【参加者の体験談】初参加!キャッシュフローゲーム会に行ってみた!

 

こんにちわ、イベント運営をしているDaichiです。

本記事は、当勉強会が運営するキャッシュフローゲーム会初参加者へのゲーム参加へのインタビューを紹介します。

 

「お金の勉強ってなんか怪しいな…」

はじめてイベントに参加する人はこんなふうに不安を感じる人もいると思います。

そのため、ゲーム会に参加した人へのインタビュー内容を通してイベントの雰囲気を知ってもらえば幸いです。

 

思ったよりも参加者からのコメントが酷評で、運営者としては多々反省もありますが今後改善していきます。

こんな方にオススメの記事です。

・ゲーム会の雰囲気を知りたい
・ゲーム会で学べることを知りたい

 

インタビュー者概要

今回は、2018年2月に開催した「キャッシュフローゲーム会」に参加した20代男性のTさんにインタビューをしました。

Tさんのプロフィールを紹介します。

・会社員(2018年に退職)
・今後起業を考えている
・既婚、近々に第一子を予定
・家庭の生活と起業のバランスを模索中

それでは、インタビュー公開!!

 

「思い切って自分の道を歩む!」自分の心に向き合った

Q:はじめに、どうしてキャッシュフローゲームに参加したのか教えてください。

A:私は大学卒業後に一般の会社で勤め始めました。

会社で6年間働いてみたのですが、上司を見る限り顔が輝いていないように見えました。

会社への通勤は片道1時間以上。時間が勿体無いとも感じることがあり、今後もこの生活を継続していくことに疑問を感じる日々でした。

もともと自然に興味があり、空いてる時間に自然関連の仕事をしている人の話を聞いたりする中で会社に属さずに生活している人がいることを知ることが出来て、自分の生活の中にもそうした可能性を感じました。

また、友人の中にも20代で起業してビジネスにチャレンジして社会に貢献しようとしている姿をみて感銘を受けていました。

自分もそういう生活が出来るのなら、チャレンジしてみたいと感じ、思い切って仕事を辞めて自分の道を歩みはじめました

一方で様々な人に話を聞いて現状を理解していく中で、自然の関連で生計を立てていくには熟考してビジネスモデルを考えていかないといけないと焦りを感じていました…

そしてもちろん、企業に勤めない不安も気持ちの中にありました。

家族もいて、子供もできる予定の中で、自分のやりたいことだけで食べていけるのか分かりませんでした。

以前に「金持ち父さん貧乏父さん」の著書を読み、資産形成やビジネス視点での経理のやりくりについて興味を持っていました。生活の基盤を整える上や自分のビジネスを堅実に進める上でも、お金の教養をつけたいと思っていました。

そんな時に、友人からの勧めもあったのと、時間が出来たこともあったのでこれを機にキャッシュフローゲーム会に参加してみました。

 

キャッシュフローゲーム会は怪しいと思う

Q:キャッシュフローゲームに関して参加する前の印象はどうでしたか?

A:もともと、金持ち父さんの著書を読んでいたこともあったのでキャッシュフローゲーム会(CFG会)については知っていました。

また、友人が過去にCFG会に参加した時の話を聞いたこともありました。友人が参加したCFG会では、参加者がサクラのように感じることがあったり、裕福な生活をしている人が登場して、美味しいものを食べに連れていかれたり、ネットワークビジネスに勧誘されたりしたことがあったそうです。

そういう話を聞いていたこともあってCFG会に対して、一般的に感じられるような金銭に対する怪しさやネットで挙がっているような怪しさを感じていました。

こうした思いからか、一般から参加する人も自分の生理的に合わない人、少し不気味な人が多いのだろうと思ってはいましたけど、1度はチャレンジしてみようと思って参加してみました。

 

キャッシュフローゲームは想像通り怪しい雰囲気だった

Q:実際にキャッシュフローゲームに参加してみてどうでしたか?

A:当日に会場に入ってみると、想像通りに怪しい雰囲気を感じました笑

怪しいというのは、明るく活発な雰囲気ではなく、陰気くさいイメージです。

会場の参加者は年配の男性の方が多く、中には20代の男性や女子大学生くらいの方も数名いましたが総じて全体的な雰囲気として空気が暗いように感じました笑

人の入りとしてはゲームをするための机が6卓用意されていたのですが、ほぼ満席状態でした。

ゲーム会の内容自身は告知にある通りに、最初に講義があり、その後にCFGの説明を受けてから実際にゲームを実施。最後に各々からの感想を述べて解散といった流れでした。

 

講師への不信・ゲームへの不満

Q:講師陣やゲームへの感想を聞かせてください。

A:最初の講義をした人は自信がなさそうでオドオドした感じ。。。

「大丈夫かよ」と不信感を抱くばかり。

講義としては基本的には本に書いてある通りの内容の説明を受けました。

ときどき、著書で紹介されている内容に対して参加者に質問することがあり、答えられる人もいれば、答えられない人もいて、学びを得られる人もいれば、再確認を出来る人もいる、という雰囲気を受けました。

また、ゲームにおいては私は初心者だったのですが、人数の関係からか、上級者の卓で実施することに、、、初めてでルールも曖昧な中、ゲーム進行はスピーディーにはこばれて、落ち着いてゲームを楽しむことは出来ませんでした。ゲームの中盤でキャッシュフローの用紙記入のミスに気づくこともあり、「なんだよ」と正直感じたり。

ちゃんとルールが分かった上でいかないと楽しめないようなイベントに不満を感じました。
Daichi
気配りが行き届かず申し訳ありません。ゲーム司会者は運営者たちが実施しています。もちろんプロではなく、あくまでも一般の人が著書の学びを大切にして、一般の人でも堅実に学んでアウトプットし続けることで自身の力にもなるように会を組織しています。最初からプロのように出来る人はもちろんいません。会を重ねていく中で、自信のある講義ができるようになります。講義も資産構築も同様で、アウトプットの積み重ねが重要です。最初から完璧を求めないスタイルゆえの特徴だと思って頂ければ幸いですが、もちろん今後、改善をしていきます。

でも一応ラットレースから抜けられた

Q:ゲームでは、初参加でもファーストトラックにいけましたか?

A:CFGの醍醐味は、不労所得を増やしていき、ラットレースを抜けることにありますが、初参加にて分からないながらも見様見真似で進めた結果、最終的にラットレースから抜けることができ、ファーストトラックの世界に入ることが出来ました。

私が感じたラットレースを抜けるコツは、借金を借金だと思わないことです。今までは借金は非常にこわいものだと思っていました。けど、お金も借りてもそれを戦略的に使うことができれば、その元手を利用して継続的な収入(不労所得)を得ることができることを実感できました。

また1点気付いたことは、細々とした小さな投資を進めていっても中々ラットレースを抜けられないということです。ラットレースを抜けるには、勝機を読んで大型の不労所得獲得をいかに獲得できるかが重要です。

日常生活で考えるのなら、投機に行動ができる準備を常にしておくことと、投機を逃さないために常に世界の潮流を知ることが重要なんだと感じました。

初参加は正直不満足

Q:キャッシュフローゲーム会に関する感想をお聞かせください。

A:私の卓は、CFG会に6,7回目以上の参加経験があるベテラン卓だったため、周りの方はスムーズにゲームを実施していました。

また、周りの人はゲームの司会進行者とのすでに顔見知りのようであだ名で呼び合ったりとアットホームな感じがある一方、初心者はアウェイな感じを受けました。。。もう少し初参加の人を配慮すべきだと思います。

Daichi
気配りが行き届かず誠に申し訳ありません。今後は初心者の人でも満足して頂けるように、①参加者の参加回数を正確に把握して、参加回数に合わせた人員の割り振りを実施します。②人数関係の関係でどうしても経験回数にバラツキが生じてしまう際は、参加回数の少ない人のペースに合わせて進行します。貴重な意見をありがとうございます。
  

勧誘はない。耳寄り情報あり。

Q:怪しい雰囲気の代表例としては、マルチへの勧誘がありますがそれはどうでしたか?

A:CFG会についてネットで調べたら「シツコイ勧誘があった、商品の押し売りがあった」と出てくることがありましたが、今回のキャッシュフローゲーム会では勧誘や押し売りはありませんでした。唯一、「オススメ」のような形があったとすると、一般に市販されている図書(金持ち父さんシリーズやその他将来予測に関する本)を10冊推薦図書として紹介があった程度です。

またCFG参加カードのようなものがあり、10回参加すると10回目の参加料は無料になるのと、別の特別講義に参加できるらしい、、、?ですが周りにいた人に聞いただけなので正直よく分かりませんでした。

Daichi
我々、夢の方舟では押し売り・勧誘は一切ございません。また、そうした目的でCFG会に参加される方が時折見られますが、そうした目的を認知した際には参加をお断りさせて頂いております。推薦図書はあくまでも私たちの読書を通して、今後の社会変化を考える上で必要だと思うものを主にビジネス書より選抜して紹介させて頂いております。近年のものですとLIFE SHIFTなどがあります。特段、私たちが自分たちで発行している図書を押し売りしている訳ではないことをご認識頂けますと幸いです。また10回参加後の講義は任意です。参加の希望がある場合にのみ、CFG会での「資産形成」の学びの礎の上に、今後の経済予測の上で何を考えるべきか、というディスカッションなどを実施しています。
 

I, Bのクワドラントを見据えたい

Q:キャッシュフローゲーム会での学びで印象的だったものを教えてください。

A:今回のCFG会に参加して改めてI(投資家)、B(ビジネスオーナー)のお金を得る仕組みを若いうちに構築しておきたい、また自分自身が立ち上げるビジネスがS(自営業オーナー)ではなく、Bの区分になるようにビジネスを考えていきたいと感じます。

もちろん、経済的な基盤を固めたいという思いもありますが、Bの仕組みを得ることが出来れば自分の時間を超えてビジネスを拡大していけるのでとても魅力に感じます。

CFG会は、満足のいくイベントではなかったですが、考えを再確認する、ゲームを通して実体験する点では少し役立ったように感じます。現在も、クワドラントの仕組みは興味があるので、今後もゲーム会は継続して参加してみようと思っています。ちゃんと理解出来ないのもシャクですし笑

 

感謝と多々反省

Tさんは勇気があって行動力もあるな〜、CFG会に参加いる人のほとんどは堅実に資産を構築するためにサラリーマンや仕事を現在している人が日々の生活の中でどうやって資産を構築していくかを考えるスタイルが大半だけど、ビジネスを自身で起こそうとする覚悟は立派だな〜。

「自分らしく生きたい」、「自分のやりたいことを仕事にしたい」って思う人はいると思うけど実際に「仕事をやめて、立ち上げるぞ!」って決めて行動するには勇気と覚悟が必要ですよね。

それでもTさん自身も不安と共に闘いながら日々を過ごしていました。

金持ち父さんのビジネス視点や資産の作り方が少しでも役に立ってもらえればと思っているので今後も学びの場を提供していきたいと思っています。今回受けた厳しいご指摘の数々も次回Tさんが参加してくれる時には今回よりも楽しく分かりやすく理解してもらえるように改善に努めていきます!

ご参加下さってインタビューにも応えてくれたTさんに改めて感謝します。

最後になりますが、チャールズ・バクストンより

You will never “find” time for anything. If you want time, you must make it.

「時間ができた時にしよう」と思っていてもそんな時間は決して訪れません。本当に時間が欲しいのなら、自分で確保しないといけないのです。

キッカケ、行動は自分で起こしていくものです。

将来への備えや夢を叶えるためにはそのための時間を自分で確保していくことが大事です。

 

夢の方舟では、「自分を変えたい人」「将来に向けて行動を起こしたい人」「自由に働く生活にチャレンジしてみたい人」「将来のために資産をつくっていきたい人」など一般の方と共に、最初の一歩を踏み出して、行動し続ける習慣を身につけるための勉強会やゲーム会・セミナーなどを実施しています。

もしよろしければ一緒に夢を叶えるために動き始めましょう!

今回紹介したことが少しでも皆さんの夢を叶える一助を担えたら嬉しいです。

 

お金の教養をつけて賢く生きよう!

まだまだ改善の必要な当キャッシュフローゲーム会ですが、毎回の感想をもとに改善をしながら鋭意開催中です!

この一回のお金の教養の勉強が、あなたの資産形成を大きく変えいきましょう!

ぜひご検討を。

 

キャッシュフローゲームお申込みはこちら!

 

 

▼合わせて読みたい

関連記事:【キャッシュフローゲームとは】内容・ルール・やり方・勧誘の噂・評判・大切な所を全公開!

関連記事:自由に生きたい人必見!若くして経済的自由になるための資産形成と人生戦略講座!

関連記事:キャッシュフローゲーム会は怪しい勧誘の場?注意点と対処法!

 

メルマガ購読(無料)

スポンサー











共感していただけたらシェアをお願いします

 

 

読書・勉強をしているけど
自分を変えられない…

 

変われない自分がついに変われる!
夢に一歩を踏み出す自分になる!

 

あなたらしい人生をデザインする!

 


 


超おすすめ!夢を叶える方法を無料で全公開!
【永久版】夢を叶える全手法

「叶えられないから夢」を一蹴する夢を叶えるためのSTEPを9つで紹介。TOEIC300点、国立大合格、海外移住、様々な夢を叶えてきた共通のノウハウを全てここに。勉強習慣の改善や資格獲得、資産の形成まで様々な夢にお役立てください。「夢とは、人生だ。」夢の方舟が送るプレゼント。


しっかり学びたいあなたに!
未来デザイン読書会

「読書の力で自分の未来をデザインする」をコンセプトに、課題図書から学び、日々の活動に関連付けるアウトプットをします。


賢く未来への資産形成!
キャッシュフローゲーム会

「若くして豊かに引退する」をコンセプトに資産の概念を一変する”金持ち父さん”の資産の作り方をボードゲームから学びます。

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ在住で教員免許をもつ兼業キャリアサポーター。 「DreamArk」運営者。 ”自分らしい人生をデザイン”するためのイベント開催。 夢を語り合い育むための場として当ブログを設立。 国立卒、TOEIC850点以上、米国在住。 趣味は読書とコーヒーと温泉。温泉が近くになくてツラい。