆☆

学びを通して、
将来に対する準備を📖
自由に夢を追う準備を💫

勉強家の方達と共に将来に備えるためのイベントを開催しています!一緒に将来に向けて勉強してみませんか?ご興味がございましたら、ぜひお気軽にご参加ください😊!!初心者の方も大歓迎です!!

こんな方にオススメです!:
・夢に本気で向き合いたい!
・未来を変えたい!
・自由に働きたい!
・将来に備えたい!

読んで下さりありがとうございました。

今後も夢の方舟をよろしくお願い致します⛵

!!お知らせ!!

お知らせ!

このブログ筆者のDaichiは、朝活・夜活勉強会を開催しています。

平凡な家庭から国立トップ校進学・大学院で「特に優れた業績」に選出され学費全額免除獲得。現在は海外にわたりビジネスに取り組んでいます。

この経験と年間200冊以上の読書から、『将来予測とキャリアデザイン』『今から始めたい資産形成』をテーマにした勉強会実施。

土日の朝の数時間があなたの人生をデザインする良い機会になるはず!

ぜひお気軽に学びにきてください!

▼勉強会イベントは画像クリック▼

メルマガ購読(無料)

スポンサー











共感していただけたらシェアをお願いします


しっかり学びたいあなたに!
未来デザイン読書会

「読書の力で自分の未来をデザインする」をコンセプトに、課題図書から学び、日々の活動に関連付けるアウトプットをします。


賢く未来への資産形成!
キャッシュフローゲーム会

「若くして豊かに引退する」をコンセプトに資産の概念を一変する”金持ち父さん”の資産の作り方をボードゲームから学びます。

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ在住で教員免許をもつ兼業キャリアサポーター。 「DreamArk」運営者。 ”自分らしい人生をデザイン”するためのイベント開催。 夢を語り合い育むための場として当ブログを設立。 国立卒、TOEIC850点以上、米国在住。 趣味は読書とコーヒーと温泉。温泉が近くになくてツラい。