若くして成功したい人におすすめ!社会を変えていく人が考える時間。

 

こんにちは、Daichiです😊

夢や目標を持った時には、実現するためにいかに行動が出来るか、日々行動をできるか、ということはとても重要なことですよね。

だけど、やっぱり難しい。。。と思うことってありませんか?
ときには疲れちゃったりしませんか?

自律して、行動を管理するってすごく大変なことだと思います。

私は、時々だらけてしまいます。。。

そんな時は、頑張っている人や活躍している人の姿をみると元気をもらえます😊!!

今日は、小泉進次郎さんの新年のインタビューから、社会を変えようとする人がどんな風に時間を考えているのか、そこから私たちはどう考えていけば良いのか、ということを紹介していきたいと思います。

新年インタビューで「この年末年始はテレビを観ましたか?」という質問に対して、その返答をみていきます。

1. 時間をかける=学びを得るべき

「小泉進次郎」の画像検索結果

写真:毎日新聞 記事:小泉進次郎が今年から新聞を読むのをやめた理由

今年は紅白もほとんど見なかったね。本当にテレビは見なくなりました。バラエティー番組の中でも、おにぃ(小泉孝太郎)とムロ(ツヨシ)さんが出ているものは、見るかな。ムロさんは本当に下積みを頑張っていた人ですから、本当に嬉しいですよ。今ではテレビに出てきても「誰ですか?」とならなくなったんですから。

実はね、新聞10紙を読むの、止めたんですよ。「時間の使い方」を変えようと思って。新聞を読み終わった時、あまりにも残るものが少ないと気づきましたね。だったら、塩野七生さんの本を読んだ方が、時間の使い方としてよっぽど学びがある。

 

時間を使う時には、その時間を通して「自分に何かが残るか」ということを意識しています。

限りある時間の中で、学びがないことや刹那な楽しみのために時間をかけるのであれば、自分自身を成長させるために時間を使おうとする姿勢がみてとれます。

何かに取り組む際には、その行動が自分に残るものがあるか意識をする。

見習っていきたい時間の使い方です😊

 

2. 時間を取捨選択する

なんのために時間を使うべきか。使わないべきか。本当に考えている。なにをやるべきか。なにをやらざるべきか。1時間があったら、何をできるんだろうといつも考えています。そうすると、自分の行動原理が変わります

1時間があったら習近平とプーチンは何をやるんだろうな、アレクサンダーだったら1時間あったら何をやったんだろうか、ペリクレスだったら何を考えていたんだろうな……というふうに。バカみたいでしょ、「何、言ってんだ。この人」と思うでしょ(笑)。でも、本当にそんなことを考えるんですよ。

目標があるなら、夢があるなら、それを実現するために時間を使っていくことはとても重要です。

誘われて、嫌だなと思いながらも断りにくいから行く食事や飲み会。

付き合いのために行く遊びなど。

書籍「嫌われる勇気」や「やらない決意」にもありますが、自分の時間を本当にやるべきことにフォーカスできているか、ということを考える必要があります。

そして、目指すことを実現してきた人たちがどういう風に過ごしてきたのか、成功者の行動を知り、今の自分の行動を考えていく姿勢を見ることが出来ます。

成功のために、最短で最適な方法は成功者の行動を学び、自分の習慣としていくことです。

常に考えて行動するから着々と実力をつけていくのでしょう😊

 

3. 時間に変化を与える

今ここで脱皮する努力をしないと行き詰まるぞ、という思いがあるので、自分の身の処し方、時間の使い方を意識して変化をつけていく。イチロー選手は毎年バッティングフォームを変えるんですよ。ヒットを200本も打っていたって、調子の良い時に変える。それは、その時に変えないと、次の年は同じように200本が打てないから。自分にとっては「今がその時だ!」と思っています。

うまくは言えないけど、自分のなにかを変えなければいけないですね。脱皮には時間を要する、今年だけで脱皮できるんじゃなくて、時間はかかるけどそのスタートをしないと、その次の準備ができないですからね。いろいろ変えようと思っています。

「脱皮」という特徴的な言葉を使っています。

ダーウィンの進化論にもありますが、「生き残っていくために必要な力」は「変化に対応出来る力」が求められます。

プレディシオ大学院教授で環境活動家のアマンダ・ジョイ・レイヴェンヒル氏はダーウィンの進化論はビジネスの世界にも当てはまると説きます。(「生き残れるのは、変化に対応できる者」 ダーウィンから読み解く、ビジネス界の”進化論”

rvh1_R

皆さんは、ダーウィンが進化論において唱えた「適者生存」とは、最も強い者を指している、とお思いかもしれません。しかしながら、ダーウィンがその鋭い観察眼によって見抜いていたのは、生き残るのは最も強い種ではなく、最も生態系に適応できる種である、ということなのです。それこそが最も生き残る種である、ということです。

小泉進次郎さんの考える「時間の使い方を意識して変化をつけていく。」姿勢。

これが若くして成功する人が実践してきた思考の1つです。

 

Daichiの感想

成功してきた方の時間の使い方を紹介しました。

進次郎さんが名実共に若くして注目を集め、成果をあげてきているのは、時間の使い方を日々考えて過ごすことが出来たからなのだと思います。

今日の私はどうだったろう?、と反省しています。

皆さんはどうでしたか?

今日使う時間が将来に繋がる時間になるように大切に過ごしていくことが大事なのだ、と改めて感じさせて下さると素敵な時間の考え方でした。

小泉進次郎さんから学んだ時間の使い方:

①時間をかける=学びを得るべき
②時間を取捨選択する
③時間に変化を与える

ぜひ、進次郎さんの時間の使い方をご参考に日々の時間を考えてもらえればと思います。

こうした学びを日々日々自身の行動に落とし込んでいって、堅実に夢を実現して行きましょう!

☆☆☆☆☆

未来を変えるためやお金の教養をつけるための勉強会を日々コツコツと開催しています📖 ✨

ご興味がありましたら、ぜひ足を運んでみてください!

読んで下さり、ありがとうございました。

☆☆☆☆☆

夢を叶えるポイントは「できるまで、できるかできないか」です。

でも同じやるなら、「正しく・楽しく・安全に」進めていきましょう✨

☆☆☆☆☆

学びを通して、
将来に対する準備を📖
自由に夢を追う準備を💫

勉強家の方達と共に将来に備えるためのイベントを開催しています!一緒に将来に向けて勉強してみませんか?ご興味がございましたら、ぜひお気軽にご参加ください😊!!初心者の方も大歓迎です!!

こんな方にオススメです!:
・夢に本気で向き合いたい!
・未来を変えたい!
・自由に働きたい!
・将来に備えたい!

読んで下さりありがとうございました。

今後も夢の方舟をよろしくお願い致します⛵️

メルマガ購読(無料)

スポンサー











共感していただけたらシェアをお願いします

 

読書・勉強をしているけど
自分を変えられない…

 

変われない自分がついに変われる!
夢に一歩を踏み出す自分になる!

 

 


超おすすめ!夢を叶える方法を無料で全公開!
【永久版】夢を叶える全手法

「叶えられないから夢」を一蹴する夢を叶えるためのSTEPを9つで紹介。TOEIC300点、国立大合格、海外移住、様々な夢を叶えてきた共通のノウハウを全てここに。勉強習慣の改善や資格獲得、資産の形成まで様々な夢にお役立てください。「夢とは、人生だ。」夢の方舟が送るプレゼント。


しっかり学びたいあなたに!
未来デザイン読書会

「読書の力で自分の未来をデザインする」をコンセプトに、課題図書から学び、日々の活動に関連付けるアウトプットをします。


楽しく学びたいあなたに!
キャッシュフローゲーム会

「若くして豊かに引退する」をコンセプトに資産の概念を一変する”金持ち父さん”の資産の作り方をボードゲームから学びます。

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ在住で教員免許をもつ兼業キャリアサポーター。 「DreamArk」運営者。 ”自分らしい人生をデザイン”するためのイベント開催。 夢を語り合い育むための場として当ブログを設立。 国立卒、TOEIC850点以上、米国在住。 趣味は読書とコーヒーと温泉。温泉が近くになくてツラい。