英語力を伸ばす秘訣 -失敗を知らない成功者はいない-

私は自信家でした。

10代で志望していた日本の1,2位を争う国立理系大学に入学し、専攻賞を頂いて卒業。

社会人になってからも、様々な事にチャレンジし、英語ではスタバ留学にて3ヶ月で860点をマーク。

意気揚々と海外に向かった当時が懐かしいです。

とても懐かしいです。

そして私は人生において大きな挫折を味わいました。

あまりにも英会話が出来ない。。。本当に出来ない。

悔しさのあまり、涙も流したくらいに英語が出来なかったのです。

あまりに悔しい思いをしたので、皆さんのお役に立てればと思いまして「英語の島」の開拓をはじめます👣

ー  ー  ー  ー  ー

赴任後、2、3ヶ月する頃に、私は大きなフラストレーションを感じました。

「TOEICで800点以上あるんだし、海外生活なんて余裕でしょ。」

「3ヶ月でグッとスコア伸ばせたんだから、英会話だって何とかなるでしょ。」

と、特に心配もなく、海外生活をスタート。

それが、2ヶ月経った頃の英語のクラスで先生からズバババっと質問されて、何聞かれたか分からずにアホ面していると、

『 セノオノオ 

とネイティブの先生は「全くなんて出来の悪い奴だ」という感じて私を見ながら、訳の分からないセリフを繰り返し、挙句の果てに聞くのを諦めてしまう次第。。。

 

ムキになったり

海外に来てすぐは、割と過ごしやすいです。

周りの人は初めての人には親切ですし、それこそ自分が英語出来ない体で臨むことで予防線をひけるので割と防御にもなりますし、なんだかんだ言ってコミュニケーションは取れます。

なんだかんだ。

でも2、3ヶ月経ってくると状況は大きく変わって来ます。

周りの人から、「まだ慣れないの?」という目で見られているような気がします。

しまいには上の通り、英語のクラスで何か指摘されて命令されているんだろうけど、それすら分からずに、何も答えられずにいると、向こうは軽く笑ったつもりでも、こちらは嘲笑されたように感じてしまって、、、、ムキになって、変な英語で言い返して、さらに「何言ってんだコイツ」という目で見られて、、、かなり悔しさを味わう日々を迎えました。

 

ついにはサボったり

もうね、あまりにも悔しくてね。。。

勉強だったら、1日これをやって覚えたら、明日には確実に成長が見えるから分かりやすくて良いですよね。

でも英会話ってそんなモノではありません。

今日あるフレーズを覚えたからって、明日急に会話が出来るような訳でもありません。

英会話は、学校の英語のテストみたいに範囲が決まっている訳でもないので、そこら中の会話は全て新出問題。

英語のクラスも通い続けていたけど、

何を言っているのかも分からないし、理解不足で迷惑かけてしまっても困るし、恥ずかしいし。。。

なんか続けても意味がないかな、と思ってサボったりました。

 

ー  ー  ー  ー  ー

不慣れな環境に行くのは大変なことです。

思い通りにいかない事は多いし、悔しい思いも一杯します。

ただ、そんな状況からでも今に繋げられたのは、諦めずに立ち向かい続けることが出来たからだと思います。

英語だけではありません。

資格試験も

学校の勉強も

仕事も

アルバイトも

こうした悔しい思いは人生の至る所で経験することがあることかと思います。

今回は英語に関してのお話致しますが、もし何か別の件でもご相談等ありましたらお気軽にご連絡ください。

今日は導入までに、私が初めての英語の世界で受けた痛みをご紹介させて頂きました。

読んで下さり、ありがとうございます。

ー  ー  ー  ー  ー

次回は、「変なプライドを植えつけてしまった」3ヶ月でTOEIC550点→860点の取り方についてご紹介します。

メルマガ購読(無料)

スポンサー











共感していただけたらシェアをお願いします

 

読書・勉強をしているけど
自分を変えられない…

 

変われない自分がついに変われる!
夢に一歩を踏み出す自分になる!

 

 


超おすすめ!夢を叶える方法を無料で全公開!
【永久版】夢を叶える全手法

「叶えられないから夢」を一蹴する夢を叶えるためのSTEPを9つで紹介。TOEIC300点、国立大合格、海外移住、様々な夢を叶えてきた共通のノウハウを全てここに。勉強習慣の改善や資格獲得、資産の形成まで様々な夢にお役立てください。「夢とは、人生だ。」夢の方舟が送るプレゼント。


しっかり学びたいあなたに!
未来デザイン読書会

「読書の力で自分の未来をデザインする」をコンセプトに、課題図書から学び、日々の活動に関連付けるアウトプットをします。


楽しく学びたいあなたに!
キャッシュフローゲーム会

「若くして豊かに引退する」をコンセプトに資産の概念を一変する”金持ち父さん”の資産の作り方をボードゲームから学びます。

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ在住で教員免許をもつ兼業キャリアサポーター。 「DreamArk」運営者。 ”自分らしい人生をデザイン”するためのイベント開催。 夢を語り合い育むための場として当ブログを設立。 国立卒、TOEIC850点以上、米国在住。 趣味は読書とコーヒーと温泉。温泉が近くになくてツラい。